mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
日曜大工ならぬ火曜大工
火曜日に僕はモノを作る人になる
普段も料理してるからモノ作りやんと言えばそうだが
仕事はそんなエエモンやない
大工と言っても大工さんに失礼になる

休みはいつも何かしら作ってる
今はスケートパークでスケボーの商品を販売する為の
陳列棚を作っている
あいかわらず
丁寧なのか雑なのか
われながら絶妙なバランスのモノをいつも作る

熱いのか冷めてるのかよくわからん
そういう自分の性格がよく現れているように思う…


僕は自分好きではないが
いや自分好きと思われる節もあるが
有名人やスポーツ選手など
大きな成功を収めたり
類い稀な才能で世界の頂点に立つ人に
成り代わりたいなと思わない

有名人になれるなら誰になりたい?
という暇つぶしの話にも
本当に誰になりたいとも思わないので答えようがない

そらお金持ちも良いと思うし
なにか一芸に長けた人は羨ましいが
実際にその人物の立場になった事を思うと
想像もつかない程の重圧の中で
本当に苦しい厳しい生活をおくっているはずで
評価されることは避難される事と背中合わせであると思うし
上ってしまった階段は
簡単に下りる事を許されないようになっているのではないかと思う

簡単に成り代われるわけないからこそ
軽く言ってしまうのだと思うけども
評価を得る裏に隠れる努力や苦悩を想像すれば
簡単に避難する事もまた無くなると思う
僕は自分の身の丈に合った幸せを感じられればそれで充分と思う



火曜大工でアフターファイブスケーターは
またしばらくおあずけとなる
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日の料理

ピーマン・玉ねぎ・エリンギ・パプリカ
を適当な大きさに切る
鶏肉(もも)を一口大
フライパンで炒める
結構しっかり炒める
塩コショウとスウィートチリソース
それからヌクマム(魚醤)を少し

スーパーで半額だったアジのお刺身


今年はサンマが大漁で安いらしい
しかも大きくて美味しい

先日テレビで料理家ケンタロウがサンマのパスタを作ってた
サンマにトマト
ニンニク・ブラックオリーブ
それからハーブのディル

覚えたぞー

僕はやはり家庭的なご飯が好きだ
いろんな国の家庭的なご飯
そういうのはとても美味しそうに思う
気取ったキレイな料理は性に合わない

スウィートチリソースと魚醤はなかなか使えるので名脇役だ
しかし料理の写真でも載せりゃあもうちょっと見やすいのに
やはりカメラぁ…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
数日前に家に自転車が来た
親父が友達からもらってきたのだ

どうやら数年前のコカコーラの景品だったもので
わかりやすく赤い色をしている
車メーカーのプジョー社製で
3×6段の変則とサスペンションもついている
なかなか上等な自転車だ

ただいかんせん
ウチの家からふらっと自転車で出掛けられる出先もなければ
山の上に建つ我が家からは行きは爽快だが帰りは歩く方が楽
そんな事になりかねない
とてもじゃないがそれほどの必要性もないのに
ただ捨てるのは勿体ないというわけで貰ってきたようだ
親父らしい

でも良い自転車を見てると乗りたくなる
いつか仕事にも乗っていこうと思っていた

今が一番いい季節だと思うし
今日はとてもいい天気だったので
さっそうとサドルにまたがり下り坂を走った

仕事場までは車で行くのと変わらない時間で行けた
しかも風を切って走るのはとても気持ちよかった

仕事場の店から
通っていた高校は目と鼻の先
高校にもずっと自転車で通っていた
まともに自転車を乗るのは高校以来かも知れないなと思いながら
帰りもシフト変則を駆使して
家の前までこぎ続けて帰った

近所の人に見られたのは少し恥ずかしかった
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は
一説では関西スケーター中で話題持ち切りらしい
パワーボムスケートパーク満を持してのオープンの日
にも関わらず
僕は仕事をして真っ直ぐ家に帰った

さすがの連休である
しかも天気も良好とくれば
こんな日にヒマな店では話にならんわけで
今日はおそらくこの連休の中でも一番の繁盛っぷりを見せ
おかげで恐ろしく忙しい営業に追われ続けて1日の気力が終わった

途中休憩(と言ってもやっと休憩が出来たのは午後4時半)に
オープンしたパークの写真が友人のブログに早速アップされたのを見て
一瞬行こうかと迷ったが
この連休は無理したら身体を壊すかも知れへんと自制した

とりあえず水曜日までは無休で無酸素運動みたいなもんやな


それとビデオの編集もやっておかなければならない

昨日
毎年恒例の父親の主催する素人劇団の公演があった
今年で立ち上げ11年になる
それをビデオ撮影兼編集係で関わるようになってもう8年になる
地域のイベントに合わせて
役所からの補助金で舞台照明や音響設備を整え
公園に常設された野外ステージで
歴史史実をもとにした約1時間半のオリジナル劇を上演する
父親はその脚本・演出を担っている

観劇は無料なこともあり
今年も多くのお客さんに見てもらえた
1,000人は超えていただろう

もちろん役者も素人
道具作りも素人で
皆なにかしらの職場をもちながらの団員

それでも年々回を重ねていくにつれて
演技も良くなったし
舞台美術も良くなった
それに伴って照明や音響などの総合的な舞台作りに磨きがかかってきた

だから今年も良い舞台だった
そのビデオを撮るのもだんだん責任重大になってきた

本編はほぼそのままだが
いつも最後にエンディングのクレジット映像を付けてDVDにする
音楽をつけて練習風景や写真のスライドなどで
感動できるようにと工夫して構成するその映像を
いつも楽しみにしてもらっている

面倒な仕事だが
喜んでもらえるならやらねばイカンだろう
忙しい連休や
ほんまに
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大阪ARTCOURT Galleryに行ってきた
後輩がP&E(Presentation & Exhibition)という企画展に出展していたからだ
とはいえ展覧会に足を運ぶ事自体久しぶりの事だったし
後輩とも数年前に一度会ったきりだったので少し緊張していた

今回の企画展は
事前に公募したプランニングと参考作品数点を
ポートフォリオで提出し
そのなかで選考されたものだけが制作して出展する
なので優れた作品(プラン)のみが残るわけで
展示しているという事だけでも素晴らしい事なのだ

久しぶりに会った後輩の作品は
僕が知る彼の作品とはまるで別物に変容してて
とても面白い作品に仕上がっていた
あんまり褒めたら調子に乗るからシャクだが(笑)
本当に憎らしい程面白く仕上がったものだった

今までで何よりも力を注いだ作品と彼は言った
そしてそれは自信に満ちたものであったし
自信を持つのも頷けるものだった

面白いなと思う作品を構想するのは
意外に簡単な事だ
しかしそれを形にするとなると話は別で
言うは易し行なうは難し
である
彼はそれを成し得た

彼自身の個人的な趣味や思い入れから生まれた面白さ
僕は悲壮感のある作品はあまり好きでない
だから彼の作品はとても面白さが伝わってきて良かった

他のどれよりもそのクスッと笑える部分が魅力的であった
そしてそんな作品を作れた彼自身が元気そうで良かった

こんだけ褒めたらもうええやろ?(笑)


クラフト祭がまた秋にある
今回も出店するつもりだ
僕は方向性が違ってしまったけど
ちょっと頑張ってモノ作りしますわぁ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の続きではないが
オープンを間近にひかえる新スケートパークは
僕の家からは少し遠い
幸いにも近くまでバイパス自動車道が伸びているにしても
混みようにもよるがこ1時間はかかる
往復の距離は70キロ程だ
だけども楽しい
いままでのスケボー生活の中でもかなり楽しい方に入る

最近は色々な人を招いてプレオープンのような日々が続く
初めての人や久しぶりの人
同じスケーターという共通点で集まる人に
案外(!?)悪い人間はいない

スケボーにしてもスポーツにしても
長くその趣味に入れ込む人に
人柄の悪い人間なんているのだろうかと思う
長く続ければ続ける程
深く惹き込まれていくなかで
沢山の人と出会い
たとえスケボーなんて遊びでも
いろんな人と譲り合ったり讃え合ったりして
楽しんでいくものだ
スポーツもしかり
続けていくには沢山の人の支えがいる

周りの人への気遣いが出来ないと
そのうち誰にも相手にされなくなるし
それがダメなのだなと自分で気付いて直せればまた楽しめるし
直せないヤツは辞めていく
同じ歓びを共感できる事は遊びの上での大きな楽しさのひとつ
そのためには多くの仲間に恵まれないと感じられない

人は「人との接し方」を
実際に接する上でしか学んでいく事が出来ないのならば
上辺だけの社会でなく
そういう本音の飛び交う遊びの中でこそ
人間性が養われていくのではないかと思う

そんだけ遊びは大事やって事やな
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$mellow diary-bomb

着々と進んでいたスケートパークが
いよいよオープンの目処がついた

今振り返ってみても
数ヶ月前までは話すらまるで無かったのに
本当に素晴らしいスケートパークが出来てしまった
そしてその完成までの段階を見ながら
それに少しでもお手伝いできた事も嬉しかった

お手伝いした分
自分も一緒に作り上げた気分で
そのパークがいよいよ一般に開放されて
みんなの目に触れてみんなが思い思いに滑るのだなと思うと
なんだか心苦しいのだ

ようするに身内だけのものにしたかったというセコい考えだったのだ…


オープンにむけて
僕も何か貢献したかったので
スケボーの板を字に切り取って
看板にした
そしてオープン前の配布するチラシも作った

あいかわらず
お金にならない作業が好きなワタシ
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
秋らしくなってきた
夜は網戸のままでは少し涼しすぎる
今朝はだいぶ涼しかったので重ね着をして行ったが
昼は天気もよかったので汗をかいた
これが秋らしい

店のエアコンが壊れてしまったが
網戸のままで営業したらちょうどいい気温だった
日本家屋は涼しく過ごせるように出来ている

冷房も暖房も要らない日は1年にどれくらいあるだろう
今のこの数日間だけがその僅かな間

すぐ風邪引くから気ぃつけやな

なんやらぼーっとしてたら直ぐにまわりの情報に疎くなる
なんでもくるりのトリビュートアルバムが出るらしい

そのアルバムで奥田民生が1曲カバーしてる
京都音博にはでるし
以前岸田がデーゲーム歌ってたし
ユニコーンのイベントにはくるりが出るみたいなので
最近仲が良いのだろうか

新春のユニコーン復活に喜んでた友人たちのおかげで
ユニコーンをよく耳にした今年上半期
その友人等のイメージがすっかり定着してしまったユニコーンに
くるりが交流するのは
僕的に違和感を感じるわけです

しかし豪華なトリビュート
欲を言えばチャットモンチーに一曲カバーしてほしかったな
チョットオンチーちゃうで
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は友人の披露宴に出席してきた
この歳でもう10件は披露宴を経験している
二次会(1.5次会)も含めればもっとだ

良かったなと思える披露宴もあればそうでないのもある
それは新郎新婦のふたりとその場の人たち
両家の親族や友人達の愛の大きさで変わるのではないだろうか
愛に満ちた披露宴は感動的だ

人は生活の環境が変わるにつれて人付き合いも変わる
中高での友人も別々であって職場の友人のまた別の付き合いになる
大概の人がそうだろう
だからそんな別々の友人達が一度に集う披露宴のような場では
自分が知っている新郎の姿ではない一面に出会す

性格は同じであっても
どの場においても常に同じ立ち位置で仲間と接するわけではなく
そこにはそれぞれの役割のようなもので収まる位置があるのだろう

自分も各方面に友人が居るわけで結局同じなのだが
違う一面を垣間みるのは驚きであると同時にちょっとだけ寂しいものである

おめでたい事に11月にも既に友人の披露宴が控えている
地元の7人組のうち2人が既婚者でさらに3人が今年結婚を決めた
それぞれの披露宴に皆で出席をしている
沢山そういう場を経験するといざ自分に置き換えて考える事が増える
考える余地が増えるとその分迷う
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「作家」という言葉はとても重く仰々しい響きがある

リリーフランキーも言ってた
「絵本作家になりたけりゃ明日から絵本作家ですって言えばいい」と
つまり作家というのはほとんどが自称
どこかで貴方は今から作家ですという認定をもらえるわけではない
だから○○作家と言ってしまうのは勝手なのだろう
言ってるうちに実績が追いつく事もきっとある

まあそれでも
ちまたで簡単に○○作家と名乗ってしまうのはどうかと思う

僕が思うに
作家というのは一応一定のカテゴライズされた中で
自分の世界を確立させられた者がそれに値するのではないかと思う
作家が存在する領域では
制限もなく自由でそれ故に個の世界を作り上げる事が難しい
だからそれが出来る人は『家』なのだと思う
領域のなかにマイホームがある

マイホームがある人は領域と領域を股にかけたりもする
つかみ所が無く世界が大きい

菓子職人なんですと言っておけば健気に頑張っていそうだが
菓子作家なんですなんて言ってしまえば
何様のつもりや?と思われやしないだろうか

なによりも作家である事を証明するには
それなりに社会に認知されることが必要ではある

なんてややこしい肩書きだ
もうちょっとやわらかいやさしい言いようがないものか
そんな堅苦しい「作家」に代わる表現が
ないものだろうか
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。