Alvin Weinbetg

テーマ:
トリウム溶融塩炉のパイオニアのAlvin Weinbergのなきあと(2006年)
ワインバーグ財団ができてその意思を引き継ごうとしている。

ワインバーグ自身はオークリッジ研究所の所長をつとめケネデイやジョンソン大統領の
科学技術顧問をつとめており、アメリカのエネルギー制作に強い影響力があったはずだが
ニクソンに追放されたといわれていて
それほどの地位の人が首になるくらいだから財団ができてもその意思を継続することは
容易ではないだろう。
ただし世界の情勢が変化してきているので
その観点から名誉が復活されることはあるかもしれない。

驚いたのはすでに1974年の段階でワインバーグは地球温暖化問題を口にしていたらしいことだ。
わたしはこれはアル・ゴアが仕掛けた陰謀かとおもっていたが間違っているかもしれない。
AD

中国のトリウム発電計画2

テーマ:
先の中国のトリウム発電計画は以下のように変更になったという。

2012年5月元科学院副院長で上海応用物理研究所所長の江錦恒氏は、この計画を修正し、米国のオークリッジ国立研究所(ORNL)と協力し、溶融塩炉を次の2つの方式で、2020年までに2MW実験炉を建設し、重要技術を掌握すると変更した。

①溶融塩トリウム燃料炉:

米国オークリッジ国立研究所(ORNL)において1950年から1956年にかけて溶融塩燃料を循環する熱出力2.5MWの小型炉が研究開発され、1954年には数日間運転され815℃(最高温度は882℃)の高温を達成し、1965年からU-235、U-233、Pu燃料を用い溶融塩実験炉計画(MSRE:Molten-Salt Reactor Experiment)を実施し、1969年末に完了し、溶融塩増殖炉の開発に移行すべく予算要求をしていたが、1976年米国政府の増殖炉開発の一時凍結、財政緊縮政策等により中止された。最近の米国を主導国とする第4世代原子炉システム推進計画の中で、溶融塩炉は研究開発の検討対象原子炉の一つとして選定されている。[*15]

② フッ化物塩冷却高温炉―Fluoride salt-cooled High temperature Reactor FHRs

トリウム溶融塩燃料を用いる前者の課題は、放射性の溶融塩燃料を高温冶金燃料処理プラントに直結させるので、系全体を汚染させ、また、ウラン233に変わる途中で非常に高いエネルギーのガンマー線を発生するプロトアクチニウムを経過するので、修理補修等が難しくなる点である。

2005年頃より、オークリッジ国立研究所(ORNL)を中心に溶融塩を冷却材とするだけの方式で問題を解消する溶融塩冷却高温炉方式の開発を進めている。これは固体球状トリウム燃料床(ぺブルベッド)の高温ガス炉をヘリウムガス冷却材からフッ化物溶融塩冷却方式に変え、システムを小型化し、経済性と安全性を向上させる方式で、高温ガス炉の開発者である中国・清華大学と米国の利害が一致して、中国科学院(上海応用物理研究所)とDOEの間で溶融塩冷却高温炉の開発共同計画を進めている。

昨年の2015年のパロアルトでのトリウムエネルギー国際会議の
講演のビデオ集が公開されている。
ここ。

量が多いので目をとおすのが大変ですが、
世界での推進者たちがなにを考えているのかがわかる。

そのなかのひとつ
いま可能はトリウム溶融塩炉という演題:

早すぎる記事 トリウム炉

テーマ:
2011年の福一原発メルトダウンのすぐあとにイギリスの科学ジャーナリストの
マット・リドレーがウオールストリートジャーナルにトリウム炉の利点記事を速攻で書いている。
リドレーは原子力よりはゲノム関係の記事をかいているひとなので事故後あまりにも早すぎる。
(わずか一週間後)
記事は重要な点で多少、数字などで正確性にかけるとはいえ概ね正しい。
なにかへんな印象だ。

記事を引用すると:
MATT RIDLEY: DOES A DIFFERENT NUCLEAR POWER LIE AHEAD?
Date: 21/03/11

Might the Fukushima accident eventually create a chance for the nuclear industry to “reboot”? In recent years some have begun to argue that solid-fuel uranium reactors like the ones in Japan are an outdated technology that deserves to peter out and be replaced by an entirely different kind of nuclear energy that will be both safer and cheaper.

View Full Image
Ridley nuclear

John S. Dykes

Thorium could make 90 times as much energy as the same quantity of uranium—and it produces no bomb-making material.


The problem, as is often the case in capital-intensive industries, is inertia. Nearly all the expertise, research and sunk costs are in the old technology. Fukushima just might start to change that.


In the short run, the beneficiary of nuclear’s now inevitable crisis is going to be fossil fuels. Renewable energy remains too expensive, too land-hungry, too unreliable and too small-scale to take up much slack, so cheap coal and newly abundant natural gas will do the job.


This is ironic, because however high the death toll at Fukushima climbs, it is unlikely to match the casualties in the fossil-fuel industry. In the last year alone, 29 people died in a New Zealand coal mine, 11 on a Gulf oil rig and 27 in a Mexican pipeline explosion. A human-rights activist has estimated that as many as 20,000 people die in Chinese coal mines every year.


But with America now awash in shale gas and the world about to follow suit, the price of electricity is bound to stay fairly low. Since gas-fired generation is about the most scalable, efficient, flexible, clean and (on a large scale) lowish-carbon form of electricity available, it is going to prove economically and politically attractive.


Against this formidable competitor, uranium will struggle for many years to come—especially with the extra cost and political handicap that Fukushima is bound to add. So nuclear needs to reinvent itself. Because nuclear reactors were developed by governments in a wartime hurry, the best technological routes were not always taken. The pressurized-water design was a quick-and-dirty solution that we have been stuck with ever since. Rival ideas withered, among them the thorium liquid-fuel reactor, powered by molten fluoride salt containing thorium.


Thorium has lots of advantages as a nuclear fuel. There is four times as much of it as uranium; it is more easily handled and processed; it “breeds” its own fuel by creating uranium 233 continuously and can produce about 90 times as much energy from the same quantity of fuel; its reactions produce no plutonium or other bomb-making raw material; and it generates much less waste, with a much shorter half life until it becomes safe, so the waste can be stored for centuries rather than millennia.


A thorium reactor needs neutrons, and both ways of supplying these subatomic particles are relatively safe. They can be introduced with a particle accelerator, which can be turned off if danger threatens. Or they can be introduced with uranium 235, which in this process has a much lower risk of an uncontrolled reaction than it does in today’s nuclear plants. The fuel cannot melt down in a thorium reactor because it is already molten, and reactions slow down as it cools. A further advantage of this design is that the gas xenon is able to bubble out of the liquid fuel rather than—as in normal reactors—staying in the fuel rods and slowly poisoning the reaction.


Nobody knows if thorium reactors can compete on price with coal and gas. India has been working on thorium for some years, but the technology is as different from today’s nuclear power as gas is from coal, and very few nuclear engineers even hear about liquid fuel during their training, let alone get to work on it.


New technologies always struggle to compete with well-entrenched rivals whose costs are already sunk. The first railways couldn’t rival canals on cost or reliability, let alone lobbying power.


Now is the time to start to find out about thorium’s potential.

The Wall Street Journal, 19 March 2011
すでに古いがトリウム溶融塩炉の2013年時点での世界の状況が
吉岡律夫氏らによって第17回原子力委員会資料第2−2号にまとめられている。

内容は:
トリウム熔融塩炉の開発の現状について
2013-5-9 NPO 法人・トリウム熔融塩国際フォーラム 吉岡律夫・木下幹康
目次: 1)熔融塩炉の概念 2)熔融塩炉の特徴 3)米国での開発実績 4)中国の開発計画 5)欧州の状況 6)チェコの状況 7)フランスの状況 8)ロシアの状況 9)インドの計画 10)韓国の状況 11)日本の取り組み状況
故 古川和男博士の意思のあとをついだTTS株式会社はいまもほそぼそと雌伏している。
その目標タイムラインは:

TTSの「溶融塩炉」開発のシナリオ
2015 2020 2025 2030
①RinR:Chemical Reactor in Nuclear Rector
1ベンチャー企業であるTTSの、原子力開発と言う世界事業への参加を可能にする
■ミニチュア溶融塩燃料炉の核化学反応炉としての実用化
■ノルウェーOECDハルデン炉プロジェクトとの提携による開発
■世界からの溶融塩炉用燃料の試験受託及び溶融塩炉用材料の試験受託
■プルトニウム及びマイナーアクチニドの燃焼・消滅処理技術の開発
開発費10億円 2020年完成

②超小型溶融塩高速炉
超小型塩化物溶融塩高速炉(出力0.2万kw)
■世界発の溶融塩液体燃料原子炉の実用化。
■福島デブリ処理
開発費100億円 2022年完成

③miniFUJI
小型トリウム溶融塩炉(電気出力1万kw)
■発電用溶融塩炉の開発
開発費500億円 2025年完成

④FUJI
■低コスト(目標3円/kwh)の発電用原子炉の開発
トリウム溶融塩炉(電気出力20万kw)
開発費2000億円 2030年完成