全国の市区町村の住民基本台帳カード(住基カード)の累計発行枚数が、2009年度末時点で444万7000枚となったことが24日、総務省の調査で分かった。09年3月末時点の住民基本台帳人口(約1億2708万人)に対する普及率は3.5%となった。
 09年度の発行枚数は前年度比9289枚減の104万8881枚。2年連続で100万枚を超えたが、03年度の発行開始以来初めて、前年度を下回った。
 累計発行枚数が多かった市区町村は、宮崎市が18万1561枚(09年3月末の人口40万21人)でトップ。横浜市の14万5691枚(同360万5951人)、大阪市の11万129枚(同252万5153人)が続いた。 

【関連ニュース】
国内移動、14年連続低下=景気低迷で
住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度
住基ネット活用も検討を=共通番号制度で
複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で
3大都市圏の転入超、5万人減=不況で09年、名古屋圏転出超に

内閣不信任案 社民が同調へ(産経新聞)
杉並区長が記者会見で辞職表明 参院選出馬意向も(産経新聞)
パー券を府工事受注業者が斡旋 橋下知事「小学以来の友人」(産経新聞)
宮崎で「口蹄疫への義援金」かたる詐欺未遂(読売新聞)
昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
AD