mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
mellow diary-TS3K0037.jpg


昨日今日と
年末に鳥羽へ旅行に出掛けた

伊勢にも寄ってきた
おかげ横町はまだ年明け前にもかかわらず
多くの人で賑わっていた
神宮には特に用もないので
おかげ横町をうろうろするだけで去った

宿の夜ご飯は
これでもかっちゅうぐらいに海産物づくしで
海に面していない県出身者には
それこそが一番のお目当てでご馳走だった

刺身に煮物
焼き物に海鮮茶漬けと
惜しげも無く魚介を食べた
大満足

車で出掛ける近場の旅行では
昼のランチか喫茶で
普段は遠くて行けないような
地方で感じのいいカフェに出来るだけ寄ろうと思う
田舎にあって一軒家のカフェが良い
テナントで内装を凝るよりも
一軒家でその佇まいや外観を見るのも楽しみになる
今回は行きに三重県名張市の「つぐみカフェ」に
帰りは伊勢のカフェ「モナリザ」に行ってきた

つぐみカフェは田舎の一軒屋カフェで
流行の古民家カフェではなく
倉庫のような建物を手作り感が残るままお店にしている
もと書店店員のご主人の好みにレイアウトされた店内は
とてもいい感じで
ランチもリーズナブルで良かった
僕はオーガニックとかマクロビオティックとかを売りにする
値段設定の高い気取った店があまり好きではない
そういうのとは違ったので好印象だった

モナリザは伊勢の駅周辺の昔ながらの通りに面した
蔵を改装したカフェ
店内は狭いがスタッフの親切な対応がとても良かった
メニューもタイカレーやチキンライス(シンガポール風)など
オリエンタルな感じ
セットにすると付いてくる揚げたてのドーナツがまた美味しかった

あまり男ではこういう店に興味が湧かないかも知れないが
僕にはいろいろと刺激にもなるし
楽しみのひとつでもある
おそらく日本中何処へ行っても必ずあるだろうこんなお店
それをリサーチして
道に迷いつつも探し当てて行く
辿り着いたお店がそこまでしても満足のいくお店だと
より嬉しい気持ちになるというものだ

運転時間は長かったけれど
充実した旅行になった


ではこんどこそ
みなさん良いお年を
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日が仕事納めだった

大掃除ばかりの1日だった
頑固な油汚れをこそぎ落とし続け
もう腕上がらんわ

それでもこの休みに入った開放感


24 25と
イブとクリスマスを年賀状作りに費やした今年
年賀状を出す年越しは
出さないよりも少し楽しみが増える

師走といえば忘年会だが
まだ一度も忘年会をしていない
誘われてもない
唯一明日に忘年会がある
友達付き合いをおろそかにしてしまったツケだろうか…
去年年賀状を書かなかったからだろうか

最近twitterなるものが流行らしいが
たしかにブログに綴るほどでもないボヤキを
ぽろっと書き込むのは良いかも知れない
もし始めるなら下ネタ解禁にしよう
そんでもっとガラの悪い感じになるやろうなぁ


新しい事が始まったり
いろんな経験をしたり
今年も良い年だった

一番印象的だったのは富士山やな

もしかこれが今年最後の記事なら

良いお年を
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
mellow diary-091223_0102~01.jpg


寒い冬にこそ
機能的なアウトドアウェアは活躍するというもの
機能を追求する事が
結果デザイン性を高めるという相乗効果から生まれたアイテムを見ると
心が躍る

everwarmはニュージーランドで生まれた速乾性の優れたインナー
どこぞのヒートテックとよう似たものには違いないが
こういうカラフルな色使いはevarwarmらしさでもある
もちろん保温性は申し分無く
軽い運動での発汗もすぐに乾いてくれる優れもの
冬には欠かせない
ただ脱ぐ時の静電気はハンパではない


今日(22日)は冬至
1年で最も昼が短い日
帰ってお風呂に入ったら湯船に柚が
こういう慣習は受け継いでいかんとね

ちなみに中国北部では冬至に餃子を食べるそう
今日偶然「王将」で餃子を食べた

今年もあと少し
頭の中はもう休み気分ですわ…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
mellow diary-091218_0849~01.jpg


僕の愛車が普段よりも増して
捨てられてる車っぽさを出していた今朝の事


家の周りは雪化粧だった

僕の家はわりと山手にある
なので雪が積もりやすいし解けにくい
今朝も少し平地の方まで下ると雪はそれほどでもなくなった
だから雪が積もっている車もそう走ってはいない
なんかほんの1キロ離れたところから走ってきただけなのに
やけに田舎から出てきはったんやなぁという感じがしてるような気がして
恥ずかしい思いだった

べつに田舎者をコンプレックスに思うつもりはないが
見るからに田舎者にはなりたくないという意地もある
田舎を愛してはいるが
どこかでやはり少しコンプレックスなのかも知れない

でも人が持つコンプレックスもしかり
実はコンプレックスとはそれがその人らしさであり
愛おしい部分なのではないか

寒さはまだ始まったばかり
明日も雪が降るらしい
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は休みだった
世の中の習いにしたがって
僕も何かしら贈り物を探しに出掛けた

あるカフェギャラリーで後輩がグループ展をしていて
そのカフェは僕が勤めるカフェと定休日が重なるんで
唯一重ならない第三水曜の今日に
色々と雑貨屋を回りつつもちょうど尋ねる事が出来るなと
そういうついでもあって奈良市に出向いてきた

雑貨屋巡りとはなんとも20代30代女性の趣味の匂いがする…

奈良市をまわると言っても
車で出向いても電車で行っても
結構な距離を歩いてまわらないといけない
そこで家から折りたたみの自転車を車に積んで
現地でチャリにまたがりスイスイと走り回ろうと決めた

今週はいよいよ冬らしい寒波がやって来て
気温も低かったけれど
しっかり防寒をしてチャリをこぐのはなかなか爽快だった

カフェギャラリーに立ち寄ると
客は僕ひとりで
一応じっくりと作品を見ておいた
そのカフェはずっと前に訪れた事があって久しぶりだったが
後輩の同級生がそのカフェを営んでいて
たびたび雑誌などにも掲載されるし
気になる場所ではあった

僕ひとりだったので話をしてみると
どうやら僕の友人がそのカフェに何度か行っているようで
その際に友人が自分のブログを教えたところ
そのブログにリンクしていた僕のブログにも辿り着いていたようで
実はブログ見てます
という言葉に思わずあたふたしてしまったのだった
いや そんなはずはない… とまで言ってたし

しかもそのカフェのスタッフさんは
ウチの店の今働いているスタッフの彼氏のいとこで
なんとも複雑に絡み合った縁があった

同業者で気になる店は沢山あるが
なかなかそこのスタッフと仲良くさせてもらうという事は無いので
貴重な縁のひとつである

その後気分よく自転車をこぎ
数件の雑貨店などをうろうろした
うろうろしたが
なんか気に入るモノに出会す事が出来ぬまま
けっこうな距離を移動し続けて疲れてしまった…

結局また車に乗り
地元の方へ帰り
大きなショッピングセンターに立ち寄り
そこで案外良いものと出会える事が出来て買い物は済んでしまった


ちょっと値が張るので今回は買わなかったが
気になっている置き時計がある
TWEMCOというメーカーの置き時計
これはさすがに大阪へ出ないとないやろなぁと思ってたら
これまた例のショッピングセンターにあった…

別に遠くにあるから価値があるっていうもんじゃない はず
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近は通勤時間が5分~10分と超短距離なので
その間に音楽やラジオを聴き入る事は殆どない
以前に大学まで40分車で通っていた頃は
音楽にも飽きてラジオを聴く事もよくあった

そんな朝のラジオで気に入っていたDJがいた
その方はとてもトーンの低いシブい声のおじさんで
英語力が長けていてワンポイント英会話のコーナーなんかもあった
落ち着いた話し振りと知的な内容は
朝のぼやっとした頭を切り替えるのに良かった

その方がとある雑誌でコラムを書かれている
その内容がまたいつも面白く毎月号読ませてもらっている

今回の内容は人の中の男度と女度の話

最近はひとりの人間の中にも男な部分と女な部分が共存している
たとえば男度70%女度30%の男性がいたとする
そんな男性は女度70%男度30%の女性と相性が良く
それぞれが100%ずつでバランスよく付き合う事が出来る

それがやがて女性が妊娠をして子供を産む事で母性が現れ
女度90%にまで高まったとき
2人の男度女度のバランスが崩れて
もめ事を起こすきっかけになる
という話

草食系とかいうくだらん言い回しがあるが
たしかに女子度が少し入っている男はいると思う
自分にもそんな部分があるように思うし
あんまりブリブリした女の子らしい女性は苦手だという事もある

まぁ何を持って男度とするのか女度とするのかは難しいところだけど
性別がはっきりと区別しにくくなってしまっている世のなかでは
自分にぴったりと来る異性を見つける事は難しいのかも知れない


それはそうとそのお気に入りのラジオDJは
コラムの端に顔写真も付けている
初めてその顔を見た時
ダンディーな声から想像していたイメージが
ガラガラと崩れ去ったのはラジオDJでよくある裏切りである
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前のニュースだけど
学研が出していた雑誌「○年の科学・学習」が休刊になった
僕は4年の科学から6年まで毎月の付録をそれはそれは楽しみにしていた
巻末にいつも来月の付録を予告していて
それが科学にも学習の付録を予告するもんだから
僕は学習の付録に時おり後ろ髪を引かれつつ
科学一筋で通した
まあでも総じて科学の付録の方が僕好みだった

そんな思い出の雑誌が休刊するのは残念だ



とある写真の審査結果で
友人が大変高評価をもらった
喜ばしい事だと思う
審査員のコメントを伺いながらじっくりと考えてみた

友人の写真は男らしい

女子でも普通にデジタル一眼レフカメラを持ち歩く時代である
世にはお洒落な「いい感じ」の写真であふれている
僕だってカメラを手に撮ったらそうやって被写体を求めるだろう

でも友人はその人間性がそうであるように
流行には興味が無く
子供のような探究心で中年のような硬い画面に仕上げる
とても硬派な写真だと思う
女子よりもむしろ男子にウケそうな
まさに彼が多くの男友達から慕われる所以を現している

そうやって他の写真も見ていると
なんだかやはりその人柄が画面に映し出されているのだろうなと思えてきた
それはきっとある程度追求していかなければ現れては来ないだろうが


友人の活躍は僕を奮起させる
遅れをとってはならぬと
活力に変わるが焦りもする

よき好敵手である
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんかこうブログをさぁ書こうっていう時は
ちょっとジョギングでもするか
っていう感じに似てるかもしれん

しんどいねんからやめとこうかなぁ
いやでも今日はちょっと距離短めにしとこう
走ってる間は気持ちいいねんけどなぁ
とまぁ僕はジョギングしないけれども
自分で自分を管理する事はどういった場合でも難しい


先日の友人の披露宴はやはり良かった

会場は今年で100周年を迎える奈良ホテル
木造洋館の風情ただようレトロモダン
奈良ホテルに行ったのは初めてで
ふだんすぐそばを通っても
外からは木々で囲われていて建物を見る事が出来ないので
なかなかの感動があった

愛情にあふれた披露宴というのは気持ちが良い
新郎新婦のお互いへの愛情
親族からの愛情
友人間での愛情
そんなものを感じられる時
なんともいえぬ温かみに包まれる気分になる

新郎の職場同僚の数名が
「うるせいやつら」のラムちゃんの格好で歌って踊っていた
大勢でやれば恥ずかしさも薄まるとはいえ
人前でバカになれるというのは良い事だ
ただバカになるのと悪ふざけは違う
それに恥ずかしそうにしてるのがわかるとしらける

本当にバカになりきれてないと
人を楽しませる事は出来ない
「お笑い」をする人はそういう意味でやはりプロなのだ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。