mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
今日店に地方ローカル情報誌の取材が来た

スタッフ写真も載せるという事で
僕が撮られる事になってしまった

撮影なんてちょろいもんやと思ってたら
顔がこわばってうまく笑えない
かたいかたい!と言われても
わかってるがどうしようもない
自分でもおかしな顔をしてるのがわかる
オレはいつもどうやって笑ってるんや??
とまぁ苦労しつつもなんとか撮ってもらい
吹き出しなんかが横について店のアピールしてる感じで載るのだろう
あーはずかし

このローカル情報誌は以前にも取材をしてくださり
店で定期購読をしてるので毎月読ませてもらってるが
昨年の暮れからか表紙が「ザ・テレビジョン」のような
タレント写真が使われたものに変わってしまった
それまではローカル紙っぽさのある賑やかな表紙で
その方が好きだったのに残念だ
でもいろいろと事情があるのだろう

雑誌業界も雑誌自体が売れなくなってきているから大変のようだ
不景気ということもあるし
とある関西圏情報雑誌もつい先日休刊になった
広告スポンサー不足だと聞いた

これだけウェブが発達して
ちょっと調べたい事があっても
携帯電話があれば簡単に調べられる時代である

少し前にアメリカのスケートボード誌である「SLAP」という雑誌が
紙媒体をやめてウェブに完全移行するというニュースもあった
印刷物からモニターに映る画像になるというのは
写真の精巧さを失うけれども
動画を流す事ができるのはスケート情報の中でも大きな要素であるから
それが最大の利点なのかなとも思う
スケボー雑誌特有のコマ送り連続写真なんてもう時代遅れになってしまうのだろう
少し寂しい気もする


自分自身もすっかり雑誌を買わなくなった
買った後たまっていく雑誌を捨てられないで邪魔になるし
本当に欲しいと思った雑誌だけを買うようになったからだと思う
それはだから所有欲からくるもので
買ってまでして持っていたいというコレクション気分に近いのかなと思う
もし次々と雑誌がウェブに移行してしまったら
そんな欲求を満たす事はできなくなる
だから雑誌は無くならないんじゃないかと思う
買って持っておきたいという本のように扱いたい人もなかにはいるだろうし
そういう興味深い雑誌がいつまでもありつづけてほしいと思う

さて
自分がちょっとだけ載る事になった雑誌を
買おうか買うまいか…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
突然の悲報だった

学年がひとつ下の野球部後輩が死んだ
29年の生涯だった

詳しくは聞けなかったが
事故などではなく病気が原因だそうだ

今日その通夜に出向いてきた
OB会などにも殆ど顔を出さないヤツだったので
最後に会ったのがいつなのか思い出せない
おそらく何年ぶりかの再会がこんなかたちだとは思いもしなかった

顔も合わせないから当然どんな状況だったのか
もし病魔におかされていたのならそれがいつからなのか
何も知らないでいきなりの知らせだったので
ただその事実は聞こえてくるが
なかなか受け入れられずにいた

若すぎるし
早すぎる最期だ

無念だと思うし
なにより
故人の父親が喪主を務めるなんて残酷だ

通夜は辛いものだ


ただ彼の死を
早い短いと言い切って良いものだろうか

原因が病であれ事故であれ
死は等しく誰にでも訪れる
経過はどうあれ誰の前でも死は平等である
死は病ではないという言葉がある

彼がどの段階でいつ自分の死と向き合ったかは
何も知らない僕には憶測でしかないが
彼が死と向き合ってから
彼は彼自身と向き合っただろうし
想像を絶する恐れや悲しみの感情が流れ込んだだろうと思う
それは
自分には死が訪れると思いもしない何気なく過ごす人たちよりも
はるかに濃密で過酷な時間を過ごしたのだと思う
そして彼は自分が死に引き込まれまいと
意識でも肉体的にも必死に戦ったのだと思う

だから彼の生涯は
時間のはかりで見れば短くとも
その内容ははかり知れぬ重みを持っていたと思う

メメント モリ
僕は今日あらためてこの言葉を思い出した

死を想え
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
mellow diary-090124_1819~01.jpg


東国原知事も言ってたが
世の中には信じられない人がいる

世の道理というものも知らずに
己の私欲の為に
まわりに迷惑をかける事に気付かない
そういう人間が
実際におる

そんなヤツが時として
なんでかうまい事転がって凄いヤツになってたりするんかもしれん
でも絶対に孤独や
そんな孤独は辛いに決まってる


もちろん
世の中にはとても優しい人もいる
いろんな人がごちゃ混ぜになっている
散らばってるからこそ保たれているバランスがある

ひとつ目のモンスターや
ロボットもいたりする
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日家に僕宛の封書が届き開けてみると
春に行われるアート・クラフト祭の出店案内だった
そろそろ情報をチェックしてそれに向けての準備を始めないとなと
思っていた矢先の案内だった
前回の反省をふまえて取りかかりたいが
なによりやる気がみなぎってきている

主催している団体は
写真家・飲食業・医師・公務員など
様々な業種の方々が集い
こうしたイベントや地域振興について活動をされている

たいへん興味深いと思うし
機会があれば是非とも交友を持ちたいものだと考えている
自分の父親がそうであるように
将来的にそのような地域振興というか
なにかイベントを行う様な事に携われたら良いなという思いはある
そういえば
中高生の頃は文化祭などのクラスでする出し物には
率先して企画側にまわっていた
誰かに任せてつまらない思いをするよりかは
失敗しても自分が面白いと思うものを実践したいという思いが強かった

その後僕は自分のワガママ度が増してしまっているかも知れないが
そんな活動が行なえる時がくれば良いなと思う


バラク・オバマ大統領の演説を聞いて
米初の黒人大統領という歴史的瞬間に感銘を受け
なんか遠いこんな田舎まで
あのエネルギーが渡ってきている気がした

そういえば僕は草食系男子らしいのだが
なんとも青白い不健康な響きが嫌でしょうがない
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
県内に新しくランプ※ができた
※(スケボー用の緩やかなハーフパイプのようなもの)

以前にここに書いた事があるが
スケボー用のセクションを作るにはセンスが必要だ
スケボーへの愛情とセクションの知識がいる
物を作る技術を持っている大工さんに作らせるにしても
大きさや高さや角度
素材までも細かく指定した設計が要る
それをクリアーしたセクションは出来映えがいい
そして何より滑り心地が良い

ひょんなことから小さなサーフショップがランプを作るという話になり
作る以前からあるスケーターが色々と手を尽くして
良いものを作り上げてくれた
なんでもそうだが何かを作り上げるには相当なエネルギーが必要で
彼はなんとか思うように仕上げるため苦労したに違いなかった

彼の苦労を報うには
ショップが報酬をはずめば済むのだがそうはいかず
僕らが足を運び出来映えによろこび楽しんで滑る事しかなかった
それでも彼はそれで少しは安堵の表情を浮かべていたと思う

いままでよく行っていたランプもそうだが
作った側のショップにスケボーへの愛情が欠けているというのは
僕らにとって一番歯がゆい思いのする所である
かといって無くなってしまうのは最悪の事態なので
できるだけ自分たちが気持ちよくスケート出来る環境を
店に協力するかたちで何とか保っていかなくてはならない

もう30だというのに
新しいランプにはしゃいでしまい
寝ても覚めてもスケボーの事を考えてしまった昨日今日だった
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は「とんど」
三時頃から男達があつまってとんどを組む
ウチの地元は小さな字ごとにとんどをするので
夕方日が落ちると方々で立ちのぼる火を見る事ができる
本来は14日でするものだが
組む男があつまらない事などから
日曜日に火をつける所もある

正月飾りを燃やし
子供らは書き初めを燃やし字の上達を祈願する
僕も昔それをした覚えがある
そしてとんどの火を持ち帰り
その火で餅を焼いて食べると良いとよくいったものだが
今や持ち帰った火を使うに使えない生活になった
安全のため
ストーブはファンヒーターやエアコンに変わったし
七輪も無いしガスコンロすらIHになって
家から火が消えつつある

刃と火は
使いようによっては危険なものだが
本来生活には欠く事でのできないものだったはず
小さな頃から刃や火に触れる事で
そのすぐ隣にある危なさを知る事ができる
危険を知れば気をつけるようになる
それは経験であり学ぶ事だと思う

危険である事を理由に
それを遠ざけたり
危険を知らぬままに生活してしまっては
何かハリボテの舞台セットの中での
騙された生活の様な気がする

火の有り難みや
火の持つ怖さや神秘さを体感する為にも
とんどの火にあたる事は大事な事だと思う
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は各地で雪が降り
ところどころ積雪も見られたようだ

ところが意地悪のようにうちの地元は降らなかった
雪を見たかったのに

先日の風邪(インフルエンザ?)のせいで
また咳がひどくなり今も時折ひどく咳き込んでしまう
煙草も吸わないしノドが痛いわけでもない
でもこれは治さないと面倒なので
何か原因もわからぬままとりあえず部屋の乾燥対策のために加湿器を購入
家電というのはどこまでも男心をくすぐってしょうがないヤツだ
イオンを飛ばして除菌も
なんかようわからんが加湿されて凄く潤っている気になっている

加湿するようになって
決定的な違いがひとつ
毎朝鼻の穴の内側に出来ていたカサブタが出来なくなった
というかそれがカサブタである事を知ったのは最近だったのだが
ほぼ毎日できていた薄いハナクソと思っていたそれは
乾燥でできたカサブタだった
よほど乾燥してたのかと
それならば咳も治るかなとこれから期待したい所だ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月の3日
神戸市にある「G skatepark」で初滑り
時間を気にせずにたっぷりとスケートする事が出来た
ちょうど1年前に行った時とはまるで違う滑りが出来るようになった
でも体力はもたない
体中が疲れてでもまあそれは充実の疲れのように思えた

次の日朝から体調が思わしくなく
特に予定もなかったので家でじっとしていた
そしたら夜には熱が出て38度を超え
5日は午前中に診療所へ行き診断を受けた
インフルエンザの反応は出なかったものの
症状も似ているしということで3種の錠剤と別にタミフルを処方してもらった
今日になってようやく熱が下がり
明日からの仕事にはどうにか出られそうだ
それにしても休みの三日間を寝込んでしまうというのは
なんとももったいない思いだ

僕はおみくじとかあまり興味がないので運気がどうとか知らんのだが
年頭にこれだけしんどい思いをしたら
あとは平穏な1年が過ごせると良いなと思う

インフルエンザ流行ってるようなので
予防しましょう

あと年賀状を書く気力すらなかったので
まだお届け出来ません…
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします

去年は
馴染んできた生活の中から
あらたに課題や問題が生じ
また大きな変革に一歩踏み出した年だった
今年に与えられた課題は多い

ここには
ものすごく自分の胸の内をさらけ出しはするものの
案外実生活のリアルな部分は記していない様な気がする

今年地元の同級生3人が既に結婚を予定している
万札がヒラヒラと飛んでいくのが見える…
そして
昨年の末に
僕は自分の結婚について現実的に動く一歩目を踏んだ
今までは自分の歩く先が何も見えなくとも構わないと思っていたが
今はそうではない
道をつくり橋を渡して先を見据えないといけないと自覚した
まだ一歩目だが
単に幸せな部分だけを想像して惚けているのではなく
現実的な部分と向き合うのはエネルギーが要る
でもやっと動き出したのだという歓びもある

そしてその為に仕事の事も
もっと向き合って自分から動いていかないと行けない

どこまで思うように行くかわからないけれど
少しずつかたちになりつつあった目標を
もっと肉付けて確かなものにしたい

まさか自分がこのブログをつけ出した頃に
こんな事を記事にするなんて思いもしなかっただろうが
時間は経過して
環境は変化しているのだなという事を
あらためて気付く

この変わってきた僕の環境を
おもしろく誰かのもとに伝わっているなら
なんかそれは嬉しいと思う
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。