風水住宅プラン

風水で住宅の新築・リフォーム・インテリアコーディネートを取り入れようと考えているあなたへ!
「風水住宅プラン」では、風水を取り入れた建築設計ができるようになる方法をご説明します。
建築知識のない方でも、風水を取り入れられるようになります。


テーマ:

先日、【風水のご相談】を依頼されたお客様から、「風水師に住宅の間取りを依頼することへの怖さ」についてお話をいただきました。
私のお客様は、自分で風水や占いを勉強しまくっている方が非常に多く、中には私に知識の的確さを試したり、勝負を挑んでくるような方も結構いらっしゃいます。
また、ご自身もプロで風水鑑定や占い関係をされている方も沢山いらっしいます。
なんかマニア向けの風水師だと勘違いされているようです(汗)
ですから、風水についてあまりご存じで無い「普通の常識的な感覚の人」のご意見というのは、逆に新鮮で勉強になりました。

「普通の常識的な感覚の人」が感じる「風水師に住宅の間取りを依頼することへの怖さ」を列挙してみます。
1.風水の知識が無いので、どんな事をされるのか分からない。
2.風水を住宅の間取りに反映させるという事の意味が分からない。
3.風水を優先した間取りにすると、とんでもなく住み難い家になるのではないか?
4.「言う通りにしないと悪い事が起こる」と脅されて、自分たちの意見を聞き入れてもらえないのではないか?
5.予算を度外視して、高額な家を無理矢理建てさせられるのではないか?
6.効果があるのかどうか分からない風水グッズを沢山売り付けられるのではないか?
7.そもそも、風水師に間取りの設計の依頼をして、構造的に大丈夫なのか?

上記のようなご意見を聞いて、私は「そりゃごもっともですな。お客様の反応は正しいですよ。」と感じました。

 

1と2に関しては、一口に風水と言っても色々な技法があるので、一概にどういう事をするということは言えません。
私の場合は、国際標準となりつつある「玄空飛星派風水(フライング・スター風水)」の技法をベースに間取りを設計し、他の使える風水技法を重ねて安全性を増すというやり方をしています。
とは言っても、玄空飛星派風水を知らない方が大半なので、間取りを提案する前に、巻単に風水技法の解説をさせていただいています。

 

3に関しては、風水の知識はあっても、建築の知識が無い風水師の場合、よくやらかす失敗です。
実際、某有名風水師が設計した家で「こんな生活し難い家なんて、とても住めないよ!」というものを見たことがあります。
風水師を騙るK学信者の方にも、ムチャクチャな生活動線の間取りを提案する人が多いですね。
私の場合は元々建築業が専門ですので、風水以上に生活しやすさを優先しています。
私の設計した住宅の間取りを見ていただければ分かりますが、ごくごく普通の間取りですので「これの何処が風水住宅なのだろう?」と、逆に不思議に感じる事でしょう。
そもそも、「生活し難い家=風水の悪い家」と私は考えています。

 

4に関しては、これも悪い噂をよく聞きます。
こういう恫喝的な事をするのは、風水師よりもスピリチュアリストに多いですね。
自らを神格化した精神疾患スピリチュアリストの人が、こういう恫喝をよくやらかします。
「私の声は神の声。私の言うことを聞かないと罰が当たるわよ!ウギぃー!」みたいな感じですね。
感情的に恫喝して自分の意見を押し通そうとする風水師ならば、それは間違いなくニセモノですので、即刻縁を切るべきです。
まっとうな風水師ならば、「何故この間取りにすると不吉なことが起こるのか?」を学術的かつ論理的に解説してくれるはずです。

 

5に関しても、建築の知識が無い風水師がよくやらかしますね。
まぁ~風水師どころか、建築の専門家であるはずの設計士ですらよくやらかしますが(苦笑)
芸術性を重んじるデザイナーと呼ばれる人種は、確実に予算度外視です。
私も建築施工業者の立場として、このデザイナーと呼ばれる人種には予算面と構造安全面で散々苦労させられました。
実は、風水を重んじた上で、お客様の予算内に収めるということは非常に難しい事です。
風水と建築の積算が両方出来なければならないからです。
これはやはり、建築のプロでないと必ず引き起こす問題でしょうね。

 

6に関しても、残念ながらグッズ販売をメインにしている風水師で世の中溢れかえっています。
なぜ風水グッズ販売をするかといえば、手っ取り早く儲けられるからです。
また風水の知識があやふやな風水師モドキは、マトモに家の間取りを提案する能力が欠如しているので、風水グッズで誤魔化すのです。
私は「風水グッズは大した効力は無い」と考えています。

 

7に関してもは、建築の知識が無い風水師に、構造上の安全を求める事自体が間違いです。
そりゃあ~常識的に考えて無理に決まってますよ。
数年前に、女性に人気の某風水師が自慢気に自身が設計?した間取り図?(ラクガキレベル)について、私に論評を求めてきた事があります。
私は「こんな間取りにしたら、耐震性が全く無いから危険な家になるよ。というか、先ずこんな間取りじゃ役所の検査は通らないよ。全然ダメだわ。」と一刀両断させてもらいました。
構造上の安全に関しては、建築の施工会社が責任を持つので、風水師が構造的に問題のある間取りを提案しても、施工会社の方で却下してくると思います。
ですので、そんなに心配しなくても大丈夫だとは思います。
私の場合は、住宅に関しては構造上の壁量計算を頭に入れて間取りの提案をしていますので、安全面で問題になったことは一度もありません。

 

最終的な結論を言うと「建築知識の無い風水師に住宅の間取りを依頼するのは怖い」という事になりますね。

非常に残念な話ですが、日本の風水の歴史は、上記の恐怖を与えてきた黒歴史です。
マトモに風水の知識を持っていない風水師モドキの詐欺師が「日本風水界の大御所」として君臨し、テレビ等でウソを吐きまくっているという悲しい現実があります。
そして大御所・風水師モドキの詐欺師が、立派な装丁の風水本を多数出版しています。
日本では、かなりの高確率で間違った風水の間取りを提案されてしまうのです。

希少な本物の風水師に間取りの設計を依頼できるのか?それともダマされて貴重なお金を毟り取られるのか?
それはあなたの「運」次第・・・・・・かも。

 




 


風水ランキング
にほんブログ村 インテリアブログ 風水インテリアへ
にほんブログ村 ブログ王ランキングに参加中!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

畠中傅志さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。