お引越しっ♪

テーマ:


おべんとう日記。


このおべんとう日記、引越しをすることになりました。


http://felicia375.blog24.fc2.com/


が新しい日記になります。

今までどうもありがとうございました。

そして、、、、

今後ともどうぞよろしくお願い致しますっ♪


AD

おべんとう日記にお邪魔しているハル日記。

新しいページを設けたので、良かったら遊びに来て下さいね♪

これからもどうぞよろしくお願い致しますっ♪

http://haru375.blog10.fc2.com/


そして、このおべんとう日記も近々移動する予定です♪

ただ今、準備中~。。。。

AD

3日前からハル日記2が何故か消滅してしまい、ただ今、問い合わせ中です。。。

遊びに来てくださって、そしてご心配くださって、本当にどうもありがとうございます。。

ハルもかぁちゃんも元気です♪(かぁちゃん、かなりショックでシクシク状態ですが。。。)

復旧復活再始動までもうしばらくお待ちくださいね♪

それまでハルは、、、、
おべんとう日記。 すぴぴのぴーっ。。。









AD

縁起を担いで御節料理

おべんとう日記。-b



おべんとう日記。-os16 明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。
おべんとう日記。-os17 年越し前に疲れてしまい、折角ままがいろいろ御節料理GOODSを送ってくれたのに、御節を作ることを泣く泣く断念したのは数日前。そして迎えた大晦日、、、。2010年最後の日、楽しかった2010年に笑顔でサヨナラしようとしたら、、、、なんと哲がギックリ腰に。。。。その後も、度重なる小さな不運が数時間のうちに続き、、、やっぱり、(哲が)厄年だからかなぁ。。」と思い出さざるおえないような気分になってしまいました。
おべんとう日記。-os15 この一年は「厄年だからこそ、HAPPYになってみせるっ!」と厄年を気にするどころか、厄年であることをプラスに捉えていたのですが、なぜか大晦日は落ち込んでしまいました。でも、悪いことは2010年最後の日に起こったのだから、2011年はきっと素晴らしい幕開けになるに違いないっ!と思い、哲が元気に起き上がることを期待した元日の朝、、、、やっぱり哲、動けません。。。。これはどうしたものか、、、、。そうだっ!寝正月にしようと思っていた怠惰な心を入れ替えて、お正月から私は働こうっ!御節料理を作って縁起を担ごうっ!と、いきなり捻り鉢巻気分で、腕をまくり、キッチンに立った私でした。というわけで、お正月に入ってから御節を作りを始めた私です。
おべんとう日記。-os3 御節を作らないと決めた年末だったので、里芋、蓮根、牛蒡などのお野菜に始まり、豪華な食材が足りません。でも、あるもので何とか。哲がベッドで寝ていた元旦、ハル散歩4回の合い間を縫って御節作りに励みました。これで何とか哲の元気がでますように。
おべんとう日記。-os9 いろいろな意味がある御節の品目。一つ一つ願いを込めて作りました。まずはもちろん、、、
おべんとう日記。-os12 黒豆。ままが折角黒豆とレシピ重曹を送ってくれたので、これ無しには始まりまらないでしょう。黒豆は皺を寄らないように煮なくてはならないと思っていたので、黒豆を煮るのはちょっと怖かったのですが、、、、どうやら皺を寄せないように煮るのは関西風関東はむしろ「皺を寄るのを長寿に見立てて」皺を寄せて煮るそうです。ということはどっちに転がっても良いってこと。そう思ったら気が楽になりました。「一年をまめに働く、まめに生きる」という意味の黒豆、古釘と一緒に6時間くらい煮て、ふっくらと煮ることが出来ました。なんだか、今まで「ママしか作ることが出来ない」と思っていたものが作ることが出来たので、嬉しかったです。
おべんとう日記。-os4 次は紅白なます
おべんとう日記。-os13 そして田作り。昔は田畑の肥料に「ごまめ」を使い、大豊作になったことから「田作り」と言われるようになったようです。五穀豊穣を祈る田作り、私は白胡麻たっぷり目に作りました。
おべんとう日記。-os5 「よろこぶ」から来ている昆布巻きは、中に巻く身欠きにしんなどもある訳が無く、、、、ただ干瓢で巻いただけです。
おべんとう日記。-os1 そして高野豆腐の含め煮松の型羽子板の形にしました。
おべんとう日記。-os18 次に筑前煮。里芋も、蓮根も、牛蒡も入っていない筑前にですが、いつもよりも手間をかけて作りました。人参はもちろん梅の形に。そしてきんとんは、、、
おべんとう日記。-os19 寒天で少し固めて羊羹式に。「金団」という言葉から、「裕福でありたい」という思いで作る金団、お金はいらないので(全く無いと困るので少しは欲しい。。)心が裕福になりますように。本来は伊達巻を作りたかったのですが、海老もそして簡易式のはんぺんも無かったので、、、、
おべんとう日記。-os6 卵焼きを瓢箪に見立てることにしました。皆さんの御節を見ると本当に豪華で素晴らしく、、ちょっぴり寂しい気もしますが、、、、ある物で作ったこれが私の精一杯の御節。これに関東式のお雑煮を頂きます。はぁ、、、やっぱりお正月はこれが無いと。。。。作って良かったぁ。。そもそも、日本の文化が大好きな私が御節を作らないと決めたのが悪かったのかもしれません。作らないと決めてもちょっぴり後悔していたり。ということで、哲がギックリしてくれて、むしろスッキリした気分で御節料理作りに励むことが出来た私でした。ギックリ腰になってくれた哲、そしていろいろ送ってくれたまま、どうもありがとう。。
おべんとう日記。-os8 一つ一つ丁寧に作った御節はどれも美味しく頂きました。哲もとても喜んでくれました。

これで一年健康に過ごせますように。とりあえず、、、早く哲の腰が治りますように。。。


明けまして、おめでたくなりましょう!






BUTCHER'S BLOCKでTAKE OUTっ!

おべんとう日記。-b2


おべんとう日記。-BU7 私の猪突猛進な性格で、準備だけですっかり疲れきってしまった御節料理。いえ、恥ずかしながら、準備どころか、計画だけで疲れたと言うのが正しいです。ということで、「お正月は楽すべきっ!」という哲のアドヴァイスを元に、大晦日の今日は、アレキサンドリアにあるレストラン付随のお肉屋さん、すっかりお気に入りになってしまったBUTCHER’S BLOCKTAKE OUTをすることにしました。このお肉屋さん兼ワイン屋さんは、置いてあるお肉やお惣菜の種類はいつも「その時にあるもの」。つまりは新鮮な物なので、毎回行くたびに置いてある物が違います。前回は、PORK SHANKGOAT CHEESEサンドウィッチを買って大正解でした (←クリック)。今日は何があるかなぁ、、、と楽しみに行くと、見たことがないような、いえ、テレビで見た覚えがある物が売っていました。それはCAULという物です。実際には、CAULに巻かれた鶏腿肉です。
おべんとう日記。-BU4 CAUL、、日本語では大網膜。サンクスギビング前にFOOD NETWORKを見ていたら、とあるシェフが、骨無しターキーに詰め物をして巻き、そしてこのCAULでそのロールを包んでいたのでした。それは、レースのようになった脂。どうやら豚や羊の胃の中の薄い脂肪膜みたいです。脂と思わなければとても綺麗なレース。ホアグラやほうれん草のスタッフがされた鶏腿肉がそのレースに巻かれて売られていたのです。これは試したいということで、このホアグラ入り鶏腿肉と、もう一種類、サルティンボッカ風鶏腿肉(プロシュートとセージを鶏腿肉で巻いた物)、そしてGOAT CHEES大好きな私は、またまたGOAT CHEESEサンドウィッチを買うことにしました。これらを嬉しく持ち帰り、夜ご飯の準備をしたのでした。
おべんとう日記。 鶏肉は両方とも強火でフライパンで焼き付けて、そのままオーブンへ入れて火を通すことにしました。フライパンで焼き付けた段階でものすごい脂。。CAULの脂肪が溶けたのでしょう。こんがり焼き目が付いてから、脇にマッシュルーム紫玉ねぎを入れ、フライパンごとオーブンへ。15分くらい焼いたでしょうか。竹串を刺して透明な汁が出てきたので大丈夫かな?そして、いつもお料理番組を見ていて「良くみんなしないなぁ。。危ないなぁ。。」思っていたことを私はしました。。。すっかりフライパンごとオーブンに入れたのを忘れて、フライパンの鉄の柄をガシッと。。。。。一瞬、何が起こったのか理解できず、数秒後。もちろん悲鳴を上げましたぁ。すぐにお水で冷やしましたが、沁みること、沁みること。。。哲には「氷水じゃないと駄目だよっ!最初が肝心なんだからっ!」と言われたのですがぁ、、、実は我が家の冷凍庫。氷受け皿を撤去して、そこにも私の大事なアイスクリームがいるのです。ということで、氷が無いのです。。。。。でも、何とか手は大丈夫でした。。。気をつけなくちゃ。さぁ、そんな風に相変わらずドッタンバッタンでしたが、出来上がりました。美味しそう。。。そして切ってみると、、、、
おべんとう日記。-BU8 何ともジューシー。そして、ブランチではありませんが、オレンジ果汁とシャンペンで作ったミモザで乾杯をし、、、、「一年間、ありがとう。。」

頂きますっ!
おべんとう日記。-BU9 鶏肉、、、こんな鶏肉は初めてです。柔らかさ、味、ジューシーさ、きっとアメリカで今まで食べた鶏肉の中で一番美味しい鶏肉かもしれません。いえ、絶対にそうっ!感動の味でした。。チリにいた頃、良く頂いていたフォアグラ、2人とも大好きだったので、このフォアグラ入り鶏肉は、鶏肉に深みを出して美味しかったぁ。きっと、周りに巻きつけたCAULもジューシーさの秘訣なんでしょうね。でも、考えてみたら、ものすごい高カロリー。。
おべんとう日記。-BU3 そして、もう一つのサルティンボッカ風鶏肉も美味しかったです。こちらは鶏の皮をそのまま残してあるスタイル。皮もパリパリ、そしてプロシュートの塩気とセージの香りが美味しいお肉でした。
おべんとう日記。-BU2 もちろん、私の大のお気に入り、GOAT CHEESEサンドウィッチはいつ頂いても申し分ありません。。(なんてたったの二度目ですが)。。

今年はお家でひっそり大晦日。

紅白はありませんが、美味しいご飯に満足の夜でした。

一年、どうもありがとう。

一年、ご苦労様でした。

そして、楽しかった2010年、さようなら。。