池袋フィールドのブログ

ライブハウス 池袋フィールドです。
アーティストとしても活動中の店長・山石敬之が
日々の出会いやエピソードを語っていきます。


テーマ:

今回は日頃フィールドの出演者を見ていて
気になる事を具体的に並べてみよう。
結構たっぷりあるので、きっと君も「引っ掛かる」

 

①「音が小さい」
男女問わず声も楽器も音量が小さい人が多い。
「ウイスパー系」の女性ボーカルでも
音量やアタックがしっかりしている人もいる。
スタイルの問題では無い。
楽器に関しても、小さい音で丁寧に弾く事も大事だが、
ピアニシモからフォルテシモまで表現してこその「音楽」だ。
ダイナミクスは、大きく正確に、が出来てはじめて生きる。
そして楽器はある程度音量を出して鳴らさないと良い音は出ない。
歌に関しても、身体をしっかり響かせれば、当然音量は上がる。
結果上手い人は輪郭のしっかりした「圧倒」する音を出している。

 

②「ギターのチューニングがひどい」
これはレベルの差が如実に出る。
やはり上手い人は当たり前にチューニングが良い。
チューナーに頼っても、押さえ方、カポなどでもズレる。
実際弾いてみて確認すべきだし、
変だったら即直してから演奏に入って欲しい。
もしそれに気付かないようなら、それはミュージシャンとは言えない。
日々の練習時からチューニングは徹底して合わせる習慣を付けよう。

 

③「セットリストを決めていない」
これが一番分からない。
決めてないとはイコールそのライブへ向けたリハーサルをしていない、
準備をしていない、という事になる。
曲の置く位置次第で、それぞれの曲の聞こえ方も意味合いも変わる。
30分でも45分でも、その中で最高のエンターテイメントを作って欲しい。
その為の第一歩は、曲を曲順を決める事だ。
そしてその流れで実際リハをしてみて、イメージ通りのステージになるか、
録音、録画をして確認して欲しい。
短いステージでもそれくらい取り組んでる奴に、勝てると思うか?

 

④「セットリストが変」
そしてやっと決めたセットリストの意味が分からない場合も多い。
入りから出まで、ストーリーや印象付けの工夫をしなくては、
極論、ライブを演じる意味が無い。
得意の曲からスムーズに入り、新曲を紹介しながら、変化球を入れ、
バラードで落とし、待ってましたで盛り上げて終わる、くらいの流れは作って欲しい。
もちろんそれがワンパターンに陥りたく無いから、
アーティストは曲順で悩む。
新しい並べ方で、毎回新鮮な感動を作るためのセトリの工夫を怠るな。

 

⑤「楽屋でいつまでも練習してる」
本番日にライブハウスに入り、リハを終えた後、
楽屋でいつまでもギターを弾き、練習している人が結構いる。
新曲が不安なのだろう。
「昨日出来たばかりなので」と言う。
「?」。そんな状態で本番におろして良い訳がない。
バッチリにしてから本番を迎えよう。
新曲が無くてもやたら練習する人もいる。
一体昨日は何をしてたんだろう?
セットリストもそうだが、事前の準備が全てを決める。
楽屋で必死になってる奴を見ると、
本気で音楽で生きていく覚悟は無いんだな、と思う。

 

⑥「本番直前喋ってる」
一方やたら余裕の人もいる。
共演者と和やかに談笑している。
その事自体は良い。楽しそうだ。
だが、本番直前は集中しなくて大丈夫か?
つまりはステージをナメている。
これから未知のオーディエンスを掴みに行く、という
勝負の時間が始まるというのに。
そんなヘラヘラな状態で大丈夫というのは、かなりの自信家だ。
私には到底出来ない。
ステージは怖い。何が起こるか分からない。
よく「魔物が棲んでいる」と言う。
毎回が勝負だと思うのなら尚更だ。
せめて直前5分間くらいは、自分を見つめ、集中しよう。

 

⑦「譜面や歌詞を見ている」
歌詞や譜面をいつまで経っても見てる人も多い。
自分の作った曲をどうして覚えられないのだろう?
しかも曲数は5〜6曲だ。そんなに曲も入れ替わってない。
練習を重ねればイヤでも覚えるはずだ。
当然ながら見ての演奏では客席を見れない。
つまりは攻められない。掴めない、という事になる。
一体何しに来たんだ?
特に信じられないのは、次の曲に行く時にパラパラと探している。
せめて曲順に並べれば良いじゃないか。
それすらもメンドくさいのか?
ここでも準備不足が露呈する。

 

まだまだあるのだが、今回はこれくらいにしておく。
とにかく言いたい事は、
しっかりとした準備をして本番に臨んで欲しい。
短いステージでも毎回が勝負だ、という覚悟を持って欲しい。
健康面、精神面、楽器の状態なども含め、
最高の状態を作る工夫を怠らないようにして欲しい。
客席にいるオーディエンスは有料の客だ。
1円でもギャラを受け取るのなら、そこには責任がある。
ステージに立つとは、遊びじゃないんだ。
魂を削る作業なんだ、という信念を
ぜひ胸に刻んで欲しい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みんな、自分を信じて日々活動していると思う。
しかしその信じる根拠は一体何だろう?
「そんなものは無い。ただ信じている!」
いーだろう。
元々は根拠なんか無く、ただ盲目的に自分を信じて走り出したはずだ。
それは良いんだ。
しかし怖いのは、その根拠の無い自信が揺らいだ時だ。
「大丈夫」と自分に言い聞かせる「何か」が無ければ、
揺らぎは収まらず、大きくなる一方だ。
そして今度は自分を疑い出す。
「ホントに天才か?」「このままやってて良いのか?」
グラグラが止まらない。

 

正直20代の私もそんなもんだった。
ひたすら無防備に戦いに挑んで行った。
しかし自分は信じれた。
もちろん頼りになる仲間がいてくれたおかげもあるが、
自分の才能は間違いなくこの世の中に必要だと、本気で思っていた。
そして23歳頃からは、ずっとメジャーな世界で暮らしていたのも、
自信に繋がった。運命も味方だ。間違いなく「行ける」と。
今思えば、その自信を裏付けるほどの努力をしていたのかは疑問だ。
ただ、繰り返し訪れる「チャンス」が後押しをしてくれた。
そして確実にそのチャンスをモノにするだけの実力はあった。
音楽的な下地は小中学校時代に作ってあったから。
18歳の頃には戦う準備は出来ていた。
そして常に前を向き、ひたすら脇目も振らず走り続けた。
もちろんそこに挫折や障害も多かったが、
走り続ける「走力」がそれらをはねのけるのに充分だった。
しかし30歳の夏、全ては壊れる。
崩壊して行く仲間達を押し留める「パワー」が突然切れた。
「諦め」に押し流された。
つまりは「何があっても」は嘘だったのだ。
そこまでの絶対的な自信を持ってはいなかった、って事になる。
「もうダメだ」の前に無気力にその後数年を過ごした。
あの時自他共に認める本当の実力を培っていたら、
私の人生も違っていただろう。
私が諦めても、周りが放って置かなかったはずだ。
きっと何か一つ「大切なモノ」が欠けていたように思う。
そしてそれが今なら分かる。

 

20代は運命の海を泳ぐ魚のようだ。
様々なチャンスが、色とりどりの形で訪れる。
虚実入り混じり、翻弄される。
次々とその果実を掴んではかじってみる。
本物に出会うまでは、何度もお腹を壊すだろう。
だが20代の強じんな胃は、チャンスを食い尽くす。
だがいつかそれらが終わる。静まり返った「凪」の海を漂うように。
チャンスが途切れた時、待っても待っても何も起こらなくなった時、
自分が、全てが、終わったように感じる。
そして終わりはいつやって来るか分からない。
チャンスも才能の内、とよく言うが、
もちろんそれは「チャンスに応える能力を持っておけ」という事だ。
だが大切なのは「チャンス待ち」にはならず、
こっちから作って行くんだ、という心意気が必要なのだ。
天から何か降って来るのを待っていては、立ち止まってしまう。
立ち止まってる者にチャンスは訪れない。
決して「歩みを止めない」ためには、「自分を信じる」以外に手は無い。
こうなるといよいよ「根拠」が必要だ。
信じるに足る自分自身を作らなければならない。

 

答えは実はもうみんな知っている。持っている。
日々の活動の中で、ライブで、レコーディングで、
見えている「やりたい事」「ありたい自分」を実現すれば良いのだ。
「もっとこう唄いたい」「風のように弾きたい」
「もう一歩えぐる言葉が欲しい」「聞いた事の無い新鮮なメロディーを作りたい」
とりあえず出来ている所で安住している頭の中では、警鐘が鳴ってるはずだ。
「このままじゃダメだ」と。
だったらチャレンジすれば良い。手を付ければ良い。
なぜ後回しにする?
貪欲にやり尽くした先に「納得」が待っている。
そこに自分を信じられる「根拠」が生まれる。
「ここまでやって、ダメなはずが無い」と。
皆すぐに出来ない口実を作るが、
やらない理由を並べ出した段階で、負けは見えて来る。
実際言うほど金も時間も掛からないし、もっと多くを無駄に浪費している。
だいたい負担無しに何か手に入れようとするのは、虫が良過ぎないか?
大した努力もせず手に入れた「今」で勝負しようとするから負けるんだ。
少なくとも頭の中に「もっと」があるなら、
「理想の自分像」があるなら、
チャレンジしよう。手を伸ばそう。一歩踏み出そう。
自分を信じられる「根拠」を持つんだ。

 

人生は一度だ。一回キリだ。
やるなら、今だ。
今、そこに見えている光が消えないうちに。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分の「値段」について考えた事はあるだろうか?
ライブのチケット代や、CDの価格だ。
サポートに入る場合のギャラや条件。
レコーディングを手伝う場合のギャラについても。
常に相手の「言い値」でOKしてる人が多い気がする。
しかしそれはすなわち「自分に対する自分自身の評価」と
言い換える事が出来る。
つまりは「自分の価値」だ。

 

プロなら、音楽だけで暮らしているのなら、
この値段設定が生活を支える。
そして日々この条件のアップを目指し、自分を磨いて行く。
払う側の納得が無ければ、当然次は無い。
支払って当然の内容の演奏を、対価に見合う「なるほど」を
我々は誰に対しても、常にパフォーマンスしなければならない。
それがプロだ。
ところが、ライブハウス・シーンで活動中の多くのアーティストは、
ブッキングライブの場合、一律のチケット代での演奏だ。
滅多に「チケット代が安いので出ません」という人はいない。
しかしゼロでは無い。
自分自身の価値感をしっかり持っている人は、
それを守るために、誰とでも交渉する。
「○○な条件だったら出ます」と。
そこまでは無理でも、自分で値段を決めるシーンもあるはずだ。
CDの値段。ワンマンのチケット代。グッズの値段。ファンクラブの会費。
みんなはどう決めているだろう?

 

バイトやフリーターしながらのアーティストは、
まずは受け取る事より、支払う事の少なさ、を目指している。
「ノルマ何枚」ならどうにかなりそうだ、で出演を決めている。
CDやグッズの価格も、周りを見回して「こんなもんだろう」で決めている。
しかし「一体今の自分は幾らなんだろう?」を一度考えてみて欲しい。
自分の30分の演奏。60分の演奏。ワンマンの演奏。
5曲入りのCD。10曲入りのCD。
周りを見回しての相対的な価格ではなく、
自分が受け取って当然、と思える絶対的な値段は幾らだ?
考えてみてくれ。
それは自分自身への評価であり、自信の裏返しであり、
ここまでやってきた努力の成果だ。
価格へ置き換えた評価で、やるべき事も分かって来ると思う。
もっと貰って当然だ、と思えるのなら良いが、
いつも「何か申し訳ない」って思っているようなら、
今後の取り組み方を大きく変えるべきだ。

 

さて、最近の傾向として、メジャーの世界でもCDは売れない。
音源のセールスで稼ぐより、ライブとグッズの売り上げがメインだ。
音源はライブへのフライヤーの一つだ、位に割り切っているアーティストもいる。
しかし、技術の進歩で、レコーディングならどうにかなる「実力」も
ライブの現場ではバレバレだ。
メジャーを目指すなら、なおの事ライブ・パフォーマンスが問われる時代だ。
演奏力、歌唱力はもちろん、パフォーマンスとしての演出の工夫も。
そしてチケット代が決まる。
ライブに出る度に、逆に誰かのライブをチケット代払って観に行く度に、
果たしてその価格に見合っているかを、今後は考えてみて欲しい。

 

さらに言えば、お金を頂いて演奏している、という責任感が
自ずとやるべき事を決めて行く。
たとえ安いチケット代でも
少なくともその価値のあるパフォーマンスをしなければ、
もう次は無いんだ、と思うべきだ。
そうなれば一本一本のライブへの取り組みも変わる。
流してOKなライブなど一つも無いのだ。
「ここぞのワンマン」だけ本気でやり、後は流しているようだから、
次に続かず、いつまで経っても本当の「ファン」が付かない。
チケット代を上げられない。
エンターテイメントとしての価値あるパフォーマンスが出来ているか、
常に自分に問い続け、そのための準備に時間と頭をフルで使わなければ、
階段は上れない。プロにはなれない。

 

さあ、今の君は幾らだ?
そして幾ら受け取るようになりたい?
目指す先があるのなら、その値段に見合う自分になろう。
そして胸を張って稼ごう。
頂いたギャラの分、さらに自分を磨くんだ、と決意して欲しい。
危機感を持って。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週は「音翼塾」の紹介をしたが、
実際は別に池袋フィールドでなくても構わない。
とにかく音楽的に脆弱なみんなは、どこかで学ぶべきだ。
何とか良いスクールを見つけて、自分を鍛えてくれ。

 

皆、気楽に音楽に入って来ているようだし、
とりあえずの曲が作れ、演奏が出来て、ライブも出来ちゃうのだろう。
だが今自分が弾いているコードネームも分からず、
自分の曲のキーも伝えられず、もちろん自分の曲を譜面化するなど夢の話で、
当然他の人の曲を譜面で一緒にセッションするなどあり得ない。
一体それでミュージシャンと呼べるのだろうか?
基礎の無いところに「応用」は無い。
つまりは先が無いのだ。
なのにライブを繰り返せばビッグになれると信じている。
ノルマ払って、年中同じセットリストで、
一体何故、未来があると信じられるのだろう?
もちろん、ただ人前で楽しく演奏出来ればそれで良い、と言うのなら、
それでも構わない。楽しくやってくれ。
しかしその代表選手の「オヤジバンド」の皆さんでも、もっと取り組んでいるよ。
「楽しく」演奏する為には「努力」が付き物なんだって事を分かっている。
まして、ビッグになる事を目指して走る戦士が、
自分の弱点と向き合わずに、どう戦うんだ?

 

 

我々はアーティストだ。
ミュージシャンなら音楽の「専門家」だ。
私の常識では、小中学校時代には基本的な音楽の専門教育を済ませ、
高校時代には、もうプロを目指した活動を始めるのが普通だった。
当然その段階で、誰とでも「音楽の言葉」で会話出来る。
20歳を超えたら、とにかくそのスキルを上げる事に必死だった。
で、君はどうだ?
どこの世界にそのジャンルで大成しようとして、
何ひとつ学ばずに進もうとする奴がいるだろう?
ライブハウスでアーティスト面して
「みんなに勇気と元気を与えたい」なんて言ってる奴を見ると、
腹を抱えて笑いたくなる。
大概そういう輩は、逆に客に「頑張れ!」と励まされながら帰って行く。
再三ここでも書いているが、
取り組まない、学ばない人達は、今すぐアーティスト活動を辞めて欲しい。
付き合いで呼ばれて、お金払ってライブに足を運ぶ皆さんにも迷惑だ。
そしてよく「お金が無いから、生活に余裕が無いから」などと言い訳するが、
では、ノルマをこなせるライブ以外にはブッキングしてないのか?
無駄にライブハウスに金を払うくらいなら、自分に投資すべきだ。
そして「学ぶ」という事は、当然身に付くまでに時間が掛かる。
という事は、とっくに始めてる奴らとの差はどんどん拡がるばかりだ。
「自分は本当にこのままで良いのか?」
今こそ自分自身に聞いて欲しい。
見たくない部分、後回しにして来た部分、認めたくない部分、考えなかった部分、
そんな自分と向き合う時だ。
そして計り知れない「焦り」の前で慄然とするはずだ。

 

それでもどうしてもスクールに通う気が無いと言うのなら、
せめて下記をクリアしてくれ。

 

1.即、演奏出来る持ち曲は、30曲以上ある事。
2.その持ち曲全曲を譜面化する事。(リズム譜で構わない)
3.自分の楽曲は自分「1人」で演奏可能である事。
4.30歳以下のアーティストは、年間10曲は新曲を作る事。
5.新曲は100回見直した後、完璧に演奏出来るようになってから下ろす事。
6.CDなど音源を作る時は、必ず収録曲の倍の曲数作り、チョイスする事。
7.同じセットリストで同じライブハウスに続けて出演しない事。(最低半分は)
8.動員ゼロが予想される日程のライブには決してブッキングしない事。
9.ライブのリハは前日までに充分済ませ、当日スタジオを取ったりしない事。
10.ライブ当日はイベントの最後まで残り、全ての客を見送る事。

 

社会は厳しい。
人生は荒波だ。
なのに音楽系アーティストだけが、ノンビリと怠惰な活動を続けている。
そこにある悩みや失望は、全て「怠け者」の自分のせいだ。
目覚めよう。
そして、学んでくれ!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

春が近づいて来る。
2017年も本格的に様々に走り出しているだろう。
そして今年こそは何としても「変えたい」と決意しているなら、
「ひとつ上に登りたい」と夢見るなら、
「習う」という選択肢について考えてみよう。
現実的に一歩踏み出す機会だととらえて欲しい。
頭の中でいくら妄想していても何も変わらない。
「気持ち」だけじゃ何の結果も出せない。
ワンマンやレコ発に打って出る作戦を何度か試した人なら分かるだろう。
「花火」を打ち上げるだけじゃ、結局何一つ変わらないのだ、と。
必要なのは「中身」の改善なのは間違いないのに、
そこには取り組まず、「今まで」の繰り返しに終始している人が多い。
必要なのは「変化」だ「変革」だ。
欲しがられる「唄」を「演奏」を「楽曲」を
そして「新鮮な自分自身」を作れているか、
結局全てはそこに帰って来るのだ。
自力では先が見えない人には、池袋フィールドの「音翼塾」がある。
4月からは「シンガーソングライター科」に加え、
「ボーカル専科」も増やし、リスタートする。

 

ここでは何度も書いているが、
アーティストとして成功するためには、
その「レース」に出場するためには、
まず他の誰が何と言おうとも「自分は天才だ!」という自負が必要だ。
自分が成功しないのは国家の損失だ、くらい息巻いて欲しい。
しかしそこまででは無いミュージシャンがライブハウス・シーンに
たくさん生息しているのも事実。
本来彼らにいる場所など無いのだが、現存するのだから仕方ない。
ならば天才では無い諸君は「習って」下さい。
もしかしたら大物になれる可能性がゼロでは無いのなら、
習う事でその答えを探し、白黒をはっきりさせよう。
それが自分のためでもあるし、社会や周りのためでもある。

 

もちろん「10年掛ける覚悟」があるのなら、
自力でもどこかにたどり着ける可能性もある。
だが、少しでも自分自身の「ダメさ」を疑う気持ちがあるのなら、
最大限に自分を引き出してくれる「師匠」を持ち、
自分がどこまで行けるのか、を試して欲しい。
だからと言って安い「街のボイトレ」に通っても何にも起きない。
「通ってる」という満足感と「気のせい」の上達感が得られるだけだ。
金をドブに捨ててる可能性もある。
さらにかえって悪い癖が付いてしまう場合もあり、危険だ。
世の中には「プロ」がいる。
確かな技術と実績。そして結果への責任感が違う。
しかし当然プロは高い。そこは仕方ないのだ。
価値観を高く持ったプロは、その対価も高くなる。
「手応え」という果実が欲しければ、自分に投資しよう。
人生は一度だ。
最高のチャレンジをし、賭けに出よう。
平坦な道がお好みなら、アーティストには向いていない。

 

音翼塾
「シンガーソングライター科」月4回/各60分のマンツーマン。24000円。
内3回は楽曲制作とパフォーマンス。内1回はボイトレ。
「ボーカル専科」月2回。15000円。
内1回は120分の合同セミナー。内1回は30分のボイトレ個人レッスン。
いずれも毎週火曜日の夕方以降の設定です。
申し込みは、池袋フィールドのサイトから。

 

正直結果が出るのには2年は掛かる。最速でも1年。
しかし日々のライブ活動が正しい道筋に乗るのは確かだ。
間違いの無い「やるべき事」を手に入れ、実行できる。
そして気が付けばステップアップしてる自分を見つけるだろう。
ここでダメなら、他で何をやってもダメなんだ、という自信がある。
さあ、2017年春。「音翼塾」で鍛えよう!
君の「変革」の始まりだ!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。