NBAドラフト2017が明日現地6月22日(木)に開催

テーマ:

NBAドラフト2017がいよいよ明日現地6月22日(木)に開催。

 

ロッタリーの結果のドラフト指名順は下記。

NBAドラフト2017 ロッタリーの結果、キングスは1順全体5位・10位、2順全体34位に確定

 

ここからトレードが行われ、76ersとホーネッツがトレードアップし(※1、※2)、

ペリカンズが指名権を増やした(※3)。

 

 

全ての指名順は下記。
 
■ドラフト1順
1位 フィラデルフィア・76ers (※1)
2位 ロサンゼルス・レイカーズ
3位 ボストン・セルティックス (※1)
4位 フェニックス・サンズ
5位 サクラメント・キングス
6位 オーランド・マジック
7位 ミネソタ・ティンバーウルブズ
8位 ニューヨーク・ニックス
9位 ダラス・マーベリックス
10位 サクラメント・キングス
11位 シャーロット・ホーネッツ
12位 デトロイト・ピストンズ
13位 デンバー・ナゲッツ
14位 マイアミ・ヒート 

15位 ポートランド・トレイルブレイザーズ
16位 シカゴ・ブルズ
17位 ミルウォーキー・バックス
18位 インディアナ・ペイサーズ
19位 アトランタ・ホークス
20位 ポートランド・トレイルブレイザーズ
21位 オクラホマシティ・サンダー
22位 ブルックリン・ネッツ
23位 トロント・ラプターズ
24位 ユタ・ジャズ
25位 オーランド・マジック
26位 ポートランド・トレイルブレイザーズ
27位 ブルックリン・ネッツ
28位 ロサンゼルス・レイカーズ
29位 サンアントニオ・スパーズ
30位 ユタ・ジャズ

■ドラフト2順
31位 シャーロット・ホーネッツ (※2)
32位 フェニックス・サンズ
33位 オーランド・マジック
34位 サクラメント・キングス
35位 オーランド・マジック
36位 フィラデルフィア・76ers
37位 ボストン・セルティックス
38位 シカゴ・ブルズ
39位 フィラデルフィア・76ers
40位 ニューオーリンズ・ペリカンズ
41位 アトランタ・ホークス (※2)
42位 ユタ・ジャズ
43位 ヒューストン・ロケッツ
44位 ニューヨーク・ニックス
45位 ヒューストン・ロケッツ
46位 フィラデルフィア・76ers
47位 インディアナ・ペイサーズ
48位 ミルウォーキー・バックス
49位 デンバー・ナゲッツ
50位 フィラデルフィア・76ers
51位 デンバー・ナゲッツ
52位 ニューオーリンズ・ペリカンズ (※3)
53位 ボストン・セルティックス
54位 フェニックス・サンズ
55位 ユタ・ジャズ
56位 ボストン・セルティックス
57位 ブルックリン・ネッツ
58位 ニューヨーク・ニックス
59位 サンアントニオ・スパーズ
60位 アトランタ・ホークス

 

 

ドラフト指名権に関わるトレード内容は下記(それぞれ獲得した選手・指名権)。

 

※1

■フィラデルフィア・76ers

・2017年ドラフト1順全体1位指名権

 

■ボストン・セルティックス

・2017年ドラフト1順全体3位指名権

・将来のドラフト1順指名権

 

※2

■シャーロット・ホーネッツ

・2017年ドラフト2順全体31位指名権

・ドワイト・ハワード

 

■アトランタ・ホークス

・2017年ドラフト2順全体41位指名権

・マルコ・ベリネッリ

・マイルズ・プラムリー

 

※3

■ニューオーリンズ・ペリカンズ

・2017年ドラフト2順全体52位指名権

 

■ワシントン・ウィザーズ

・ティム・フレイジャー

 

 

全体1位がポイントガードの選手が有力という中で

アイザイア・トーマスの居るセルティックスが全体1位を譲渡するのは当然。

 

それとドワイト・ハワードがすっかりトレードの駒になってしまっているのは悲しい。

 

 

 

 

この3つのトレードに加えて、レイカーズとネッツの間で

ドラフト指名権が関係しないトレードも成立。

 

■ロサンゼルス・レイカーズ

・C ブルック・ロペス (29才:9シーズン)

2017-18シーズン・サラリー:2264万ドル
(3年総額6390万ドルの3年目)

・2016-17シーズン
75試合出場(75試合先発)・29.6 MPG
20.5ポイント(FG% 0.474)- 3P% 0.346 (134/387)- FT% 0.810
5.4リバウンド・2.3アシスト・1.7ブロック

ブルック・ロペス スタッツ

 

 

■ブルックリン・ネッツ

・PG ディアンジェロ・ラッセル (21才:2シーズン)

2017-18シーズン・サラリー:556万ドル
(ルーキー契約の3年目で、2018-19シーズンはチームオプション)

・2016-17シーズン
63試合出場(60試合先発)・28.7 MPG
15.6ポイント(FG% 0.405)- 3P% 0.352 (135/382)- FT% 0.782
3.5リバウンド・4.8アシスト・1.4スティール

ディアンジェロ・ラッセル スタッツ

 

 

・C ティモフィ・モズコフ (30才:8シーズン)

2017-18シーズン・サラリー:1528万ドル
(4年総額6400万ドルの2年目)

・2016-17シーズン
54試合出場(52試合先発)・20.4 MPG
7.4ポイント(FG% 0.515)- FT% 0.808
4.9リバウンド・0.6ブロック

ティモフィ・モズコフ スタッツ

 

 

レイカーズにとっては、今年の全体2位で有力PGを確実に指名できるので

ディアンジェロ・ラッセルを放出してでも、不良債権化してしまっており

しかも今後3年間サラリーキャップを圧迫するティモフィ・モズコフを放出できる。

 

ネッツにとっては、PG豊作年とは言っても全体22位まで残っているとは思えず、

2年間経験を積んで計算のできるディアンジェロ・ラッセルを獲得できた。

またサラリーキャップに余裕があるのでモズコフを引き受けても問題なし。

どちらにとっても良いトレードだったという事か。

モズコフもネッツに行けば復活するかもしれないし。

 

 

 

後はキングスが指名する選手を楽しみに待つだけ。

AD

NFLネットワークの『トップ100プレイヤー2017』が21位まで発表

(チーム名は2016シーズンに所属していたチーム)。

Top 100 Players of 2017

 

 

ここまでの順位は下記。

NFL『トップ100プレイヤー2017』が41位まで発表

 

 

21位(↓前年20位) CB リチャード・シャーマン (シーホークス)

22位(↓前年21位) QB ベン・ロスリスバーガー (スティーラーズ)

23位(↓前年 9位) TE ロブ・グロンコウスキー (ペイトリオッツ)

24位(↓前年17位) QB ラッセル・ウィルソン (シーホークス)

25位(↓前年23位) OT ジョー・トーマス (ブラウンズ)

26位(↑前年91位) TE トラヴィス・ケルシー (チーフス)

27位(↑前年69位) RB ルショーン・マッコイ (ビルズ)

28位(↑前年圏外) SS ランドン・コリンズ (ジャイアンツ)

29位(↑前年圏外) WR マイク・エヴァンス (バッカニアーズ)

30位(↑前年66位) FS アール・トーマス (シーホークス)

 

31位(↑前年圏外) QB マシュー・スタフォード (ライオンズ)

32位(↑前年65位) CB マーカス・ピータース (チーフス)

33位(↑前年圏外) RB デマルコ・マレー (タイタンズ)

34位(↓前年32位) SS キャム・チャンセラー (シーホークス)

35位(↓前年 3位) DE J.J. ワット (テキサンズ)

36位(↑前年圏外) WR タイリーク・ヒル (チーフス)

37位(↓前年34位) CB アキーブ・タリーブ (ブロンコス)

38位(↑前年49位) DT フレッチャー・コックス (イーグルス)

39位(↑前年圏外) MLB ボビー・ワグナー (シーホークス)

40位(↑前年圏外) OLB ヴィック・ビーズリー (ファルコンズ)

 

 

ここまで来るとおなじみの名前ばかり。

 

 

シカゴ・ベアーズからはRBジョーダン・ハワードくらいしか入らないと思ってたけど

21位まで名前が無いとなるとランク入りして無さそう。

AD