日々、、くだらぬことをブツブツとツイッターでつぶやいています。

    

  http://twitter.com/s_ohhara


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018年01月15日

記念写真を継続する話

テーマ:どうでもええ事
毎年ですね、お正月にですね家族写真を撮るんですよ。

{9D67C12D-EE13-47EF-A685-582E3310F741}

まーめんどくさいことに、いつも予約をする時に必ず、子供の名前と年齢を聞かれまして、、。そんなもん、毎年言うとるし、データベースにあるやろ!!と思うのですが、聞かれます。

頼みますよスタジオアリスさん。

例年思いますが、凄い人です。
ちっちゃい子がいろんな服を着せさせられて撮られております。まぁまぁ、可愛いんですよね。
他人の子でも、たまらなく可愛いです。

さて、うちは長男セレンが生まれてからずっと正月家族写真を撮ってます。
ほぼ、同じポーズですし、1枚しか撮りませんし、服なんぞ着させませんし、着たくもないです。自分たちが前年に買った1番好きな服を着ていくんです。

写真を同じポーズで撮るのも、成長を見るのがたまらなく好きなんです。あっ、この時にお母さんを抜いたんだな、とか、親父を抜いたな、とか、、。今はデジカメや携帯で撮ってほとんど現像もしません。沢山写真はあるのはいいのですが、見比べたりすることもなく、ただただ保存するばかりです。

僕はずっと飾って眺めたいのです。
だから、ずっと写真盾でお願いしてるのです。
家の廊下に並べてよくよく眺めるのです。

先日も、店員さんが
「いいですね、大きくなられても一緒に写真撮ってくれて、、」と言われ、
「そうなんですか?」と聞き直すと
「あまり、こんなに大きな子供と一緒に家族写真を撮りに来られる所はないです。特に年頃の女の子がいたら絶対に嫌がりますよ」と。

ふーーーん、そんなもんなのか、、。
一緒に撮ってくれるだけでも感謝しないとね。

他人様はわからないけど、僕には目的があって子供が20歳になるまでは絶対に続けたくて、しかも写真盾とは別に台紙に貼った写真を2セット作ってるんです。ずっと。それをそれぞれが成人した時に20年分をプレゼントしたくてやってるんです。

子供にも僕がやりたい、、、と、ずっと言ってるんで、イヤイヤかもしれないけど楽しく写真を撮ってくれてるんです。それぞれが家庭を持ってもずっと家族を感じてて欲しいんです。

いつかは、息子たちに家族ができ、子供ができたりしたら、今度はみんなで毎年撮れれば言うことなしです。

そんな日まで、頑張ろうっと。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2018年01月14日

MVPの社員の話し

テーマ:社員
遅くなりましたけど、先々月のMVPの社員です。

{6A770526-AC60-4C31-893A-C6835EB8D384}

男前の2年目ですわ。

アパレルチームでガンガン伸ばしてくれてる若者ですよ。おめでたいことに、籍まで入れております。

彼は実はアイススケートの学生チャンピオンでした。北海道出身で幼少期からスケートを行い、高校も大学もガッツリとスケートをやっており、見た目の爽やかさとは裏腹にバリバリ体育会です。

とは言うものの、非常に人当たりも良くてお客様受けも良く、さらには主将経験もあり、引っ張って行く力もあるのです。

大学チャンピオンではあるものの、この2年ほど全く滑っておらず、沢山の知り合いが平昌オリンピックに出るので、非常に楽しみにしているのと、滑りたくて滑りたくて仕方がないらしいです。

それこそ、トップレベルでやっていた人間は親やコーチや周りの人への感謝というのは言うまでもなく確立されており、自分が常に活かされていると言う感覚を持ってますね。さすがです。

多分、今後は支店を任され、その支店をいくつか束ねる存在になってくれ、それこそうちのグループを引っ張って行く存在になるんだろうなと感じます。

社員でも選手でもそう、やはり高みを目指し、過去の経験を今に活かせる人間は必ず成功する。
そう感じた瞬間でした。

これからもっと責任重くなるけど、ガッツリ頼むぞ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018年01月03日

今年のテーマの話

テーマ:ちょっとまじめな事

あらためましてあけましておめでとうございます。

 

今年のテーマは「進」です。

 

昨年は非常に速く感じました。いわゆる時間を速く感じていしまうというのは新しいことをやっていない証拠らしいですね。特に歳をとると一年が速く感じます。それは、前年とほとんど同じことばっかりやってるからだそうです。大きく反省ですね。

 

そう考えて見ると、自分には「進」が一番大事だと思いました。

 

進歩する、、ということです。

会社として大きく前進して来たことは事実ではありますが、今以上に大きく躍進するためには、僕自身が進歩しないといけないと強く感じています。自らがススンで、今の立場で楽をせずに新しくチャレンジしていくつもりです。

 

やったるでーーー。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年01月01日

新年早々の話

テーマ:どうでもええ事
ゆっくり海外で過ごしていますが、子供達も妻も私と離れて行動。私の側にはハエしか寄って来ない。

{B899B7CF-76B7-42BE-8020-9EDC9A3FA0B5}

慣れるとハエも可愛くなります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018年01月01日

ウェルカム2018

テーマ:ブログ
今年も皆様にとって素晴らしい年になりますように。
私にもね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年12月31日

2017年 私的重大ニュースの話

テーマ:ちょっとまじめな事

 

2016年

2015年

2014年

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

 

あっという間に過ぎ去った2017年。

私的に重大ニュースを並べてみました。

あまりにも私的すぎるので、、適当に流してください。

 

第4位   恩師と旧友と、、の話

 

久しぶりに中学の家庭教師の先生にお会いしました。

学校の先生でいうとあまり尊敬しきれなかったですが、この中高の家庭教師の先生は、本気で自分自身に向き合ってくれ、勉強以外たくさんの事を教えてくれました。高校大学と決して第一志望に行けたわけではありませんが、その中で

「お前はものになると思ってたよ。お前にはとにかく人が沢山集まってきてた。凄いオープンで本当に人のええ子やった。」と。
「ほんで、賢い大学にも行かなかったんが良かったよ。」(行けなかっただけなのだがwww)
「だから、勘違いせんとさらにお前のええとこが伸びたんや」

 

やっぱり、いくつになっても先生に褒められるとうれしいもんだな、、と思った次第でした。

また、先生にまた褒めてもらえるようにもっと頑張ろうって思った次第でした。

 

第3位   土地を買った、、、話

 

これは、ブログに書かかなったんですが、土地を3月に買いました。

たまたま銀行さんからの話が来て、相続物件で入札したら落札できました。1年ほどずっと探していたエリアだったので良かったです。別にマンションで良かったのですが、今住んでるマンションの古く、耐震的にも不安なので、、。家を建てるために働くのは嫌なのですが、なんだかんだ設計やら材料選ぶに拘ると面白いものです。贅沢なプラモデルでも作ってるような、、そんな気持ちになります。次男の受験もあり2019年の2月頃竣工予定ですすめてるので、、まぁ楽しみです。

 

第2位   20周年ありがとうの話

 

まぁまぁ、、嫁との結婚20周年ということです。

ただ、ひたらすら感謝というしかありません。今、自分がこうあるのも妻の協力があるからです。ほんと、、サンキューなって感じです。

 

第1位   ニュージーランド高校留学の話

 

さみしいですよ、、。ほんと寂しいですよ。

でも、彼の決断にエールを送りたいです。まだ15歳、、たった15歳。全く英語をしゃべられへんのに、誰も自分のことをしらない異国に1人でいくなんて、、到底僕には15歳の時に決断できない。とはいえ、まぁ、最高に楽しんでくれ。今は、新宿に住んでるから、好きな服も音楽も映画も見たり買ったりすぐできるけど、、そうは行かない。歩いて学校へ行く。クラブ活動も週2回ほど。たくさんの時間があるからこそ日本にいては出来ないことができるはず。思いっきり楽しんでくれ。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月30日

正月休みは海外への話

テーマ:子供・家族
正月休みは海外に来ました。
距離と暖かさと値段でグアム。





ゆっくりしてかったのですが、張り切って韓国人と3on3をしたり



と、張り切りすぎて、体調をこわし1日棒にふってしまった。まあまあ、そう言うこともありながら、想い出は増えていくもの。




家族の楽しそうな顔を見て、もっと頑張ろうって思う。
来年も頑張るぞー
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月26日

ニュージーランド高校留学、、の話

テーマ:どうでもええ事

家族で毎年のクリスマス。

嫁の手作りと家族のぬくもりを感じる瞬間です。

ありがたいありがたい、、。

 

 

 
 
 

 

さて、本格的なラグビーシーズンですが、長男は既に中学ラグビーを引退いたしました。念願の東日本大会には出場できずで、残念な結果となりましたが、小学校の時、下から数えるくらいの下手くそだったのが、この中学生の3年でよく成長してくれたと思います。親のわがままではじめさせたラグビー、、辞めたいときもたくさんあったろうけど、続けてくれて本当に感謝です。

 

 

 

さて、さて、長男はこの冬、大きな決断をしました。

日本の高校でなく海外の高校へ行くことを決めました。海外の高校へ通う決断をしました。世界一長男が大好きな私で、メチャメチャ寂しくなりますが、素晴らしい決断だと思います。もともと、ずっと海外に行け、、と言い続けました。今、別に目的なくてもいいと、。1人で行って親に甘えること無く、揉まれて、更に言うと語学も上達し、グローバルの観点を持ち、多様性を受け入れて、生きる術を学んできてほしいと、、。

 

アメリカでもカナダでもイギリスでもどこでもいい、、と。

 

長男の選択は、ラグビーを続けたいのと「共学」でした。いくつか見に行った中でのNZのオークランドの公立高校に決めました。2500人ほどいる学校。NZの中のシティーの中では2部らしく、それほど強豪ではありませんが、それでも数年前、大阪の花園常連校と引き分けるぐらいの強さらしいです。(強豪やないか、、)ちなみに、ラグビー部は5軍まであるらしい、、。

 

NZの高校は2月から8月までしか学校のラグビー部はありません。しかも練習は週1.2回です。ただし、学校が何人ものコーチを雇っており非常に本格的です。また、週末は必ず試合があります。試合もAチームだけでなく、Bチーム、Cチームなどのリーグ戦も行われている上、U16、U60kgのチーム構成など行われ、必ずどこかのチームに所属して、その大会に出場したり、練習試合をしたりなど、とにかく試合を楽しめるのも大きな魅力です。

 

日本の場合は、部員が多ければ試合に出れません。しかも、部員が少なすぎると合同チームとなってしまいます。そういう意味で言うとNZのラグビー環境というのはとてつもなく恵まれているな、、と思うとともに、長男もそういう環境を望んでおり良かったなと思いました。

まずは、U16か下のレベルからだと思いますが、最終学年では1軍、、すなわちXVを目指してほしいなと思います。

 

高校卒業後はわかりません。日本に帰ってくるのか、、そのまま海外の大学に行くのか、、。大学受験資格を取れるのかもわかりません。が、思いっきり楽しんでほしいと思ってます。最高に充実した3年間を送って欲しいと思います。

 

お父ちゃん、寂しいけど、、頑張ります。おまえも、、頑張れよ。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月25日

京産大 VS 明治 大学選手権の話

テーマ:京産大ラグビー

 

今季の京産の試合はジェイスポーツのオンデマンドのおかげで全試合見れました。

夏も絶好調でだったのでかなり期待をした1年でした。

実際に、シーズンが始まると、同志社以外には苦戦をしたというのが、事実として現れました。

FWが圧倒すると、かなり優位に戦えるけど、そうでなければ苦戦をする。

天理には負けましたが、FWの強い関学、立命に苦しんだのは、、まさしくそんな状態でした。

 

選手権の最初の相手は法政。

法政のBKはスペシャルなメンバーは多いけど、FWは圧倒できるだろうから同志社のような結果になるだろうと個人的には予想していました。

ただ、想定外なことが2つ。早々に24点も取られてしまったこと。久しぶりのファカイ君が入りすぎて退場になってしまったこと。でも、いい意味で開き直り、最後は大逆転の末、準々決勝に進むことができました。

数的優位の相手が、京産大の世界に引き込まれる、、すなわち京産ワールドに引きずり込んだベストな試合でした。相手は数的優位なのにスクラムを押さない、数的優位なのにモールを押される、数的優位なのにBKが足らない、。現実は14人で45分ほど戦ったとはあるものの、気持ちの上では中川君も一緒にスクラムを組んで15人で戦ったんだと思います。この試合はそれこそ、ずっとずっと語り継がれるほど感動し心を打たれた試合でした。

 

そして明治戦。





正直、きついと思っていました。FW平均で10kg違うとスクラムに大人一人多いのと同じですから、、。いくらパックが強いとはいえ、総重量の重さで圧力をかけられてしまうのではないかと、、。明治の小村さんも「京産とFW対決をしたい」とおっしゃってましたので、、相当自信があるのかと、、。また、早明戦を見る限り、明治のディフェンス能力は高く、早稲田は攻めても攻めても戻される状態でしたので、トライをとるイメージがなかなかつきませんでした。

 

緊張の中、試合がはじまり前半は終始明治ペース。ほぼ、悲鳴しかあげていません。ただ、大きな光が見えたのも事実です。スクラムが昨年より押せました。また、前の試合が法政だったのでスピードあるBK攻撃も比較的慣れており、あわてることもなかったです。そして、よく守りました。ゴール前で何度ターンオーバーしたことか。中川君に変わって入った「小さな巨人」宮崎君も攻守に大活躍でした。

 

ラグビー界一男前と私の周りで言われている濱田君の惜しいカウンターもありましたが、前半相手をノートライに抑え、風下0-6で折り返したときには、心で「行ける、、」と思いました。

 

後半始まり、明治の攻撃は変わらず脅威だったものの、前半と大きく変わったのは廣君が入ってくれたこと。仰星の日本一のメンバーですが、本人は花園メンバーには選ばれず、。そんな中、上を目指し京産を選んでくれ、こうやって選手権にキラーとして出場してくれたことには本当にうれしく思います。196cmとひときわ大きくラインアウトが完全に改善できました。モールを組めば押せる、、。これも実証できました。京産の攻撃に相手も反則が増え、一気に京産ペースになり、、連続モールから認定トライで逆転。

 

さらに、勢いは止まらない。モールが崩れたところで、しつこくFWのゴリゴリ攻撃。最後はキャプテン代行の酒井くんが飛び込んでトライ。酒井君らしく低く押し勝ったトライでした。この酒井君も愛知春日丘の花園のメンバー。春日丘と言えば、言わずと知れた元ジャパンの長江君の後輩。背格好も似ており、愛くるしい顔をしている。春日丘の時もスタートメンバーではない控え組。こういうメンバーが多いのも京産らしいところ。

 

残念だったのは、このあともう一つ連続でトライが取れなかったこと。流れは完全に京産だったのですが。明治のFW陣は去年の敗退を思い出したかのような顔つきだった。個々の突進では勝てない、だからこそ塊で、、。スクラム、モールではあの明治の重戦車に勝っているのは事実である。もう一つFWでとって相手FWの心を折りたかった、、が、そこは流石に明治。京産の攻めからくるエラーを確実に逃さない。走って繋いで最後にBKがしとめる。3連続トライであっという間に逆転された。

 

正直、、ここまでか、、と。1週間前に14人で死闘を繰り広げ、疲れもとれてない中での明治の波状攻撃を受け続け、BK、FWのあがりが徐々に落ちてきている。一方、明治は交代してくる選手もえげつない選手ばかり。ガンガン疲れのある京産メンバーに襲い掛かる。ただ、ここからが逆転の京産と言われた今年の強さ。4年生で初めてレギュラーになった河野君。彼も仰星では日本一になったWTBのレギュラー。163cmほどしかなく小さい。入部当時はSHに転向したもののやはりボールを持って走りたい、、とWTBへ戻った。さらには、大学、社会人で生きていくためにキックを磨き、両足蹴れるのはもちろん、ゴールキックの精度の高さも素晴らしい。彼のゴールキックでどれだけチームを助けてくれたことかと、、本当に感謝です。そんな、河野君が明治のキックからカウンター、。それを濱田君が突っ込み、田畑君へ。田畑君がライン沿いを走り、囲まれた所を両手パスで坂本君へ。最後は坂本君がトライをして、、6点差へ、、。

 

何度見てもいいシーンだった。去年の明治戦。自陣ゴール直前で李君がターンオーバーしたボールを全員で繋ぎ、最後は中川君がトライをした。大切な大切に繋いだボールを中川君がトライをした。そのシーンとダブるんです。入院中の中川君の想いも入ったこのボールを最後は両手で大切に田畑君から坂本君へ渡された。小さい時からずっと中川君と同じ道を歩いている坂本君が最後は、、トライをした。うれしさ以上に涙がこみ上げてきた。

 

坂本君は御所実の2年生からの花園レギュラー。あの常翔の松井君を止めたタックルは素晴らしかった。順調に高校JAPANにも選ばれた。中川君は御所実の主将。主将の時に花園には出れなかったけど、2人で京産に進学をしてくれた。まさに御所実の両エースが京産を選んでくれて本当にうれしかったのを今でも覚えている。そんな、個人的な思いも重なり、涙が止まらなかった。

 

河野君のキックがあればトライさえ取れれば逆転できる。そう願いを込めた残り7分、、ただ、、この思いは最後までかなわなかった。

残念ながら、ノーサイド。最後はあわてなかった強い明治。あっぱれです。

 




最後に大西先生を囲んだときの泣き崩れるメンバーを見て胸が苦しくなった。

大学生でこんなに泣くチームがどこにあるだろうか、、。それだけ、勝たなきゃならない理由があったんだろう。勝ちたかったんだろう。ここに立ちたかった中川君のためにも、、スタンドから応援してくれてる仲間のためにも、、、。そして、出る涙はそれこそ、京産大という厳しい学校でラグビーをやることを覚悟し、その代わりに誰よりも成長するんだと誓った自分への満足感もあるんだと思う。入学する前はすごく不安だったけど、この学校を選んで、このメンバーと一緒にラグビーをやって本当よかったと、、そう満足した涙なんだろう、、。そう僕はとらえました。

 

期待されて怪我で苦しんだ子もいました。期待以上に伸びた子もいました。本当に素晴らしい4年生たちだと思います。

OBとして本当に誇りに思います。他の大学の方にも言われます。京産のラグビーは心がある、、と。人の心なんて動かそうとおもっても動かせません。でも、こうやって京産ラグビーが人の心を動かすのは、純粋にそれこそひたむきにラグビーに取り組んでいるその結果が80分間のプレーに現れるからだと思います。よく頑張った自分がいる。だからこそ、、最後にコーチや監督に「よくやった、、。」といわれると、涙がとめどなくこぼれるんだと思います。

 

来年もたくさんの素晴らしい高校生が来てくれると聞きました。それこそ、代表クラスも何人か来てくれるようです。無名校らも花園に出れないけど強豪校からも、、。それこそ高校の時の主将の子が多いようです。もちろん、元木さんをはじめ、たくさんのスタッフの方がスカウティングをしてくれているおかげや学校のサポートのおかげではありますが、多分、今の選手たちがそれこそ鍛錬の上、強いチームになり、感動するチームを自然に創っている事実が、、高校生たちに「厳しいけど京産でやりたい」や「高校のときはレギュラーになれなかったけど、俺はもっと伸びる」そんな気持ちにさせて、京産志望を生んでくれるのだと思います。

 

そして、そんな高校生たちが、今の選手のように京産を選んでよかったとそう思えるような4年間にしてほしいと思います。

無駄な方向の努力は徒労に終わりますが、京産での努力は自信に繋がるんじゃないかと思います。

 

4年生の皆様、本当にお疲れ様でした。最高のチームでした。そして、これからの社会での活躍を心から祈願しております。

また、中川君の怪我の早期回復を心から祈っております。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月23日

おめでとう、、月間MVP

テーマ:社員

 

最近地方にいくとダブルヘッダーが多い。

6時半ぐらいから表彰される社員と飯に行き、、

さらにそこから9時ぐらいから支店長らと飯に行く。

 

体が、、重い。

 

今回の福岡もそう、、、。

 

焼肉を一緒に行ったのは2年目の女子MVP社員。


{97770102-8564-4B33-8130-42BE084278F2}



兵庫の田舎からでてきて、、頑張っております。

福岡でいうと、、コールセンターが多くて、、そのコールセンターの

担当として奮闘してくれました。

 

彼女もいろいろと、、思うこともあったこの数か月。

自分の中で覚悟を決め、開き直って取り組んだらいい結果がでた、、と。

まだ1.2年目の場合、、仕事の結果は結構メンタルによる事のほうが多い。

いくつかの悩みはあるものの、、何十年も働いている者からいうと、、

たいしたことないよ、、レベルです。

 

幸い彼女の場合、他の事業部含めたくさんのいい先輩たちがいるので

すぐに相談にのってもらえるらしい、、。ええことです。

 

9時からは各事業部の支店長やMGRらと、、イタリアン。

もう、、食えません。

ただただ、、若いですね。みんな20代。福岡だけでも月間○億ですから、、

たいしたもんです。競合他社はやはり、30代後半、40代の社員が多いと

聞きますので、、若さで蹴散らしてください。

 

来年中に月間○億行ったら、、みんなで遊びに行きましょう。

楽しみです。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。