復活

テーマ:

ずっとセッションに、行けてなかった。まあある程度歳をとれば、仕方ないのだが、母親の介護に振り回されていた。神奈川県の中央部に有る、母親の隠居所に行って、更に病院等に行けば、帰ってくると、すっかり気力が無くなってしまう。幸い年末に、都内の介護老人施設が空き、やっと入所できた。それで余裕が出たのか、友人からのお誘いも有り、年末の28日の、最終セッションに参加する事が出来た。

BLUES MISSION
BLUES MISSION
友人に写真を撮って貰うと、実に楽しそうな顔をしている。しかし一度チャンスを掴むと、ちゃんと繋がって行く。新春第1弾の『弾きぞめ』!1月4日の、ルースターノースサイド2010年度初セッションにも、参加する事が出来た。そこにはジャカルタから、一時帰国の破魔矢nとも再会。やっぱり楽器は、弾き続けなければ駄目ですね。すると更に、ずっとボーカル募集中だった、我々のバンドEle2に、ボーカリストが、やっと決定。動き出せば、音楽生活も広がって行くのですね。
BLUES MISSION
BLUES MISSION
春ごろには、第4期を迎える、Elephant2もステージに出始めるのだろう。それまでは、セッションで少しリハビリをしなければ・・・・。半年以上のブランクは、なかなかカバー出来ない。沢山の友人達に感謝しながら、また音に戯れてみたい。尚一番下の写真に有る、3段積んであるアンプの一番上。メカ前田氏が作った自作アンプだ。時間が無くてセッティングが完璧には出来なかったが、いつものアンプとは、違った良い音だった。復活は、小さな切っ掛けから。ただただ友人達に、感謝しなければ。

AD

似顔絵

テーマ:
どうも体調が芳しくない。私は、どちらかと言えば、不規則タイプ。とんでもないスケジュールを、平気でこなしたかと思うと、数日間平気で寝込む。10月は、そんな時期なのだろうか。セッションに行くと、宣言しておいて、なかなか出かけられない。深夜に起きて、昼間寝ている生活が続いている。そんな時、母親を介護しに行った時に、母にiPhoneで、写真を撮らせたら、意外に上手く写っていたのを思い出した。それをベースに、MIXIのアプリで、似顔絵を描いてみた。ツール(例えば髭)が、少ないのでなかなか上手く描けない。深夜にこんな事を、ごそごそやっている姿は、少し変かも知れない。

$BLUES MISSION

   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

$BLUES MISSION

他人の似顔絵は、描き易いのだが、自分のはけっこう難しい。意外に自分を冷静に見ていない事が良く解る。こんな事も、休息月間には、良いのかも。今日は、雨ですっかり気温も落ちて来た。また風邪が再発しない様に、厚着をして外出しなければ。もう年内2ヶ月少々、全く1年は早い。ついこの間、春のステージに出れなくて、友人にトラをお願いして以来まだ、次のステージ出てないのに。まずは体調戻して、動き始めなきゃ。
AD

星に願いを。

テーマ:
オリオン座流星群が、明日夜に見れるらしい。

http://www.nao.ac.jp/phenomena/20091019/

そういえば天体観測なんか、しばらくした事がないが、一昨日日曜日に、母親の介護ドライブ(気晴らしの為に、母由来の場所に連れ出している)で、静岡県伊東市に行って来た。その帰り19時頃だったろうか、伊豆スカイラインから、富士山と夜景そして星が美しく見えた。流石の母も、喜んではしゃいでいた。そんな体験が、久しぶりに有ったので、この情報に興味を持った。


オリオン座と言えば、3つ並んだ星が解り易くて、誰でも探せる星座だ。たしか子供の頃、ペテルギュウスという、星が実は巨大な星だと知り、小さな望遠鏡で見ていた記憶がある。明日21日夜が、そのオリオン座流星群が、都内でも見れる日になるらしい。国立天文台では、こう紹介されている。


【オリオン座流星群】10月中旬から下旬にかけて流れるのが、このオリオン座流星群です。みずがめ座η(イータ)流星群とともに、母天体がハレー彗星(1P/Halley)であることが知られています。これまでは、熟練者が観察しても1時間あたり20個を超えることはあまり無かったのですが、2006年に突然1時間あたり60個以上、観測者によっては100個を超える流星数が観察され、にわかに注目されています。これは、ダスト・トレイル理論の研究により、およそ3000年前にハレー彗星から放出された塵によって流星数が増加したものだと報告されています。なおこの研究によれば、塵は2006年~2010年頃で接近傾向にあり、2009年もやや活発な流星出現が観察される可能性があります。極大は、これまで10月21日頃とされてきましたが、2006年の大出現では3~4日間も活発な出現が続き驚かされました。この傾向は2009年も続いていると考えられ、10月19日頃から25日頃まで目が離せない状況です。ちなみに流星は22時頃から流れ始めますが、放射点が高くなる0時過ぎから本格的に流れるでしょう。極大付近は月明かりの影響もありませんので、日付は10月21日をはさんだ数日間、時間帯は深夜0時頃から明け方までが観察におすすめです。はたして、流星がどのくらい見られるのか、ぜひ注目してみましょう。
(  http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090000/other.html  より転載 )


『星に願いを』という有名な曲が有る。私の頭の中にも、その歌詞が浮かんだ。現在の当面の願いは、ただ一つ。『ボーカリストを見つけ出したい!』どこかに居ないだろうか。父の他界も有り、5月のステージには参加出来なかった。という事は、今年の初春から、もう7ヶ月ステージに出ていない。禁断症状が,出てきそうだ。しかしボーカル以外は,全部揃うのだが、フロントが居ない。どこかに居ないかなあ。できれば30代以上を希望で、酒が飲めて、打上が好きな人。出来れば女性が良いですが、基本的には男女問わず。中央線沿線に住んで居て、希望として荻窪エリアに近い人。ブルース全般と、古めなR&Bが好きな人居ませんかねえ。オリオン座流星群に願いは通じるのだろうか。


///////////////////////////////

【追記】
けっこう都内でも見えたらしい。

月島の友人が、自分の住む高層マンションから、見たとのレポートが有りました。けっこう気軽に見えるらしい。私と言えば、西荻のネオン街で、遅い晩酌だった。あの周辺だと、空はほとんど見えない。今日は注意して見なきゃ。願いは,通じるのかも。
AD