イン・ザ・プール

テーマ:
奥田 英朗
イン・ザ・プール

なんと云うか・・・
一言で表すなら
「変な医者」


マザコンで注射フェチで病院の跡取り息子(たぶん)である
医学博士(精神科医)・伊良部一郎

そぅ。
これは「神経科」の医者と患者の話。

伊良部の存在は大きいが(主人公だから当たり前!)、
看護婦・マユミ(露出狂?)も良い味を出している。
それぞれの患者に合わせた態度。
ちょっと感心してしまった(^ ^ゞ

表題作『イン・ザ・プール』
   プール依存症

『勃ちっ放し』
   陰茎強直症

『コンパニオン』
   被害妄想

『フレンズ』
   ケータイ依存症

『いてもたっても』
   強迫神経症

通勤本に最適な文庫版。
リズム良く、さらっと読める。

但し・・・
時々「ぷぷっ」と笑ってしまいそうになるので、
読んでいるアナタが「アブナイ奴」と周りの乗客から思われても、
私の関知するところではありません。
あしからず!



AD

延着証明書

テーマ:

あの日から一年の月日が経った。

やっと一年経ったのか。

もぅ一年になるのか。



9時18分。

普段通り9時過ぎに出勤した私は、
着替えを済ませ、
時計を確認して、
そっと目を閉じた。

   どぅか安らかに・・・

   早く心身の傷が癒えますよぅに・・・



電車が揺れる度に、
急ブレーキが掛かる度に、
ドキッとする。
不安になる。

だが、何も起こらなくてホッとする。



先達てのダイヤ改正で「ゆとりダイヤ」になったらしい。
が、数分ではあるが、電車の延着は日常茶飯事。
「大阪駅」の改札付近には、事故以来、毎日「延着証明書」の用紙が置かれている。
駅員が手渡すのではない。
乗客が勝手に取って行ける様になっているのだ。


これって・・・
JR側も毎日の延着が当たり前と思っている証拠なのでは?

いつの日か、
被害者の方々の心が癒される日が来るのだろぅか。

いつの日か、
延着証明書を(以前の様に)駅員さんが乗客達に手渡す日が来るのだろぅか。



AD

クレーム対応・その後

テーマ:

私のイライラが最高潮に達した日 から2日後(4月6日)。
改めてマンションのサービスセンター(正確には「コールセンター」と云うらしい)に問い合わせをした。

今回は男性が電話口に出た。

「はい。コールセンターです」
「あのぅ、ポイントの事で確認して頂きたいのですが」

---以下、長くなるので割愛します(爆)---

結果、調査に時間が掛かるかも知れないので「後日連絡します」と云われ、一旦電話を切ったのである。

そして、翌日。

営業所の担当者から電話が入った。

「この度は申し訳ありませんでした」
おやおや、イキナリ低姿勢。
「あら~結局、営業所の方に回っちゃったんやね」
「はい。実は・・・」

---この後も長くなるので割愛します(笑)---

結果。
以前に私が書いた申込書は、既にKカードを持っている人用で、
私は先ずそのKカードを発行する為の申込書を書かなければいけなかったらしい。
と云うことは・・・
営業所の担当者が最初の手続きを間違えていた
と云う事だ。
確か、上司に確認しながらやっていなかったっけ?
と云う事は・・・
その上司も間違えていたって事じゃないか!

はぁ・・・。

なんだか怒る気も失せてしまった。

「では、その申込書を送って下さい。まさか、営業所へ出向いて書けなんて云わないでしょうね」
「はい。直ぐに送らせて頂きます」

そして、その書類は・・・
その日の内に私の郵便受けに入っていた。
担当者が入れに来てくれたのだろう。
と云うか、私が頼んだのだが(^ ^ゞ
ま、それくらいの事はやってもらわないとね。
私の怒りも鎮まらないってものだ(笑)。



そして・・・
無事、カード会社の審査も終わり、今月末か来月初め頃には件のKカードが手元に届くだろう。
それから、そのカード番号を営業所の担当者に伝えれば、後はサイト上でポイントの移行・交換が出来る。
・・・筈である(未だ不安)。


ま、何れにしても、今回のサービスセンターの対応・営業所の担当者の対応は「良し」としよう。

彼女(営業所の担当者)も良い勉強になった事だろう(笑)。



AD

どっち!?

テーマ:

古い書類の処分。
財務関係書類の破棄。

以前、国税局が調査に来た時、
過去5年分を遡って調査していた。
従って、追徴課税も過去5年分のみ。

当時の我が社の会計士Nさん(外注)も
5年しか遡らないよ」
と云っていた。

この会計士Nさん。
現在は定年退職され、在職時の得意先に再就職し、
会計顧問みたいな事をしておられる。

その会計士さんが、今日我が社へ来られた。
(現在の勤務先と我が社は取引がある)

「Nさん、財務関係書類の保管って、過去5期分ですよね?」
「うん、そぅ。過去5年分しか見ないから、それ以前の書類は処分して良いよ」

念の為、現在お世話になっている会計士Tさんにも確認した。

「Tさん、過去書類を処分したいのですが、何期分残せば宜しいでしょうか?」
「まぁ、7年分残しておけば上等やな」
「えっ?5年じゃなくて、7年ですか?」
「そぅ。7年

Nさんは「5年」
Tさんは「7年」

どっちが正しいの!?

ま、こんな時は長い方を選択しておくと間違いない。

と云う事で、2期分の段ボールケースを再び棚(ロッカーの上・苦笑)に戻した私である。
   降ろす時は平気だったが、
   上げる時はキツかった・・・(汗)

   何せ「紙類の山」だから重いのだ(涙)

お陰で仕事は減ったが、期待していた程書類を片付けるスペースが作れない。
がっかり。

保管期間の確認をしたまでは良かったが、
まさかNさんとTさんで見解(?)が違うとは思っていなかった。

正しいのはどっちなのだろう?

まぁ、私としてはどちらでも構わないのだが・・・
後々、問題にならなければね。



カ・イ・カ・ン☆

テーマ:
3月末日をもって一年の区切りがつく。

すると・・・
一年間(一期分)の書類の山がそこに出現する。

片付けねば!

が・・・
しかし・・・

何処に!?

我が社の小さな書庫は既に『満員御礼』状態(苦笑)。

・・・・・・。

古い書類を処分しなければ、前期の書類を片付けられない。

「社長~」
「財務関係の書類は5年の保管で良いんですよね~?」
「なら、此処にある6年以前の書類は処分してもよろしいんですよね?」

そぅ。
何故か8年分も保管していたのだ。

いつもなら
「会計士に確認してから」
とおっしゃる社長が、何故か今日は
「うん。えぇよ」
と即答!

社長の気が変わらないうちに(?)書架の上に積み上げていた6年以前の書類が入った段ボールケースを降ろした。

そして・・・

処分!

と云っても、個人情報も記載されているので、手作業で破るのである。
そのまま捨てる事は出来ない。
シュレッダーを使いたいところだが、ヒートアップしてしまいそうだ(苦笑)。
結果、手作業でビリビリ破くのである。

これが・・・
何とも・・・
『快感』なのだ。
普段のストレスを解消出来そぅだ(爆)。



だが・・・
私にストレスは殆ど無い。
その日のうちに(酒を)呑んで解消しているから(笑)。
従って・・・
私にとって、この作業は「手が痛くなる」だけである。
だがしかし、私以外に誰がする?
所長はどれだけ暇を持て余していても決して手伝おうとはしない。
(他のことには手出しをして、私の仕事を増やして下さるのに・涙)
社長は多忙で手伝う暇どころか、チェックして頂く書類さえ見て貰えていない(号泣)。
(決算書を仕上げる為の書類なのに!)

これらの『愚痴』を処分にぶっつけようと思う。

「ちったぁ手伝えよ!」ビリビリ
「電話くらい出ろよ!」ビリビリ
「私は暇やないねんで!」ビリビリ
「来客応対くらい自分でせぇや!」ビリビリ

ふぅ。
ちょっとは『憂さ晴らし』になるかな?(苦笑)



 

白と青のソテー・明太子Ver.

テーマ:

辛子明太子


社長から福さ屋の『辛子明太子』を頂いた。
福岡出張(ゴルフ)の土産☆

酒のアテにしようと思ったが、一人で3腹も食べきれないので、
お弁当に使う事にした。


『白と青のソテー』 の明太子ヴァージョンである(笑)。

材料
 ・白ネギ
 ・チンゲンサイ
 ・キャベツ
 ・ロースハム

大好きな「ホールコーン」は切らしてしまった(>_<)

調味料
ってか・・・
上記の材料を油(ガーリックオイル)で炒め、辛子明太子を加えただけ(笑)。
塩胡椒は不要。
だが・・・
少し味が物足りなかったので

 ・中華スープ
を少量加える。

私って、天才!?

と思ってしまう程美味い!!!

お野菜達の旨味。
辛子明太子の旨味。

どちらも主張しつつ・・・
だがしかし、程よく調和している。
嫌味の無い味に仕上がった♪


明太子和え

画像がぼやけていて見難いとは思うが(- -;)
赤い「辛子明太子」は火を通すとピンク色になる。
まるで「桜色」♪
柔らかい、春らしい色合いになった。



『辛子明太子和え(炒め)』
クセになりそうだ・・・(爆)。




白と青のソテー

テーマ:

白と青のソテー

ねぎぼうずさん から『白ネギ』と春野菜を送って頂いたので、早速お弁当に使った。

材料
 ・白ネギ
 ・キャベツ
 ・チンゲンサイ
 ・ホールコーン
 ・ロースハム

「キャベツ」と白ネギの「白い部分」は白だし、
「チンゲンサイ」と白ネギの「青い部分」は青。
色味が「白」と「青」しかない・・・。
ので、
「ホールコーン」の黄と「ロースハム」の赤を加えた。
本当はお野菜だけでも良かったのだが(^ ^;)

しかし、色味を増やした事で、見た目は鮮やかになった。

炒めていると、ものすごく水分が出た。
お野菜達の水分である。
その辺のスーパーで買うお野菜だと、これほどまで水分は出ない。
それだけ『新鮮』って事!
それだけお野菜自体に元気があるって事!!

お野菜達の旨味を生かす為に、味付けは控えめにした。

調味料
 ・塩
 ・胡椒
 ・中華スープの素

美味い!
(自画自賛♪)

それぞれのお野菜の味が生きているし、何より「甘味」がある☆

炒めた時に出たお野菜達の水分を捨てるなんて勿体ない事はしない私である。
だって・・・
この水分の中にもお野菜達の『旨味』がたっぷりと入っているのだから!
勿論、水溶き片栗粉で閉じ込んだ。



今週はこれらのお野菜を使ってのお弁当となる。
元気なお野菜達から、元気を貰えそうだ♪



クレーム対応

テーマ:

我が社の話ではない。
私が住んでいるマンションの話である。

ここのマンションは『会員制』。
毎月の共益費の代わりに年会費を支払うシステムである。

『会員制』だからか、入居者に様々なサービスがある。
その一つが『ポイントシステム』である。
家賃・年会費等を支払うとポイントが溜まるのだ。

3年前迄はポイントと商品の交換が出来た。
私の持っているデジタルカメラは、このポイントを使ってGet!したモノである。
その後、ポイントシステムが変わり、商品との交換が無くなった。
代わりに電子マネーかメルマネ(ネットバンクへの振り込み)への交換となった。

その事自体は何ら問題ない。
むしろ現金でキャッシュバックされるので、自分で好きなモノが買えるので使い勝手が良い。

先々月。
ポイントがだいぶ溜まったので、交換の申請をする為に営業所へと赴いた。
受付の女性に云われるまま書類にサインをし、
「2~3日後には専用のウェブサイトでメルマネの手続きを行って下さい」
と云われたので、4日後、サイトを開いてみた。

が・・・

しかし・・・

手続きが出来ない。
よくよくサイトをみてみると、どぅやら既存のポイントを「交換する為のポイント」に移行しないとイケナイらしい。
仮に既存のポイントを「Mポイント」、交換する為のポイントを「Kポイント」としよう。

そっか!
営業所での手続きはMからKへの移行依頼だったのか!

とも思ったが、どぅやら違うよぅである。

2週間が経ってもMからKへ移行されていない。
不審に思ったので営業所へ問い合わせてみると、
「申し訳ありません。Kポイントを管理しているK社へ電話して『Kポイントカード』と云うのを発行してもらって下さい」
「その上で、発行された『Kポイントカード』のカード番号を弊社へお知らせ下さい」
と云う。
何だかよく解らなかったが、云われるままK社へ電話をしてみた。
「あのぅ、M社から『Kポイントカード』を発行してもらうよぅに云われたのですが・・・」
「え!?それはM社にある申込書を記入して頂かないと・・・」
「はぁ!?」

これは・・・
営業所へ問い合わせてもラチがあかない。
と思い、M社のサービスセンターへ電話。
「営業所からK社に電話してカードを発行するように云われたので、K社に電話したら、M社で申し込むように云われたのですが」
「はい。そぅです」
「ポイント交換の申し込みみたいなのは営業所で書きましたが、それがその用紙だったのでしょうか?」
「どのような用紙だったのか、こちらでは解りかねますが、たぶんそぅだったのでは」
「用紙にはK社へのカード発行申し込みなんて、一文も書かれていませんでしたよ?」
「状況を確認してみますので暫くお待ち下さい」
「・・・はい・・・」
「お待たせしました。『発行中』になっていますので、もぅ暫くお待ち頂ければ、お手元にカードが届くと思います」
「・・・では、もぅ少し待ってみます」

それから更に2週間が経った。
が、相変わらずカードは届かない。
改めて問い合わせてみた。
「かれこれ一月が経ちますが、未だカードが届きませんよ?」
「やはり『発行中』となっておりますので、もぅ暫くお待ち下さい」

更に2週間が経ったが、未だカードは届かず。


どないなってんのやっ!!!

このまま放置されるのか?
カードの発行に二ヶ月もかかるのか?
キャンセルするにしても、私が動かないとイケナイらしいし・・・。
ってか、何でこんな事で自ら動かないとイケナイのだ?

元を正せば、営業所の説明不足&不手際に問題が有ったとしか思えないのだが?

「待て」と云われたから大人しく待っているが、私の我慢にも限界が有るぞ。

下関時代からかれこれ10年以上の付き合いのあるM社。
こんな事でトラブルにはなりたくない。
だが・・・
この一月余りの私のイライラをどぅしてくれよぅ?

いっそのこと、M社の本社に『内容証明郵便』でクレームを提出し、善処されなければ賃貸料や年会費の『供託』でもしよぅかと迄思ってしまう。

そぅ。
私のイライラはそこまで来ているのだ(怒)。



ふぅ。

近日中に、暇をみてもぅ一度営業所に行ってみようと思う。
受付した担当者と所長に現状を訊き、対応してもらおぅ。
彼等が何と云おうが、私は動かないからね!
出来ない、と云うのなら、本社に掛け合う。
営業所若しくは本社がどのようなクレーム対応をするのか、楽しみである。



それにしても・・・
「サービスセンター」というところは、愛想は良いがマニュアル通りの対応しかしないものだな。
いや、出来ないのか。
残念な事だが、それも仕方がないか。




フレッシャーズ

テーマ:
新年度が始まった。
街では新入社員らしきスーツ姿の若者達が集団で闊歩している。
見るからに真新しいスーツ。
着慣れない風の姿。
何とも初々しいねぇ(微笑)。
入社式を終え、新人研修に入るのだろう。

毎年の事だか、彼等を見ていると、懐かしく思う。
と同時に
『初心忘る可からず』
と改めて身が引き締まる。
慢心する事なく、常に向上心を持って、日々の仕事に取り組まねば!