mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
$mellow diary-もののけ

近畿最高峰「八経ヶ岳」に登ってきた

車で登山口までアクセスして日帰りで下山するルート
近畿最高峰を日帰りで登る事が出来ることからも
難易度としては中級のコースとして紹介されていて
オオヤマレンゲの花の咲く7月中旬には多くの登山者で賑わうほど
人気のある山だ

標高は1914m
辺りは大峰山脈として1800m前後の山々が連なっており
登山口までの道のりも山の奥深くまで入っていく
細くうねった道だった

大峰奥駈道として大峰山脈の縦走路は世界遺産に登録され
古来より修験道の修行としてこの山々は山岳信仰の対象だった
登山上級者は今もこの奥駈道を縦走する
弥山山頂の山小屋は世界遺産登録がきっかけでか立派な建物だった


今回の登山は予想以上に辛いものだった
朝8時半ごろに登山口を出発
登山初心者であった同行者に合わせてゆっくり目のペースで
休憩を挟みつつ登っていたら
弥山に着いたのは午後1時前だった

それから先に昼食をとり
八経ヶ岳までの往復が約一時間
弥山から下山を開始したのが午後2時半で
そこから2時間で登山口まで下りてきた

登りはもうこれ以上登りたくないと思うほど急な登りで
下りはヒザが壊れるんじゃないかと思うほど急だった


身体は悲鳴を上げる登山ではあったけれど
目に飛び込んでくる景色は疲労を忘れさせる美しいものだった

ほとんどの山々は植林によりその表情を失ってしまったが
この登山のルートは美しい雑木林が延々と広がり
苔むした地面は青々とし
時折開けた場所からはどこを見渡してもどこまでも山々が続いた

ただ美しいと言うよりは
巨木が風により倒れた様子や
切り立った岩場
少しルートを外れれば自分の居場所がわからなくなるだろうという山深さ
そういう安易に人の立ち入れない場所であるという厳しさみたいなのが
その景色を胸の奥にまでしみ込ませた要因だと思う

山は静かであり厳しい場所
それが信仰の所以だというのが理解出来た気がする


それにしても下りのヒザへの負担を考えると
トレッキングポールの必要性を感じた
あんな流行りものに手を出すかと思っていたのだけれど…




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
五月のイベントも終わり少し落ち着いた
そしてイベントも終わらないうちから計画していた登山の方に
気持ちは向いている

趣味を登山に完全移行するつもりの僕は
キーンのコルティナというにわか登山靴とオサラバするべく
新しい登山靴を手に入れるつもりだった

コルティナで富士山も登ったし冬の雪山も登れたのだけど
やっぱりどこかストレスの感じる靴だったし
撥水性はあるものの通気性に乏しく
靴の中が蒸れて良くなかった

低価格でもいいから新しい高性能な物をといろいろ物色し
ほぼデザイン性で適当に目星をつけていたが
何より履いてみないとわからないという事で
某登山用品専門店にて靴を試着させてもらった

それはそれは丁寧に説明をしてくださり
いろんなタイプを順番に履いてみましょうと
ソールの柔らかめの物から固めの物まで
ひとつひとつ中敷をとって足に合わせそれから履いて紐を締めるの作業を
中敷を合わせて合わなかったものを含めて7足ほど試させてもらった

登山靴の特徴や歩き方なども教えてもらい
いわゆるソールの柔らかいライトトレッキングとかアプローチシューズとか
言われる物よりも
ソールの固い登山靴に完全に気持ちは奪われ

結局自分の足に合う形の物があったがサイズが少し小さかったので
「取り寄せて試してダメでもウチは買えと言いませんから」
と言ってくださったので取り寄せしてもらい
今日それを履いてきた

やはり良かった
ドイツ製だが日本人用の木型から作っている
僕の足は先の細くなっているタイプの靴はどうも合わなかったが
これはとてもフィットした

当初の予定より全然値段が高いのだが
自分の足に合う事は最優先で
靴が合わないと疲れも増す上に
靴にストレスを感じたら歩けなくなって登山を楽しめない
そんな事を考えて(言い聞かせて)買った
LOWA
登山靴のベンツだそうです(笑)

6月に近畿最高峰「八経ヶ岳」に挑む



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
さぁそろそろ先週日曜日の反省をしよう。

主催をした地元でのイベントは
素晴らしい天候にも恵まれ
大盛況に終わったんじゃないだろうか

開始時間の朝10時から
常にひっきりなしにお客さんが耐えない状況で
イベントはとても賑わっていた

始まってしまえば
あとはそれぞれ出店してくださったお店は素晴らしいお店ばかりなので
何も心配する事はなかったのだが

前日や前々日やイベント当日の朝なんかは
お腹が気持ち悪くなるようなプレッシャーがあった

別に心配事があったわけでもなかった
何か起こってしまったらそれはその時考えればいいと
背負い込まないいい加減さも持ち合わせているつもりだったのに
さすがに今回はしんどかった


僕自身お店を出店するので
本当ならそれだけに集中できたらいいのにと思ったりもしながら
当日中もやっぱりイベント自体の事を考えずにはいられなかった

べつに自分の店や作品をおろそかにした事はないが
今回は商品を購入してくれたのが友達ばっかりで
たしかにいつも知り合いが買ってくれるという事が多いのだが
それが悪い事でもないのだけれど
もっと初めましての人に購入してもらえる事を
考えてもいいのかも知れないなと思う


僕がこの地元でのイベントを企画した事には
まず自分がお店を出せるイベントが近くであってほしい事
それが大きかった
地元の活性化とかは単にその延長線にあっただけで
でもそのおかげで多くの大人を味方に付けれた

僕はやはり地元に関わって仕事していくのが楽しいし
なんか2回目を終わってから思うのは
これは仕事ではないけれど
運営に関していっさいお金儲け出来ないけれど
この大変さは僕を満たしているようにも思うし
このイベントに賛同してくれる方や周りの大人達が評価してくれる事に
自分の価値を見いだせているように思う

これぐらいのことをしないと
アイツはよくやっている
と思ってもらえない
という誰かへの負けん気
そんなしょうもない事を考えながら
それがひとつの活力になっているのかなと思う



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。