手洗い・うがい

テーマ:

テレビを観ていたら、
『普通の水でも効果は十分』
と云うニュースをやっていた。

何処かの大学(同志社だったかな?)の研究室の調査結果だそうだが、
『ヨード系のうがい薬でうがい』
『普通の水道水でうがい』
『うがいをしない』
の3タイプに分けて統計を取ったところ、
『普通の水道水でうがい』したグループが一番風邪をひかなかったとか・・・。

意外だったのが、
『ヨード系のうがい薬でうがい』『うがいをしない』グループの風邪をひいたパーセンテージが同じだったこと。
と云う事は・・・
『ヨード系のうがい薬でうがい』しても、その効果は期待できないって事か!?

んなアホな!?
うがい薬の製造業者からクレームがきそうな結果だ。

実は私も『ヨード系のうがい薬』を愛用している。
なのに扁桃腺を腫らしやすいのは、体質的なものだと思っていたのだが・・・。
違うのか!?

う~~~ん。
ま、今回の結果がどうであれ、
『うがいをする』事自体は、やはり風邪の予防にはなるのだろう。
と、思う。

今年も早速風邪をひいた私だが(- -;)
やはり愛用の「イソジ○」は手放せない。
効果に疑問を投げかけられた格好になったが、口内の消毒・殺菌の効果はあるようだし、何と言っても口内がさっぱり・すっきりするから好きなのだ♪

皆さんも、風邪予防には、まめに「手洗い・うがい」をして下さいね☆



ふと思ったのだが、
『ヨード系のうがい薬でうがい』をして、あまり効果が認められなかった原因は、被験者のうがい自体に問題があったのではなかろうか。
だって『ヨード系のうがい薬』は喉の奥までガラガラとうがいしようとすると、ちょっとツライ
慣れている私は全く平気(誤って飲み込んでも平気!)だが、慣れていない人だと、かなり咽せてしまうはず。
となると、喉の奥までうがい(消毒・殺菌)が出来ないから、結果、風邪をひいてしまう。
どぅだろう?



AD

職分

テーマ:

会社勤めをしている者にとっては、各々に仕事の分担がある。

   個人自営業者であれば、一人で全てをこなさなければならない事も多いのだろうが。

我が社でも、基本的には仕事の分担がある。

所長は主に営業関係。
私は主に事務関係。

   まぁ、社長・所長・私しかいない極小事業所だから、

   私は営業の補助もするし、
   社長・所長も事務の補助をする場合がある。

同じ社内にあっては、我が社のようにお互いがお互いの仕事をカヴァーしあう事は当然である。

が、しかし、全く違う会社(事業者)の仕事までを補助する義務は全く持って無いはずだ
   (互いに契約を交わしている場合は除く)
或る意味、相手業者の仕事を手伝う(補助する)という事は、その業者の仕事を横取りする事にもなるのだ。



先日、掃除のおばちゃんにこんな事を云われた。

「こないだね、貴方の隣の事務所の女の子がね」
うんうん。

「流しに残飯を捨てて、そのままにしようとしていたから」
・・・・・・。

「お隣の事務員さん(私の事)が、わざわざ土曜日に出てきて、キレイにしてくれているのよ」
ま、ついでにやっている事ですからね。

「って云ったの」
うんうん。

「なのに、知らん顔されちゃったわ」
あはははは・・・・・・。

ってか、残飯を流しの三角コーナーに捨てるのは普通でしょ?
私だって、そぅしている。
ただ、臭いのキツイ時や、三角コーナーが溢れそうになっていたら、古新聞に残飯(ゴミ)を包んでゴミ箱に捨てなおしますけどね。
   他の事務所の女子達は、それさえもしないが(怒)。

と云うよりそれをキレイにするのも、おばちゃんの仕事じゃないの?
少なくとも、二人前のおばちゃんはキレイに捨てて、更に三角コーナーまでも洗っていたよ?
今のおばちゃんは、ゴミは捨ててくれるけど、
汚れた流しや三角コーナーは洗ってないやん?

私は、事務所の洗い物のついでに、共用流しも掃除しているだけであって、本来なら、
掃除のおばちゃんの仕事(職分)だと思うのだが・・・。
おばちゃんは、ビルの共用スペースをキレイに掃除して給料をもらっている。
私がその場所をキレイにしたからといって、ビルの所有者(管理者)から手当をもらっているのではない。
サービス残業・サービス休出ならぬ、
サービス掃除だ。
手当(給料)をくれるというのなら「ついでの時」ではなく、毎週土曜日、掃除のためにビルに通うよ(笑)。

我々使用者が「共用スペースを汚す人」とは云わないし、皆が気持ちよく使えるためにも共用スペースをキレイに使う事は当然だと思うが、
共用スペースを掃除する事が我々の職分ではない
それは、掃除のおばちゃん、貴方の仕事であり、職分ではなかろうか

だから、おばちゃん。
私が「ついでに掃除をする」事が無いように、もっとキレイに・丁寧にお掃除してもらえないだろうか?(願)



AD

ちょっと考えてみた

テーマ:

我が社は「週休二日制」
土日祝が休業日。
1週間は7日。
だから、最長5日の勤務。

我が社は「残業」が無い。
したくても「出来ない」
理由は・・・・・・。
だが、こっそり(?)「休日出勤」をしている。
昼頃に出勤して、
早い時で15~16時、
遅い時で19時頃まで仕事をする。

私の仕事の仕方は「一気」
手を付け始めたら、終わるまで「一気」にやってしまいたい。
「集中する」というのか「ノッテくると止まらない」というのか(苦笑)。

だから、本心は
「休日出勤」するよりも「残業」する方が「気が楽」なのだ。

時々、
「事務所に寝泊まりしてでも仕上げてしまいたいっ!!」
と思う。
「通勤に掛かる時間が勿体ない」とも思うのだ。

そこで、ふと思った。

月曜日・24時間勤務
火曜日・休み
水曜日・24時間勤務
木曜日・休み
金曜日・24時間勤務
土曜日・休み
日曜日・休み
祝祭日・休み

現在の一週間の勤務時間は7.5時間×5日=37.5時間
上記の勤務だと、24時間×3日=72時間
おおっ!!!
倍の時間になるぞ!!!

完徹は出来ないだろうから、食事や休憩・仮眠の時間を取ったとしても、1日最低16時間くらいはみっちり出来そうだ。
それでも16時間×3日=48時間
現状で、残業が可能だとして、その残業時間を1日4時間限度(22時を過ぎると深夜残業になる。21時だっかたな?)として・・・
37.5時間+(4時間×5日)=57.5時間
あ・・・毎日残業する方が時間が長い・・・(ぽりぽり)。


いやいや、それでも「一気集中型」の私にとっては、24時間勤務と休みを繰り返す方が、楽かもしれない

(笑)。
実際、医療機関やホテル、24時間炉の火を絶やせない工場等では「2交代制」や「3交代制」で24時間勤務と休みを繰り返すローテーションを取り入れている機関や企業も少なくはない。

仕事が溜まってくるとストレスになる私にとっては、或る意味羨ましい勤務態勢だ。
通常の営業時間(我が社は9:30~18:00)は来客や電話、急な仕事でどぅしても手が止まる。
逆に言えば、営業時間外だと一つの仕事だけに集中出来るのだ。

「残業」だと・・・
夜遅く帰宅し、
ネコ達の世話をし、
風呂に入って、
お弁当を作って、
風呂に入って寝て、
朝早くに起きて、
ネコ達の世話をして、
出勤する。

はぁ・・・忙しい・・・。
仕事も忙しい。
帰宅してからも忙しい。
これでは心と体の休める暇が無いように思う。

やはり、

24時間働いて、
24時間自分の時間にする。

この方が「楽」だと思うのだが、どぅだろうか?



AD

キムチチャーハン

テーマ:

お弁当(キムチチャーハン)

久しぶりに「白菜キムチ」を買った。
(土曜日に買ってきたのであった)

キムチ・・・と云えば『キムチチャーハン』である(笑)。

で、久しぶりに作った。


う・・・・・・美味いっ!!!
ってか、私って天才!?

(ない、ない)

『辛い』は苦手な私だが『キムチ』は好き。
ちゃんとした(本物の)キムチは「辛さ」のなかにも「甘み」がある

そぅして私の一週間が始まった。

今週のお弁当は『キムチチャーハン』だ。
味付けのバリエーションはないが、気にならない。
だって・・・美味しいから(笑)。
だって・・・気にしないから(苦笑)。


いつものようにお弁当箱に詰めた残りが私の晩ご飯となる。
と云う事は・・・
お昼ご飯と晩ご飯が同じ。
気にしない、気にしない。
美味しければ、一週間同じメニューでも・・・(爆)。



お楽しみ

テーマ:

今日は雨の中、出社してきた。
と云っても、車で移動したので殆ど濡れる事は無かったが。

今日の土曜日出勤の目的は、
「洗い物」
であった。

毎月一回、月半ばに事務所で使用している茶器(来客用湯飲み・社員用カップ)や布巾等を漂白・殺菌するのである。

平日の勤務時間中でも、布巾と来客用湯飲みくらいなら浸け置き洗いは出来るのだが、社員用カップは終日使用している事が殆どなので、勤務終了時に浸け置きをして、翌朝洗わなければならない。

既に承知の通り、事務所の洗い場(流し)は共用である。
朝の時間帯は、ハッキリ言って争奪戦状態
そうでなくても、一日の業務の始まり。
その準備で大忙しである。
女子事務員が現在は私しかいない状態で、そんな無駄な時間は使えないし、使いたくない。

そこで、週末の業務終了後に浸け置きをして、翌土曜日に洗う事にしているのだ。
(他の事務所も土日は休みだから、洗い場は使い放題なのだ・笑)

ま、他にも溜まっている仕事はてんこ盛りある訳だから、土日の出勤はちょくちょくしている。

そんな休日出勤だが、楽しみもある。
勿論、溜め込んでいる書類がどんどん片づいていく事も楽しいのだが、何と云っても事務所の直ぐ近くには
「場外馬券場・WINS梅田」
がある。

インターネット投票を始めた今では、汚いWINSで購入する回数は減ったが、やはり手元に『投票券(馬券)』があると、何だか嬉しい。
当たっても、外れても(苦笑)。

今日は久しぶりに『馬券』を手にした。
明日『秋華賞』と云うGⅠレースがあるからだ。

せめてGⅠレースの馬券くらいは手元に持っておきたい。
と思ってしまったからだ(謎・爆)。

その馬券がこれ(↓)だ。

エアメサイア

購入金額は、毎回こんなもんである(苦笑)。

今回はもぅ一枚。

ラインクラフト

・・・・・・決めかねたのである(- -;)

さて、どうなるやら。
私は、テレビの前でこの二頭を応援するだけである(笑)。

これから年末にかけてほぼ毎週GⅠレースが開催される。
念のため云っておくが・・・
「馬券購入の為に出勤する」のではなく、
「出勤ついでに馬券を購入する」のである。

休日出勤のささやかなお楽しみである(笑)。



一言『な』

テーマ:

契約書や領収書にゴム印を押しながら一言・・・

「何でやねん!?」

くそ忙しいのに、何でうちがせなアカンねん!?
と愚痴ってしまいそぅになる。

が、他に人がいないのだからこれも仕方のないことである。

私がしなきゃ、誰がする!
(キャシャーンか!?謎)

・・・そぅして、私の抱え込む仕事は増える一方なのであった(涙)。



招き猫

テーマ:

招き猫

名古屋営業所が閉所となり、
「招き猫」も大阪へ引っ越してきた(笑)。

実はこのコ・・・
何となく、全体的に「茶色」っぽかったのである

言わずもがな・・・
煙草の「ヤニ」汚れである(- -;)

このコに限らず、
名古屋から引っ越してきた(持ってきた)備品の殆どに「ヤニ汚れ」が付いていた

   触るのを躊躇ったほどだった(- -;)

それらをマジック○ンでふき取り、何とか使用に耐える状態にしたのである。

パソコン
仕分け箱
ロッカー用の鏡
デスクマット

どれも見違えるほどキレイになった。


そして、事務用品・備品とは別便で遅れて引っ越してきた「招き猫」

案の定・・・・・・。

マジック○ンでキレイに拭いてあげたら、
まぁ!こんなに色白で可愛かったのね☆

以来、このコを拭くのが毎朝の日課となった私である(苦笑)。
ついつい
「可愛いねぇ」
「キレイにしよぅねぇ」

と話しかけながらぞうきんを掛けている私である(謎)。


それにしても・・・・・・
大阪に来た時は、ホンマに汚かった。

「招き猫」を大事に扱わなかったから、
名古屋営業所は閉所する羽目になったのでは?

と思ってしまぅ程であった(苦笑)。


因みに、元々、大阪にも「招き猫」が居る。

招き猫(ペア)

受付カウンターに鎮座している。
確か・・・
左手を挙げているのは
「客寄せ(繁盛)」
右手を挙げているのは
「招福(金運)」

ミニサイズの「招き猫」達である。

勿論、このコ達も毎朝キレイにしている私である(^-^)v



『精神科に行こう!』

テーマ:
大原 広軌, 藤臣 柊子
精神科に行こう!

笑えます。
通勤本としては不向きなのでは!?と思えるくらい。

ある日突然「パニック・ディスオーダー」になった元編集者の著者(大原広軌さん)と、彼が担当していた「鬱病」+「パニック・ディスオーダー」の漫画家(藤臣柊子さん)の漫画で綴られている。

「パニック・ディスオーダー」
今や広く一般にも(病名だけは)知られるようになった「パニック障害」と云われる病気である。
発症した当時は笑ってなんかいられないくらいに辛くて苦しい日々が続いていた。
が、精神科を受診し、クスリの処方を受け、今やほぼ完治に近い状態にある著者が、その経験を纏めた一冊である。
発症に至る経過・発症後の行動や考え・現在。
それらを実にあっけらかんとカミングアウトしているのである。

いや・・・笑える。
繰り返すが、当事者の当時の状況は決して笑えないのである・・・。

どぅなってしまったんだ!?オレの体!
激しい動悸。
手足の震え。

どぅなってしまうんだ!?オレは!
不安感。
焦燥感。
そして、脱力感・激しい感情の起伏etc.etc.・・・。

精神神経科系の病は誰でもがなり得る。
(友人の精神科医・談)

だが「心の風邪」とも云われるこれらの病は、完治が見込めるのだ。
だからこそ、こうしてあっけらかんとカミングアウト出来るのではないだろぅか。
何も恐れる事はないのだ。

「ヤバイかも?」
と感じたら、精神科へGo!だ。



因みに、私が今回買ったのはこちら(↓)。
 
大原 広軌, 藤臣 柊子
精神科に行こう!―心のカゼは軽ーく治そう  

文庫版である。
文春文庫Plusというシリーズで刊行されている。

更に、絵(漫画)を担当された藤臣柊子さんも同様のカミングアウト本を出版されていて、私も一冊読んだ。
それはこちら(↓)。

藤臣 柊子
病気じゃないよ、フツーだよ―神経科に行ってみよー

やはり文庫版で、光文社「知恵の森文庫」シリーズで刊行されている。
それはこちら(↓)


藤臣 柊子
病気じゃないよ、フツーだよ―神経科に行ってみよー


他にも何冊か出版されているようなので、興味のある方は是非!



昨日(10月2日)、何となく気分が優れず終日ぼんやりと横になっていた。
前日(10月1日)も自宅でぼ~っと過ごしていた(苦笑)。

土曜日は病院へ行かないといけなかったので(午前診のみ)、
朝普通に起きて、洗濯を済ませて(笑)病院へ。
病院を出たのが12時30分頃。
病院の近くに得意先があり、用事があったので伺ったが留守。
この後、事務所へ出勤する予定だったのだが・・・
気分が乗らず(えぇんか!?)帰宅。
帰宅後も片付けないといけないことが山盛りあったのだが、
「明日でえぇわ」
とうっちゃって、ゴロゴロしていた。
そのまま夜・・・。
そのまま就寝。
う~~~ん。
一体何時間寝たのだろうか?
ネコ達に晩ご飯をあげる為、途中で一度起きた記憶はあるのだが・・・。

気が付いたら、朝だった(爆)。

だが、何となく怠い。
腰も痛む。
何はともあれ、起きあがり、
ネコ達に朝ご飯を与え、我がもスープを飲み、
お掃除しなきゃ・・・と思うのだが、体が重い(最近太ったからなぁ・・・苦笑)。
暫くぼ~っとしていたが、どぅも頭がハッキリしない。
昨日(土曜日)事務所に行かなかったから、
今日こそは出社して、月曜日の準備をしないといけない・・・のだが・・・。

仕事もしたい。
部屋の掃除もしたい。
が、体が重い。
怠い。

あーーー!!!もぅえぇわ!!!
今日は(いや、今日もか!?)寝たるっ!!!

と云う事で(?)ゴロンと横になると、そのまま寝入ってしまった(>_<)
しかし、何故か寝苦しかったので、たぶん2~3時間おきに目が覚めたのだと思う。

う~~~ん、と寝返りを打つ程度で、直ぐに寝入ってしまったので、あまり記憶にないのである。

夜、ネコ達に起こされて、晩ご飯を与えたが、私自身は食欲がない。
と云うより、何だか胃が痛い
むかついている?
後片付けもそこそこに再び横になったのだが、今度は気分が悪く寝付けないのである。
寝付きの良さが取り柄の私としては、信じがたい事なのだが、
ちくちく痛むかと思えば、むかむかとしてくる。
そのうち、吐き気までが襲ってきたが、嘔吐はしなかった(謎)。
どうにも気持ち悪いので、胃薬を飲んでみたが、
速効効くというモノではないようで、暫くは
「うぇ~、うへぇ~」
とうなされ(?)つつ、布団の上を転げ回っていた。

が、そのうち寝入ったようだ。
2時間程して目が覚めたら、胃薬が効いたのか、気持ち悪い感じはなくなっていた。
そして、そのまま夢の中~zzz

気が付いたら朝だった(爆)。

気分は良かったのだが腰が痛い。
そりゃあ2日間殆ど寝ていたわけだから、固まってしまったのかもしれないが・・・(苦笑)。
ま、何とか起きあがり、
シャワーを済ませ、
私とネコ達の朝ご飯も済ませて、無事出勤。・・・・・・。

ひゃあぁあああ!!!
今日の資料がぁあああ!!!

ふっ・・・。

今日は朝から忙しかったぜ。

それにしても何だったのだろう?
何か悪いモノでも食べたのだろうか?
それとも、珍しく2日間一滴も酒を飲まなかったからだろぅか?
(それは無いな!爆)
体が怠いというのは、疲れが溜まっていたからなのだろぅが、
胃の痛み・むかつきは以前「胆石」を煩った時以来の冷や汗もの の感覚だった。

今日一日、元気に動けたので、ま、たいして心配は要らないだろぅ。
うん。
ただ・・・朝晩、随分涼しくなってきたせいか、腰痛大復活な今日この頃である。
サボっていた腰痛体操をまじめにしないといけないな(苦笑)。
そして、少し痩せなきゃ(爆)。