京都御所(京都市上京区)で7日、恒例の一般公開が始まった。開門時刻の午前9時には約400人が列をつくり、宮廷建築群や満開を迎えた「左近の桜」、緑鮮やかな庭園など春を満喫した。11日まで。

【新刊本】『皇后さまと子どもたち』=宮内庁侍従職:監修

 今回は人形による舞の飾り付けが特徴。大臣宿所で「和舞(やまとまい)」、小御所(こごしょ)で「五節舞(ごせちのまい)」と「久米舞」の展示をしている。

 無料。期間中は予約不要。宜秋門から午前9時~午後3時半に入場。最終退出は午後4時15分。問い合わせは宮内庁京都事務所(075・211・1211)。【小川信】

【関連ニュース】
愛子さま:宮内庁発表、「配慮欠いた」の声も 欠席問題
愛子さま:「元気に通学されるように」宮内庁の羽毛田長官
京都御所:4月7日から一般公開 人形の舞飾り付けも実施
愛子さま:4時限目だけ登校 宮内庁、両陛下に事情説明へ

事務所荒らし670件自供、容疑の男を逮捕(読売新聞)
<鶴岡八幡宮>大銀杏に新芽…残った根の部分から(毎日新聞)
<向田邦子賞>該当作なし 82年度の第1回以来初めて(毎日新聞)
【健康】増える「非びらん性」胃食道逆流症 難しい診断 治療手探り(産経新聞)
千葉佐那 ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増(毎日新聞)
AD