1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-08

ネパール支援ゾモT-シャツ

テーマ:ブログ
9437

2015年のネパール大地震で甚大な被害を受けたのが、
かれこれ15年ほど前に岡山県吉田牧場の吉田全作さんが関わっていたランタン村です。

吉田さんはチーズ製造を指導するために、ルヴァンの甲田さんはパン作りの指導をするために、そして、ジャーナリストの森枝さんは撮影のために。

3人が山岳地帯のランタン村で過した日々の話はあまりにも衝撃的で楽しく、
フェルミエ主催で報告会を開催したことが懐かしく思い出されます。

チーズを教えた5人のうち4人が地震の犠牲になったと知り、胸が痛くなりました。

吉田さんは6月11日に現地にはいりました。帰国は7月12日。

約1ヶ月もの間、復興支援とチーズを伝授するためのボランティア活動をする吉田さん、
本当に頭が下がります。

少しでも支援したいと申し出たところ、Tシャツを買って下さいとのこと。
一枚¥2000のTシャツを購入することで、半額の¥1000が支援金になるそうです。

詳細は下記まで!
ぜひ応援下さいね。

※ ネパール復興支援ゾモTシャツ
https://dzomo.org/


9435

本日ランチ会に参加下さった皆様からも温かい支援いただきました!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-08

カルニア・アルトブット・ストラヴェッキオ 

テーマ:ブログ
今月の7月のチーズ「カルニア・アルトブット・ストラヴェッキ」のランチ会報告です。
フェルミエサロで腕を振るうのはファビアン君。
今朝のサッカー準決勝でフランスが勝ちご機嫌です(^^)


9425

ソワーヴェと一切れのカルニア・アルトブット・ストラヴェッキオ
2年以上熟成したあかしのじゃりじゃり感 
ワインとの相性も抜群

9427

ファビアンの力作は
カルニアと炙った鰯
意外な組合わせなのに、上品でおいしいこと


9428


ミラノ風のハーブの香りの鶏胸肉、リコッタ&ピュレしたほうれん草をたっぷり詰めたラビオリ
にカルニアのソースも最高。
くどくなくてコクがあるのはやっぱりチーズの力?それともファビアン力?


9430

サクサクに焼き上げたブラウニーはマカデミア入り。
リコッタとチーズマニア「チェリー」がアクセント。
お代わりしたいおいしさでした^^


9431


今日も大満足のランチ会でした。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-23

ファビアンのコンテカッティング

テーマ:ブログ
プティ・サロン・デュ・フロマージュのセミナーにて行われたコンテカット
ファビアンかカットし、熟成士のプティットさんがサポートしてくれてます。

すでに放送終了しましたが、世界のチーズを紹介したWOWWOWの方が撮影してくださいました。

https://twitter.com/WOWOW_SOGO/status/732420526203764736
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-13

珈琲とチーズのマリアージュ@広島アンデルセン

テーマ:ブログ
5ヶ月ぶりの広島に行ってきました。
歴史ある本社ビル建て替えのため、仮店舗へと引っ越されて
初めての訪問です。
今年のデンマークフェア期間中に、チーズのイベントを企画してくれた
木下京子さん

珈琲とチーズのマリアージュを楽しんで参りました。

1952
 
東京は世田谷、三軒茶屋に本社がある「OBSCURA」が用意してくださった資料に沿って・・・
スペシャルティコーヒーの定義、
歴史、産地、精製の方法などを学習
コーヒーも奥が深いこと!


1953

代表の岡本さんは現地への買い付けを行っていますが、
つい先日、ルワンダから帰国したばかりだとのこと。


1741

コーヒー豆というけど、ほんとうは果実の種、
天日干ししたり、あるいは洗って実を取りのぞいたり・・。
その後、焙煎します。
手前は豆(種)の状態
エチオピア
インドネシア
ブラジル
ニカラグア
アンデルセンブレンド(ケニアとグアテマラ)

1958

5種類に合わせてチーズは8種類

1957

廣崎さんによる、コーヒーのおいしい淹れかたレクチャー
ポイントは3つ
*計量すること
*蒸らす時間を守ること
*スピード

わかっていそうで、なにもわかっていないことがわかりました。

1955
1956

みんなとっても熱心です。

1959

最後のコーヒーとチーズの究極のデザート「ティラミス」
エチオピアとブラジルのシロップで・・
コーヒーでこんなに味が違うの?という結果でした。


1979

広島に通って22年。22年通って下さるステキな大先輩の先生です。

1964

デンマークフェアのために輸入したという6ヶ月熟成のマリボー
デンマークでも伝統復帰の動きがでているようですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-07

「レストラン・ル・ポワロン@水戸」

テーマ:ブログ

ギリシャのワインや食材を輸入販売しているノスティミア。

フラギスさんご夫妻とのお付き合いはかれこれ12年になります。


10年前、2006年4月、サナさんの案内でギリシャを旅したことは今も鮮明に脳裏に焼き付いています。



由美子さんから水戸のチーズファンのためにセミナーを企画したいというお話をいただき、フラギスさんご夫妻の大ファンの私はもちろん二つ返事で引き受けました。


常磐線の発着駅が品川になり、水戸がすごく近くなったような気がします。



午後3時からはレストラン向けのチーズセミナー

そして夕方6時半からはステキなディナータイムとなりました。


会場は、もとは畳屋さんを改装したという「ル・ポワロン」

アットホームな雰囲気で、野澤シェフとマダムの弘江が二人三脚で経営していらっしゃいます。


この日は、ギリシャワインとチーズをつかったお料理のマリアージュを楽しんでいただこうと何度も話合ってメニュを決めたのだそうです。





乾杯は「オデパノス スピロブロス オーガニック・ロゼ・スパークリング」

スパークリングと合わせて、突き出しの「コンテのグジェール」






フェタチーズと魚介のメロメロサラダ キュウリのアスピック

キュウリのジュレが夏らしくて爽やかです。

ギリシャらしいサヴァティアノ100%の白「パパヤナコス サヴァティアノ ‘15」






スズキのポワレ

空豆のピューレとペコリーノ・ロマーノを添えて

サントリーニ島のミネラル感たっぷりのワイン「ドルフィン・サントリーニ ’14」






伊豆天城夏鹿もものロースト、ロックフォールのソース

アリゴ添え、サマートリュフの香り


フルボディの赤はシラー100%でフレンチオークを使っています。ギリシャのワインのイメージを覆す美味しさです。

「アヴァンティス シラー コレクション ‘10」

夏の鹿は初めていただきましたが、さっぱりと美味しいこと。ロックフォールソースが

旨さを引き出し、ワインをさらにおいしくしてくれたような気がします。






チーズ盛り合わせ

4種類のチーズ(Chabichou du Poitou, Camembert de Normandie, Fourme d’Ambert, Cote de Montagne 18mois)

すべてのチーズに合うワイン選びは難しいけど、

甘口ワイン「アヴァンティス エステート メリティス」は抜群のセレクトでした。






クレームダンジュとビワのコンポート

軽やかなクレームダンジュはお腹がいっぱいでもペロリ。


チーズ尽くしのお料理とワイン、すばらしいディナーとなりました。





この日のワインです!






メニューはこちら・・・






サナさん、由美子さん

野澤シェフ&マダム・・・

ありがとうございました(^^♪






参加者全員へのおみやげはギリシャの伝統菓子「ムストクルラ」!

水戸の有名なお菓子屋さん、「Maison Weniko」が焼いてくれたのだそうです。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-05-25

フェルミエ30周年記念長野ツアー 清水牧場 まきばのピクニック2

テーマ:ブログ
1776

ピクニック委員会メンバーを紹介!
この日のために、何度も打ち合わせをしてくれてありがとう!

1783

牛たちと一緒に放牧?

1777


牛たちの人なつっこさに感動してくれました。

1766

お腹いっぱいだけど、このお肉おいしい!

1792

食後のフロマージュはポールジョルジュレ担当です。
彼のこだわりにフランスチームも唖然

1793

チーズビュッフェ完成!

1801

清水さんを称え、フランス人生産者や熟成士が集合

1805

1806

1807

食後のデザート、和菓子のすばらしいこと!

1808

みんなで記念撮影をして下山です。

1810

もっとここにいたい~、と叫んでました。

1813

今度はサヴォワのマニゴで待っているから、とベルトランと固い握手の晴美さん

1815

楽しいピクニックでした。
次回は紅葉ピクニックを楽しみにしています!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-05-25

フェルミエ30周年記念長野ツアー 清水牧場 まきばのピクニック

テーマ:ブログ
今回のツアーのハイライトは清水牧場です。

清水牧場が奈川に移転してから毎年秋に牧場ピクニックを実施していますが、
日本にもすばらしい牧場があることをどうしても見せたくて、長野ツアーを企画。

まきばピクニック委員会に相談したところ、みんな快く協力してくれたのです。

白馬から清水牧場までは約3時間の距離
限られた時間しかないので、清水牧場からまきばへは軽トラックの荷台に乗せてもらうことになりました。

1741

前にひとり、荷台に6人で7人。
全部で24人も運ぶので、清水さんは軽トラックを調達してくれました。

1742

こんな嬉しそうな顔をしたフィリップ・グーは見たことがない!

1745

牛たちの姿をみつけると、我慢できず軽トラックをおりて歩き出すフランスチーム

1747

1748


ピクニックの準備は完璧にできていました。

フランスチームのために、フランス語でお料理名を書いてくれた
アンドレさんと道さん(ありがとう)

1749

道さんのキッシュ

1750

たっちゃんのラザーニア 

1752

1753

さくらちゃんのパン

1759

1760
タブレ、人参サラダ

1757

1758

おにぎり&赤かぶの漬物

1761

1762

イノシシと豚のハーフ&ハーフのソーセージ
そのほか山形牛を豪快にやいて・・
さくらちゃんはラザーニアのソースを温めて

1763

1764

あ~、どれもおいしそうで迷ってしまう。
ちょっとずつ全部かな?とみんな真剣です。

1768

1769

1770

気持ちよくてサイコー


1772

日焼けなんて気にしない! フランスチームは太陽が好き

1775

コルシカ生まれのアンドレさん
日本のほうが長いので、すっかりと日本人です。
結花ちゃんを抱っこしてごきげん

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-05-25

フェルミエ30周年記念長野ツアー ラ・ネージュ東館 その2

テーマ:ブログ
小鳥のさえずりで目覚める朝
ジャグジーのお風呂にはいって、ぐっすり眠ったおかげでスッキリです。

1726

朝食前の散歩
高原の朝は空気もひんやり、清々しいこと

1728


1日ゆっくりできたら、テラスでお茶をいただくのもおススメですね。

1729

1730

バターやオリジナルジャム、ヘルシーなスープもおいしい!

1731



長野産そば粉のガレット

1732


デザートまでいただきました!

1733


チェックアウトタイムは8時
名残惜しいけど、みんな揃って記念撮影

1735

塩島和子さん、ソムリエの吉田さん、近藤シェフお世話になりました。

1738

吉田さんに教えてもらった絶景ポイント!
ほんとうにすばらしい!
サヴォワから参加のベルトラン・パカールも絶句!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-05-23

フェルミエ30周年記念長野ツアー ラ・ネージュ東館

テーマ:ブログ
 まるでヨーロッパにあるような豪奢なプティホテル「ラ・ネージュ東館」天然マダイ
ここには何度も来ていますが、季節はいつも枯れ葉舞う晩秋。
1年のうちでもっともうつくしい新緑の季節にくるのは初めてです。

少し早めに到着して散策を楽しみたいと思っていたのですが、
ヴィラデストで寛ぎすぎて、到着は6時半になってしまいました。

1698

なんとすてきなセッティング!
お部屋で少しゆっくりしたあと、ディナーは7時半からスタートです。
私たち24名と、翌日のイベントのため前泊していた脇雅世さんとお嬢さんのパリちゃんも加わり、26名の豪華な食卓です。

1701


アミューズ

1711

ホタテガイのカルパッチョとポワレ、トリュフヴィネガーソース、サラダを添えて

1712

直江津港より天然真鯛、
木の芽をのせて香ばしく・・。白馬産の山菜を添えて

1714

信州産牛フィレ肉のグリル
菜の花のピュレ―のソース

1721

長野県産のワインのラインアップ
クオリティの高さにフランスチームも驚きをかくせません。
ワインの本場、ブルゴーニュから二組のゲストも写真とりまくり!

フランス語堪能は雅世さんのおかげで、私たちの紹介をしっかりとしていただきました。
メインが終わったあとは、フロマージュタイム!

それぞれの生産者が登場!

1716

ランセ社5代目社長のディディエ・ランセ社長と奥様のジュリエット
通訳は巴里ちゃんです。


1717

ポール・ジョルジュレと奥様、お友達夫妻も登場

1718

サヴォワの熟成士、ベルトラン・パカール

1719

エポワスを復活させた、ジャン・ベルトーと奥様のマリーマドレーヌ

1722

最後はプティット社の凄腕営業マン、フィリップ・グー


みな熱くて、語りだしたら止まらない!

1720

チーズはどれもすばらしいコンディション
またワインが進んでしまいます。

1724

デザートをいただき、終了したのは11時!

1725

ラ・ネージュ東館のオーナー、塩島和子さんと、通訳を快く引き受けてくれた
雅世さんに感謝です。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-05-23

フェルミエ30周年企画長野ツアー ヴィラデスト ガーデンファーム&ワイナリー

テーマ:ブログ
アトリエドフロマージュも標高850メートルでしたが、
ヴィラデストも標高850メートル!

1658

案内役は佐藤篤さん
ガーデンはお花が咲きみだれて、気持ちいいことといったらありません。

1644


ちょうど葉っぱが大きくなり、もうすぐ花が咲くところです。
この木はシャルドネだそうです。
でも、ぱっと見にはわからない!

1666

チーズの人はワインも大好き!
みんな熱心です

1671

記念撮影 
太陽がまぶしい、日焼けが気になる!

1679

ワインカーヴ見学後はテラスで試飲タイム
玉村さんがフランス語で説明して下さいました。

1676
試飲のワインは3種類

1682

試飲なのに、みんなお代わりして宴会ムード
フィリップは密かに持ってきたコンテをカットしてサーヴィス
ポールはお花を飾って、ご機嫌です。

1687

玉村さんを囲んで日本チーム、記念撮影

1690

出発時間は1時間オーバーしてしまいました。
すばらしいロケーション、ワイン、仕方ないですね・・・

記念撮影を済ませて出発です。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>