東京海上日動火災保険は19日、業務委託する埼玉県の損害保険代理店の店主が顧客16人から計約2600万円をだまし取っていたと発表した。架空の金融商品で契約したり、保険料の払い込み方法を偽ったりしていた。東京海上は顧客の問い合わせ窓口を設置、他にも被害がないか調べるほか、損害賠償などについても検討する。
 この代理店は「あんしんサポート」(秩父市)で、店主の男は顧客1人から、架空の金融商品で約1000万円を詐取。また、別の顧客15人からは一時払いの損保商品の保険料、計約1600万円を受け取ったのに、決済していなかった。
 顧客からの指摘で発覚したが、店主の男は3月9日に病死しており、詳細は不明という。問い合わせ窓口は東京海上日動火災保険埼玉支店熊谷西支社。フリーダイヤル(0120)767270。 

【関連ニュース】
通帳詐取容疑で会社社長を逮捕=30口座以上を売却か
調査捕鯨母船が帰港=南極海で妨害受ける
東京海上、上海万博と南アW杯で専用電話=海外旅行保険で
振り込め詐欺で男5人逮捕=被害総額2億円か
2メガ損保が増収確保=2009年度の営業成績

自民、衆参ダブル選に警戒 支部長選任急ぐ(産経新聞)
京急線 生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
覆面パト事故、出動のきっかけは拉致虚偽通報「彼の気を引きたくて」(産経新聞)
日本本土初空襲 忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)
ISS 宇宙でお国の自慢料理食べ比べ?日米露の飛行士(毎日新聞)
AD