特別養護老人ホーム(特養)など介護保険施設の高齢者人口10万人当たりの定員について、都道府県間で2倍以上の格差があることが、厚生労働省が25日発表した08年介護サービス施設・事業所調査結果で分かった。最多は徳島で4414人、最少は東京の2163人で、全国平均は2981人だった。

 調査は08年10月1日現在で、特養、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の65歳以上の人口10万人当たりの定員を都道府県別に調べた。

 徳島に次ぐのは富山の4207人で、石川3959人、福井3929人、鳥取3896人が続く。

 一方、東京に次いで定員が少ないのは神奈川の2382人で、千葉2393人、大阪2555人、埼玉2598人と続く。首都圏や大阪などの都市部で施設整備が遅れていることがうかがえる。【佐藤浩】

【関連ニュース】
癒やしロボ:介護に活躍 呼び掛けに反応、お年寄り笑顔
【新刊本】『介護の値段 老後を生き抜くコスト』=結城 康博・著
認知症を支える:シリーズ介護・第3部/反響特集 医師、職場、地域に感謝
ノロウイルス:16人集団感染 入所者2人死亡--阿賀野の介護施設 /新潟
吐き気・下痢:入所者ら31人に症状--粕屋郡内の老人施設 /福岡

長岡宮跡で甲冑部品、歴代の皇族コレクション?(読売新聞)
中部空港でシンガポール機トラブル、滑走路一時閉鎖(読売新聞)
小・中・高も一緒、駅前キャンパスは「防災拠点」 関大が竣工式(産経新聞)
タミフルを無許可販売=輸入代行業者を再逮捕-大阪府警(時事通信)
交番で「財布落とした」と偽る=570円詐欺未遂容疑で男逮捕-警視庁(時事通信)
AD