8日午後4時15分ごろ、東京都港区台場の路上で、「かばんが燃えている」と119番があった。火は約15分後に消し止められ、けが人などはなかった。警視庁東京湾岸署によると、かばんは布製で、紙袋に包まれた発炎筒約45本が入っていた。
 同署によると、持ち主は発炎筒メーカーに勤務する男性(50)で、「引っ越しで自宅から運び出す途中だった」と説明。有効期限の過ぎた発炎筒を会社から少しずつ譲り受けるうちに、大量になったという。同署は摩擦で発火した可能性もあるとみて原因を調べる。 

火葬せず、ペット以外の骨渡す? =犬死骸投棄、詐欺でも捜査-埼玉県警(時事通信)
<平野官房長官>「安定多数を」発言紹介を修正(毎日新聞)
「市長派」の阿久根市議、議会自主解散提案へ(読売新聞)
与謝野・平沼新党 鳩山邦夫氏外れる 5人で発足(毎日新聞)
ノーベル賞下村さん、母校にメダル=「元気を出して」とレプリカ展示-長崎大(時事通信)
AD