mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
大学で盗難があった
個人の道具がごっそり無くなっていた

道具は作者の手となり指先となるもの
使い馴染ませるもの

それを盗って何になる?
売ったって大した金にもならないだろう
まさかそれを自分の道具にしないだろう

まったく奇怪な盗難だ
そして被害者には痛すぎる

冗談交じりに
「もう制作を辞める」って言ってたけど
僕がもし当人なら
本気でそう思うかも知れない
良い機会だと思うかも知れない・・・

とにかく窃盗なんて
やった本人も惨めになるに決まっているのに
どうしてそんなことに踏み切れるのか
生活がかかっているとか
そんな切実な動機で道具を盗むわけないし

まったくわけがわからん
犯人出てこい
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
占いにはまるで興味が無くて
なんなら御神籤も気になるのは正月だけだし(誰でもそう?)
心理テストなんかも
こじつけもええとこやな
と心の中で思う
ただ話としては盛り上がるからひとつやふたつ知っててもいい
女の子と心理テストするのは楽しい

いやそんなことではなくて
細木和子とかオーラとかダイサッカイとか
何を言うてんの?といつも首を傾げるのだけど
やってしまった占い
土星人+らしい
頑固者で責任感強いらしい
良いところしか覚えてない
ただ芸術家向きとはどこにも無かった
芸術家って言うとちょっと堅苦しい響きなので
そんなのにはなりたいと思わないのだけど
自分の向き不向きというのは
どうしたって気になるものだ

というか芸術家になんて向いてない事は
自分でも感じている
向いているヤツはとっくに東京やニューヨークで結果出してるはず
戦略的であることが必要な世界
田舎で細々と暖かみのある作品を作っていたいなんて
絶対に言わないようにしようと
最近心に決めた
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
個展まで
残り日数が一週間も無いのに
なぜかとても無理のある制作をしている
いろんな変更とかで余計にきつくしてしまった

この間
とある作家に作品写真を見てもらって言われたことを思い返して
指摘されたことををどうしても意識してしまう

昨日からずっと腹の調子が悪く
今どうしてか身体に蕁麻疹が出てる

体調を崩したら元も子もない
明日も寒くなるらしい
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕の地元奈良県で「奈良県少年補導に関する条例」が
国内で初めて成立されたのは全国ニュースでも取り上げられた
細かく「不良行為」を定義して補導への法的根拠を持たせたこの条例
はじめに耳にした時に
奈良県ってそんなにどうしようもなくなってるんやー
と思ったらそうでもなく
調べによると奈良県での少年犯罪や迷惑行為いわゆる「不良行為」の件数は
関西でも少ない方に位置するらしい

ようするに「起こる前に手を打った」的な防止策のようだけど
効き目があるかどうかははっきり言って疑問だ

少年の人権侵害だとか自由を奪うだとか言われているが
多分少年らの自由はこんなもので奪われはしないだろうし
縛れば縛るほど解きたくなるというのが若者の真情なんじゃないだろうか

しかもこの問題にいろいろと議論するのは皆大人ばっかりで
当の本人であるはずの若者らには
まるでひと事のように聞こえている感じがする
それほど若者らは社会や法に無関心であるのか
法とか条例などが持つ力が弱いのか

フランスでの若者によるデモほどの事が起きなくとも
もう少し若者の間でこの事件が騒がれるべきなのに静かなものだ

僕はすっかり10代ではなくなっているので他人事だけど
不良に向かう問題には親や環境が大きく関わっているはずで
警察や行政がどうこうしようったって無理なことぐらい皆知ってるはず
全く的外れだと思う
行政のアピールのように見えてならない

10代の自由奔放さやエネルギーは10代のときにしかない
それはかけがえがないと思う
間違いを起こすのは少年の専売特許みたいなものだ
壊したり破ったりすることで開けていく道を知る
人として間違っているかどうかの判断を決める基準が間違っている

条例を成立させて喜んでいる議員どもよりも
夜な夜なスケボーに明け暮れる10代の方と僕は話したい
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高いところが苦手だ
世に言う高所恐怖症だ

橋やベランダなどにある柵に手をかけることが
もう既に怖くて出来ない
この柵が何かの拍子にガタッと取れて向こう側にあーれー・・・
という想像ばかりしてしまう

特に怖いのがダム
ダムは人工物の中でもかなり壮大な建造物の部類に入る
谷の姿をごっそり変えてしまう人の自然支配の象徴であり
研究を重ね突き詰めたそのかたちには美しさを覚える人も少なくない

ダムの上から貯水湖と反対側を見下ろすなんて事
絶対にできない
怖すぎる・・・
あのコンクリートの表面が心を芯まで冷たくさせる
怖すぎる


この2日間
同じスタッフの方達と泊まりで山深き所にあるコテージへ
慰安旅行という名目の遊びみたいなもの
だいたい同世代が集まるその回は
もう知った仲ばかりなので楽しい旅行となった
コテージなので
食材以外は全て揃ったキッチン付きの棟で
自炊して寝泊まりをする
宿のようなサービスはないが
自炊の楽しさと一棟づつ別になったコテージなら
多少は部屋で喧しくしても怒られない
同僚のうちのひとりが恐ろしく準備に余念のない切れ者で
ほとんど彼に任せた食材などの用意はぬかり無く
皆満足して楽しめることが出来た
そういうのも人の特性なのだろう
彼自身も満足しているはず

近くの温泉に入浴したり
ダムを見たり
普段なら絶対行かないような資料館的なものにおもしろ半分で行ったり
ダラダラと酒を飲んでカードゲームをしたり
滝を見てぼーっとしたり

分かった事がある
というかあらためて再確認したこと
皆が心のどこかで「楽しいだろう」というプラスの意識を持ってれば
大抵のことは楽しく過ごすことが出来る

「どうせ面白くない」と卑屈になってれば
何をやったって無駄に終わる

当たり前のことなんだろうけど

団体行動はそういうマイナスの心を持ったヤツが1人でもいると厄介で
仕切る方からするとものすごく鬱陶しい

今回の参加者は皆「楽しい」という気持ちを無くさずにいたと思う
そのおかげで旅行は
よりいっそう楽しさ倍増だったような気はする

気持ちよく心を切り替えて
明日を迎えよう
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ数日の天気の良さで感じたことがある
僕は花粉症ではないのかも知れない
マスクをして花粉症患者を決め込んでいたけど
ここ2・3日マスクせずに外出しまくっていたけど
いっこうに鼻炎や眼の痒みに襲われていない

季節の変わり目に体調を崩すことが多い
気温の変化に身体が対応出来なくてそうなると思う
だから花粉症だと考えていた鼻炎は
季節の気温変化のせいだったのかも知れない
どちらにしても鼻炎はつらいが


日曜日を休日として休日らしく過ごすようになったのは
ここ数年の話
休日らしくというのは
部活もバイトも仕事もなく
自分の為に時間を使う余暇として過ごす1日のこと
小学生から高校まで日曜日は野球にあけくれた
高校野球を引退しても直ぐに予備校に通いだした
大学時代は日曜日は必ずと言っていいほどバイトをした
バイトは去年まで続けたので
日曜に何も用事がなくなったのは最近だった
それ以来日曜日は僕が今まで描いていた理想の休日として過ごすことが出来ている
そんな日曜日の過ごし方からは
また遠ざかってしまうかも知れない
もしか日曜日を休日らしく過ごせなくなったら
僕はいろいろと諦めなければならないことがでてくると思う
ただの遊びなんだけど
もしそうなったらちょっと嫌だなと不安になる
遊びは気の合う仲間とやるのが一番
それなら気の合う仲間と休みが合う日曜は無くなって欲しくない

草野球もサバゲーもスケボーも
子供みたいに友達と一緒に遊ぶ時間は
いつまでも持っていたいなと思う
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
今ある現状を簡単に受け入れすぎてるんじゃないか

面接官というか講師の方が言った

面接というか作品の批評してもらいに行ったようなものだった
それが嫌だったかというとそうでもない
個展をしても
そんなズケズケと批評してもらえることなんてなかなか無い
大学はそういう場所であるはずなのに
誰も批判しないし喧嘩もしない
たとえ頭ごなしに貶されたってダメならダメといわれた方が良いこともある

自分の中のあいまいで決着の付かない部分に
批評されることで決断できることもある

簡単に作品を作って
作品を簡単に作ることをすんなり受け入れてしまっている

ギクッとした

だけど間違ってなかったと思える部分もあった

久しぶりにそんな感覚を味わった
そんな感覚を感じられる環境にずっと居られたら
僕も変わっていけるのかも知れなく思えた

居られるものならそんな環境に居たい


漠然と描いてたこの先も
まだ輪郭すらもうっすらとしてる
多分もう
ある程度の配置とか中心線とかは描いた
これから時間をかけて
強く線を引く部分と
弱く線を引く部分とで陰影を付けていく
書き込めば書き込むほど良くなるわけでもなく
形のズレは早めに修正しないと
あとあとまで残ってしまう
それから
どうやったけ

デッサンを練習しないといけない
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
老けた
という一言に心の中で「髪が伸びたからだ」
と言い訳をした
そして断髪しようかと一瞬思った・・・


快晴の中
2度目の「とんど」をした
古い作品を集めて一斉に燃やして灰にした
天気も良かったのでピクニック気分だった
今回は暇をもてあまさないように
それとせっかくの火を利用したかったので
外で作る料理を考えてやってみた

まず
アウトドアといえば飯盒炊さん
昔はよく家族でキャンプに行ってた家には
キャンプセットが揃ったまま使わずに眠っている
そこで飯盒を引っ張り出して試みてみた
だいたいの要領は分かっているので不安もない
料理はサーモンとタマネギ・エノキ・シイタケ・モヤシをホイルに包んで
バターとイタリアンミックススパイスというズルい調味料で味付け
あとニンニクも一緒に入れた
丁度古い電子レンジのオーブン用プレートがあったので
その上にホイルを敷くとそのまま火に乗っけて出来上がるという完璧なレシピだった

ご飯は丁度良い感じの炊きあがり
焚き火の薫りが移るからなのか
飯盒のご飯は薫りが良くて炊飯器とはまるで違う
ちなみに最近まで「飯盒炊飯」が正しいと思っていたら「炊さん」が◎だった

ホイル焼きは焚き火の火が大きすぎて
近づくのに熱くて苦労したけど
これまた丁度良い感じの出来上がり
適当だった味付けも丁度良い感じ
本当にキャンプに来たみたいで
作品をブッた切った木の塊を椅子とテーブルにして料理を囲った

適当にギターを弾いたり
火を見ながら喋ったり
日が沈んで辺りが冷え込んでも焚き火にあたっていれば寒くなかった
のんびりして楽しいひとときだった

のどかな田舎はいいものだ(家の近所)

明日また仕事の面接に行く
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日卒業式が挙行された

僕はスタッフなので卒業式には出席できない
一応正装はするが
晴れやかに卒業していく学生達を送る側にまわる

進路が決まっていようが決まっていまいが
卒業の日は皆晴れやかな表情で写真を取り合ったり
涙を流し別れを惜しんだりする

とっくに卒業したはずの僕も
自分の卒業式では何も感極まることがなかったのに
なぜか昨日の方がよっぽどこみ上げてくるものがあった

院を出てからの3年
大学に居残って仕事をしたその期間は
院の2年より内容の濃い3年だった
ウンザリして嫌気が差したり
自分の進路を考えたり
とにかく色んな事を感じて考えた
だから昨日の日は卒業生でもないけど不思議な感覚だった
端の方で自分も卒業式に加わってる気になった

ずっと長く大学に居たから
最後の方は本当に嫌になることが多かった
だけどもうここには居られなくなると思うと
自分が大学という環境で
如何に守られて生きてきたんだなということを気付き始めた

大学を出た人間にそんなことを言われたこともあったが
それは僻みにしか聞こえなかったし
実際に感じないことはいくら人に言われようと耳には入ってこなかった

大学にずっと残れていたら
それが良かったかといえばそんなことは思わない
だけど学んだことは多かった
ここでの時間と出会いはかけがえのないものになった
謝恩会で溢れそうになってこらえた思いが
それを物語っていると自分で気付いた

感謝の気持ちを残して去りたい

まだ大学に自分の荷物を沢山残している
いつまでも後を引くような格好悪いことはしたくないけれど

迫る個展のためにもう少しここに

よそ者気分でも気持ちが焦る
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日は卒業式
そして僕は卒業ではないけれど
一応明日でお役ご免
ただ制作のためにもう少しだけ残らせてもらう

毎年卒業式の日は式→謝恩会→カラオケもしくは居酒屋と巡り
朝までコースとなる
感慨深い日になると思う

明日は雨が降るらしい
毎年のように卒業式は雨に見舞われる
雨降って地固まるというけれど
せめて最後の日は晴れやかに迎えたいのに


WBCの日本優勝に興奮した
僕は野球好きだけど
この興奮はサッカーワールドカップ程じゃない
なぜだろう
初めからWBCに関心が強くなかった
もっと何年も経って
この大会がもっともっと大きな意味を持ったとき
もっと多くの国が参加してしのぎを削ってこのタイトルを取り合ったとき
今日の優勝の意味はもっと強くなるだろうし
もっと興奮して試合を見るだろうと思う
そんな日が来ればの話だけれど

でも日本代表バンザイ
川崎・西岡・イチローの123はサイコー
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。