• 13 Aug
    • 心が変われば、運命が変わる。人生が変わる。好転する。~ アファメーションが持つ力の素晴らしさ ~

        これまで、わたくしの人生のいちばんの大きな転機は、2007年、35歳のときに起こった「一連の流れ」です。   その前の12月、35歳の誕生日を迎えたばかりのわたくしは、翌年のお正月明けの1月4日の朝、目が覚めたら、突然サイキックになっていました。   今でも、あの1月3日から4日の夜にかけてみた、本当に不思議な夢は、よく覚えております。 その後も、2007年は何度も霊的な夢を見ました。   あの一年に起こったことの全てが今のわたくしの基礎、土台となっているのであり、あの一年があったからこそ、今のわたくしがある、と言っても過言ではありません。   それくらい、今から10年前の年、というのは、わたくしの人生において、今も燦然と輝きを放つ、まさに Miracle!! の年、だったのでした。   ・・・   しかし、その少し前、丁度あれは2001年のこと、だったでしょうか、わたくしが30歳になるかならないかくらいの頃も、わたくしは大きな人生の変化を経験しています。   学卒後、わけあってきちんと就職しなかったわたくしでしたが、26歳の秋から、念願叶って、製造業の小さな会社で正社員として働くようになっていました。   当時のわたくしはまだまだ若かった。 それは、若さゆえの体力があった、ということでもありますが、まだまだ人間として本当に幼く、一緒に働いていてくださった方々にも沢山のご迷惑をおかけし続けてきたことかと存じます。   それにしても、あまりに、あまりに、うまくいかないことが多すぎて(今も昔も一緒ですね (^^; )、わたくしはあるとき、本当に途方に暮れてしまったことがありました。   自分ひとりで勝手に頑張り過ぎたせいか、突然肝臓に異常をきたし、病院を訪れたら、即、そのまま車椅子で病室へと運ばれていったわたくしは、その後、原因不明の肝数値異常で、まる2週間入院することになってしまったのです。   その後、復帰するも、相変わらず泣き続ける日々は続き……。   2000年の暮れでしたかねぇ、その頃には、本当にもうボロボロになってしまっておりました。   ・・・   そんなわたくしの人生が少しずつよくなっていったのは、アメリカが誇る偉大なるヒーラーであり、スピリチュアリストさんでいらっしゃる、ルイーズ・L・ヘイ女史の御本『ライフ・ヒーリング』を通勤の車中で読むようになり、肯定的なアファメーションを毎日来る日も来る日も唱え、やがて諳んじて言えるほどまでになっていったからでした。   すると、少しずつ、本当に少しずつ……でしたが、わたくしを取り巻く環境が変わり始め、そして、2002年の秋には、無事、その会社を「卒業」することが出来たのでした。   ルイーズさんの御本に出逢ってからのわたくしは、それまで、なんて言うのかな、毎日暗く低い雲が垂れ込めたような中を鬱々と生きていたのが、徐々に空が晴れていって、ついには、美しい夏空のもとへと導かれたような、そんな感じでおりました。   そのような過程を経験できたのは、本当に有難かったと今では心から思いますし、自分という存在を通して、「思考を変われば、現実が変わる」ということを身をもって体験できたことは、とてもよかったと今でも思っております。   ・・・   そう、肯定的なアファメーションには素晴らしい力があります。   もともと日本は「言霊の幸ふ(さきわう)国」。   ポジティブな言葉に、目の前の現実をも変えてゆくだけの力があることは、今更説明するまでもありませんよね。   ・・・   毎朝、電車に揺られながら、分厚いルイーズさんの『ライフ・ヒーリング』を何度も読み返した日のこと、今でも懐かしく思います。   そう、今でも、派遣のお仕事に行くときは、その中の「仕事」に関する章については、英文ですが、ほぼ毎朝読み続けているんですよ。   そういうこともあって、今まで、どこに寄せていただいても、幸せにお仕事をさせていただけてきたのだと思います。   ほんと、ルイーズさんのアファメーションや、おそるべし!! でございます(笑)   ・・・   肯定的なアファメーションを繰り返し繰り返し唱えることによって、やがて、その言葉が放つエネルギーが、貴女というエネルギー体を変え、思考を変え、信念体系を変え、やがては目の前の現実をも緩やかに変えてゆきます。   それほどの素晴らしい力があるアファメーションです。   皆様も、その時々に必要なアファメーションを上手に用いられて、心をよりよき方向へと導き、目の前の現実をもよりよく変えていってくださいね。   ・・・   貴女にいつも神様の祝福がありますように!   God bless YOU!! :D   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      3
      テーマ:
    • たとえ、願いが叶わなくても、人生を充実させることは出来る

        この一年間のわたくしは、これまで10年かけて学んできたことの総決算、というか、学び直し、再復習のような日々を送っております。   その流れで、昔々に感銘を受けた御本を次々と再入手することになっていっているのですが、中でも、忘れもしません、2008年の8月12日に静岡県の三島を訪れた際、内なる声に導かれて購入した、『夢は、紙に書くと現実になる!』の再読は、改めてこの本の素晴らしさ、著者であるヘンリエッタ・アン・クロウザーさんの内に一貫して流れる「せっかくの人生、楽しみながら、生きましょう!」というメッセージを強く感じることとなりました。   中でも、「理想の人に出会えたグロリアの話」(53ページから)には、数年ぶりに読み返してみて、改めて、大きく心を揺さぶられました。   これは、「理想の人」に出逢えるまで、(その方に宛てた)手紙を書き続けたグロリアさんという方のエピソードなのですが、本当に素晴らしいストーリーなのですよね♪   何度読み返しても、根底に流れる、徹底した「人生をプロアクティブ、かつ、ポジティブに生きましょう!」という姿勢に、改めて敬服いたします。   ・・・   結婚相手を探していたグロリアさんは、そのお相手の方に逢われるまで、2年もの間、手紙を書き続けながら、待ち続けました。   その「運命のとき」が訪れるまで、様々にグロリアさんの心は揺れ、その過程で、人生に対する洞察を深めてゆくことになります。   そして、不安になることがあっても、彼女は、心を奮い立たせ、「いつか必ず(彼に)逢える」と信じて、ポジティブに人生を生きようとなさいました。   ・・・   71ページに掲載されているグロリアさんの言葉、   「そして思ったんです。出会えるのがたしかなら、あとは時間の問題だわって。私はただ待つだけでよかった。出会えることは確実なんですから」   このひとことに全てがあらわれています。   たとえ、思い通りにことが進まなくても、きっと出逢えると信じて、待ち続けた。   それも、ただ単に待ち続けるのではなく、よりよい人生をクリエイトしようと、自ら主体的に動き、生き、日々の暮らしを楽しもうとされた。   そうしたグロリアさんの姿勢は本当に素晴らしい!! とわたくしは心から思います。   ・・・   以下、本文より。(64~65ページ)   テッドと出会う準備を整えているとき、グロリアは自分でもそれと気づかないあいだに、仕事や生活の場の無駄をなくし簡素にするようになっていました。また、結婚しようがしまいが充実した人生を送ろうと意識的に考えるようになりました。 とても大きな、そして有意義な変化として、グロリアは「結婚していなくても陶磁器を持つことはできるわ」と考えました。そして、ロイヤル・ドルトンを集め始め、プレゼントとして食器具セットを買ってもらったりしました。また、ホームパーティーに招かれるばかりではなく、休日には自分のマンションでディナー・パーティーをひらくようになりました。 決して夢をあきらめたわけではなく、グロリアはもっと充実した、質の高い生活をしようとしたのでした。   (中略)   グロリアは、陶磁器を買い、水彩画を始め、部屋をすっきりと片付けて美しく飾りました。社会に認められる給与の高い仕事を持ち、友人と交わり、旅行をしました。また、手紙を書き続けることで、発見と成長の手段を持ちました。   ・・・   「願いを叶えたいなら、まず、その願いにふさわしい自分になりなさい」といった意味の言葉があるように、グロリアさんは「理想の人」に出逢うまでの間、そうした人にふさわしい自分たりえるよう、自らの生活の質を高め、人生をより有意義なものにしようとなさったのですよね。   だからこそ、「そのとき」が来たら、「その人」に出逢えた。   彼女のプロセスは、夢を生きる全てのひとの励ましとなり、参考となることとわたくしは思います。   ・・・   たとえ、今、すぐ、憧れのドレスが手に入らなくても、身近なアクセサリーで、今日という日をちょっとだけ特別なものにすることは可能です。   憧れの高級レストランに今すぐ行けずとも、うちでいちばん上等なお皿を引っ張り出してきて、いつもよりちょっと丁寧にテーブルをセッティングして、素敵な音楽を流しながら、おいしい夕食のひとときを楽しむことは可能です。   憧れの国にすぐ行けなくても、その土地の言葉を勉強したり、その国の文化を勉強したり、その地域特有のお料理を楽しんだり、そうしたことは出来るはずです。   要は「プールが欲しいという気持ちを忘れないこと」(同じく、『夢は、紙に書くと現実になる!』 121ページより)、「ドーナツから目をそらすな。真ん中の穴ばかり見るんじゃないぞ。」(同じく、182ページより)ってこと、ですよね (^_-)-☆   ・・・   たとえ、今すぐに思うようにことがいかなくたって、今日という日を楽しむことは出来る。人生を充実させてゆくことは出来る。   そうしたひとにこそ、思わぬところで、そして、思わぬ形で、奇跡はある日突然起こるのです!   奇跡を呼びたいなら、奇跡が似合うひとになりましょう!   貴女にとっての全てがよきに流れますように。   God bless YOU!! :D   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • 祈りはきっと届く

        神様は全知全能、この世で最も高きところにおいでの方でございますから、貴女のどんな祈りにも、片時も離れることなく、必ず、耳を傾けてくださいます。   それが、たとえ、通勤の途中、電車に間に合いそうになく、ぎりぎりで駆けている最中に、ふっと心の中で願うことでも、   神様は、ちゃんと耳を傾けていてくださるのですよ。   それは本当に素晴らしい御恵みですね。   ・・・   でも、神様がいつもいつもわたくし達が望むように、その祈りにこたえてくださるか、と言えば、決してそうではありません。   なぜなら、神様の御意志は、ちっぽけなわたくし達人間ひとりひとりのそれを遥かに大きく上回るものであり、神様は宇宙全体の調和を考えて、ことを進めておいでだからです。   それに、神様には神様の御計画があるのであり、残念ながら、それにそぐわないものについては、答えを躊躇われたり、遅らされたり、あるいは、全く違う形でこたえてくださることもあります。   けれど、「祈りが(自分の思うように)聞かれなかったから」と言って、神が貴女をお見捨てになるようなことは絶対になく、   ただ、それは、神様の御意志と合致しなかったのだな、と謙虚に頭(こうべ)を垂れるしかありません。   ・・・   神の救いとは、わたくし達人間の知恵を遥かに超えたところにあります。   イエス様が十字架にかけられ、何度「天のお父さま」に助けを求められても、神様はイエス様を十字架からおろしてくださいませんでした。   でも、イエス様が息を引き取られた後、人間達が全く想像だにしなかったことをなさった。   そう、イエス様を復活させ、天へとあげられたのです。   そこにこそ、神のご栄光があった。   しかし、当時、誰がそのような奇跡を想像し得たでしょうか?   ・・・   神のご計画はいつも遥かに人智を超えたものです。   神は絶対にわたくし達をお見捨てにはなりません。   アメリカで使われている聖書のあるヴァージョンにおいては、聖書全体の中で、たった一か所だけ、同じ言葉が3回も繰り返されているそうです。   それは、「神は決してお見捨てにならない」という聖句です。   そこまでして強調なさるほど、神はわたくし達人間が疑い深いことをご存じなのでしょう。   だから、そこだけ3回も繰り返された。   神を信じる者として、そこだけは絶対に忘れてはならないところです。   ・・・   随分と長い間、自らが不遇な環境に押し込められているように感じておられる方の中には、「一体いつになったら我が祈りは聞かれるのか?」と疑心暗鬼になり、人生に対して投げやりにすら、なっていらっしゃる方もおられるかもしれません。   けれど、神が示されたと信じる道をゆくならば、必ず、救いのときはやって来ます。   そして、それは、わたくし達が全く想像だにしない形で(この世において)実現するのです。   決して神を疑ってはなりません。   天の御意志は、わたくし達ちっぽけな人間の存在を遥かに大きく上回るものだからです。   ・・・   「祈りが聞かれない」からと言って、自暴自棄になるのはやめましょう。   貴女が「(自分の)祈りが聞かれない」ように思われるのには、きっと何か理由があるのです。   貴女の祈りが神の御心にそぐわないか、あるいは、単に、ことの実現が遅れているだけなのか?   そこのところは、神様と貴女の間で直接交わされる、霊的な対話でしかわからないことですが、でも、もし、「単に遅れているだけ」なら、あきらめる必要はないと思われませんか?   それに、たとえ、もし、神の御心にかなわないがゆえ、祈りが実現しないのであったとしても、決して人生に絶望する必要はありません。   なぜなら、前述のとおり、聖書の中で3回も繰り返されるほど、神はわたくし達を絶対にお見捨てにはならないのであり、必ず、そこには御恵みがあるからです。   自分の祈り、思い、願いを神様に押し付けるのではなく、神が貴女にどのように行動してほしいと願っていらっしゃるのか、そこのところに想いを馳せましょう。   求めれば、必ず道は示されます。   ・・・   何があっても、神を信じる者は、神の法則の中でしか生きられません。   そして、つねに神と共に在れば、自分ひとりでことに当たるよりも、遥かに多くのことを成すことが出来るのです。   わたくし達ひとりひとりは、神の国からこの世に遣わされた「聖なるアンバサダー」との自覚を持って、出来る限り、天の御計画をこの世で実現するための働きをこれからも続けてまいりましょうね。   そうして生きる中で必要なことならば、いつか必ず、遅かれ早かれ、ことは成就いたしますから。   不遇のときにも腐ることなく、焦ることなく、神様と共に手を携えて、どこまでも光の道をまいりましょう。   貴女にいつも神の祝福がありますように!   God bless you!! :D   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • 切なさと喜びの中で……

        あとひと月もすれば、もう9月半ば。   たとえ、もし、残暑が厳しかったとしても、流石に、今のような暑さはもうないでしょう。   実際、夏至から2か月近く経って、日の出、日の入りの時間だって、どんどん遅く & 早くなっていっているし、ここ滋賀県東部(のわたくしの居る町)は、昨日から一気に涼しくなり、昨夜なんて、久しぶりに肌寒ささえ感じましたよ。   そう、季節は嫌でも流れてゆく。   それは、どの時代でも同じこと。   永遠に変わらぬ、この世の摂理です。   ・・・   わたくしは普段から、生きる喜び、生かされている喜びを感じましょう! そのことを神様に感謝いたしましょう! と申し上げておりますが、   と同時に、   わたくし達はこの世に限られた時間置いていただいている身に過ぎないことを、いつも出来るだけ忘れないようにしています。   どんなに叫んだところで、神様と予めお約束した「そのとき」が来たら、この世を去らなければならないのは、誰もが同じこと。   そう、この素晴らしい地球上に居られるのは、決して永遠ではないのですよね。   そのことに想いを馳せるとき、どうしようもない切なさを感じることはままあります。   ・・・   けれど、限られた時間、この世に置いていただいているからこそ、その間は、精一杯生きよう、そう考えることも出来ます。   いずれ、皆、誰もがこの世を去らなければならないのなら、せめて、この世に置いていただいている間は、存分に人生を味わいつくそう。   かなしみさえ、生きているがゆえのことと思い、   この世で味わえる全てのことを、可能な範囲内で心を開き、受け止めて、   人間として経験出来ることの全てを「かけがえのないもの」として生きてゆこう。   そして、この世を去る時は、すこしでも何か「よきもの」を残してゆけるよう、心がけよう。   たとえ、それは、周りの方々に笑顔を日々向けることだってよい。   小さな喜びの種を蒔き続けてゆけるなら、それはきっと天に宝を積むことに他ならない。   そして、それは神様が喜んでくださること。   天国の門に立った時、神様に満面の笑みで迎えていただけるよう、精一杯、ここで「今」を生きよう。   そう考えることだって出来るのです。   ・・・   とは言え、実際、そうやっていつも切なさと喜びの中で全力で生きてゆく……だなんて、そんなことにばかり心をとらわれていても、また、ちょっとしんどかったりするのですけれどもね。   でも、いつ「向こうに帰ることになるか」わからないから、いつその瞬間が訪れても、出来るだけ後悔することがなきよう、わたくしはいつも生きていたいと思います。   ・・・   天国の門に立った時、それまでの人生の全ての責めを負うことになるのは、他ならぬ自分自身。   だから、後悔だけはしないように。   「今」を慈しみながら、精一杯、明るく、楽しく、前向きに生きてゆけたらな、   感謝の気持ちだけは忘れることなく。   そう心から思う8月の午後なのでした♪   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • 自分を信じることの大切さ ~エリカさんの2冊目のご本を読んで~ (2015.1.12)

      ☆ 記事をお読みくださる皆様へ、おことわり と お願い ☆   こちらのテーマ 「直観コンサルティング」に関するエッセイ におきましては、わたくし、夢咲璃い(ゆめさき りい)がご提供いたしております 「直観コンサルティング」 に関する過去記事(かつて、わたくしのオフィシャルウェブサイト上にアップしたもの。ちなみに、現在もアップしてあります)を順に掲載してまいります。   なお、これらの記事は過去に執筆したものでございますゆえ、表現や内容等が当時の状況を反映しておりますこと、予めご了承くださいませ。   また、記事内で「サイキック・リーディング」と表現しております文言につきましては、全て、「直観コンサルティング」に置き換えて読んでいただけますなら、ありがたく存じます。   以上、どうぞよろしくお願いいたします。   ミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルタント  (サイキック=霊能者) 夢咲璃い(ゆめさき りい) 拝   ・・・ ・・・ ・・・     ここのところ、わたくしのブログには、ニューヨークご在住のエリカさんのことを検索してお越しくださる方が非常に多いのですが、そのエリカさんが書かれた2冊目のご本 ※1 を本日読み終えました。最初のご本 ※2 に引き続き、今回のご本もますます「エリカさん節」(?)がパワーアップされていて。読ませていただいているだけで、背筋がのび、身が引き締まる思いでした。そして、改めて、エリカさんのご聡明さとお強さに感動し。つくづく、ご立派な方だなぁと思うよりほかない、というのが、正直な感想です。 かえって、わたくし、この夢咲璃い。ここのところ、よく書いておりますように、わたくし、只今、8年前にサイキックに目覚めてからのひとつのサイクルがようやく終わったところでございまして、またこれから新しい人生の幕が上がる、まさにその寸前、といったところでございます。昨日も、懐かしいお姉さまと、まる5年ぶりくらいかしら?、本当に久しぶりにお逢いしてまいったのですが、そうなると、もう、これまでの自分を振り返らざるを得ないのですよね。お待ち合わせの場所にたどり着くまでの間、暖かな車内でエリカさんのご本を読みつつ、時おり遠くの空を見上げては、これまでのことを振り返っておりました。そして、(あくまでも、自分なりに、ですが)、ああ、ここまで、ほんと、よく頑張って歩いてきたなぁ、と、つくづく、しみじみ、思ったのでした。 エリカさんのご本、前回は主に自尊心がテーマだったように思いましたが、今回は、タイトルにもあるように、自分を信じることの大切さについて、でした。ここから、また、わたくしのことになりますが――、わたくしがここまで歩いてきたのは、他でもない、自分が信じる道をただ貫くよりほかなかったから、でした。誰がなんと言おうと、わたくしの中には、自らを駆り立てて仕方がないもの、自らを貫くものがあって、それに基づいて生きるより他なかった。これ以外の人生を送れるならば、どんなに楽なことでしょう。でも、それは絶対に出来ない。自分に嘘がつけないわたくしは、自らを偽って楽な方に流れたら、絶対、後々発狂すると思います。精神を病むと思う。まぁ、こうして夢の道を歩んでいても、その分、当然負荷がかかりますから、精神的なくるしみがあるのは仕方のないことで、どっちの道を選んでも、精神的には大変、なのです。でも、好きなことなら頑張れる。耐えられる。もちろん、大変だけど。大変だけど、でも、大丈夫、なんです。前向きでいられる。元気でいられる。でも、自分を偽って、この夢をあきらめて、そうじゃない人生を送るなら、遅かれ早かれ、わたくしは絶対精神を病んで、早く死んでしまうと思います。だから、それだけは出来ない。出来る限り、今いる環境でベストを尽くしてゆくほかない。おひとからご覧になったら、背負わなくてもいい苦労を背負っているのだろうけれど。でも、正直、わたくしにはこの生き方しか出来ないのです。だから、こうして生きる自分を信じるよりほかないのです。 サイキックとしてクライアント様をみさせていただいていても、ご自分のことを信じておられる方のエネルギーはとてもきれいです。きれいというより、英語でクリアーといったほうがいいかな? ブレがないのです。ブレがないから、強い。たとえ、みさせていただいたときに、ものすごく困っておられて、力が落ちておられても、根本のところがきれいで、ちゃんとされているから、必ず立ち直ってゆかれるし、どんな困難も乗り越えてゆかれます。でも、どこか、ご自分のことを信じられない方は、おっしゃることも、どこかくぐもって聞こえる。そうした方は、大抵、ご自分の中に迷いがあったり、ぐにゃっと押し潰したものがあったり、そこでマイナスになってしまっている。だから、力を発揮しようにも、出来ないんです。そういう場合は、まず、夢うんぬんの前に、ご自分にちゃんと向き合っていただく必要がある。一本筋のとおった、というか、クリアーな状態になってはじめて、見えてくるものがあるのです。そうして初めて、自らを信じることが出来るのです。 などと偉そうなことを書いているわたくしも、様々なものがぐるぐる自分に巻き付いていて、矛盾だらけです。でも、自分で言うのもなんですが、夢への思いだけは、ものすごくぴーん! としているのではないか?、と。っていうか、やっと最近、そうした状態に戻ってきました。だから、まだまだこれから、なんだけど。要は自分を信じられるかどうか。自分を信じるためには、他のもろもろの、様々にエネルギーを奪う要素をひとつひとつ根気強く解決してゆかなければならない。それか、そうしたものをしのぐほどの強い思いが持てるか、ですね。そこまでの思いがあれば、鬼に金棒、です。 わたくしが思うに、エリカさんが持っておられる、ご自分を信じられる強さ、というのは、これまでのエリカさんの人生経験の中で、ひとつひとつ積み重ねてこられたもの、だと思います。たくさんいろんな経験をしてこられた中で、ひとつひとつ、エリカさんが努力して積みあげこられたもの。だから、お強い。ゆるがないのだと思います。 サイキックとしてクライアント様をみさせていただいて、わたくしがどのようなことをお伝えしようとも、ご自分のことを信じておられる方ほど、その後の人生をよくしてゆかれる確率は非常に高いと思います。そうした方は、わたくしのセッションを受けようが受けまいが、ご自分の中に一本ちゃんと芯の通ったものがおありで、それをさらに補強するために、わたくしのような者のサーヴィスを利用されるのでしょう。要は、ご自分をしっかりともっておられる。そこがないと、ちゃんと、わたくしから得られた情報もいかせないと思います。結局はご本人次第、なんですよね。わたくしのような者がどう申し上げようと。ご自分でご自分の人生を切り開くだけの気概がない方には、まず、ご自分の中のエネルギーをちゃんとためていただくことをおすすめします。エネルギーがあってはじめて、動いてゆけるのですから。ことをなしてゆけるのですから。 かくいうわたくしも、やっと力を回復しつつあるところで、ここまで来るまでの間には、何度も絶望を見、何度も谷底まで転げ落ち続けてまいりました。その度に起きて、這い上がって、一歩一歩積み重ねて。で、やっとここまできました。まだまだこれから、です。これからが勝負、です。 自分を信じられるひとは、強い。そして、ブレがないから、クリアーです。そうした方は、物事の実現力も高い。そして、何よりも、オーラがきれいだから、人々を魅了し、たくさんのよきものを引き付ける力もある。人生が好循環なのですね。たとえ、何か、ネガティブなことにぶつかっても、しなやかに乗り越えてゆける。 自分を信じるにも、それなりの努力が必要で、自分を愛する努力だったり、信じられるだけの自分でいられるよう、これまた日々のことについて、様々な努力を積み重ねてゆかなければならない。なんでも、近道なんてないんです。こつこつ努力、それがいちばん。そうして積み重ねたものは、どんなものにも、決して揺るがないんです。どんな嵐にも、どんな激しい波にも。絶対崩れない。さらわれない。全ては地道な努力、そしてその努力を重ね続けてゆくこと。あきらめずに。それしか道はないんです。 結局、全ては自分次第、なんですよね。自分の人生の責任は自分でしかとれませんから。天国の門に立ったとき、後悔しても、誰も責任をとってはくれない。それならば、自分を信じて頑張るしかないんです。神様の御前で、精一杯生きました! と晴れ晴れした顔で申し上げることが出来るように。たった一度きりの今回の人生、悔いなく、精一杯生きてまいりましょう。かけがえのない、この広い宇宙でたったひとりの自分を大切に。自分を信じて、明るい未来をつくってまいりましょうね。愛をこめて。God bless you! ・・・ ★エリカさんのご本について、タイトルなど。 ※1 『ニューヨークの女性の「自分を信じて輝く」方法』(2冊目のご本) ※2 『ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法』(最初のご本) 共に大和書房、2014年刊。 ・・・   ★エリカさんの最初のご本を読んで書いた記事はこちら。 →<u>とっても素敵なご本!――エリカさんの『ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法』</u> (2014.8.7)   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!  

    • 後々、ずっとよい影響を及ぼし続けてゆけるような、そんなセッションを (2014.11.3)

      ☆ 記事をお読みくださる皆様へ、おことわり と お願い ☆   こちらのテーマ 「直観コンサルティング」に関するエッセイ におきましては、わたくし、夢咲璃い(ゆめさき りい)がご提供いたしております 「直観コンサルティング」 に関する過去記事(かつて、わたくしのオフィシャルウェブサイト上にアップしたもの。ちなみに、現在もアップしてあります)を順に掲載してまいります。   なお、これらの記事は過去に執筆したものでございますゆえ、表現や内容等が当時の状況を反映しておりますこと、予めご了承くださいませ。   また、記事内で「サイキック・リーディング」と表現しております文言につきましては、全て、「直観コンサルティング」に置き換えて読んでいただけますなら、ありがたく存じます。   以上、どうぞよろしくお願いいたします。   ミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルタント  (サイキック=霊能者) 夢咲璃い(ゆめさき りい) 拝   ・・・ ・・・ ・・・     先日、久しぶりに対面でお客さまをみさせていただきました。 なかなかに、思いがけないご依頼ではあったのですが、これも何かのご縁、とみさせていただいた次第です。 久々の対面のリーディングはわたくし自身、少し緊張するものではございましたが、みさせていただき始めたら、あとは、いつもの「璃いさん節(ぶし)」全開!(笑) とうとうと淀みなく話し続けるわたくしがおりました。 わたくしのリーディングは、お客さまのお話をお伺いしながら、進めてゆく感じになります。 お客さまとコミュニケーションを重ねてゆくことで、より詳細がみえてくるのです。 ですので、お客さまとじかにお逢いしてみさせていただくのがやはりベストかな? と、先日は改めて思いました。 そのお客さまにもこれまで幾度か申し上げてきたことなのですが、わたくし自身、これまで様々な占いの先生やサイキックの先生方に見ていただいてまいりました。 特に、自らがサイキックに目覚めて以後は、クライアントとしてみていただいていても、同時に、同業者として、みてくださる先生がどのようなみたてをなさるのか、そういった点も気になるようになりました。 幸い、近年わたくしをみてくださった先生方は皆様素晴らしいみたてをしてくださいまして。 特に、今年の春みてくださった伯泉(はくせん)先生には本当に心から感謝いたしております。 未だに、時々、クライアントとしてみていただく立場にもなるので分かるのですが、みていただいたときは何か、こう、パーッ! と未来がひらけたように感じるのですよね。 「わぁ!そうなんだ、そんなことがあるんだ!」とか、「そっか。これからはこうしたらよいのね。よしっ!頑張ろう! 」だとか、何か、やはり、先生方にみていただくと、こちらも元気になります。 そして、「お願いしてよかった!」って、ランラン♪ってなるのですよね。 でも、わたくしのリーディングは、どちらかというと、そうした一過性の高揚感を得ていただくためのもの、というより、お客さまの人生を根底からよくするための、と申しますか、お客さまにとって、長い目で見たときに、本当に益となるようなリーディングになるよう、いつもわたくしは心がけております。 お客さまにとって、わたくしのような立場の者に依頼をなさるのは、やはり、ある意味勇気が要ることでしょうし、お値段もそうそう安いものではないので、そう頻繁にご利用になられるわけではありません。 もっとも、わたくし自身、最近では、お客さまがわたくしのもとを訪れてくださるのは、1年に1回で十分、とさえ思っております。 何かある度に、こう頻繁にみてください、といらしてくださるのは、やはりどこか違う、と思ってしまうのですよね。 例えば、年に1回、年末年始や、お誕生月などの、何か、ご自身にとって大切な節目となるときに、たまぁに頼ってくださればそれでいいと思うのです。 と申しますのも、わたくしのみたては、やはり、何か、こう一過性のもの・ことに触れるのではなく、長い目で見たときに、お客さまにとって本当にプラスとなるような、そうしたものを目指しているからです。 極端な話、一生に一度だけご利用いただければ、それで十分、かもしれません。 実際、わたくしはおひとりおひとり、それだけのエネルギーをかけてみさせていただいております。 大切なことは、お客さまがご自分の心の声に耳を傾け(=内在神とつねにコンタクトを取りながら)、内なる神が貴女にどのように生きていってほしいと思っておられるか、ということ、そして、それをどこまでお客さまがご自分の力で実現してゆけるか、ということに尽きます。 わたくしのみたて、リーディングは、目の前に差し迫った選択肢についても当然みさせてはいただきますが、そうした目の前の分かりやすいものではなく、本当にその方の魂の深いところまでみさせていただいて、その方が後々の人生、自信と誇りをもって、美しく輝いて生きていっていただくために必要な情報等をお届けするものです。 お客さまの魂の本質に光を当てることによって、お客さまがご自分をより愛せるようになっていただき、あとは、ご自分の力でしっかりとこれからの人生を歩んでいっていただく、そうしたきっかけづくりとなるよう、目指すものなのです。 様々な霊場、いわゆるパワースポットと呼ばれるようなところがありますよね。 その中には折に触れて訪れ、エネルギーをチャージするようなところもありましょうが、例えて言うなら、わたくしのリーディングというのは、そうした中でも、秘境中の秘境、一生に一度訪れたら、もうそれで十分! と言えるほどの場所、そうしたものを目指しております。 長い人生、後々振りかえっていただいたときに、「あのとき、璃いさんにみていただいて、本当によかった!」と後々までおっしゃっていただけるよう、願うものであります。 わたくしのリーディングをご利用いただいた後というのは、何か、こう、速効性のある、目に見えて分かりやすい「効果」というものはなかなか感じられないかもしれません。 けれど、確実に、何か、お客さまの深いところに働きかけ、後々に渡って、じわじわと効いてくるような、そんな力はあると自負しております。 要は、どれだけお客さまがご自分のことを愛せるようになっていただけるか、それに尽きるのですが、ほんのつかの間ではございますが、いただいたお時間の中で、わたくしが持ちうる限りの力を使って、精一杯みさせていただくよう努めております。 これから年末に向けて何かとおいそがしいことかと存じますが、もろもろのことをクリアーにして、綺麗さっぱり、美しい心で来年を迎えたい! とお考えでしたら、是非、一度、わたくしのリーディングをご利用になることをご検討くださいませね。 きっと何かお役に立てることかと存じます。 貴女さまのご依頼を心からお待ちいたしております(^-^)   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

    • シンデレラはなぜ王子様と結婚出来たのか?

        皆様は「シンデレラ」と言えば、あのディズニーのアニメ映画を思いつかれますか?   わたくしにとって、「シンデレラ」と言えば、イタリア国営放送が作成したテレビ映画、です。   そう、主演のヴァネッサ・ヘスラーが、もう、ため息が出るほど美し過ぎて……ですね。   で、そのストーリーも、オーロラ(ヘスラー演じる女性の名前)の不屈の精神、チャレンジャーぶりに最後までハラハラドキドキ、「一体、貴女のその自信はどこから来るの?」というくらい、見事な「シンデレラ」っぷり、なんですよね♪   ストーリー的にもとっても面白い映画になっています☆   ・・・   この「わたくしが大好きな、イタリア版のシンデレラ」には、かぼちゃの馬車は登場しませんが、ちゃんと美しい白馬が引く、素敵な馬車が登場します。   それに乗って、オーロラは「王子様」であるセバスチャンがその彼女(ビジネスの為の、いわば、政略結婚に繋がるような形で親しくしていた)が開く舞踏会に「乗り込んで」!!ゆくのですが、   彼女は、その馬車を降りた後も、自分が舞踏会でセバスチャンを魅了したことにちゃんと自信を持っていて、   彼が後々その彼女と結婚式を挙げることが決まっても、最後の最後まであきらめないんですよ。   「わたしこそが彼にふさわしいわ!!」といった感じで。   ・・・   まぁ、こう書くと、「そんなの、ただのストーカーじゃん?」と思われかねませんが、   でも、とにかくこの映画は何もかもが豪華で美しくて、   そして、主人公オーロラにすっかり感情移入してしまっているとですね、   彼女の「ストーカーぶり」なんかもう吹っ飛んじゃって、   「頑張れー!!」って感じで、ひたすら彼女を応援しちゃうんですよね (^^;   で、最終的には彼女の努力が報われ、無事、めでたし、めでたし♪ になるのですが、   オーロラがなぜセバスチャンと結婚出来たかというと、   舞踏会に乗り込んでいった馬車を降りても、そう、「魔法がとけても」、   自分の価値を信じ続けていたから。   その揺るぎない気持ち、信念があったからこそ、最後、セバスチャンとめでたく結ばれたと、わたくしは思うのです☆   ・・・   わたくし達の人生には、何回かチャンスがあって、ある日突然、思いもかけない遠くへ運ばれてしまうことだってあります。   けれど、その幸運を活かせるかどうかは、結局、自分次第、なんですよね。   あまりに自分の器を大きく上回るような「大幸運」だと、かえって、足元をすくわれかねない。   (そういうときは、ひたすら、自分の器がその「大幸運」に見合うようになるまで、ひたすら忍従の日々、だったりします)   でも、オーロラは最初から、「魔法」によって与えられた素晴らしいチャンスにふさわしい器を持っていたし、   ……というか、自分にはそれだけの器があるはずだ、と、自らのことを高く見ていたはず。   だからこそ、その後、セバスチャンが彼女と結婚寸前まで行っても、最後の最後まで絶対あきらめなかった、と思うのです。   ・・・   つまりは、結局は自分次第。   自分が、どこまで「目指すもの」にふさわしい自分であると、信じられるか、だと思うのですよね。   っていうか、それしかない。   そこが揺らがなければ、たとえ、そのチャレンジがうまくいかなかったとしても、また新たなチャンスをつかんで、当初目指していたよりも更なる高みを目指してゆくことさえ可能なんです。   だから、やっぱり、自分で自分をどのように見ているか、ということはとっても大事、なんですよ。   それこそ、人生を大きく左右するほどの、とってもとっても重要なことです。   ・・・   貴女は、「かぼちゃの馬車」が午前0時で消えても、その「魔法」をいつまでも信じることは出来ますか?   自分がその幸運(=魔法)に値する人物だと信じ続けることが出来ますか?   もし、たとえ、今、心の底からそう思えなくても、大丈夫♪   自信を育ててゆきたい、そう少しでも思われるなら、必ず、その芽は育ってゆきます。   勿論、一朝一夕にそれが大木へと成長することは難しいでしょう。   それでも、「目指すもの」に向かって努力を重ねてゆく中で、自分自身への信頼が高まり、やがては、それが周囲の人々にわかるほどに美しく光り輝くようになったら、   あれほど「手に入れたかったもの・こと」が勝手に向こうからやって来るようになるでしょう。   それこそがまさに「引き寄せの法則」。   そう、己の神の子としての光を輝かせずして、本当の意味での「引き寄せの法則」などあり得ないのです。   ・・・   大きな夢を見るなら、大きな器が必要です。   そして、その器がまだないのなら、これから育ててゆけばよいのです。   魔法がとけても、その魔法の力を、魔法に見合うだけの自分であることを信じ続けられるようなひとになりましょうね。   人生は貴女がご自分をどこまで高いものとしてご覧になるかで大きく変わってまいります。   一度きりの人生、「心の力」を上手に使って、夢を、想いを、実現してまいりましょうね。   God bless YOU!! :D   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

  • 12 Aug
    • 輝く未来は貴女の手の中に

        わたくし達は、自分自身が「思う」以上の存在にはなれません。   そういう意味でも、育った環境、というのはとても重要です。   ・・・   幼い頃からどのような環境で、どのような大人たちと過ごすかが、そのひとの一生を大きく左右する。   たとえ、生まれた環境が恵まれないものであったとしても、学校に上がってから、素晴らしい教師との出逢いによって、持って生まれた素晴らしい才能が開花することだってあります。   とにかく、どのような人々に出逢い、どのように感化されてゆくか、ということは、幼い頃から、そして、大人になってからもとても重要なのですね。   ・・・   誰もが、持って生まれた魂の力、というものがあります。   たとえ、恵まれない環境に生まれ育ったとしても、その後、縁に恵まれて、社会的にもどんどんステップアップしてゆかれて、   最終的には高い地位につかれる方だっていらっしゃいます。   まぁ、最近の日本は、そうした「立身出世」はあまりないかもしれませんが。   でも、それこそ、戦後の高度成長期になら、結構あったお話なのではないでしょうか?   ・・・   そうした「立身出世」を遂げられた方というのは、ご自身に天賦の才があったことは言うまでもないでしょう。   けれど、そうした持って生まれた「魂の力」「天が与えた才能」以外にも、「自分は必ず成功する!!」という強い意志、そして、そのための努力をひたすら積んでこられたことかと思います。   そう、「自分はこんなもんじゃ終わらない」「必ず成功してみせる!!」、そうした思いが人一倍、いえ、おひとの何倍も強くいらしたからこそ、そうした「立身出世」を遂げられたに違いない、わたくしはそう思います。   そういう意味では、負けん気の強さ、自分を信じる気持ちの強さがものすごい方ではないと、そこまでの成功も出来ないのじゃないか? と。   ・・・   韓国ドラマを見ていると、時代劇でも、現代劇でも、いかに成功するか、いかに上にのぼりつめるか、というのがひとつの定番のテーマとなっているように思います。   まぁ、そこはドラマですから、そうした役というのは、まぁ、それはそれはひどい人物像だったり、破天荒な人物として描かれることが多いのでしょうが、   (かと思えば、「トンイ」は、賢く美しいトンイが下働きから、なんと王様の側室にまでのぼりつめる……! というすごいドラマでしたね♪)   それでも、韓国ドラマを例に挙げるまでもなく、「ただのおひとよし」では、到底、上にのぼりつめることなど出来ないことは言うまでもないでしょう。   ・・・   そう、何が言いたいかというと、「自分は必ず成功する!!」と、心の底から強く信じて疑わないひとこそが、やはり最後まで生き残るのではないか? と。   勿論、その気持ちだけで成功出来るほど、世の中は単純ではないのですが、   それでも、まず、「絶対、自分は成功する!!」という、強い強い気持ちがあって初めて、全てのことがついてくるように思います。   ・・・   だからね、素晴らしい幸運、輝く未来は、結局、貴女ご自身次第、なんですよ。   貴女のお気持ちひとつで、それはどうとでもなる。   「運命」という言葉に惑わされたり、何らかのストーリーに翻弄されて、自らの人生を決めてはならない。   勿論、人生、全てが全て、思い通りになることなんて、それこそ、ないこと、なんだろうけれど、   それでも、可能な限り、幸せに、夢を大きく描いて、それを実現して……!   成功したい、ひとかどの人物になりたい、世の中に大きく貢献したい、そう思われませんか?   そして、そのために必要なのは、貴女のお気持ちひとつ、なんです。   「必ず、わたしは成功する!!」、そう信じて疑わない方は、必ず、そうなってゆかれるはずです。   少なくとも、そう考えていらっしゃらない方とは、人生、大きく違ってくることでしょう。   ・・・   だから、「輝く未来」も、貴女の気持ち、ひとつなんです。   「宿命」がある程度決まっていたとしても、「運命」はある程度自分で創りだせる。   「必ず、自分は成功する!」「必ず、わたしは幸せになる!!」   そう強く信じようと努力し、その気持ちを日々更新し続けてゆくこと、それがあって初めて、「輝く未来」は本当に実現してゆくのです。   ・・・   一度きりの人生、躊躇うことなく、大きな夢を描いてください。   そして、貴女が思う「成功」を手にしてください。   「輝く未来」を現実のものとなさってください。   人生は、懸命に生きても、それでも、完璧、完全には決してならないからこそ、面白いのです。   どこまで出来るかわからない、けれど、それはまだ目には見えない可能性があるということと同義です。   だから、その可能性をどこまでも追及して生きてまいりましょう。   ・・・   たった一度きりの人生、後悔だけはしないように。   精一杯、生きてまいりましょうね。   輝いてまいりましょうね♪   God bless YOU!! :D   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

    • 今、ここで出来ることは何か?

        ひとは高い目標を持てば持つほど、成長することが出来る。   わたくしは、そう信じています。   ・・・   でも、あまりに目標が高すぎたりすると、いつまで経ってもそこに辿り着けないような気がして、気持ちばかり焦ってしまって、どうにもこうにも、収拾がつかなくなってしまうようなこと、多かれ少なかれ、あるのではないかしら?   自らのこれまでを振り返っても、そう思います。   ・・・   勿論、人生には「大手をかけるとき」というのは、必ずあります。   何か、一気にことを進めるような場合や、大きくステップアップしてゆくようなとき、というのは、覚悟を決めて、ぽーん! と、大きな、広い、深い河を飛び越えてゆかなければならない。   けれど、そういうときというのは、数年に一度あるかないか、くらいの出来事であって、そう頻繁にあるわけではありません。   ・・・   そういう「一気に飛ばなければならないとき」というのはさておき、夢を生きる者にとって、大切なのは、日々の地道な積み重ね、です。   ここ近年は、走ることも、そして、英語のお勉強も大して出来てないわたくしですが、それでも、2年前に「これくらいの点数かな~~ (-_-;) 」って思って、試しに受けてみた TOEIC の点数が、自分が想像していた点数よりも高かったことを知ったときの驚きは、それなりに大きなものでした。   ・・・   ……だなんて言うと、いっかど高い点数だった……みたいですが、決してそんなことはなく(滝汗)   ただ、自分が予想していた点数があまりにも低すぎたため(!!)、実際に試験を受けてみたら、まぐれだったかもしれないけれど、予想点数を上回っていたため(とは言え、それが「よい点数」というわけでは決してない!!)、自分の中で吃驚しただけのこと、なのです (^^;   ・・・   でも、じゃぁ、なぜ、自分が予想していた点数よりも(それなりに)高い点数が取れたか、というと、   自分でいうのもなんですが、   それは、ここ滋賀に帰って来てから、一応、曲がりなりにも、それなりに英語の勉強を細々と続けてきたから、だと思うのですよね。   ・・・   今でこそ、聞き取れる部分が随分と増えた NHKラジオ の「実践ビジネス英語」ですが、最初、わたくしが本格的に英語の勉強を始めた頃は、全くと言っていいくらい聞き取れなかったんですもの(滝汗)   それが、一応、今はある程度聞き取れるようになった、というのは、曲がりなりにもこの9年間、細々と、本当に細々と、ですが、英語の勉強を続けてきたから、だと、自分では思っているのです (^^;   ・・・   とは言え、お恥ずかしながら、英語の能力はまだまだぜんっぜん足りません!!   特に、わたくしはライティング能力がものすごーくものすごーく低いので、その点は、もう、頑張るしかありません。   今、やっとまた「実践ビジネス英語」を細々とながら、再開して、まだほんの少ししか経っていませんが、これからも英語の勉強は、わたくしにとっては必須課題なので、当然続けてまいります。   (余裕が出来たら、昨年やり始めて、すぐ挫折した Chinese の勉強も再開したいところ)   ・・・   で、ここまで恥を忍んで、自分の拙い英語レヴェルを引き合いに出して、何が言いたかったかというと、   高い目標を持っていると、ふと、焦るときがある、   でも、そんなときこそ、「今、ここで何が出来るか?」に焦点を当てて、   「今、ここで出来る、地道な努力」を少しずつでも積み重ねてゆくこと、   それこそが目標に辿り着くためのいちばんの近道であり、王道である、   ということ、なのです!   ・・・   わたくしなんて、ほんと、しょっちゅう、焦ってばかりいますけれどね (^^;   そんなときこそ、地に足をつけて、「今、ここで出来ること」に集中して、そっちに力を注いでゆくこと。   夢を実現しようと思うなら、やることは山ほどありますからね。   それこそ、佳川奈未先生ではないけれど、「あなたには、できることがいっぱいある!」。 ( 『幸福感性 あなたの夢はぜったい叶う!』 PHP文庫 2007年 6ページより)   だから、気持ちが焦るようなときこそ、ひと呼吸置いて、「今、ここで出来ること」を積み重ねてまいりましょう。   ・・・   今をときめく大スターさんだって、日々の地道な努力があってこそ、その輝きを保っていられるのですから。   そして、そうした方々というのは、「スターである自分」をどこまでも向上させてゆくために、本当に日々、様々なことを努力しておられるはず。   ・・・   大スターではないわたくし達だって、自分自身の人生だけを考えたら、それこそ、我こそが大スターであり、人生の主人公です。   どこまでも自分を高め、磨き続けてゆくためにも、日々の地道な努力、お互い、大切にしてまいりましょうね♪    (……と、偉そうに言っております (^^; )   ・・・   貴女にとっての全てがよきに流れますように!   God bless you!! :D   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • 夜空を見上げる

        いつの頃までだったかなぁ?   わたくし、20代の半ばくらいまでは、結構、「星オタク」でした(笑)   ・・・   きっかけは、小学校5年生か6年生の冬、学んだ、理科の星座の授業。   以来、真冬でも半纏のみ羽織って、うちの外で延々星座盤と共に星を眺めていた……という。   いっときは、大抵の星座なら、夜空を見たら、わかっておりましたもん。   あ、あれは〇〇座やわ……! ってな感じで。   ・・・   そんなわたくしがいつの頃からか、仕事がいそがしくなってからでしょうか、すっかり星座盤とも、夜空を眺めることとも、ご無沙汰になってしまいました。   それでも、夏の大三角形だけは毎年、この季節、確かめていたような。   それすら、ここ近年はとんとご無沙汰。   星空、本当はとっても大好きなはず、なのだけれど……。   ・・・   夜空をね、首が痛くなるくらい、ずーっと眺めていると、広い宇宙を感じるんです。   そして、「この世の中」が、決して「この地球上だけで成り立っていない」ことを改めて感じる。   夜空に広がる無数の星々に「囲まれて」いると、とっても心が安らぐし、なんていうのかな、俗な言い方だけれど、目の前の悩みや問題なんて、小さく感じられるんですよね。   たとえ、そのいっときだけ、でも。   ・・・   だから、そういう意味でも、宇宙との一体感を感じるためにも、ひとはもっと夜空と「繋がる」べき、なんだとわたくしは思います。   それこそ、瞑想や祈りの習慣と同じくらい、「夜空を見上げる」ってことも、取り入れたらいい。   なかなか、大都会では、街の灯りでそれどころじゃないのだろうけれど、それなら、せめて月を眺めるとか、それくらいはしたほうがいい。   夜空って、それくらい素敵な魔法があると思うんです。   ・・・   宇宙との繋がりを感じるってことは、天界、目に見えない聖なる世界と繋がるってこと。   そうなれば、自ずと、神様へと心は向かいます。 (たとえ、無意識レヴェルで、でもね♪)   わたくし達に必要なのは、「神様とつねに共に在る」ことを忘れないこと。   そういう意味でも「夜空を見上げる」ことは、とっても大事なこと、なんですよ?   ・・・   いそがしい毎日の中で、ほんのひととき、夜空を見上げてみてくださいね。   そうすれば、きっと天の優しいエネルギーが、貴女にそっと降り注ぐことになるかと思います☆彡   God bless you!! :D   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • The Ocean

        京都で生まれ、生後半年ですぐこちら滋賀に父母と引っ越してきたわたくしは、内陸生まれの内陸育ち。   だから、いい歳になった今でも(苦笑)、海を見ると、「あっ!! うみーーーーーっ!!」って、テンションが上がります(笑)   ・・・   ここ一年程のお気に入りの「海」は、月に一度、福井にお参りに行った帰り、敦賀駅を経て、北陸本線のトンネルをぐるーっとまわって、(トンネルが)ふっと途切れた時に見える、海の見える敦賀の風景がとっても好き。   あの一瞬を見るために、福井に通っているようなものだわ♪( ← さすがにそれは言い過ぎ (^^; )   ・・・   先ほどの記事で、ここのところ、オラクルカードにばんばん「海」ってカードが出てきて……と書きましたが、それは本当でございまして、   ここ最近は、わたくしが何を(カードに)聞いても「海」ってカードしか出てこず……。   いや、実際のところは他のカードも出てきてくれてはいるのだけれど、それにしても「海」というカードが出るのが多すぎる!!   そんなことで、今となってはスマホのアプリでオラクルカードを引いているわたくしは、通勤の琵琶湖線の車内で、カードを引いては「海」って出てくる度に、片方の眉を上げて、顔をしかめて、「また……!?」って困り切った顔をしていたりするのでした(苦笑)   ・・・   で、そんなこともあり、今日は韓国映画の「イルマーレ」を久々に見てみたのです♪   わたくしがこの映画を初めて見たのは、おそらく、日本で公開された、2001年9月より少し後のことだったのではないか? と思います。   というか、多分、最初、映画館では見ていないので、実際に見たのは、もう少し後、だったのかな?   当時のことだから、ビデオでレンタルされるようになってから、でしょうか?   ・・・   久々に「イルマーレ」を見て、静かな音楽、素敵なイ・ジョンジェさんの笑顔に癒されました~♪ 的なことを先の記事で書きましたが、   確かに、この映画自体に癒されることは毎回のこと、なのですが、   でも、今回は「海」というテーマが予めわたくしの中にあったこともあってか、   実際海を訪れたわけではないのに、それと同じような効果(?)があったように感じています。   なんだか不思議……、なんですけれどね (^^;   ・・・   海……と言えば、9年前の夏、伊豆の旅館で働いていたわたくしは、海の本当にすぐそばに住んでおりました。   滞在していた寮が、一本道を隔ててすぐ目の前が「海」!!だったため、一日24時間×毎日、絶えず「ざっぱ~ん!!」とか「ざざーっ」「ざざーっ」って波の音がしておりましたっけ。   勤務前、初めて伊豆の地に到着したその日は、あまりにその波の音が心地よくて、簡単に眠りに落ちた(それも夕方早くから)のを今でもよく覚えております (^^;   ・・・   内陸県に住んでいたわたくしにとって、「ヒーリングのための CD で聴くもの」だった波の音が24時間絶えず、ずーっと続いている、というのは、なかなかにちょっと慣れないものでした。   確か、当時お世話になっていたヒーラーさんにそのことを言ったら、「24時間波の音が続く……というのは、ある意味、ずーっと音がしているってことでしょう? それもまた刺激になって、あまりよくないことなのかもしれないわよ?」ってなことをおっしゃっていただいたような記憶が (^^;   内陸県に居たら、「ヒーリングの CD そのものだわっ!!」って(最初は)感動していた波の音も、ずーーーーーっと続くとなると、なかなかストレスフルなもの、なのかもしれないってこと、   海のすぐそば、というか、海の真ん前に暫く住んでみて、初めてわたくしはわかったのでした (^^;   ・・・   それでも、やっぱり海、好きです♪   でも、最近は海よりも、断然、高い山々のほうがテンションが上がるかなぁ?   大好きな白山を見るときの気分の高揚といったら、将来遺灰を撒いてほしいと(勝手に)思っている(というか、願っている)、あの美しい砂浜よりも、それはそれはものすごいものがあるもの。   今となってはすっかりお山のほうが好きなわたくしですが、でも、やっぱり、海もいいなぁって思います♪   ・・・   まぁ、海はすぐそこにないけれど、琵琶湖なら、近くにありますからね☆   特に、JR の彦根を過ぎて、長浜に行く辺りまでの琵琶湖の風景は、なかなかにいいものがある♪   海にも負けないくらいな?   ・・・   ま、今は京都まで(平日は)通っているので、行きも帰りも、(平日は)毎日琵琶湖を眺めておりますが♪   ……っと、話があちゃこちゃ行って恐縮ですが、以上、今回は海のお話でした!   (……で、結局何が言いたかったのか……? (^^; )   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • 心安らぐ時間♡

        誕生日まで4か月を切りました♪   まだまだ「今の年齢」に慣れていない……というか、最近、やっと「追いついた感」があるのに、4か月後にはまた新しい歳になってしまう!! だなんて、ほんと、歳を重ねるごとに時間の流れは急加速度的に速くなっていく、そう思います(汗)   ・・・   お盆前のお休み。   今日、こちら滋賀県東近江市は「秋かーっ!?」っていうくらい、ものすごくものすごく「秋らしい」(とは言い過ぎか? (^^; )お天気でございました。   まぁ、日中もそれなりに暑かったのだけれど、それでも、空気は乾燥していて(というほどでもないか? (^^; )、今、夜の20時頃なのですが、とても涼しい、心地よい風が吹いています。   つい先日、お休みに入る前、10日(木)の京都は「蒸し風呂かっ!?」ってくらい、ものすごーくものすごーく暑かったのにね。   この落差は一体何っ?   ・・・   前置きが長くなりました(?) (^^;   ここのところ、オラクルカードで「海」のカードがアホほど出てきていたわたくし。   今日は久しぶりに、そして、おそらく10何回目の視聴になるであろう、韓国ドラマの「イルマーレ」を見ておりました♪   まぁ、お昼寝しながら……? だったので、全部最初から最後まできちんと見たわけではないのですが、それでも、美しい映像と、温かくも切ないラブストーリーと、そして、素敵なイ・ジョンジェさんの笑顔を何度も見られて♡   最後の曲が流れる頃には、すっかり心が満たされておりました。   ・・・   7月下旬から新しい派遣のお仕事に行き始めて3週間が過ぎ、やっと少し落ち着きました。   この三連休は、ブログの更新など頑張っている(!?)のですが、今日は比較的ゆっくり過ごせてよかったです♪   ・・・   前を向いて、行け行け! どんどん!! って頑張ることも必要なんだけれど、   でも、たまに、こうしてくつろぎのひとときを持つのもいいですね♪   久しぶりに、そうした時間の価値を改めて感じた、誕生日4か月前の今日のわたくし、なのでした♪♪♪   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • 小林麻央さん 最後のインタビューから 4 <主体的に生きる 海老蔵さん>

      今年6月22日にご逝去された、フリーアナウンサーの小林麻央さんが最後に出演されたテレビ番組、『市川海老蔵に、ござりまする。』(2017年1月9日放送、日本テレビ系)より、麻央さんのインタビューがとても心に響きましたので、4回に分けてご紹介させていただいております。 1 <人生は楽しい> 2 <俯瞰で物事を見る> 3 <自分とは違うものさしに教えられる>   なお、以下に掲載する内容は、番組を拝見して、麻央さんがおっしゃった内容を、わたくし、夢咲璃いが文字に書き起こし、それを更に読みやすい形でまとめたものでございます。   また、内容ごとのタイトルは、わたくし、夢咲璃いが内容に基づき、勝手につけさせていただいたものでありますこと、予めご了承くださいませ。   ・・・ ・・・ ・・・     <主体的に生きる 海老蔵さん>   すごく私自身、主人から学んだのは、 私の代わりに何かをしようとは思ってないんですよね、主人自身。   「ママが居ないから、ママがやることを僕が代わりにしよう」とか、 そういうふうな考え方はあんまりしてないなっていうのを感じていて。 「僕がこうしたいからこうする」っていう、なんか全部主体的なんですね。   「こういうふうにしなくちゃいけない状況だから、こういうふうにする」っていうんじゃなくて、 「こういう状況がありました、じゃぁ、自分はこういう状況の中でどうしたいですか?」 「僕はこうしたいです。子どもと居たいです。子どもと遊びます」 「じゃぁ、10分あったら、子どもとこうします」 っていうのを、つねに主体的に考えてるから。   多分、子どもと居ても「受け身で流れていく時間」っていうよりも 「自分で創り出していっている時間」だから。 すごく大変だとは思うんですけど、 楽しそうに……うふふっ(笑) やってくれてるなっていうのはすごく思います。   ま、いろいろ、いろいろ私に心配させないように、 本当に、もう本当にいろいろ考えてくれてるとは思うんですけど。   楽しむことを知っているから、くるしい状態の中でも。 そこはやっぱりすごいなぁって思います。   ・・・ ・・・ ・・・   以上、ここまで4回に渡り、麻央さん最後のインタビューから、特に印象に残った部分を、わたくしの文字起こしでご紹介させていただいてまいりました。   麻央さんがこの番組にご出演されたのは、お亡くなりになられる約半年前。 きっと、ものすごくしんどい思いをされていた中でのご出演だったかと思います。   そんな中でも、麻央さんはカメラの前で、瞳を輝かせて、ご自分の素直な思い、そして、海老蔵さんとの絆、海老蔵さんへの愛を語ってくださった。   心から感謝申し上げます。   麻央さん、どうぞ向こうの世界でもお美しく、キラキラと輝いていらしてくださいませね。   本当に、本当に、ありがとうございました。   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • 小林麻央さん 最後のインタビューから 3 <自分とは違うものさしに教えられる>

      今年6月22日にご逝去された、フリーアナウンサーの小林麻央さんが最後に出演されたテレビ番組、『市川海老蔵に、ござりまする。』(2017年1月9日放送、日本テレビ系)より、麻央さんのインタビューがとても心に響きましたので、4回に分けてご紹介させていただいております。 1 <人生は楽しい> 2 <俯瞰で物事を見る>   なお、以下に掲載する内容は、番組を拝見して、麻央さんがおっしゃった内容を、わたくし、夢咲璃いが文字に書き起こし、それを更に読みやすい形でまとめたものでございます。   また、内容ごとのタイトルは、わたくし、夢咲璃いが内容に基づき、勝手につけさせていただいたものでありますこと、予めご了承くださいませ。   ・・・ ・・・ ・・・     <自分とは違うものさしに教えられる>   主人は「死んでから何年生きられるかが勝負だ」ってよく言ってたんですけど。 だから、ものさしがちょっとこう長いっていうか、長かったり、太かったりするんですよ。   だから、自分の、私が持っているものさしとは 違うものさしでの物事の見方を教えてくれるので。 教えてくれるっていうか、見せてくれるっていうか。   だから、すごく……病気になる前は 「んー? 何わけわかんないこと言っちゃて!」って思うことが結構あったんですけど。 「もう、わかんないのー!」みたいなことがあったんですけど。   病気になってからは、もう、「ほんっとにありがたい!!」って。 主人と結婚したからこそ、今、私、こうやって生きてられるなぁって思います。 そうじゃなかったら、もう心が死んじゃってたかもしれない。   4 に続きます   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • 小林麻央さん 最後のインタビューから 2 <俯瞰で物事を見る>

      今年6月22日にご逝去された、フリーアナウンサーの小林麻央さんが最後に出演されたテレビ番組、『市川海老蔵に、ござりまする。』(2017年1月9日放送、日本テレビ系)より、麻央さんのインタビューがとても心に響きましたので、4回に分けてご紹介させていただいております。 1 <人生は楽しい>   なお、以下に掲載する内容は、番組を拝見して、麻央さんがおっしゃった内容を、わたくし、夢咲璃いが文字に書き起こし、それを更に読みやすい形でまとめたものでございます。   また、内容ごとのタイトルは、わたくし、夢咲璃いが内容に基づき、勝手につけさせていただいたものでありますこと、予めご了承くださいませ。   ・・・ ・・・ ・・・     <俯瞰で物事を見る>   主人は地方公演とかで離れていることも多いので、 いつも寄り添ってはくれるんですけど、 ある意味、俯瞰して物事を見るってことが出来て。   私は入院して病院に居たりすると、 ものすごく、こう、 もう病室だけの世界でどんどんどんどん……なっていってしまうんですね。   そうすると、(一度)「不安!」ってなると、 もう「不安、不安、不安」ってそれしか見えなくなってきて。 「痛い」ってなると、 もう「痛い、痛い、痛い」、それしかなくなってきて。   主人と話してると、 やっぱり、こう、流れてる時間とか、 そういうものが全く違う世界に生きてる感覚があって。 そうすると、こう、「とらわれちゃダメだよ」って、言ってくれるんですね。   「この世の中には、自分達が想像しているようなくるしみより、 もっともっとくるしいことが沢山ある。 想像も出来ないようなことが沢山ある。 だから、自分の居る世界にとらわれて、それが全てだと思っちゃだめだ」 「今ある現状にとらわれるものダメだ」 っていうことを教えてくれるんですね。   だから、「きっとよくなる!」っていうふうに思ってても、 今、例えば、痛みが来ちゃったりすると、 今、この「痛い」っていう現実にばっかりとらわれちゃって。 忘れちゃうんですよ。 「よくなろう!」って思ってた気持ちを。   でも、主人は、いつも俯瞰して物事を見るっていうことを教えてくれるので、 「ああ、そうじゃなかった」って。 「今、痛いのは事実だけど、でも、それだけじゃないんだ」って。   (主人が)「もっと世界を広げて(物事を)見ないといけない」っていうことを思い出させてくれるので、 そういう意味では、たたかっていく中で心の持ちよう、前向きな(心の)持ちようを主人にはすごく教えてもらってますね。   3 に続きます   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • 小林麻央さん 最後のインタビューから 1 <人生は楽しい>

      今年6月22日にご逝去された、フリーアナウンサーの小林麻央さんが最後に出演されたテレビ番組、『市川海老蔵に、ござりまする。』(2017年1月9日放送、日本テレビ系)より、麻央さんのインタビューがとても心に響きましたので、以下、4回に分けてご紹介したいと思います。   なお、以下に掲載する内容は、番組を拝見して、麻央さんがおっしゃった内容を、わたくし、夢咲璃いが文字に書き起こし、それを更に読みやすい形でまとめたものでございます。   また、内容ごとのタイトルは、わたくし、夢咲璃いが内容に基づき、勝手につけさせていただいたものでありますこと、予めご了承くださいませ。   ・・・ ・・・ ・・・     <人生は楽しい>   本当に、私、不思議と、病気をしてから、もう、 私なりに「苦しーい!!」っていうこと、すごくあって。 でも、そういう中から感じるうれしさ、楽しさ、喜び、感謝って、 それまでに感じてきたものとは全然違った、って。   これまでは、それなりにうれしかったり、それなりに楽しかったり、勿論したんだけど、 こんなにうれしいとか、こんなに楽しいとかって、初めて感じるなぁっていうことが沢山あって。 そういう意味では、あー、人生って楽しいなぁって思ったんです。   そういうことを経験すると、主人が言っていることっていうのが 少しずつ分かって来ることがあって。 あー、「悩みがあるから、楽しい」っていう。   そういう主人のものの考え方、 どうしてそういうふうなものの考え方をするのか、 そういうことが少しずつ、こう、私の中で溶けていって。   すごく、不思議と、病気を通して、自分のことも理解するんだけど、 主人のことも理解できるようになって。 不思議な感じ、ですね。   2 に続きます   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

      テーマ:
    • 貴女に魔法をかけて差し上げることは出来ないけれど…… (2014.10.26)

      ☆ 記事をお読みくださる皆様へ、おことわり と お願い ☆   こちらのテーマ 「直観コンサルティング」に関するエッセイ におきましては、わたくし、夢咲璃い(ゆめさき りい)がご提供いたしております 「直観コンサルティング」 に関する過去記事(かつて、わたくしのオフィシャルウェブサイト上にアップしたもの。ちなみに、現在もアップしてあります)を順に掲載してまいります。   なお、これらの記事は過去に執筆したものでございますゆえ、表現や内容等が当時の状況を反映しておりますこと、予めご了承くださいませ。   また、記事内で「サイキック・リーディング」と表現しております文言につきましては、全て、「直観コンサルティング」に置き換えて読んでいただけますなら、ありがたく存じます。   以上、どうぞよろしくお願いいたします。   ミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルタント  (サイキック=霊能者) 夢咲璃い(ゆめさき りい) 拝   ・・・ ・・・ ・・・     わたくしは、サイキック・リーディングというものは、決して万全ではない、と常々思っております。 もともと、人間がみさせていただくものですし、たとえ、それが、どんなにものすごい力を持ったサイキックの方であろうと、やはり、その方も神様ではないので、全てが全て、100パーセント、完璧、完全、ってなことはありえないのです。 わたくしがみさせていただくときに対価をいただいているのは、あくまでも、そうした作業に費やすエネルギーに相当する分をいただいているのであって、わたくしが設定しております価格が、みさせていただくにあたっての精度等を保証するものではありません。 それは、おそらく、他の先生方も皆さん、同じなのではないか? と思います。 ならば、なぜ、そのような「100パーセント完全ではない」サイキック・リーディングをサーヴィスとして提供し、それにふさわしい対価をいただいているのか?  それは、「100パーセント完全ではない」にしろ、やはり、そうした霊的な力を使って、何かを知ること、見ること、聞くことに、それなりの価値が生じるからだとわたくしは思います。 では、その価値とは何か?  それは、明日へのヒントだったり、未来への洞察力であったり、あるいは、既に決まっている答えを後押しするものだったり。 それは、おそらく、お客さまによって、様々だとわたくしは思います。 サイキック・リーディングとは魔法の杖ではありません。 もちろん、他の方々には感じ取れない能力があるから、こうしたサーヴィスをご提供しているのであって、そこには、真摯にお客さまと相対する姿勢、そして、何よりも、自らが霊的に生きる者として、日々精進を重ねてゆかなければならないのは言うまでもありません。 けれど、そうやってつねに向上しようとするサイキックならば、きっと、お客さまにご提供してゆくサーヴィスも、どんどんよくなってゆくのではないでしょうか? お客さまと同じように、わたくし達サイキックも同じ人間です。 そこにあるのは、ほんのちょっとした違いだけなのです。 ならば、同じこの世に生きる者として、天から授かった力を生かして、少しでも、迷える方々のお力になれれば、というのが、そもそも、こうしたサーヴィスの根本にあるものではないでしょうか? そうした基本的な心構えさえ忘れなければ、天がお許しくださる限り、こうしたサーヴィスをご提供し続けていってよいのではないか? とわたくしは思います。 サイキック・リーディングは、みさせていただくひとによって様々であり、そこは人間同士のことですから、相性といったものもございます。 こうしたサーヴィスを必要としてくださる方々と、わたくし達みさせていただく立場にある者との間で、よいマッチングが、天のご采配によって叶ってゆきますように。 わたくしは、これからも、自らを磨きつつ、少しでも、よいサイキック・リーディングとは何か? という命題を一生追い続けてまいりたく思っております。   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

    • くるしみからの解放:どんなに心が痛んでいても、必ず、幸せになれる (2014.10.26)

      ☆ 記事をお読みくださる皆様へ、おことわり と お願い ☆   こちらのテーマ 「直観コンサルティング」に関するエッセイ におきましては、わたくし、夢咲璃い(ゆめさき りい)がご提供いたしております 「直観コンサルティング」 に関する過去記事(かつて、わたくしのオフィシャルウェブサイト上にアップしたもの。ちなみに、現在もアップしてあります)を順に掲載してまいります。   なお、これらの記事は過去に執筆したものでございますゆえ、表現や内容等が当時の状況を反映しておりますこと、予めご了承くださいませ。   また、記事内で「サイキック・リーディング」と表現しております文言につきましては、全て、「直観コンサルティング」に置き換えて読んでいただけますなら、ありがたく存じます。   以上、どうぞよろしくお願いいたします。   ミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルタント  (サイキック=霊能者) 夢咲璃い(ゆめさき りい) 拝   ・・・ ・・・ ・・・     ここ数年、自らの人生を本当によくしたい! と、わたくしは様々な霊性についての御教えや知恵にあたってまいりました。 そうして学んだ中で得た教訓は、幸せになるにも覚悟が要るということ、そして、幸せなひとは、心が幸せで豊かだから幸せなのだ、ということでした。 特に、エネルギーの観点も含めた、あらゆるレヴェルでの「豊かさ」については、何よりも、心の穏やかさや豊かさ、そして、どれだけ自らのうちに愛のエネルギーがあるか、ということに尽きます。 わたくしの人生が「あらゆるレヴェルで、ずっと貧しく、困窮しきっていた」のは、己の無価値感、「どうせ、わたしは取るに足らない存在なのだ」という精神のパターンが骨の髄まで染み込んでいたから、でした。 だから、どれだけ、霊的なワークなどをやっても、どれも付け焼き刃で、あらゆる面でくるしく、いつももがき、あがいてきたのです。 でも、心からご尊敬申し上げている、生涯の師と仰ぐ、素晴らしいサイキックの先生の御教えに触れて、こうした「あまりにも貧しい人生」の根本原因は、すべて、わたくしの精神的なパターンに原因があるのであり、いつまでも取るに足らない、大したことのない人物、そして、いつもダメ出しを食らうような、最下層に見られる人物、そうした役割を、自らが本気で脱しようとしない限り、おそらく永遠に、わたくしの人生は「このまま」なのだ、ということに、ようやく気づいたのでした。 そうした、あらゆるネガティブなものを雲散霧消化しようと、この夏から、「10月の、生涯始まって以来の大きな賭け、チャレンジ」に、わたくしは打って出たわけです。 大変ありがたいことに、また、お陰さまで、無事、そのチャレンジは成功し、わたくしは満足して、ここ滋賀に再び戻ってまいりました。 まる6年ぶりに飛行機に乗って飛んで行った先は、紛れもなく、わたくしが「これから目指す土地」のひとつでありました。 だから、だから、その土地のエネルギーも相まって、わたくしは無事「成功」をおさめることが出来たのだと思います。 他の方からご覧になったら、なんのことはない、大したことはないチャレンジでしょう、でも、わたくしにとっては、本当に、これまでの魂の歴史をすべて懸けた、大きな賭け、だったのでした。 そうして、無事、生涯始まって以来の大チャレンジを成功裏におさめ、わたくしは、早くも、次のゴールを見据えています。 それは、来年の3月1日。 あと4か月ほどしかないけれど、でも、いろいろと日常生活でも「退路を断って」、このことに取り組んでいます。 これこそ、わたくしの人生がかかっているから。だから、絶対、何がなんでも成し遂げたいのです。 そんな思いが高じて、ついに、先週の日曜日には、京都・八瀬にある、九頭竜大社様までお参りに行ってまいりました。 夏の終わりに「お招きを受けた」北陸のとある神社様にもお参りにお伺いしたばかり(?)だけれど、でも、今のわたくしは、本当に本当に人生を変えたくて。 奇跡でも起こさない限り、わたくしは永遠にここで朽ち果てていってしまうと思います。 だから、どうしても、どうしても、この時期に神様のお力をお借りしたくて。 ここのところ、しょっちゅう、今の勤務先近くの教会にもお祈りに訪れているのですが、どにかく、もう「必死!!」なので、ものすごく強いお力をお持ちだという、八瀬の九頭竜さんのお力をいただきに上がったのでした。 もう、それはそれは全身全霊をかけて、お祈りいたしましたよ。 どうか、どうか、お力をお与えくださいませ!! って。 神様も、あまりの必死さに、思わず苦笑なさったのではないかしら? 九頭竜さんの参拝方法は独特で、「お千度」という、九回同じお参りを繰り返す方法で参拝させていただきます。 そうして、わたくしも、九回、お社の回りをぐるぐると回ったのですが、とにかく、本当に本当に、もう、どうしても、このことだけは!! と、一生懸命でございましたので、八瀬からこちら滋賀の自宅に帰り着く頃には、なんだか、もう、ふらふらになっておりました。 それほどまでに、もう「一生もの」のお参りをさせていただいてまいりました。 わたくしのような、いわゆる AC (アダルトチャイルド)と呼ばれるひとたちは、大人になってからも癒えぬ心の傷を抱え、AC がゆえのネガティブなパターンを引きずり、社会生活を安泰に営んでゆくことがとても困難だったりします。 そんなだから、全うな愛情を知っているひと達に比べて、自ら様々な問題をつくりだしてしまったりするのですね。 満たされないがゆえの精神的な病とか、人間関係のトラブルとか。 霊的なレヴェルから見た「圧倒的な欠乏感」により、お金や、ビジネス、その他あらゆる面でネガティブな特徴をばんばん発揮してしまったり。 そうした背景を抱えていて、なおかつ、それが、どこまでも人生を暗くコントロールするものだから、結局はいつまで経っても生きづらさが抜けず、愛情に飢え、様々なことにくるしみ、挙げ句の果てには病気や事故などを(霊的に)引き起こす。 そんな AC がゆえの様々なスピリチュアル的な要因、それも悪いものしか引き起こさない――を、わたくしは嫌と言うほど経験してまいりました。 いつも、どこか、心にぽっかり大きな穴が空いていて、それがゆえ、あらゆるものが、その穴に、まるでブラックホールのように吸い込まれていってしまうのですよね。 AC による生きづらさを抱えているひとは、そうでないひとに比べて、生きる上でのエネルギーの量が慢性的に、それも圧倒的に不足しています。 そんなだから、あらゆることがうまくいかないし、トラブルを抱えやすい。 そして、益々自分を許せず、愛せず、自らを肯定するなんてとてもじゃなく。 だから、人生に絶望しきってしまったりするんです。 わたくしは、自らがこうした AC がゆえのネガティブな特性を後生大事に抱えてきて、そのことで、心底くるしんでまいりました。 誰にも言えない、本当にどす黒いとしか言い様のない、ものすごくネガティブな、醜い感情にさんざん翻弄され、それがため、心も身体もさんざん病んでまいりました。 ここまでネガティブなものを抱えて、一体どうするよ? てな感じに思われることでしょうね(苦笑)。 わたくしも、ずっと、そう思ってまいりました。 これまでだって、あらゆるネガティブなものに翻弄され続けてきたけれど、でも、どうしても、これだけは、わたくしの持ちうる限りのあらゆるものを使っても、絶対に乗り越えられなかったんです。 だから、何度も心は悲鳴をあげたし、持病の膵臓さんはしょっちゅう痛んで、本当に本当につらかった。 これまで、何度、泣きながら、「いのちの電話」に助けを求めたことでしょう。 誰にも言えないくるしみは、途方もなくわたくしをさんざん打ちのめし続けたのでした。 けれど、昨年の夏、「もう、いい加減、わたしも40を過ぎた。誰がなんと言おうと、これは、わたしの人生や。わたしがわたしを救わんで、誰が自分を救ってくれよう?」と心の底から強い強い思いが湧き上がってまいりまして。 で、わたくしは、早速行動に出ました。 それまで3年以上かけて、まるで Perfume の「かしゆかちゃん」くらいに長く長くのばしていた髪をばっさり切って。 戸籍名の変更申請を家庭裁判所に提出し、新聞のコラムに投稿し、テレビ番組に応募し。パスポートの綴りを “Ree” に変え(ですので、わたくしの法的な名前の綴りは、”Rii” ではなく、”Ree” なのです)、その他にも様々なチャレンジを始めました。 そして、その流れで、この秋の大チャレンジも無事成功させ。 で、更なる先を目指しています。 これまでわたくしの人生があらゆるレヴェルでうまくゆかなかったのは、わたくしが持つあまりのネガティブさ、が原因でございました。 ひとに愛されたい、認められたい、それがゆえに生じるあまりに強力な、おひとへの引き付けられ方(対象となる方にどっぷり浸かってしまう。要は、ひどい依存心)や、異常なまでの自己顕示欲など、未だ、様々に多々問題を抱えてはおりますが(滝汗)、これでも、少しずつ、気づいてはなおしていっているところです。 中でも、自らに、今、何よりもいちばん言い聞かせなければならないことは、「貴女は、決して、いつも軽んじられ、バカにされ、ダメ出しばかり受けるような、取るに足らない存在では、決してない」ということ、です。 もっとも、全うな方の目からご覧になられたら、わたくしは、きっと「ぶっ飛んでいる」のでしょうし、「まるで常識のない、イタイ40女」、なのかもしれません。 たとえ、もし、そうだとしても、それでも、神の子としてのわたくしの本質はなんら変わりないのであり、神様の目からご覧になられたら、きっと、大切な、かけがえのない、愛ぐし子(めぐしご)に変わりないはず、なのです。 そんな大切な、神様に愛されている神の子が、いつもバカにされ、軽んじられ、途方もなく下に見続けられ、ダメ出しばかり受けているのは、どう考えてもおかしいことです。 他人がなんと言おうと、わたしはわたしの価値を認める。 たとえ、世間的にずれているところがあるのだとしても、それは、もともと、発達障害的なところもあって、それがゆえの生きづらさや生きにくさも抱えているのだし、 何よりも、全うな愛情にあふれた、いつも安心できる環境、というものを、 体感的にまるで知らないから、だから、どこか、おかしなところがあっても仕方ないのだ、 でも、これからでも、全うな人間関係にある、ちゃんとしたコミュニケーションや、ひととの距離の取り方、大人としてのよいお付き合いの仕方を学んでゆけばよい、そうわたくしは心から思うのです。 どんなに傷を抱えていていも、そして、どんなに自己認識がダメダメで、どんなに自分が価値のない、取るに足りないものに思えても、そして、幸せな生き方、幸せな人生の作り方を知らなくても、全うな人間関係を知らなくても、それでも、わたくしは、神様と共にあれば、いつからでも人生はやり直せるし、神様や天使のお力を借りて、本当に全く新しい、輝ける人生を築いてゆくことは可能だと心から信じます。 今まで、それこそ、文字通り、血のにじむような努力を、それも、「ただ普通に、ひととして、この世で生きてゆくために」重ねてきたわたくしだからこそ、きっと、同じようにくるしむ方々のお力になれると思うし、だからこそ、見えるもの、伝えられるもの、共感できること・もの、がきっとあると信じます。 だから、決して、わたくしは無価値なんかではないし、こうしたネガティブなものを抱えきっているからこそ、その分、同じようにくるしんでおられる方々のことがよくわかるし、お役に立てる、そう思うのです。 「どんなに心が痛んでいても、信じることを忘れなければ、きっと夢は叶う」、これはディズニーのアニメ、シンデレラのお歌のメッセージのひとつです。 これと同じで、どんなに心が痛んでいても、どんなに心が傷だらけでも、そして、幸せな人生のつくり方を知らず、全うな人間関係を知らず、いつもきゅうきゅうとし、批判やダメ出しに怯えてばかりいる、安心感とはほど遠い人生を送ってきたのだとしても、それでも、わたくしは幸せになれるし、必ず、これからでも、幸せな人生を歩んでゆけると思うのです。 もちろん、それは簡単なことではないでしょう。 己の中に染み付いたネガティブなものは、あまりに膨大で、これまで受けてきたくるしみやかなしみ、心の傷は、きっと、今後も、一生、わたくしをくるしめ、追い詰め、自らのことをみすぼらしく見させるのかもしれません。 それでも、それでも、です。 そうした傷があってこそ、輝くこともまた、出来るはず、なのです。 だから、わたくしは、神様の無限の愛の力を信じます。 たとえ、今、わたくしが抱えている、あまりに膨大な痛みや心の傷、幾度もの絶望、そうしたものがこれからも我が内にあるのだとしても、それでも、わたくしは、神の子として、神様と共に、これからはよりよい人生を生きてゆきたいのです。 いつも本当に心から安心し、純粋に心に湧き上がってくるものを肯定し、いつも自らに愛情を注ぎ、その延長上で、おひとも大切にし、また、おひとや、あらゆる対象に愛情を注いでゆけるように。 そして、これまでのわたくしと同じようにくるしむ方々をおひとりでもお救いさせていただくために、そして、これまでのわたくしと同じようにくるしむ、若い方々、幼いお子さん達をこれ以上増やさないために。 わたくしは、これからの人生、サイキックとして、スピリチュアリストとして、そして、「 AC として、幾度もの絶望を乗り越えてきたサバイバー」として、自らがなすべきことにしっかりと取り組んでまいりたく存じます。 どんな絶望も、神様と共にあれば、きっと乗り越えてゆけるはず。 だから、わたくしは、天の御光を信じて、これからも、どこまでも、どこまでも、この道をゆくのです。 貴女にいつも神様の暖かな愛がありますように。 愛と真心をこめて。 アーメン。   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

    • スピリチュアルなお仕事をなさっておられる方々とのお付き合いにつきまして (2014.10.13)

      ☆ 記事をお読みくださる皆様へ、おことわり と お願い ☆   こちらのテーマ 「直観コンサルティング」に関するエッセイ におきましては、わたくし、夢咲璃い(ゆめさき りい)がご提供いたしております 「直観コンサルティング」 に関する過去記事(かつて、わたくしのオフィシャルウェブサイト上にアップしたもの。ちなみに、現在もアップしてあります)を順に掲載してまいります。   なお、これらの記事は過去に執筆したものでございますゆえ、表現や内容等が当時の状況を反映しておりますこと、予めご了承くださいませ。   また、記事内で「サイキック・リーディング」と表現しております文言につきましては、全て、「直観コンサルティング」に置き換えて読んでいただけますなら、ありがたく存じます。   以上、どうぞよろしくお願いいたします。   ミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルタント  (サイキック=霊能者) 夢咲璃い(ゆめさき りい) 拝   ・・・ ・・・ ・・・     現在の所謂「スピリチュアルな世界」「スピリチュアルな文化」が、まだ、ごくごく一部の方達の間で、それも「精神世界」といったジャンルで呼ばれていた頃、1990年代半ばの頃から、わたくしは、ずっとこうした世界で生きてまいりました。 もともとは、仕事を始めたばかりの、まだ世の中に出立ての新人 OL として、働くこと、仕事をすることにおける悩みを解決するために、こうした世界に本格的に入っていくこととなったのですが、 でも、もともとは、もっと古く、1980年代の前半から、わたくしはこうした世界に足を踏み入れていたのですよね。 とすると、こうした世界で生きるようになって、まる30年以上になります。 今ほどこの世界が世の中で市民権を受けないうちから、わたくしは、ずっと、わたくしなりに、こうした世界の流れを見てまいりました。 それは、最初は、あくまでも読者、あるいは一(いち)ユーザー、といった立場だったけれど。 それが、今ではどっぷり、スピリチュアリスト、サイキックとしてこの世界につかっています。 ま、もっとも、所謂「現代日本のスピリチュアルな文化」のメインストリートからはもっぱら外れたところに居る異端児でございますが(苦笑)  それでも、わたくしは、わたくしにとっての真実を、ずっと、内なる神のお導きのもと、追求し続けてまいりました。 そうして、この世界で30年ばかり生きてきて、何よりも大切だなぁ、と思っているのは、所詮、スピリチュアルな世界、といっても、結局、それは人間同士のやりとり、基本的な人間同士としてのお付き合いに過ぎない、ということです。 どんなに――たくさん宣伝もされていて、世に名の通っておられるサロンさんや、先生であったとしても、基本、対人間同士としてのお付き合いとしての次元で、物事をよくご覧になってください。 そこで、少しでも違和感を感じられるなら、その対象は、あなたには合っていない、ということです。 これは、自戒をこめて、書くことです。 わたくしは、かなり「ぶっ飛んでおります」し、世の中のごくごく普通の方々からご覧になったなら、きっと、それはそれは「強烈な個性の持ち主」なのでございましょう。 これまでだって、「不思議ちゃん」などと揶揄されたこともございますし、もともとのメンタル面の弱さや、そこから来る不安定さなどから、挙動不審や、他の方からご覧になられたら、明らかに「???」と思われるような行動だって、たくさんとってまいりました。 今となっては、そうしたことの全てが本当に未熟に思えて、顔から火が出るくらい恥ずかしいのですが。 だから、決して、他の方々のことをエラそーにどうのこうの言える立場では決してありません。 でも、こと、こうしたスピリチュアルな世界に居る方たちって、心の清らかな、普通の一般社会に生きる方々とは明らかに違う……と思われるふしが未だになきにしもあらずなのではないか? とわたくしは思うので、今日はこうした記事を綴るものです。 これは、別に、スピリチュアルな世界の方々のみならず、例えば、世の中の「先生」と呼ばれるお立場の方や、なんらかの、おひとをケア or キュアする立場にいらっしゃる方々、カウンセラーさんなども、等しく同じです。 何か、おひとにご奉仕される、あるいは、おひとを癒される、治される、導かれるお立場の方々のことを、ついつい、わたくしたち一般人は、何か、とても特別な方なのではないか? と思ってしまいがちです。 そこには何らかの敬意や、社会的に尊敬されるお立場、というのも関係しているのでしょうね。 でも、そうしたものの見方をとっぱらって、たとえ、どんなに素晴らしいと言われる方々でも、そして、どんなにご立派な肩書き、ご経歴をお持ちの方でも、対ひとりの人間としてみたときに、そこに、どこか違和感や、あれ? って思われるようなところあれば、それらを流してしまうことなく、ちゃんと見て、受け止めていただきたいとわたくしは思うのです。 なんらかの権威や、そういったものの前に、なかったこと・ものにしてしまわないこと。 それが、結果的には、ご自分を守ることに繋がると思います。 言うまでもなく、わたくしのような立場、例えば、サイキックだって、たとえ、他の方々にはわからないことが見えたり、わかったり、聞こえたりするのだとしても、それは、あくまでもそのひとの特性のひとつであって、そのひと自身の人格や霊格とはまた別のもの、です。 基本となるのは、どこまでも、いたって普通の、対人間としてのお付き合い。 おひととして、その方のお言葉やお振る舞い、貴女に対して敬意を持って丁寧に接してくださるか否か、といった点が、重要なのではないでしょうか?  ひととして見たときに、そうした点において、何か「?」と感じたり、思ってしまうような方だったなら、それは、たとえ、どんなに素晴らしい、ご立派な肩書きやご経歴をお持ちであろうと、やはり、その方はそうした方、なのだとわたくしは思います。 例えば、それは、幼いひとなどが見たら、やはり、どうしても隠し通せないものです。 いずれ、ほころびが出てしまう。 「?」と感じた点をなかったものとして、自分の心に嘘をついて、そのまま進んでも、その先にはよい結果は待っていないような気がいたします。 ともすれば、特に、わたくしたち、スピリチュアルな世界において生きる者は、そうでない方に比べ、何か特別なものを持っていたり、人格者なのでは? などと、「崇められがち」です。 でも、わたくしたちのような存在も、結局はごくごく普通の、当たり前の人間のひとり、なのであり、それは、わたくしたちのような存在を頼ってくださるお客さまや読者の方々、聴衆の方々と、なんらかわりありません。 それどころか、むしろ、そうした存在にいるからこそ、なおいっそう身を慎み、皆様のお手本となるよう、励むべきなのですが、いかんせん、人間ですから、決して完璧にはなりえません。 皆、ひとしく、それぞれに、個人のレヴェルで発展途上であるのが、わたくしたち、スピリチュアルな仕事を生業にしている者なのです。 ですから、どうか、わたくしだけでなく、もし、貴女が、どなたか、こうした、わたくしのような、スピリチュアルな世界に生きる方々と関わりを持たれるときは、あくまでも、対人間として見たときにどうか? という点を大事になさってくださいね。 もちろん、対ひとのことですから、相性もありましょうし。 他の方にはぴったり!、とってもよいお仕事をなさったヒーラーさんが、貴女にも合うか? といったら、またそれは別の問題なのです。 あくまでも、わたくしたちが居るスピリチュアルな世界に触れるときは、人間としてのごくごく基本的な感性を疎かになさらないでください。 そうして関わりを持たれることが、貴女を守り、やがては、この世界をより健全に発展させてゆく大きな流れへと繋がってゆくと、わたくしは心から信じるものであります。   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

    • 明るい明日を願って…☆ (2014.10.13)

      ☆ 記事をお読みくださる皆様へ、おことわり と お願い ☆   こちらのテーマ 「直観コンサルティング」に関するエッセイ におきましては、わたくし、夢咲璃い(ゆめさき りい)がご提供いたしております 「直観コンサルティング」 に関する過去記事(かつて、わたくしのオフィシャルウェブサイト上にアップしたもの。ちなみに、現在もアップしてあります)を順に掲載してまいります。   なお、これらの記事は過去に執筆したものでございますゆえ、表現や内容等が当時の状況を反映しておりますこと、予めご了承くださいませ。   また、記事内で「サイキック・リーディング」と表現しております文言につきましては、全て、「直観コンサルティング」に置き換えて読んでいただけますなら、ありがたく存じます。   以上、どうぞよろしくお願いいたします。   ミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルタント  (サイキック=霊能者) 夢咲璃い(ゆめさき りい) 拝   ・・・ ・・・ ・・・     別のブログ「夢咲璃いの夢咲く日まで」(月2回更新)には、これまで ちらっと(?)(笑)書いてまいりましたが、この秋、わたくしは「人生を根底から大きく変えるため」の大きなチャレンジに挑んでいます。 最初は、このチャレンジ、(あくまでも)わたくしにとっては、無謀極まりないものでした。 ある程度「根拠」があるとは言え、家族も、ぎりぎり直前まで「ほんまにするん?(本当にするの?)」と半信半疑だったようで……。 でも、当の本人は至って本気も本気、まさに「人生をかけて」の大きなチャレンジ、なのでした。 今回、このチャレンジに取り組んでよかったな、と心から思うのは、わたくしの中で、このことに取り組むこと自体が大きな自信に繋がったということです。 また、日々の生活に新たな習慣を加えることともなったため、メリハリがつきましたし、自らの中に新たな核のようなものが備わりつつあって、以前に比べて、はっきり、くっきり、生きられるようになったかな? そんなふうに感じております。 ここ滋賀に「あくまでも一旦」かえってきたはずだったのに、早や、6年もの歳月が流れて、いつの間にか、その「大義名分」は有名無実化しそうになっておりました。 でも、わたくしの中では、6年前、ここに「あくまでも一旦」かえってきたことに全く変わりはなく、今も、いつここを出てゆこうかと虎視眈々と(?)(笑)チャンスを狙っておりますし、何よりも、今一度、かつての情熱を呼び起こさなければ! と痛感いたしております。 実は、既に、この秋の大きなチャレンジにつきましては、先日、無事に終わりまして、満足のいく結果を出すことが出来ました。 で、先週からは、わたくしにとって、また「新たな日々」が始まっております。 今度のゴールは、来年の春の始まりである、3月1日。 この日までにどこまでゆけるか、それがわたくし自身との新たな真剣勝負のリミットです。 そこで、先週の木曜日、改めて、これからのことについて考え、目標を明確にしました。 そして、それを一体どうやって実現していったらよいのだろう? と翌朝考えながら、通勤で使う駅の階段を降りておりましたら、横を歩いていた高校生さんが、「Enthusiasm」(情熱)という言葉について、お友達とお話しになっておりまして。 わたくしは、心の中で、思わず、「これだ!」と閃き。 目標は明確になったけれど、これから、一体全体、ほんと、どうしたらいいの? と戸惑うわたくしに、神様は、この高校生さんの言葉を通して、「情熱さえあれば、道はきっと開けますよ」ということを教えてくださったのだと理解したのでした。 大きなチャレンジを無事に終えて、ここ滋賀に再びかえってきて、JRの山科―大津間のトンネルを抜けて、電車が大津駅の上りのホームにたどり着こうとした際、 大津駅前の通称「30m道路」の向こうに広がる琵琶湖の上には、大きな七色の虹が、秋の夕暮れの少し冷たい乾いた風の中、きらきらと輝いておりました。 わたくしは、思わず、「!!」と身を乗り出して、その虹に見事に引き付けられ、 そして、これは、きっと、無事にチャレンジを成功させて帰ってきたわたくしを、「これから、ここ滋賀で、最後の仕上げの時期。頑張りましょうね☆」と神様が暖かく出迎えてくださったのだと思ったのでした。 ここに「一旦」かえってきて、6年も経ってしまい、これまでに何度もくじけそうになったけれど、でも、今までなんとかあきらめずに来て。 そして、無事、この秋のチャレンジを成功させて、 これから、ここでもう一度初心にかえって頑張ってゆこう、そう心から思います。 これまでの6年間、あまりにつらいことだらけで、涙、涙にくれていたわたくしを助けてくださった沢山の方々。 中でも、特に、セッションを通じて助けてくださった、複数のサイキックの先生方。 これまで、これらの先生方からいただいた「大丈夫!」のお言葉を、わたくし自身、なかなか実感することは出来なかったけれど、 でも、全ての先生が、「大丈夫!」とおっしゃってくださったのだから、きっと、大丈夫なのだと信じております。 今後、わたくしは、今までわたくしを助けてくださった先生方のように、これまで以上に、このお仕事に熱意をもって取り組んでゆきたく思います。 明るい明日を願って、そして、それをお客さまと暖かく共有してゆけるように。 そのためにも、わたくしは、わたくしの道を頑張ります。 それぞれ、自らの道をゆく者同士、お客さまも、わたくしも、それぞれの夢をちゃんと叶えてゆけますように。 あの日、琵琶湖上に輝いていた虹の美しさを心に大切にとめて、次の春までの日々、ここ滋賀での最後の仕上げ、頑張ってゆきたいと思います☆   ・・・ ・・・ ・・・   ・ 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト ・ 「ミッションを生きる女性の為の成功哲学」 Twitter Account @femaleleadrs  ( Twilog ) ・ 天から与えられたミッションを生きる女性リーダーのための直観コンサルティング(=霊的な力を用いてのご相談承り=サイキック・リーディング)の詳細につきましては、こちらをご覧くださいませ。 ・ ☆天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座☆ ・ “ 「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン " ・ 夢咲璃いのヴォイスメッセージ ・ 電子書籍『光の道をゆく』 ・ 皆さまからいただいたお声 ★お問い合わせは、こちらに記載のメールアドレスから、いつでもお気軽にどうぞ!

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。