fgh196のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

FIFA 15 コイン。 「長いシーズンの最後に優勝できてうれしい」とペトコビッチ。「この勝利を私の父親に捧げたい(父親でありコーチのゾラン・ペトコビッチ氏のこと)」。 アラド戦記ゴールド 試合当日の1日、『コリエーレ・デッロ・スポルト』紙にはそんな見出しが躍った。ナポリとローマのサポーター同士はもともと仲が悪いことで有名だが、この日は特に暴動が危惧されていた。昨季のコッパ・イタリア決勝で、ローマに赴いたナポリサポーターの一人がスタジアムの外で刺殺されたが、襲撃したのはローマのウルトラスであると疑いを持たれていたのだ。ナポリウルトラスの一部は“復讐”も予告していたが、犠牲者の遺族が暴力反対のメッセージを出すなど、関係者の努力が実り大きな混乱はなし。  そして、ピッチでは戦力的にはスクデットを狙えるビッグクラブの同士の対決にふさわしい、アップテンポなゲームが展開された。 アラド戦記育成代行  機先を制したのはナポリ。ローマ相手に真っ向からハイプレスを仕掛けてリズムに乗ると、4分にゴール前のこぼれ球をイグアインが華麗なジャンピングボレーで押し込んで先制点を決めた。その後は完全に勢いに乗り、ローマを相手陣内へ押し込んだ。フィールドプレーヤー全員が見事な集中力を見せ、開幕から調子の出なかったハムシク、インシーニェも完全復調。彼らが巧みにパスを振り分けた先にはイグアインやカジェホンが常に隙をうかがう。ボールを奪われても再奪回するプレスが早く、ローマにカウンターの形も作らせない。1点で終わったのが不思議なほど、前半は決定機の山を築いて相手を圧倒し続けた。 アラド戦記 RMT  それでも、スコア上のビハインドを最小限に保ったのはさすがローマというべきか。CB陣とGKデ・サンクティスの奮闘でゴールを守った彼らは、後半からギアを入れ替える。コレクティブなパス交換で左右のサイドを破って攻め立て、徐々にチャンスの回数を増やしていった。普段通りならこの流れに相手DFが耐えられず崩壊してしまうところだが、この日のナポリは耐えた。その軸となったのが、若きCBのクリバリだ。裏に出たジェルビーニョやフロレンツィに食らい付いてラストパスを阻止したと思えば、出し手であるトッティに厳しく寄せてパスを出させない。63分、CKの守備から猛然とボールを奪ってゴール前に攻め込み、カジェホンにラストパスを出したシーンは、彼の絶大な存在感を象徴していた。 ■前に出たローマにカジェホンがトドメ  ローマはデストロやイトゥルベを投入し、システムを[4-2-3-1]に変更
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。