Def Tech 『My Way』

テーマ:

久しぶりにCDを買った。
約・・・1年振りである(苦笑)。

休日、車を運転している時、自宅でのんびりと過ごしている時、
つけっぱなしのFMラジオから流れてくるこの曲に惹かれた

落ち着いた気分で過ごしたい時間。
うるさく、耳障りに感じる曲はゴメンだ。
もちろん、元気だけが取り柄のようなDJなんてお呼びじゃない。

元気に、ノリノリになりたい訳ではない。
何となく、気持ち良く、自然と身体が揺れるような曲がいい。

Def Tech 『My Way』

英語歌詞は解らないし(苦笑)、日本語歌詞も早口。
ヒップホップ?ラップ?レゲエ?
まぁ、J-Popでいっか(^ ^;)
ジャンルなんて解らなくてもいいや。
とにかく耳に心地良いのだ。

歌っている歌詞の半分も聴き取れないが、
(英語はサッパリである・爆)

  ~地に足付け、頭雲抜け、進め前に前に前に~♪

このサビ(?)の部分に共感した。

私が、常日頃云ってる(思っている)事と同じなのだ。

 ~両足を大地にで~んとくっつけ、両手を空に広げて(掲げて)、
                     顔を上げ、前を向いて行こうよ~



何度も何度も聴いているうちに、どうしてもCDが欲しくなった。
いつでも聴いていたいと思ったのだ。


ショップに行き、シングルを探していたのだが、アルバムが売られていたので購入した。


歌詞カードを見て、驚いた。
収録曲の殆どが「応援歌」(苦笑)。

 
~何があったか知らないけど、
   もっともっと楽しもうよ!元気出せよ!ポジティブでいようよ!~
 ~ほら、こんなに楽しい事、面白い事、嬉しい事が
                        いっぱいあるじゃないか!


そんなメッセージが込められているように思った。


彼等は今後、どのような楽曲を作っていくのだろう。
とても楽しみにしている。



アーティスト: DEF TECH
タイトル: Def Tech


・・・英語さえこなせれば、カラオケで歌いたい私であった(爆)。
AD

制服

テーマ:

もぅ直ぐ6月。
6月から「夏服」に変わる。
所謂「衣替え」である。

制服のある職場で働かれている皆さんは、
この制服の管理はどのようにされていますか?
大切に扱っていらっしゃいますか?
そして、何年着用していらっしゃいますか?

例えば学生の頃。
小学校だと、6年間もある訳だから、成長に合わせて(デザインは変わらずとも)何度か買い換える事でしょう。

(私の母校は私服でしたが^^;)
中学校だと、初めに少し大きめの制服を用意し3年間使用する。
高校でも、基本的には3年間使用。

それぞれ、夏服・冬服が有り(私学では間服もあるらしいが)、2着を3年間着通す事になる。

元気な学生が着用するものだから、生地は丈夫な物を使用している。
これは、会社の制服にも共通している事である。

だからといって、乱暴に扱っていると、瞬く間にボロボロになる。

生地は綻び、糸も解れ、よれよれ・・・。
汚れも落ちにくくなり、どろどろ・・・。


さて、我が社の場合、女子に限り事務服が支給されている。
大体2年に一度、制服の入れ替え(買い換え)を行ってきた。

ところが、前回入れ替えを行わなかった。
その最大の理由は・・・
   経費の抑制(事務服って結構えぇお値段するんよ^^;)
そしてこの理由を支えている(?)のが、
   まだ着られる
と云う事。

纏めてみよう。
   まだ着られるのだから、買い換える必要はない
と云う事だ。

そしてこの6月に衣替えを迎える。

足かけ4年目の夏服である。
色が淡い(薄いピンク色)為か、洗っても落ちない汚れが所々ある。
しかし、着られない訳ではない。
ただでさえ物持ちのよい私(苦笑)。
週5日着用するが、傷みは少ない(と思う)。

5月31日までの冬服も足かけ4年着用。
流石にヨレとボロさが目立ってきた。
ブラウスに至っては、汚れが落ちなくなっている。
もぅ「限界」だろう・・・。

と云う事は、夏服も今年が正念場か(苦笑)。



本当は、前々から考えていた(思っていた)事がある。

それは、制服の廃止

お客様に直接接する立場であるし、決定権のない事務職である事を明確にする為にも、事務服の着用は有効であるとは思うのだが・・・。
元々通勤にはスーツを愛用。
現在、女子事務員は私だけ。
名古屋営業所も1人だけ。
しかも、名古屋営業所は、6月末日を持って閉所する事が決まっている。
ならば、わざわざ制服(事務服)を用意しなくてもよいのでは・・・。


と云う事で、冬服が終了する時に提案してみようと思う。

   制服を廃しスーツで勤務

よれよれになっている事務服を着ているより、ずっとえぇと思ぅんやけどなぁ(苦笑)。

AD

出張

テーマ:
名古屋営業所を6月末日で閉所する事が正式に決まった。

とても残念に思うが、成績を見る限り仕方の無い事であろう。
会社の成績も下降線を止められていない現状を考えると、必然の事であるようにも思う。


さて、営業所を閉めるという事は、その営業所の業務(残務)を引き継がなければならない


誰が?

大阪の所長である。

私は事務職。
名古屋も大阪も基本は同じ事をしているのだから、何ら問題はない。

問題は、営業に関する業務である。

現在名古屋営業所で抱えている債権(売掛金・不良債権等々)をどぅ回収していくか
既存の顧客への対応。
   まぁ、既存の顧客は、現在進行形以外は終了予定であるが(苦笑)。

その為にも、所長が債権の把握をしなければならない。

そこで、社長から所長への指令。

「名古屋へ行って、直接引き継ぎをして来い」


二つ返事で「はい」が普通だと思ぅのだが、所長は違った。

「行く必要があるのですか?」
「名古屋の所長に重要事項を書きだしてもらうでけで十分」

指示のあった出張日は5月31日。
一番忙しい日ではあるが、社長も終日在社予定だし、所長がいなくても何ら問題はないのだが・・・。

所長「月末の忙しい時に行っても、名古屋でも邪魔でしょう」
社長「暇や、暇や」
所長「そんな事無いでしょう。それに名古屋の債権は社長がご存じでしょう」
社長「暇や云ぅてるんや。長期不良債権しか知らんわ。ワシがやるんやったら、ワシが名古屋へ引き継ぎに行くわ。お前にやってもらうから、行け云うてるんや」
所長「書きだしてもらうだけで十分だと思いますが・・・」

ふぅ。ここまできて、社長はイライラ所長は不機嫌
なぜ、こんなに出張を避けようとするのか、私には解らない。
実際、所長の云うように「書き出すだけ」で名古屋営業所が抱える債権内容を把握出来るとは思えない。

そぅ。
全くやる気を見せないのである。

まるで「やっかいな仕事が回ってきそうだから、出来るだけ関与しないようにしよう」とでも思っているようだ。

確かに、距離の問題もあるので、素早いフォローは難しいだろぅが、元々顧客の元へは全く出向かず、全て電話と郵便で済ませようとする所長である。
その為に時期を逃し、不良債権化してしまっているのだと云う事に気付いていない所長である。
もっとも、本人はそのように思ってはいないようだが。
   或いは、気付いていても、知らん顔をしているだけなのか。


過去、同じ様な事があった。

神戸にも営業所があり、所長は元神戸営業所所長だったのである。
この神戸営業所を閉所し、大阪と統合した時に、神戸の債権と共に、所長もやって来たのである。

神戸の債権については、今まで自分が管理していた事だから、何ら問題はなかった。
しかし、大阪の債権は当時部長をしていた社長から引き継ぐ事になったのである。
   本当は、閉所に伴い、所長も解雇の予定だった。
   ところが、所長が必死に食い下がり(お涙頂戴物の手紙を社長宛に送った・爆)現在に至っている。
斯くして、不良債権は債権放棄し、良債権も不良債権化していった。
何故か。
理由は明白である。
社長(当時部長)の債権、特にややこしい不良債権には全く手を付けなかったからである。

おいおい・・・。

任された仕事は全うするのが当たり前でしょ?
解らなければ、同じ事務所に居るのだから、訊けばいいじゃないか。
そんな当たり前の事もせずに、放置するなんて、言語道断

この時は、社長が業を煮やし、結局ご自分で処理された。
これが実は今でも続いている
社長(本店)の債権を営業所に移しても、何もしないのである。
結果、私にお鉢が回ってくる。
事務員の私に。である。ふぅ。


所長にも得意分野があり、その点だけは社長も少しは認めているようだし、ご自分でも自慢にしている。
だが社長曰く「居なくてもワシにも出来る事だから、何れ辞めてもらう事になるだろう」

一社員としては充分に(?)仕事が出来ているかもしれないが、所長としては疑問である。


所長の名古屋出張は6月初旬と云う事で落ち着いたようだ。


まったく・・・。
そんなに今以上の仕事他人の仕事が嫌なのか?
毎日毎日、私の仕事にまで手を出し(ありがた迷惑・爆)、暇そうにしている所長
仕事が増えて嬉しくないのか?
まぁ、定時出勤・定時退社の所長では仕方がないか。
(注・残業や休日出勤をしろといっているのではない。もっと動け。と云う意味です)


社長の仕事が増える事は心配だが、さっさと切ってしまえばいいのに、と常々思う(苦笑)。

そう。
出来ない人間を抱えていられる程、我が社に余裕は無いはずなのだから。




あ・・・ついつい興奮してしまい、所長への非難ばかりになってしまったがご勘弁願います。
日頃の鬱憤が爆発してしまったようだ(苦笑)。
所長がこのブログを観ていない事を願う。
まぁ、会社のパソコンさえ触ろうとしないから、ネットなんぞするはずもないとは思うが(爆)。
しかし、もし何かの折にでも目に触れるような事が有れば、是非発奮し、危機感を持ち、ご自分の仕事の仕方、取り組み方、或いは心構えを見直してもらいたいと思う。
でないと本当に、近い将来「解雇」になりますよ。
AD

お休み中!?

テーマ:

え・・・っとですね・・・。
今日は、自宅に居ます。

『病欠』です。

『決算』の疲れが出たのかって?

いえいえ。
単なる体調不良

一応(?)女の子ですから(謎)。

起き上がると「くらくら」と目眩
立ち上がると「目の前真っ暗」「血の気が引く」

ここ数ヶ月・・・半年以上になるかな?
元々『キツイ』方ではあったが、キツサが増している(謎)。

ふぅ。

更に、腰がぁあああ!!!

う~~~ん。

お腹と腰は連動しているのか?


と云う訳で、本日グロッキー(汗っ)。


明日は「給料日」なので、
本当は今日の夕方には「給与振込」をしないといけないのだが・・・。
しかも、今月は『決算』に掛かりっきりだった為(言い訳)、
給与計算さえ未だである・・・(大汗っ)。


心配した社長から電話があった。

「明日、給料日やろ?どないする?」
   (いざとなれば、社長が計算して下さる)
「そうなんですが・・・。差し支えなければ、明日午前中に計算して、振込をしようかと・・・」
「明日は大丈夫なのか?」

「はい。大丈夫な予定ですので・・・」

   (キツサのピークは今日だと思われる・謎)
「振込したらななぁ。ほな、もしアカンようやったら明日朝、連絡しぃ」

「はい。申し訳ございません」

ま、たかだか5人分の給料計算
1時間もあれば出来る。
   (我が社は手書き明細・苦笑)

何とか明日は起きあがれるようになっている事を祈りつつ(?)
今日は大人しく自宅に籠っていよう。

   (夕方には、病院へ行く予定だが・・・
            あくまで「予定」・苦笑)


しかし・・・
世の働く女性達、特にバリバリ働いている女性達は、
どうやって、乗り切っているのだろぅ?
「鎮痛剤」に頼っているのか?
それとも「気力」で乗り切っているのか?

そんな事を考える度に、
「私は甘い」

と自己嫌悪に陥ってしまいそうになる。

せめてもの罪滅ぼし(?)の為に、
私は『病欠』は『病欠』として『欠勤』扱いにしている
勿論『有給』への振替は可能なのだが、
自分への『ペナルティ』として振替はしない事にしているのである。


はぁ。
明日は、今日よりは楽になっていて、
いつもより1時間早く出勤出来ると良いのだが。

決算!!

テーマ:

やっと、決算の書類が出揃った。

我が社は3月31日が年度末
以来、資料の作成・編集にかかりっきり。

ようやく、報告書と内訳書の作成にこぎ着けた。

本日、我が社を担当してくださっている会計士さんに
出揃った
「決算報告書」
「決算内訳書」
「3月末期残高試算表」
「元帳」の一部写し
「経費帳」の一部写し
を渡した。

後は、会計事務所の方で、
各税務署へ提出する書類を作って頂くだけ。


なんだかホッとしたなぁ・・・

と思う間もなく、
今度は、後片づけが待っている。

実は、この後片づけがまた一苦労なのだ。

ふぅ。

月内は、未だ会計士さんとの打ち合わせがあるだろうから、
のんびり(?)は出来ない。

6月に入ったら、ぼちぼち片づけていこか(苦笑)

「中陰の花」

テーマ:
著者: 玄侑 宗久
タイトル: 中陰の花

2001年「芥川賞」受賞作品です。


現職僧侶が書いた作品が受賞したという事で、

当時話題になった。


当時から読みたいと思っていたのだが、

文庫になっているのを見付け、速攻「買い」(苦笑)。


通勤電車内、二日で読破



朝からトリップさせて頂いた(爆)。



それにしても・・・

これが新人の作品なのか!?

と思わせる程の文章力!!


読者を作品世界に引きずり込む

このは一体何なのだろうか?


勿論、舞台の中核を成す「仏教」に作者が通じている事は疑いようもない事なのだが。


「小説」ではなく、

「私小説」なのでは?

と思わせる程に現実と非現実な世界が拡がる。



流石と云うべきか。



今更ながらではあろうが、

彼の今後の活躍を期待させる1冊だと思う。


「通勤本」としてもお薦めの一冊です。

来るモノ拒まず・・・

テーマ:

突然やってくる・・・イライラ


外回りをしている時
電卓を叩いている時
パソコンにデータを入力している時


別段、何事もなく、普通に仕事をしているのに、
ふと、胸に何かがこみ上げてくるような感覚があり、
それまで作業していた仕事とは全く関係の無い事が頭を過ぎり、

イライラ・・・。


頭を過ぎる事の殆どが、


『あたし、何やってるんやろぅ・・・?』
『こんな事(仕事以外)してる場合か!?』
『あたし、このままでえぇんやろぅか?』


といった事。


将来への不安(焦燥感)だけではない。


『何であたしが、こんな事せなアカンのや!?』
『あたしが、そこまでする必要があるんか!?』


といった、自分の行動に関すること等もある。

何の前触れもなく、突如として襲ってくるイライラ


ふとした瞬間に「ふっ」と頭を過ぎる色んな事。

私は囚われてしまい、感情が高ぶり、泣きそうになる。


仕事中だというのに!!


そして、このイライラは、
まるで何事もなかったかのように去っていく。

突如、現れ、
突如、消え去る。

そぅ。
イライラがやってきた時にしていた仕事から手を離し、
別の仕事に取りかかると、
イライラは消えるのです。



集中していないからだ!

なんてツッコミは勘弁してね。

どれだけ集中して事に当たっていても、
恐らくは自分でも気付かない程の『一瞬の気の緩み』を見逃さずに
イライラは私の中に入ってくるのだろう。


ま、イライラがやってきた時は、
出来るだけ仕事に集中し、イライラを頭の中から追い出そう。


『来るモノ拒まず、去るモノ追わず』
が信条の私であるが、流石にこればっかりは・・・ねぇ・・・(苦笑)。










云うまでもない。
「尼崎(福知山線)脱線事故」の責任を取る。
と云う事だ。

顧問は次回株主総会で、会長と社長は、事後処理後。

との事。


民間企業に限らず政界でも、大きな事故や不祥事が起こると、

必ずと行って良い程、トップや議員が辞任する。


実は、この手のニュースを見聞きする度に疑問に思うのです。

事故や不祥事を起こした等の本人が退職するのは当たり前だと思うが、
部下のしでかした事で、上司が辞任するのはどぅなんだ?と。

      確かに、監督不行き届きとかで、引責や連座責任は生じるし、
      また、人によっては、強く責任を感じることだろう。

しかし、それはあくまで対社会的な「面目」なのではなかろうか?

部下の「教育」「指導」「監督」が行き届いていなかった。
だから、その責任を取って辞任する


ちょっと待って!
辞任すれば、それで事が収まるのか?

私には、単なる「責任逃れ」にしか見えない。

事件・事故を起こすような(見逃すような)人物がトップにいる事は、納得出来ない。
と云う株主もいる事だろう。
遺族や被害者の方々にしても、そぅ思われる事でしょう。

しかし「責任」と云う事に関しては『違う』と思う。

責任の遂行=辞任

違うだろう?

事件・不祥事の渦中に居る者だからこそ、今後の改善に身を以て取り組めるのではないのだろうか?
また、取り組まざるを得ないのではなかろうか?

責任の遂行=同じ事を繰り返さない事

だと、私は思うのだが・・・。

辞任しないでいると、世間の風当たりは強いだろう。
しかし、その風を受け止め、強風を凪ぎに静め、

企業という名の舟を再び大海へ押し出してこその「責任の遂行」なのではなかろうか?

渦中に居る者だからこそ出来る事って有ると思う。
渦中に居る者だからこそ解る事って有ると思う。

辞任してしまっては、一社員・一議員に成り下がってしまっては出来ない事だと思う。



果たして、私の考えは「甘い」のだろうか?

事件・不祥事の責任は減俸・減給のペナルティで十分だと思う。
大切なのは

「同じ事を繰り返さない事」

なのだから。

昼休み

テーマ:

普通、きっちりありますよね?「昼休み」

派遣社員時代、某大手家電メーカーに行っていた頃は45分
そこ以外は1時間

さて、この1時間の「昼休み」に何をしているかと云うと・・・

・食事
・歯磨き
(お客様の前に出るのだからマナーです!)
・化粧直し(会社の「顔」?ですからね)
・読書か昼寝(5分の睡眠でもリフレッシュ出来ます!!)

今、勤めている会社は従業員数が・・・2人!
                       (社長を含めて3人)

勿論、昼休みは交代制。

上司も私もお弁当派です。
事務所のロッカースペース(ルームと云える程の場所は無い!)で食事を取る。


と云う事は、必然的に留守番は1人。

来客や電話が立て込んで来ると、
食事中だろぅが、
寝ていようが、
はたまた事務所を出て歯磨きをしていようが、

呼び出される・・・。

来客や電話が重なり、一人で対応出来ないならまだしも、
関係なく私は呼び出される

ゆっくり食事も出来ない。

私宛の電話くらい、
「食事に出ていますので、折り返し電話させます」
と云えば済む事なのに、
上司は私に取り次ぐ

おいおい・・・。

食事中は勿論、
化粧直しの途中であろうが、
お構いなしである。

歯磨きをしていようが、
洗い物をしていようが、
わざわざ呼びに来る・・・。

本を読んでいる時とか、
昼寝をしている時(苦笑)とかなら、
まだ・・・ねぇ?

『仕方がない』と云うべきか、
『当たり前』と云うべきか、
まともに「昼休み」を取れる事を
『贅沢』と思うべきなのか・・・。

ま、
『お客様あっての商売』
なのだから、どんな時でも
『お客様第一』『お客様最優先』
なのだろう。


解っちゃいるけど・・・
「昼休み」くらい休ませて!!

朝の掃除

テーマ:

皆さんの勤め先では「掃除」を何時されていますか?

従業員が多く、自社ビルに勤務の方なら、
「掃除のおばちゃん」が全部やってくれているかもしれませんね。

しかし、我が社のような小企業では、
社員総出で事務所等の掃除をされている事と思います。

我が社は3人。
そのうち社長は常に遅出なので、
所長と私の二人で掃除をする。

小さい事務所だが、
所長はカーペットの埃取り(コロコロ使用)。
私は雑巾片手にふき掃除。

出勤後、直ぐに取りかかる。
勿論、毎朝。
先月の脱線事故以来、延着を考慮し、今までよりも2~3本早い電車に乗っている。
(懸念している程の延着は、今のところ無いが)
当たり前だが、その分早く事務所に着き、掃除に取りかかる。
従って、所長が出勤してくる頃には、ふき掃除が殆ど終る


実は、この「朝の掃除」でもめた事がある。
それは、山口・下関の会社に勤めていた時。

従業員20名足らず。
いわゆる同族会社で、
 社長  =一家の主(常勤)
 専務  =社長の奥様(常勤)
 取締役=長女(非常勤)・次女(非常勤)・長女の婿(常勤)
と云う役員構成。
これに従業員。
 男子営業マンが8人。
 女子事務員が3人。
 配送運転手が3人。

ある冬の朝、いつものように出勤してきた社員達で事務所と倉庫の掃除をしていた。
しかし、この朝は雪の為付近の道路が渋滞
社員全員が車通勤の為、皆の出勤が遅れ、掃除の開始も遅れていた。
始業時間になっても社員が揃わないという状態。
私を含め、5人で掃除をしていた。

始業時間になり、私達は掃除を終え、朝の仕事に取りかかり始めた。
そこに専務が事務所へ降りてきた(事務所の2階が自宅)。

ご自分の席に付き一言。

「ちゃんと掃除したの?」
「電話拭いた?」
「書架は?」

私が拭き掃除をした範囲外。
もう一人の女子事務員と二人で拭き掃除をしていたのだが、見ていなかったので解らない。
彼女は朝の品出し(ピッキング)の為、既に倉庫に出ていた。

私「多分、拭いていると思います」

専務「これでも?」
と云って、書架を指先でなぞった

「全然出来ていないじゃない!やり直し!!」

・・・まるで嫁姑の会話・・・(苦笑)。

勿論再度雑巾を手にしましたよ。

以来、今までよりも早く出勤し(事務所一番乗り!)、掃除に勤しんでいた。

だって、悔しかったのですもの!

ところが、数ヶ月後の社員会議の席で、
私が早く出勤して「掃除をしている事」が話題に上った。

議長(営業部長)曰く、
「Mさん(私の事)、出勤早過ぎ。営業も含め、社員全員で掃除をするのだから、時間を合わせるように」
と云うのである。

自分の担当範囲外の掃除の事でリテイクをされるくらいなら、自分で全てやってしまいたいのである。
早く出勤する事も、掃除に精を出す事も、非難(?)の対象になるなんてこれっぽっちも思っていなかった。

勿論反論した。

「早出は、道路も空いているし、事故渋滞があっても時間に余裕があるので仕事に遅れない」
「営業に掃除をさせるのは申し訳ない」
「掃除でダメ出しを出され、仕事が遅れるよりはマシでしょ」

我々も手伝うから(手伝ってくださっていたが^^;)、もう少しゆっくりおいで。

・・・って・・・。

「なら、掃除が行き届いていないなんて文句を言わないで!」

悔しかった(謎)。



今の会社は、多少手を抜いても何も言われないし、
出勤が遅れ(延着で)、掃除の時間が無い時等は、掃除自体をしない(出来ない?)事もある

ま、朝から掃除の行き届いた事務所で仕事をするのは気持ち良いが。



今までよりも早い時間に出勤し、一人で拭き掃除をしていると、
悔しい思いをした時の事が思い出されて、泣きそうになった(苦笑)。

が、私はまた来週も早めの出勤をする。
少なくとも脱線事故の復旧工事が終り、通常運行に戻るまでは。
そして、朝からせっせと掃除に励む事にしよう。