京都第二赤十字病院(京都市上京区、中島正継院長)の心臓血管外科で今年2月、腹部大動脈瘤(りゅう)の摘出手術をした女性患者(67)の腹部に、臓器の保護材を置き忘れる事故が起きていたことが病院への取材で分かった。患者は手術の約2週間後に除去手術を受け、今月19日に退院。健康状態に影響はないという。

 病院によると、医師3人と看護師3人が担当した2月22日の手術で、シリコーン製の保護材(縦約13.5センチ、横35センチ、厚さ2ミリ)を置き忘れた。退院予定だった今月5日のCT検査で判明。患者や家族に謝罪し、摘出した。

 手術後に使用した器具の確認を怠ったのが原因で、手術直後のX線検査でも気付かなかった。病院はこれを受け、器具チェックの徹底を指示し、保護材をX線撮影で写りやすい素材に変更した。【古屋敷尚子】

【関連ニュース】
損賠訴訟:重なる医療ミス認め遺族と和解 三重・産科医院
性同一性障害:手術ミスで和解 説明の不備認める
医療事故:カテーテルから空気入り男性死亡 静岡の病院
医療ミス:カテーテルから空気流入、死亡--静岡医療センター
医療ミス:がん患者取り違え手術 東北大病院、70代の前立腺全摘

5ダムの本体着工容認=計画通り補助金配分-前原国交相(時事通信)
郵政改革法案 指導力なき首相 内閣は分裂状態(産経新聞)
社民党、同意人事案に賛成の方針決める(産経新聞)
愛子さまを市民ら歓迎=皇太子ご一家、静養で長野に(時事通信)
遺体を取り違え 都監察医が解剖 警視庁誤搬送(産経新聞)
AD