日本民間放送連盟(会長・広瀬道貞テレビ朝日顧問)は16日、宇都宮地裁で再審公判が行われている足利事件の判決公判で、法定内での録音・録画取材を求める声明を出した。堀鐵蔵報道委員長名で「判決公判の冒頭から終了までを録音・録画し、広く報道することは、報道機関としての使命・役割と強く認識している」としている。

【関連記事】
「冤罪を根絶」菅家さんら名張事件への支援訴える
「判決を撮ってほしい」 菅家さん、許可求める
「17年半はつらく苦しい毎日」菅家さんが陳述
「7人の弁護士」がそれぞれ最終弁論 足利再審
足利再審 突然の検事の謝罪 菅家さんの表情固く
20年後、日本はありますか?

消費増税、景気には中立=目的税化で雇用創出も-菅財務相(時事通信)
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で-長妻氏(時事通信)
久保が勝ち2勝2敗=将棋棋王戦(時事通信)
<地方分権>改革推進委、実質的な活動終了(毎日新聞)
JR京葉線、強風で始発から運転見合わせ(読売新聞)
AD