1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-06-17 19:51:41

†生存確認として…私は生きてます。†

テーマ:ブログ
AD
2016-08-01 20:51:41

†近況。†

テーマ:ブログ
お久しぶりです。
元気だよ( *`ω´)
今、長崎に来てます。
軍艦島行って来ました。
{9D64FA34-2C8C-42CC-B464-9DA1AB9BB4D4}

{C00DE412-DDD5-4853-B03F-11521A6C388A}

{4256CE14-A43C-48FB-9F31-FCE46E326A3E}

{E6F7C206-B2B5-494D-865A-D9ACA578E91C}

{0996E507-EF56-4EB2-9A2F-4E5CDD60B413}

{3DC2F570-0265-48D6-B803-1B1A8FE473EC}

{5AC6014F-0DA7-4721-82D3-6936C87A24DC}

{7AD42255-5D17-42A2-9037-76D5BD13C464}

{44081F27-0D21-432D-B896-663464A21C1C}

AD
2015-09-07 21:47:24

†気がつけば今年初更新。とりあえずは、明けましておめでとうございます…†

テーマ:酒と萌えとROCK
ホントにヒドイもんで今年は、まだ1度も更新してなかったんだな…>_<…

数ヶ月もアメブロ自体開いてなかったりペタも止めてたりして…
自分では前回に更新したのからこんなにも月日がたってたなんて思ってもいませんでした。
そんなワケで明けましておめでとうございます。残り少ない今年も何卒よろしくお願いいたします( *`ω´)
まあ、どんだけの人がオレを覚えてくれてて、その中のどんだけの人がオレの記事を読んでくれるんだろかと思うよ。まったく…
思いおこせば、その間もホントにいろんなことが、あったな。。。

前記事は、京都のこと書いたんだっけ。
既にその後に京都には2回は行ってんだけどね。
とりあえずは、日記として前の続きから話そうかと思います。←っても、最早1年前の事に遡るワケだ。なんだか感慨深いような…

京都のとあるゲストハウスにてゲイの方2名と3日間同室で過ごした後に宿を移動することに。
京都駅からは徒歩25分くらいあるとこだったが、まあイイとこだったよ。

{6820051D-E1D3-4449-9661-4AD928A2F643:01}
ここが、新しく移ったゲストハウス。
ゲストハウスってより下宿みたいな感じ。
オレは相部屋のドミトリーだったが他の人はホトンド個室に宿泊というか住居として住んでいる感じ。
どうやって、みんなとコミュニケーション取ったらいいか最初わからんかったけど共同のキッチンと居間があってそこがコミュニケーションの場となったわけだ。

オレが来たその日に早速、近くの鴨川で飲んだくれました。

{816BB05E-3542-4BF7-9B54-889A41503225:01}


{7235389E-5BFA-4058-BF6E-C500E3397922:01}
左から、今は台湾に帰ってるイーティン、当時のゲストハウスの管理人のOさん、今は三重に行ったがオレが京都に行く際には必ず会いに来てくれる京都で1番の飲み友達となったOKちゃん。

そう、鴨川と言えばオレの勘違いかもしんないが奇妙な出来事が…
仕事が終わり小雨降る中、缶ビール片手に宿へ向かってたんですよ。
塩小路通をひたすら歩き鴨川にさしかかった頃に信号待ち。
周りは誰もいないし帰ってキッチンで早くOKちゃんと飲んだくれたいと思い信号無視しようとした瞬間にオレの耳元で、「ヤバイねんって!!」と可愛らしい女のコの声。
えΣ(゚д゚lll)と思い振り返っても誰も居ないし雨の中で河川敷で遊んでる人なんかも居るハズがない…
なんだっんだ???
いろんな人に聞いてみたら、京都は幽霊が出ない方がおかしい地で、おそらくオレの身を守ってくれたのでは? と…
もし、信号無視してたら車にハネられたかもしれないと…
で、その声があまりにも可愛かったのとお礼も言いたかったんで←幽霊でもね。後日から同じような時間に缶ビール片手に塩小路通の鴨川を通ることにしたんだが2度とその声を聞く事がなかったという不思議な話。。。

{C7996DEE-C10F-432E-B600-8D554F91A00D:01}


{73B42CCE-BEF1-460F-997F-FF55AF9B6EB8:01}

それから数日、京都もシーズンオフとなりしばらくの間6人部屋のドミトリーがオレの貸切り状態になってたある日、当時の管理人さんから、「明日から一週間スイス人女性と2人っきりですよ!」と言い渡された。
またまた、えΣ(゚д゚lll)てな感じ。
ゲイの方と過ごした後には、ご褒美なのかもしれないけど気使ってしゃーないって…
仕事では、相変わらず1人通し番で朝に出るのも早く帰って来るのも遅い。
スイス人女性は、その時間ほぼ寝ている状態。とりあえず、起こさないようにまるでドロボーのように音を立てないよう心がけた。
だが、結局夜遅くに起こしちまったんだな…>_<…
彼女は、とっても明るく優しいコでオレのカタコトの英語も理解してくれた。
それから、少しずつ話すようになった。
で、個室に住んでるTくんの誕生日があってキッチンで皆でパーティーをしようと企画した。
で、そのスイス人女性のLari Ssaにもダメもとで声をかけたら嬉しそうに参加すると言ってくれた。

{D10D7E78-A3ED-47F7-8037-81EAF69CD0E8:01}


{A3CA68A4-2BBF-4349-96DC-F093C13AE1E1:01}

{3FFCBA5C-00DF-4DC0-9B90-BA4FE08DDE20:01}
後列左から、Lari Ssa、OKちゃん。
前例左から、今は香港に帰ってるMars氏、ドイツに帰ったマティアス。マティアスにはLari Ssaとの通訳に大変お世話になりました。
主役のTくんが写ってないんでウチの店に遊びに来てくれた時の画像。
{F70AFACE-C443-4461-AEC0-F25989634100:01}
つか、ウチの店の向かいやん…>_<…

で、Lari Ssaもとうとう京都を離れる時が来た。次に東京に行って浅草を観に行くとのことだったので、浅草で有名なメロンパン屋を紹介したんだ。
フツーなら単なる社交辞令的に行かなくても行くって言うかもしれないがさ。そしたらホントに行って来たんだよ。

{9F22230C-658D-4B78-BF13-D9288E577D59:01}

そして、彼女が去った後にキッチンにある寄せ書きノートにオレ宛にメッセージ書いてくれてたのを気づいた。
もっと早く気づけなかったのが後悔…>_<…

{120E5A98-F0FD-4DAF-9AE8-2C28EA915EFB:01}
今でもLari Ssaとは、お互い思い出したころにYahoo翻訳を使ってのやり取りはしてるんだけど会うのはなかなか難しいね…

まだまだ話は続きます。
次は仙台に移動してからの話かな。とにかくいろんな出会いに感謝(^ω^)



では、たまってた音楽ネタ。
今年入って既に500枚はCD買ってんじゃないかな?
紹介したいの沢山ありすぎる中、本日は。

{173C5B38-1160-4072-9844-3EF1A22413F1:01}
Biters
「Electric Blood」

アナログリリースばかりだったBitersがCDリリースしてくれました。

{D8FD384B-F16B-436D-99B4-359EB5881586:01}


{EE279831-E786-40E1-BDDC-047E215D2C29:01}
前に紹介したExploding Hearts、The Cry!や1977Punkにグラムやパワーポップが好きな人は私を信じなさい!!
既に「Restless Hearts」は神曲。
http://youtu.be/Q0H65wUXt98



{67DFAAA6-EFC6-4E52-B843-4578FECCA463:01}
Roll-Ups
「Low Dives For Highballs」

その流れでBitersのルーツとも言えるパンク・ビフォア・アフターな1979年リリースされ埋れてたが2005年に1977レコーズから思いがけないリイシュー。
パワーポップだのグラムロックだの初期パンクなどそんなの関係なしにしてラズベリーズ、ベイ・シティ・ローラーズやチープ・トリックにピンと来る人、いや全てのロック好きに聴いて知って欲しい名盤である。「Blackmail」が何故に世に出回らなかったか不思議なくらいのキラーチューン。
後半のギターソロがまたグッと来る。
アルバムも全曲捨て曲ナシ!




{D19D5DC1-030E-4CFC-BB44-40B40F01878E:01}
Palmy
「Beautiful Ride」

タイの女性シンガー。
「Tick Tock」のディストーションのかかったギターのモータウンビートからなるイントロからして秒殺。
いつも言ってるが、この手のモータウンビートには悪い曲があるハズない!




{EB7A2519-FBAC-4AEC-BFD4-BE4C73A2DA07:01}
丸山夏鈴
「Eternal Summer」

{9336A5B9-DF9A-4ACF-81E5-BD5C25399B3C:01}
丸山夏鈴ちゃん、
5月22日、21歳という若さで脳腫瘍が肺に転移したため亡くなってしまったアイドル。
オレは夏鈴ちゃんが病気であることをブログに記す前からアメブロの読者登録もさせて頂いてたし当時はペタとかも返してくれていた。
突然、ペタが来なくなってどうしたのかな?と思ったら入退院を繰り返していた。
でも、思い出したような頃にペタをしてくれた。それで少し体調がよくなったのだな? などと勝手に思ってて安心してた…
オレの方は昨年末から怒涛の出張でペタを休止したりアメブロ自体も数ヶ月開かない状態だった。
7月に入り地元の仕事に戻り少し落ち着いた頃に久々にアメブロを開いた時に初めて夏鈴ちゃんの死を知った。
しかも、ブログを遡るとオレが居た3月に仙台に来ていたんだ。
しかも、同じショッピングモール内でレコ発のインストアライブをやってただなんて…
タラレバを言ってもしょうがないことだが、もしその時にアメブロ開いてたりすれば、上のフロアに会いに行って本人の前でCDを購入して、ひとことだけでも「ありがとう。」を伝えたかった…
仕方なくAmazonで即CD注文した。
しばらくは、やり切れない気持ちでいっぱいだった。
「夏鈴ちゃん、ゴメンね&いっぱいいっぱいありがとう!」今の気持ちどうか届きますように。。。




ちょっとしんみりな記事になっちまったがオレは相変わらず酷使されながらも元気です。

{AA1C35D0-5117-40C4-AC09-BEDB86B673E6:01}
んじゃ、また近々っ☆




AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。