『地震学』

テーマ:
3.11人工地震テロから半年が経ちました
自分なりにテロ事件をまとめてみようと思いブログに残しておこうと思います

チェインギャングレポート
『地震学』



 現代地震学はすべてプレートテクトニクス理論で説明しようとしている。地震後テレビを見ても「プレートの・・・が・・・」
 このような間違っているかもしれない仮説が定説のようになっている。(一般人には教えないだけかもしれないが)このような事がすべての間違いであり 1つの理論と違う理論を研究する人は研究費を出さなかったり、妨害したり、時には殺す。このような事が平気で起きている
 新エネルギー、癌、環境問題などでも同じことが言える




『石田地震科学研究所の石田昭氏の「地震学の基礎にある大きな間違い」』を抜粋してみました。

 現代地震学には大きな間違いが存在している
その間違いを修正しないままいくら研究をしても地震学の進歩発展はない

 地震予知が成功しないのも現代地震学に根本的な間違いがあるから
地震は断層が動くことが原因ではなく 水が熱解離を起こすことによって発生する水素と炭素の混合ガスが爆発することが原因

 小さな地震の場合には断層は発見されない
断層が動くことが原因というのは原因と結果を取り違えている
中越の2回の地震は二酸化炭素を地下圧入が引き起こした人為的な地震

 深発地震(地下深くで発生する地震)はマントル内部での爆発現象であって巨大地震となり発生するのもほとんどがP派である

 浅発(地下浅い所で発生する地震)はマントル内部に進入するのは、ほんの1部のエネルギーであって ほとんどのエネルギーは地殻内部を反射と屈折を繰り返しながら進行する

 軟弱地盤では爆破効果もないため 海ほたるあたりで地震を起こしたかったようだが東京湾内は軟弱地盤のため巨大地震は起きなかった

 マントルが固体であるというのは現代地震学の大きな間違いである



『地震学の基礎にある大きな間違い』石田地震科学研究所 石田昭氏

http://www.youtube.com/watch?v=Uxiy2AYRnIU

ANS観測網
http://www.ailab7.com/index.htm

もう一つの地震学(石田理論):解説版
http://www.ailab7.com/kaisetuban.html

ANS video room
http://www.ailab7.com/dvans2.html





AD