学生国際協力NGO FEST TOKYO メンバーブログ

国際協力の最先端へ―――― 
現地の自立発展を目指す様々な思いを綴ります。


テーマ:

読者の皆様

 

こんにちは。

国内フォトワーク事業部、監査、武蔵大学3年の保泉です。

 

今回のテーマは

 

あなたが日常生活で思うことです。

 

私が日常で思うことは

 

考えることを意識し、考える癖をつけるということが大切だと日々思っています。

 

考える事の重要性はみなさんそれぞれに思う節はあると思うので触れませんが、

 

なぜ考える癖をつけることが必要か。

 

それは科学技術の発展、最近だとIot、AIといったものが生活を便利にし、

 

人々から考える機会、能力ことを奪っていると感じるからです。

 

考える能力を失った人間は無価値と判断され、ロボットに使われる、、

 

といった社会も間近かもしれません。

 

語弊を避けたいのですが、

 

便利さを否定しているのではありません。

 

便利さが余力を生み、その力が他のところに適応され、そしてまた便利になる。

 

とてもいいことだと思います。

 

しかし便利さは人々から考える癖を奪うという側面も忘れてはいけません。

 

考えることを奪っている例として

 

◯oogle Maps、自動運転が挙げられます。

 

◯oogle Mapsはとても便利ですね。

 

目的地さえ指定すれば、何メートル先右折とか音声で指示してくれます。

 

なにも考えずに目的地に到着することができます。

 

◯oogle Mapsや携帯電話が無いときは

 

地図を広げ、目的地は◯◯ビルの隣にあり、一番近い道のりは、、

 

と考えいたはずです。

 

むしろ考えなければ目的地に到着することは出来ません。


自動運転ですが、これがかなりのレベルで普及したら、かなり便利ですね。

 

ドラえもんの世界に近づけますね!

 

いやトラック運転手の仕事を全て奪ってしまうという側面もありますが。

 

説明せずとも、運転はかなりの神経を使い考えることでしょう。

 

これもまた自動運転とうい便利さが人々の考えるということを奪っていることになります。

 

◯oogleなくして、生きられない。

 

これでは、神様、仏様、◯oogle 様になってしまいますね。

 

◯oogleをなくせと言いたいのではありません。

 

ではなにをすればいいのか?

 

簡単です。日頃からただただ考えるだけです。

 

そしてなぜの追求をすることが大切です。

 

ここでは、電車、街のゴミ拾いと日常生活を例にあげたいと思います。

 

電車なら交通広告、利用者の属性、座席やつり革といった機能等

 

考えるネタはいくらでもあるでしょう。

 

例えば◯◯大学の広告がありました。なぜ◯◯線なのか?

 

◯◯線に高校が多いから。

 

これでは浅はかです。

 

もし仮にその大学が偏差値70あり、その沿線にあるどの高校も偏差値50くらいでしたら

 

その高校からその偏差値70の大学を受験する学生は1人いるかいないか。

 

しかしその沿線には、偏差値の高い大学を目指す予備校多くあるのでしたら

 

広告を出稿している理由はわかります。

 

都内でしたら多くの予備校生が電車通学だと思いますし。

 

また広告に記載されている文言は、

 

受験生がその大学を受験したいと思わせるようなものなのか?

 

思わせるものならなぜその文言が刺さるのか?

 

街のゴミ拾いであれば

 

誰がこのゴミを捨てたのだろうか?

→ゴミから性別、年代層、ゴミを捨てる人の特性の予測することができます。

 

ゴミ拾いを効率的やる方法は?

→効率的な方法があれば横展開し人員を少なくことがするできますし、

 一人当たりの時間の短縮に繋がります。

 

そもそもゴミがない街づくりをするには?

→ゴミ箱の設置の検討、法の見直しを考えられるかもしれません。

 

と言ったように考えるネタはそこら中に転がっています。

 

そしてなぜの追求をすることで本質的な部分が見えてきます。

 

 

社会は今Iot,AIに注目し取り入れ

 

企業は生産性を上げ、人々の生活は大変便利になってきています。

 

しかしそれは人間の考えるという機会や能力を奪っています。

 

人間が人間らしく生きるには

 

自らで考える機会を意識的につくり、考える能力を向上していくことを忘れてはいけません。

 

そして考える癖をいち早くつけることが大切です。

 

 

無論、僕もまだまだですので、考える癖をつけます。

 

 

 

武蔵大学人文学部英語英米文化学科3年

監査、国内・フォトワーク事業部

保泉泰宏

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
FESTのブログをご覧いただきありがとうございます。

国内フォトワーク事業部長の永長佳美です。


「罪を憎んで人を憎まず」
これは母が昔からよく私に言う言葉です。

しかし、人の気持ちはそんなに簡単なものではありません。
何気ない一言で傷ついたり傷つけたり、ほんの些細なことで嫌ったり嫌われたり…
現実はそんなにうまくいきません。そんなのは綺麗事にすぎないと思います。


でも私は最近、この言葉を目標にしています。

人にはいい部分もあれば悪い面もある。
それは当たり前のことです。
もちろん私にもたくさん悪いところがあります。
ついついやるべきことを後回しにしてしまうし、自分の考えを一方的に話してしまうし、冗談がいきすぎて人を傷つけてしまうこともあります。

しかし、そんな私のまわりになぜ友達がいてくれるのか、頼った時なぜ助けてくれるの人がいるのか、それはまわりの人たちが私の悪い部分だけを見ていないからだと思います。

人の悪い部分を見て文句言ったり避けたりするのはとても簡単なことです。
でも、人には必ずいいところと悪いところがあります。人の良し悪しを決めつけず、いいところを盗み、悪いところは同じことをしないように気をつける。
この一見単純な考えこそが、私に欠けていたものだと気付きました。

私は運良く、いいことが一つあれば悪いことは忘れられる性格をしています。(これは私の長所であり短所ですが)

だからこれからは、人のいい所を見つけられる努力を、人を好きになる努力をしようと思います。
その方が自分が成長できると気づいたからです。
この考えに至るまでに、たくさんの人に迷惑をかけました。いろんな人に嫌な思いをさせました。

なので、自分の悪いところはきちんと直していきたいです。
そしていつか、もっと「余裕」のある「大人」になりたいなぁと思う今日この頃です。


こんなよくわからない私のよくわからない文章を、最後までお読みいただきありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

NGO FEST TOKYOのブログをご覧のみなさま
こんにちは!
国内フォトワーク事業部 横田 侑弥です。

今回は、日常生活で思う『やりたいこと』
について書いていきたいと思います。

よく僕の周りの友達で、「◯◯めっちゃしたい〜」
と言う人がいます。旅行であったり、英会話であったり、人によって様々です。
時々、僕も「アルバイト変えたい」など言います。

「何でしないの?」と聞くと、
大抵「お金がない」という返答が返ってきます。

よく分からない。
家庭環境や、それ以外の外的要因から実行できない場合ももちろんあります。
しかし、それ以外の少し頑張れば、少し自分が行動すれば実行できる人達が「お金がない」と最初から諦めてしまうのは、とても勿体無いと思います。

なぜそう思うのか。
全ての物事や事柄には、
可能性が秘められていると考えているからです。

旅行行くことによって、外国に住みたいと思うかもしれない。留学したい思うかもしれない。旅行が大好きになって、多くの国に行き、そこからかけがえのない友達が沢山できるかもしれない。
何が起こるか分からない。

得られる成果がマイナスでも、僕からすると
それもプラスだと思います。
世の中の沢山ある選択肢を1つ消せた、
又は失敗からやりたい事がでてくるかもしれない。
行動することによって得られることは大きい。


僕自身やりたいと思ったことをやれてないことも沢山あります。だが、少なからずやってきたこともあります。そこから得ることができたもの、それらはかけがえのないものです。
本当に行動してきて良かったと思います。

自分も含め、みんな
『やりたいこと』を背伸びしてでも、
やってみませんか!!!



以上です。
読みにくい文章を最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


国内フォトワーク事業部
日本大学 経済学部 3年
横田 侑弥
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。