mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
プロ野球の事

僕は少年野球から10年野球を続けたこともあって
プロ野球を見るのは好きだ
でもどこかの球団を特別好きなわけではなく

お気に入りの選手はいろんな球団にたくさん居るし
好ゲームはどこ対どこでも面白いのだ



今年の日本シリーズはとても見応えがあって面白かったと思う
まさに一進一退の好ゲーム
選手の緊張感が伝わり
見るからに普段の動きじゃないなぁとか思いながら見てた

僕は今年はヤクルトに優勝してほしかったから
ドラゴンズよりホークスをひいきに見ていたので
ホークスの日本一は嬉しかった

プロ野球はまだまだ見応えも十分であるし
スポーツとしてサッカーにも引け劣らない魅力があるのだ
それなのに
そんな中でやれGMがどうとか
球団の買収がどうだの
ドラフトがどうとか
そんなゲームと関係のないところで
イメージを悪くする事が起こりすぎていてがっかりさせられる

古い体制がいつまでも残って
いつまでも企業名は消えないし
採算度外視の時代のせいで球団買収とか起こるし

もっと純粋にプロ野球を魅力的にしていかないから
いまだにメジャーに行きたい選手が後を絶たないし
(僕はメジャーに移籍することに反対です)
中島(L)も岩隈(E)も好きな選手やのに
残念だ

それから
もし再来年のシーズンはもう原監督やめてたらどうするんやろね
それこそ権力者の一声で
ま 知らんけどー
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
mellow diary-__.JPG


アトリエは古い木造二階建ての二階部分なので
ノミを打つ衝撃だけでも建物全体が揺れる
体でその微振動をずっと受けていると
少し酔ったような気分になる
それはちょっと予想しなかった難点

夏から少しずつ作品を作りためているが
最近は出来上がる物が変わってきたように思う
よりシンプルな形の方が良いような気がしている

もっと遊んだ形にすれば
という声もあるのだが
形で遊びだすと
肝心な細かい表情に気が回らなくなる
シンプルな形でもその形をしっかりと彫りだすと
キレイな形になる
それは作る自分にも手応えがある

今までだと
ある程度形になったら
あとはペーパーかけてオイル塗ったらそれらしくなるでしょ
とごまかしてる時があって
そのときはそれでオッケーと思っていたのだけれど
最近しっかりと形をとるようにしていると
どう考えてもこの方が良い物が出来てるという実感がある

以前の物と比べてみても違いが歴然としている
たぶんこれは自分の中での事なので
他の方には見分けがつかない事かもしれないが

一応ここまでやってきた経験から見つかった
最近の発見であり成果なのかなと思う
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前から新生姜が直売所に出ている
店ではこの時期に1年分のジンジャーエールのシロップを仕込む
おかげで午後からは生姜の香りが充満している

ジンジャーエールの事は過去にも書いたが 
手作りジンジャーエールは瓶や缶の市販の物とはまるで違う
生姜の香りが口いっぱいに広がり
鷹の爪を効かせた辛みが後に残る
特に新生姜で仕込むジンジャーシロップは柔らかい口当たりで
ヒネ生姜のドライな感じのそれとはまた違う


今年の春に石垣島に行ったとき
お土産を探していたら目にとまったのが
「石垣島ジンジャーエール」だった
島の生姜をベースに島産のスパイスや果汁などをブレンドして
フレーバーの違う10種類のラインナップで一本400円から500円
なかなかの値段だったけれど
お土産でしか買わないものと考えるとちょうどいい
どのフレーバーもぐいぐい飲めないほどパンチの強いものだったが
ご当地ジンジャーエールも悪くなかった


今日はひとつアレンジを加えた新しい試作のジンジャーエールを飲んだ
アクセントに生姜の千切りを甘く煮た物が入り
爽やかな甘みと香りにピリッと辛みが残りその後
喉から胃にかけて熱くなる
冷たい飲み物でありながら体を温めてくれる
今からの季節でも良いかもしれない

でも少しほっとして
飲み干したジンジャーエール♪




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
mellow diary-__.JPG


mellow diary-__.JPG


足りていなかった床板を貼って
アトリエはいよいよ作業できる場所にととのえはじめた

外観といい内装といい
なかなかの雰囲気の場所である
父親が小学生のときには建っていたというので築50年以上らしい

すぐ裏が山なので裏側の窓の外にはすぐに斜面に生える植物がある
ロケーションとしては良い場所だと思う

なんちゃって作家だが
それでも自分の作業場を持つととても心が躍る
仕事ではないからまた違うかもしれないが
独立して自分の事務所を持つというのは
さぞワクワクするのだろうなと思う

良い場所を構えた事だし
良い物が作れるかというと
まぁそれはまた別のおはなし

今は前の住人のヤモリさんと仲良くやっていくしかないようだ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は
かねてから計画していたアトリエ作りを
いよいよ決行した

ありがたいことに友人に手伝いをお願いできたので
今日一日でほとんど終わらせたいなという気持ちで
午前中から作業に取りかかった

アトリエに改装することにした場所は実家の離れで
一階は納屋で昔は農機具などをしまっていた場所
僕がまだ小さい頃はそこにバインダー(コンバインの自走しないタイプ)や
トラクターがしまわれていた納屋で
なぜか未だに骨董品と化した脱穀機(かなりアナログの大昔のもの)が
あったりするのだが

二階は畳を敷いた部屋になっていて
僕が幼い頃そこで両親と兄貴とで寝ていた場所を
畳をはがし床材を貼ってアトリエにしようと計画していた

もう長い事立ち入りもしなかったその部屋は
虫の死骸とヤモリの糞でひどい状態だったが
十分な広さでアトリエにはいい場所だと以前から思っていた


まず一番場所をとって邪魔になっていたダブルベッドの解体からとりかかった
そのむかし僕の両親が寝ていたダブルベッドはもう20年は放ったらかしだった
ベッドを捨てるにしても
その布部分とスプリングの金属部を分けないと
クリーンセンターに持ち込みしても引き取ってもらえない
いざ解体を始めるとがっちりと留められた金属と布の結合部
出だしから大変な作業となった

それからいざ畳をはがしにかかった
畳というのはこうも頑丈なものなのかと驚くほど
5センチはあろうかという厚みとずっしりとした重み
はがして二階の窓から外へ出すのは
これまた重労働だった

畳は燃えるゴミだが
8分割に切り分けないと引き取ってもらえない
しかしこの厚みのある畳を切るにも一苦労だ

クリーンセンターに電話でお願いしてみると
そのままでもいいですよと(ほんとうはダメです)

畳を運ぶにはトラックが必要
床に貼る板(コンパネ)も未購入
昼食を挟んでホームセンターにコンパネを調達に
そこで持ち帰るために一時的にトラックを借りる
家で材を降ろしたら今度は畳などの廃材を積んでそのままクリーンセンターへ
廃材を降ろしてホームセンターに帰還
これが計画だった

借りたトラックは1時間半までに返却しなければならない
ざっと時間を見積もってピッタリに帰れる計算
積んだ廃材はすべて受け付けてもらえないと積んだまま帰れない

ホームセンターの車で荷台に山積みの廃材を目にするなり
苦笑いされてちょっと嫌みをいわれつつもクリーンセンターをクリア
帰還して返却を済ませたのは期限10分前だった

見事計画通りだった

その後は作業場に戻り
床材を二階にあげて貼付け作業開始
最後に大仕事の作業台を二階にあげる作業が危なかったが
よくもまあ2人でやってしまえたなと思うほどの成果をあげたと思う

計算外でコンパネが足らなかったけど(笑)

何よりも本当に手伝ってくれた友人に感謝!感謝!感謝!!

心残りなのが作業に必死でひとつも写真を撮れなかったこと…
ビフォーアフターで記録しておきたかったが

もう少しさまになってきたら写真アップしたい

これで僕のなんちゃって作家活動ももう少し身が入るというもの(?)
しかしからだボロボロや

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。