Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
オリジナルアクセサリーのFetesGalantes
デザイナーucoはアカシックリーディングもやっております
ネットショップのサイトではご紹介しきれないトピックいろいろや、ucoの日々の生活などをこちらのブログでお話させていただきます
みなさまにお楽しみいただけますようにアオキラ

http://fetesgalantes-shop.com
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
February 24, 2018

誰でも読めちゃうアカシック☆

テーマ:knowing
{645A5473-1430-4002-8BB1-D6A15DD0FE6C}

今日の太陽

本日knowingスクールのアカシック専科の基礎コースでインストラクターの日でした。前回平日の同コースが50名だったのに対して今回は80名!
いかに皆んなの意識がこちら側に向いてきているのか☆を実感致しました。

この太陽は授業直後のセッションルーム。あまりにも美しい太陽で、つうりさん ゆみりんとショート瞑想しました。感謝。

アカシックは誰でも読めます。本当に誰でも読めるんです。ただその手段 方法を知らないだけです。それを知って集中していけば誰でもアカシックは読めるんです。

私はknowingスクールの専科7期と本科8期を卒業しましたが、専科在学中に職業としてアカシックリーダーになりました。それまで私はこのアカシックリーディングを自然に行っており、その事にについてサイキックではなく観察力が他者より長けているだけでだ。と言っていました。
専科に入って、やっぱり誰でも読めるんだ!やっぱり観察力だ!と知った時に皆んなにこの事を知って貰いたいと思いアカシックリーダーになりました。

そして今インストラクターとしてknowingスクールに携わっている私。なんと幸せな事でしょうか。

もっともっと以前に戻ると、3歳くらいの時に私は魔法使いになりたかったんです。なりたかったと言うよりも魔法が使え無い事に違和感があったし、魔法に憧れていました笑
アカシックリーディングは魔法ではありませんが、昨年末には千原ジュニアさんの番組のだらけ 魔女だらけ編 にアカシックリーダーとして出演も出来ました✨
夢叶えたり!なりたい自分になれて、なり得る最高の自分に向かっている私です。

誰でも皆んな なりたい自分になれるんです。アカシックリーディングはそれを方向づける便利なツールににります。
私はこれからもスクールのインストラクターや、uco塾、リーディングやWSを通して 皆さんのなりたい自分になるお手伝いをしていきたいと思います。


おまけ
今日私はブロックが1つ取れて兄の肉体の直近の過去生を読みました。今までどうしても見れなかった いや、見なかったこの部分。
アリアリと見ました。それは血族の中に居た子です。産まれて直ぐに養子に出された子。3歳になる前にトイレに落ちて死んでしまった子。霊能力のある人達に昔からしょっちゅう私の周りにいつも居ると言われてきた小さな男の子。はじめ私はそれを自分だと思い込んでしまいましたが、兄だったんです。
私はある時から何かあるとハエがやって来るという不思議がありました。同期の友人がそれを払おうとしてくれた時、彼女の居た場所の屋根から蛆虫が大量に落ちてきたそうです。男性からお花をいただくと芋虫みたいなのが大量に付いている事が多々ありました。そう言えば結婚の時も…  それらはその男の子が感じた恐怖の表現を私が現実化しているだけでした。私が兄を慕う気持ちがそれを引き寄せていたんだと理解出来ました。 
理解出来た私は何かとても清々しく、アカシックリーディングの素晴らしさを体感中。
明日も基礎クラスがあります。楽しみです。




アカシックリーディング

uco塾基礎編

uco塾神様カード編





AD
 |  リブログ(0)
同じテーマ 「knowing」 の記事
February 22, 2018

UFO千夜一夜第53夜

テーマ:day to day
UFO千夜一夜!第53夜始まりまーす🛸🛸🛸

申彦先生のコーナーでmisaさんのUFO映像流れます👍🏻✨✨✨✨

乞うご期待☆

AD
 |  リブログ(0)
February 18, 2018

アルモニカと金平糖の精

テーマ:私の好きな物
https://youtu.be/eQemvyyJ--g


5月に行く予定にしているオーストラリアのリトリートの詳細でつうりさんがご紹介されているアルモニカ。

くるみ割り人形の私が1番好きな金平糖の精の踊り!これってチェレスタと呼ばれる楽器で演奏されますが、一説にはチャイコフスキーが「金平糖の精の踊り」に想定した楽器がアルモニカだそうです。


ウィキペディアより
アルモニカ(armonica)は、ベンジャミン・フランクリン1761年に発明した複式擦奏容器式体鳴楽器である。
この魅惑的な音色を持つ新しい楽器は最初から熱狂的な支持を得て、人々はその音色に酔いしれ練習に熱中し、1700年代のうちにおよそ4,000台とも、5,000台ともと言われるほどの台数が欧州各地に出回ったとされている。また、楽器に関する多数の著作物が生み出され、そしてこの楽器のために、400にものぼる作品が作曲された。その中には、モーツァルトベートーヴェンリヒャルト・シュトラウスドニゼッティサン=サーンスなど、現代の我々にとって親しみ深い大作曲家たちによる作品も含まれている。

練習や演奏に熱中した多くの人が、アルモニカのせいで神経障害やうつ病、目まい、筋肉の痙攣などに罹ったと言い出した。このため、アルモニカはその美しい音色とは裏腹に大変怖い楽器だという噂が口々に伝わって、人々の恐怖感が煽り立てられた。実際に、精神病院に入院したり夭折した者もいたが、それがますます根拠のない憶測を招き、えも言われぬ甲高い響きが死者の魂を呼び寄せて神秘的な力を宿らせたとか、聞いた人の頭をかき乱しておかしくしたと口々に言い始めるようになってしまった。更には演奏会場で子供が死亡するという事件まで発生してしまい、その事件をきっかけに、ドイツのあちこちの地方で警察当局が全面的にアルモニカ演奏の禁止令を発令するまでに発展した。家庭内の痴話喧嘩から、早産やペットの痙攣まで、おかしなくらいにそれらが次々とアルモニカのせいにされ、奏しているのを発見されると逮捕される始末であった。

催眠術をこの世に最初に始めたのは、モーツァルトのパトロンでもあったウィーンの医師フランツ・アントーン・メスメル(Franz Anton Mesmer)であった。現代においても、「催眠術」のことを"Mesmerize(メズマライズ)"と言い、「催眠術師」のことを"Mesmerist(メズマリスト)"と言うのは、まさに彼の名に発している。その彼は、催眠術による治療の最後にアルモニカの精神的な音色を自ら奏でて使用していたことが有名であった。たいへん名の知れた人気の彼は、盲目のピアニスト、マリア・テレジア・フォン・パラディス(Marie Paradies)の治療を依頼されることになったが、視力を取り戻すことに成功したにもかかわらず、彼女の精神衛生を後に害したとされ、ウィーンから追放されるという処分を受けたほどであった。この歴史的な催眠術の祖が、このアルモニカによって人生最大の転機を迎えることとなったことは有名な話である。



どんどん変性意識に入ってしまう…





アカシックリーディング


uco塾基礎編


uco塾神様カード編


AD
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。