mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
「おかげでした」の汚ナシュランはいつもウマそうで
そういうのを期待して入った中華料理店が
いつぶりかワカランぐらいに
マズかってへこんだ


実は先日
とあるドラマの撮影がうちの店であった

そのドラマはN○Kの地方版での限られた放送だが
主役はちゃんと女優さんが演じていて
昼間から夜までたっぷりと
エキストラなんかもいっぱい居る中撮影は行われた

N○Kなのでうちの店の名前は出せないのだが
なかなか貴重な時間を体験する事が出来た

それにしても
「演技」を撮るということは大変な事だ
以前にも店はテレビ番組の撮影が行われた事があったが
それは普段の様子を記録する撮影であった(まぁ多少の脚色はあったが)

シナリオがあってその通りに演技して
ライティング
カメラワーク
音声
そのひとつひとつを確認して
監督がオッケーを出す
わずか数秒のカットのたびにそのすべてをセットしなおし
テストして
本番を撮る

パッチワークのようにとびとびの場面を撮り
役者はそれが1本の筋で繋がるように演技をする

ひとつのドラマを作るのには
とんでもない時間と労力がかかっているんだなぁと思い知った

少しでも裏側を知った作品となると
出来上がりが気になるのは当然で
オンエアーは3月らしいので忘れんように見ようと思う

ちなみに僕は全く映りもしていない
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
借り手をなくして
すっかり続きを読まずに気持ちが離れていた漫画
のだめカンタービレを
意外と近くに全巻持っている人が居て借りる事が出来た

完結したと聞いたので
次の単行本を待ちぼうけしなくて済むと思った反面
終わってしまったのかという寂しさも持ちつつ
読んでなかった18巻以降を読破した

んん
充分に楽しむ事が出来たからまぁいい
そらぁ最後に「山王戦」ほどの盛り上がりで終わる訳ではないけど
充分面白かったから文句はない


最近とてもお気に入りの料理がある
葉っぱ系の野菜が旬なこの季節にはぴったりの
白菜と豚の蒸し煮(とでも言っておこう)

フライパンに先ず白菜の白い方を敷きつめる
大きく切っても出来上がりはクタクタになるので大丈夫

白菜の上に豚バラ肉を敷きつめる
豚バラはスーパーで売ってる薄切りでこれも適当に切ればいい
豚の上に塩コショウ
しっかり目にふっていいと思う

その上に今度は白菜の青い方を敷きつめて行く
その上からお酒を半カップぐらいかける
オリーブオイルもひとまわりぐらい

白菜がかさばってフライパンから盛り上がるぐらいでも大丈夫
香り付けにローリエとか入れても良いかも
あと顆粒の鶏ガラスープとかもちょっと入れても美味しい

そのままふたをして火をつける(ふたが閉まらないぐらいでいい)
中火で15分ぐらい火にかけたら
火が通ってかさが3分の1ぐらいになる
それで出来上がり

葉っぱものなら他にも入れたって良いと思うし
白菜から水分が出てかさが減るので大量に使える料理
白菜と豚の甘みが良く出てとても美味しいし
簡単なのでお試しください

これ多分大学のとき教授から教えてもらったんやな
塩コショウはクレイジーソルトとかならなお良いかも
でもあれ高いねん
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
店で出すランチには
お品書きには書かれないが毎度漬け物を添えている

以前は漬け物もお知り合いの方から
自家製漬け物を譲っていただいていたが
漬け物をわざわざ買うというのもコスト的にバカにならず
いつからか店で簡単な漬け物を作って出すようになった

簡単なものなのでせいぜい浅漬けぐらいしか出来ず
せっかく漬けるのならと
ぬか漬けに挑戦したいなと以前から思っていた

ぬか漬けと言っても奥が深い
今では「ぬか漬けの素」という
水を混ぜればすぐにぬか床が出来ると言う優れものもあるが
昔は各家庭でそこの家庭に受け継がれるぬか床があり
各家庭なりの味があったというもの

そこで1からはじめてみた
まず精米ついでに米ぬかを入手
そこに水と塩を加える
ぬか漬けは発酵食品であり
ぬか床がいい感じの発酵具合になるには
最初に捨て漬けといって野菜の要らない部分などを漬けて
発酵を促し
実際良い感じのぬか床になるまでは何日もかかる
なかなか面倒なものだ

あらかじめ使い込んだぬか床があれば
それを少しでも混ぜる事で発酵は進むので良いらしい
カスピ海ヨーグルトみたいなものだ

だが田舎でもそんな周りにぬか漬けを漬けている家庭は無く
その代わりに
以前に店長らが醤油屋さんでいただいてきた
醤油の搾りかすがあり
それには菌もまだ残っているだろうし塩気も強いので
塩を減らしてその醤油搾りかすも混ぜて
当店オリジナルぬか床を今日仕込んだところなのだ

一応捨て漬け野菜も漬け込みひとまず3日
1度目の漬け物が出来上がるにはまだまだ10日ほど先の話

そんな気になるぬか床にソワソワしているのである
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
友人がくるりを聴いて自分が優しくなったと綴っていた
アルバム魂の行方をだ

そうか
くるりの歌が優しくさせるなんて
そういえば変わったのかも知れない

さよならストレンジャーなんて
物悲しい思いにさせたのに
そんな感じがまた心にしみたのに
くるりとは歳もひとつぐらいしか変わらないし
彼らも30を過ぎてきっと考え方も変わったのだろう

そりゃそうだ
自分だって30を過ぎて考え方が変わった
20代なんて
とくに若けりゃ若いほど反骨心みたいなのを信じてたし
自分の未来がいつ終わるのかもわからんし
年寄りになんてなりたくないぜ~!
なんて本気で思ったりもあった

今は年寄りまで生きたいと思う
いつ終わるかもわからんという恐さはあるけど
恐さがあるからこそ
長く生きたいと思う
だから物事を長い目で見るようになったと思う

歌が優しくなったのか
もしくは自分たちが歌を優しくとらえられるように
なったということかもしれない

不思議なのは
28歳の時に34歳の人とは離れてる気がしたのが
30を超えると36・7歳ぐらいとは
案外近い存在に思えてしまうのだ
実際そこまでは驚くほど近いのかも知れない

遠回りしたいな
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は寒かった

昼から降り出した雪がそのまま積もるという事は
滅多に無い
強く降ったかと思うと
ぴたっと止んでしまう
いったん白くなる景色も
すぐに元通りになる

雪が降る事が当たり前の土地ではない
だからその為の対策は行き届いていないので
少しの積雪でも
生活に支障が出て
交通が麻痺してしまう

それでも少し白く積もり始めると
積もれ積もれと期待する自分が居る

今日その寒い中ひとたび外へ出ると
身を刺す寒気とともに雪の匂いがした

子供の頃
父親が家族をスキーに連れて行ってくれた事を思い出す
夜のうちから車に乗り
眠い目をこすりながらも外の景色を見ていた
次第に雪に覆われて行く景色の移り変わりを見るのは
とても心が躍った
そしてまだ夜が明けたばかりにスキー場について
一歩車から出た時の匂い
その雪の匂い

匂いは記憶を呼び起こす鍵だ

もうスキーには行かなくなったし
雪山にすら殆ど行っていない

軽い雪山登山なんかも面白そうだ
そんな感じで最近
身体が雪を欲しているようだ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
mellow diary-100110_1929~01.jpg



日曜日に焼き肉をごちそうになった
わりと上質な肉を出す焼き肉屋さんに行って
ごちそうになってしまった
ありがたや

店は不景気もどこ吹く風で
新年会と思われる人達
家族連れやカップルなどでいっぱいだった
焼き肉は何処へ行っても人気である


ウチの家は
オヤジの思想なのか
田舎特有の考えなのか
日本人気質というものなのか
とにかく
贅沢は毒
という考え方が浸透していて
ええ肉は食べ過ぎたら身体に悪い
とすら思い込んでいるところがある

そら贅沢のし過ぎは良い事ないかも知れないし
偏った食生活も良くないが
何も肉を毒かのように考えるオヤジには
イラッとさせられる

某病院の院長先生だって
肉の脂は身体に良いと言っていた
なんでも偏ってしまうとあかんのは当たり前の事で
野菜だけの食事をしていたら
人間は貧血がちになり顔色も悪くなるのだ
これほんま


たまの焼き肉は十分過ぎるほどに腹を満たしてくれた
これがまた壷付けカルビがウマいんやな~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
男女が出会う事に理由など無い
別れる時には必ず理由がある

当人がこのブログを見る事はないと思うので
ちょっと書かせてもらおう


ある女性が彼と別れる事になった
その女性は彼と2人でパン屋さんを開店させる夢を持っていて
それに向かって着々と準備を進めていた

共に生活をし
共に仕事をする

人生のほぼ全てと言っていいほどの時間を共に過ごし
自分たちの生活の糧である店をやり繰りすることは
思い描く理想とは少しかけ離れた苦悩があるかも知れない

実際
僕が働いているお店は
夫婦2人が共に働き時間を共にしている
僕の目の前で衝突する事もあるし
事実店を開店させてからけんかをする事が増えたと言う
それでもやって行けるのは
旦那さんの方が辛抱強いのか
ひとまわりも年が離れているからか
他のスタッフが良い緩和剤になっているかだ


妻と夫という関係と
仕事上の相棒という関係が
必ずしも一致する訳ではない

お互い気を許す関係だからこそ
言葉の一線を越えてしまう事もあるだろうし
要らぬ意地を張って反発する事もあると思う

そしてそんな不安がよぎってしまった彼女は
それを抱えたまま
もう後に戻れなくなる結婚というものに
そのままズルズルと進んでしまう事に恐れを感じて
彼に思いを打ち明けて
2人はそこですれ違ってしまった

ただ結婚を目の前にしていただけなら
そこまでの不安は無かったかも知れないし
その不安を彼が取り除く事だって出来たかも知れない

ただ仕事のパートナーになるのだったら
仕事への強い思いだけでなんとかなったかも知れない

彼も当然
結婚を決意して共に夢に向かう決意があったのだが
それよりも純粋に恋人を失う事を恐れたのだろうか

彼女にはもう先が見えない以上そこに居る意味が無いと決断した

彼女の決断は決して間違ってなかったと思うし
別れの原因はとても良く理解出来た
彼女もやはり恐かったのだと思う

夢を追うがために彼女は別れを決断したのであり
彼は夢よりも
彼女を失いたくないという気持ちで
余計に彼女を遠ざけてしまった


些細なすれ違いや温度差で
もう元通りにならない事態を招く事が
男女の間ではある
それは2人の間で決められた決断だからこそ
誰にも意見する筋合いなど無いし
当人等の問題なのだ

でも彼は辛いやろうな
めちゃめちゃ辛いで…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
mellow diary-TS3K0038.jpg


あけましておめでとうございます


今年の年賀状は消しゴムはんこ
富士登山での朝日をバックに撮ってもらった写真を下絵に
サクサクと彫り上げた
デザインカッターと彫刻刀
木よりも細かい線を引く事が出来て
繊維の向きを気にせずに彫れる柔らかい消しゴムは
なかなか楽しかった
しかし肩はこった


年末年始といろいろと動き回った
大晦日はなんちゃってシェフに成りきり
アジアン料理というご注文をもとに
ヤムウンセン風サラダ
タイ風オムレツ
エビチリマヨ
タンドリーチキン
グリーンカレー
と腕によりをかけて振る舞った
一般家庭のキッチンでここまでやるのはなかなか大変で
ちょっと仕事並みにきついところもあった(笑)
我ながらどれも良く出来ていて驚いた

1日はひたすら寝正月
2日は初売りバーゲンに揉まれに行き…
そのあと地元の大きな神社に初詣へ

そして今日はスケボー初滑りだった
神戸のGスケートパークはスケートボード・インラインスケート・BMXそれぞれ入り交じり
ものすごい人の数だった
5時頃に到着した僕等は
先ず寒さの中身体を温めるのにひと苦労だった
時間が経つにつれ人は減ったが
寒さは増すばかり
疲れはたまるばかりで
今日の成果があまり見られないスケートになった気がする
まぁいつも帰りに言うことは
「今日も怪我無く帰れて良かった」
シゴトをもつ社会マンには怪我で支障をきたす事は出来ないのだ


そんなわけで
今年もどうぞよろしく
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。