神戸市環境局の男性職員(32)が公費でパソコンを購入、転売していた問題で、職員が市に7千万円以上の損害を与えていたことが21日、市の調査で分かった。市は同日、職員を詐欺罪などで兵庫県警に告訴した。

 神戸市によると、職員は平成18年5月~今年4月、偽造した伝票を使いノートパソコン145台や商品券767万円分を購入し、転売を繰り返した。また納入業者の関連会社名義で約2300万円を市に架空請求するなどし、市の被害総額は約7300万円を超えるという。

 職員は調査に対し、「得た金は遊興費や借金の返済に充てた」と話しているという。市環境局は「市民の信頼が大前提なのに根底から覆す出来事。どう説明していいのか言葉がない」と話している。

【関連記事】
入り口はソフトでも「闇金だけには手を出すな」
便座440台詐取した男を逮捕 転売目的か
宝塚チケットなど高値転売5人逮捕
PC200台を詐取 アクシオ元社員を逮捕 警視庁
「富士ソフト」元社員を背任で逮捕 社名でPC仕入れ転売

大阪女性失踪 「離婚して一緒に…」女性の願い暗転(産経新聞)
殺人放火 住宅全焼 76歳遺体に刺し傷 千葉・八街(毎日新聞)
公示まで1か月、公認候補者は340人(読売新聞)
「閉塞感 解決しない」大阪市議補選で平松市長(産経新聞)
クマに襲われ? 男性死亡=肩から胸に深い傷―北海道(時事通信)
AD