前川孝雄の"はたらく論"

「人が育つ現場づくり」の専門家集団(株)FeelWorks代表取締役の前川孝雄が、この国の人材育成・キャリア支援をあるべき方向に持っていく処方箋を書き綴ります。

NEW !
テーマ:

 

住友銀行秘史住友銀行秘史
1,944円
Amazon


を読みました。

 

***********************************************

・磯田会長の取り立てがなくても、実力で

 取締役になれると思っていた

 

・87年4月に渋谷東口支店長

 預金額を50億円から500億円にした

 

・営業部隊に、一日100件、お客さんのところを回ろうと提案した

 

 一件あたりにかけられる時間は3~4分

 

・部下に「今度の支店長は本社の企画畑を歩いてきたエースで、

 将来の幹部候補ナンバーワン」と言わせて回った

 

 

・「乞食と支店長は3日やったらやめられない」

 

 

・銀行員の人生というのは、まず一番の目標は支店長になること。

 支店長になったら次は、取締役になること。

 それから、経営会議メンバーである常務から上になることだ。

 そして最後は頭取になることだ。

 だから、支店長になるということはとても重要なのだ

 

 

・この磯田体制こそが住友銀行に生じたひずみの原因だと思っていた。

 権力必腐。

 

***********************************************

 

いまは無い中堅商社イトマンと

住友銀行幹部の癒着の顛末を実名で明かしつつも、

そこに描かれるのは、権力闘争の物語。

 

読み進めながら、強く感じたのは、

「白い巨塔」「不毛地帯」など、山崎豊子さんの小説そのまんま、

人気ドラマ「ドクターX」そのまんま、な

男性の出世争い、権謀術数が繰り広げられる派閥争い

が、やはり巨大企業・組織にあるのだ、ということ。

 

僕は、大企業の幹部管理職を最後に

独立起業し、出世レースから降りてしまった身なので、

ある種、俯瞰して、その大変さや、

(言葉を選ばずに言わせて頂くと)滑稽さも

感じられます。

 

現在、僕が営むFeelWorksでは、

女性活躍・女性登用のコンサルティングを多々手掛けていますが、

そこで課題に必ず上がるのが女性の昇進意欲の低さです。

 

ただ、だからこそ、こういった男性社会ならではの

どろどろした出世レースを間近に感じるほど、

女性をはじめとした多様な人たちは、

昇進したくないな、という気持ちをより強くしてしまうのではないか

と、あらためて危惧せざるを得ませんでした。

 

組織とは歴史を重ね、大きくなるほど、

内向き・後ろ向きの論理が強くなり、

減点主義、足の引っ張り合いも生まれてしまいがちなのですが、

でも、それでは顧客や社会のお役に立ち、

長期的に企業として健全に発展・成長していくことは困難です。

 

この秘史を反面教師に、これからを担う

リーダーの皆さんには、外向き・前向きな視点で

イノベーションを起こしてほしい、

そして加点主義で、俯きがちな日本を変えていってほしいと

強く願います。

 

その支援のためにこそ、僕たちFeelWorksも

一層、粉骨砕身、働きたいと思います。

 

すべては、この国に「人が育つ現場」を取り戻すために。

 

■今年渾身の新刊、書店で売行き1位続々♪

「働きがいあふれる」チームのつくり方 (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥950

Amazon.co.jp


 

■ありそうでなかった実務入門書、好評発売中♪■

この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書/総合法令出版

¥1,620

Amazon.co.jp
 

■約2年ぶりの最新刊、おかげさまで売れています♪■
上司の9割は部下の成長に無関心 「人が育つ現場」を取り戻す処方箋 (PHPビジネス新書)/PHP研究所

¥918

Amazon.co.jp

 

 
苦手な人ほど上手にできる 女性の部下の活かし方 (メディアファクトリー新書)/メディアファクトリー
 
¥777
Amazon.co.jp
 

あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)/明日香出版社
 

¥1,365

Amazon.co.jp

()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね
◆FeelWorksのホームページ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
早いもので、来年は創業10年目。

たった一人。
スキルもノウハウも無い無いづくしのなか、
あるのは「人を大切に育て活かす社会づくりへの貢献」
という志のみだったFeelWorksが、
ここまで生かされたのは、
すべてのご縁のおかげさまです。

感謝しかありません。

次の10年に向けて、
事業のアクセルを踏み込む師走。

自分の本来業務でなくとも、
前向いてもがく仲間を見ると、
一肌もふた肌も脱ごうとしてしてくれるFeelWorksの仲間たちの絆に感無量です。

いかに経験値がなくとも、
いかに納期が短くとも、
出来ない理由をあげつらうのではなく、
出来る方法を探し出す知恵と執念こそ、FeelWorks魂です。

すべては、
この国に「人が育つ現場」を取り戻すために。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第10位  民間平均年収415万円と比較。

      高い?都知事2200万円・議員1560万円・職員680万円

 

 

第9位 全国から集った幹部候補生40名に上司力合宿研修開講中!

 

 

第8位 「会いたい、話したい、無性に。」

     戦争・特攻が引き裂いた恋人たちの絆

 

第7位  「自分を導くなら頭を使い、人を導くなら心を使え」

     リーダーシップの真理は普遍

 

 

第6位  40代未婚者の64%が親と同居する時代。     

     アラフォー独身女子会実況中継!? 

 

 

第5位   入社2年目女子が
    "上司との飲みニケーション"を       

     3カ月実行して気づいたこと。  

 

 

 

第4位  バッファロー吾郎Aさんが語る、  

     売れる芸人・売れない芸人  

 


第3位   もし早期退職したらどうなる?     

  ---生き残るのは健全な楽観主義ミドル

 

 
 

第2位 「素直」と「純粋」の違い。

     社会人に求められるのは「素直」

 


 

 

第1位  課長VS部長    

      求められる能力はどう違う?

 

 

すべては、この国に「人が育つ現場」を取り戻すために。

 

■今年渾身の新刊、書店で売行き1位続々♪

「働きがいあふれる」チームのつくり方 (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥950

Amazon.co.jp


 

■ありそうでなかった実務入門書、好評発売中♪■

この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書/総合法令出版

¥1,620

Amazon.co.jp
 

■約2年ぶりの最新刊、おかげさまで売れています♪■
上司の9割は部下の成長に無関心 「人が育つ現場」を取り戻す処方箋 (PHPビジネス新書)/PHP研究所

¥918

Amazon.co.jp

 

 
苦手な人ほど上手にできる 女性の部下の活かし方 (メディアファクトリー新書)/メディアファクトリー
 
¥777
Amazon.co.jp
 

あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)/明日香出版社
 

¥1,365

Amazon.co.jp

()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね
◆FeelWorksのホームページ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ビジネスパーソンのバイブル『THE21』さんの

スペシャルムック

心がスーッとラクになる習慣』で

コメントしました。

テーマは、

「上司へのイライラ解消法」。

恐らく上司との関係で悩んだことのない会社員はいないでしょう。

 

ただし、

上司が苦手だからといって、コミュニケーションを避けていくと、

余計にしんどくなってしまう場合があります。

 

もちろん、そのコミュニケーションをとること自体で

心を壊してしまうほどであれば、無理は禁物ですが、

そこまでではない場合なら、努力が自身を救います。

 

そもそも、

動いてくれない上司を動かすことがリーダーへの道ともいえます。

 

秘訣は、

報連相を徹底し、本音を共有することです。

 

 

 

 

 

すべては、この国に「人が育つ現場」を取り戻すために。

 

■今年渾身の新刊、書店で売行き1位続々♪

「働きがいあふれる」チームのつくり方 (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥950

Amazon.co.jp


 

■ありそうでなかった実務入門書、好評発売中♪■

この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書/総合法令出版

¥1,620

Amazon.co.jp
 

■約2年ぶりの最新刊、おかげさまで売れています♪■
上司の9割は部下の成長に無関心 「人が育つ現場」を取り戻す処方箋 (PHPビジネス新書)/PHP研究所

¥918

Amazon.co.jp

 

 
苦手な人ほど上手にできる 女性の部下の活かし方 (メディアファクトリー新書)/メディアファクトリー
 
¥777
Amazon.co.jp
 

あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)/明日香出版社
 

¥1,365

Amazon.co.jp

()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね
◆FeelWorksのホームページ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マナー界のカリスマ・西出ひろ子先生から、

最新刊を献本頂きました♪

 


無地ではなく、ストライプのスーツを着てしまっているなぁ、

光沢のあるスーツも着てしまっている、

目上の人より高価な時計をつけていないか配慮が足りない

などなど、

 

社会人歴30年が見えてきたにも関わらず、

襟を正し、反省を促される一冊でした(^^|)

 

頂いた本のサインの達筆ぶりにも

悪筆な僕は、汗顔の至りでした。

 

ただし、西出先生が

本の中で繰り返し仰っているのは、

マナーには基本の型はあるものの、

それにとらわれ過ぎるのではなく、

相手がどう感じるか、思いやりの心をもって柔軟に

対応すべき、という真理。

 

社会人経験の浅い若手のうちは、

どうしても、テクニックやノウハウが知りたくなり、

それさえ実践していればうまくいくという正解が欲しくなるものですが、

残念ながら、実際の仕事においては、

絶対的な正解などなく、その都度、自分で

妥当解を創っていくしかないのです。

 

もっといえば、自ら問題を設定し、

それを自ら創意工夫して、解いていくしかないのです。

 

こプロセスこそが、仕事であり、

結果、成長にも繋がっていくものです。

 

やはり、FeelWorksも大切にしている価値観、

「やり方より、あり方」ですね。

 

入社1年目から信頼を得ていきたい人にお勧めの一冊です。

 

 

 

 

 

すべては、この国に「人が育つ現場」を取り戻すために。

 

■今年渾身の新刊、書店で売行き1位続々♪

「働きがいあふれる」チームのつくり方 (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥950

Amazon.co.jp


 

■ありそうでなかった実務入門書、好評発売中♪■

この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書/総合法令出版

¥1,620

Amazon.co.jp
 

■約2年ぶりの最新刊、おかげさまで売れています♪■
上司の9割は部下の成長に無関心 「人が育つ現場」を取り戻す処方箋 (PHPビジネス新書)/PHP研究所

¥918

Amazon.co.jp

 

 
苦手な人ほど上手にできる 女性の部下の活かし方 (メディアファクトリー新書)/メディアファクトリー
 
¥777
Amazon.co.jp
 

あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)/明日香出版社
 

¥1,365

Amazon.co.jp

()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね
◆FeelWorksのホームページ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

ビジネスパーソンのバイブル『THE21』のWEB版、

『THE21オンライン』さんで、企画協力、コメントさせて頂いた

特集記事がアップされました。

 

男性社員は、女性リーダーとどう接するべきか?

女性活躍推進法が施行され、“女性活躍元年”ともいわれる2016年。

女性リーダーを起用する企業も増えてきており、今後も拡大していくだろう。

そんな女性リーダーたちに対し、男性社員はどのように接したらいいのだろうか。

数々の企業のダイバーシティマネジメントを手がける

FeelWorks代表取締役の前川孝雄氏に、

男性上司&部下の心構えを教えていただいた。

 

男性上司へのアドバイス

 彼女たちが孤立することなく、努力して結果を出せるよう応援してください。

 ただし、くれぐれも自分が考えるリーダー像を相手に押しつけないこと。

 

男性部下へのアドバイス

 たまたま肩書きはついていますが、両者は対等であり、

 役割が異なるだけだと考えるべきです。

 女性上司の働き方を参考にすれば、自分自身の仕事の効率化にも

 つなげていけるはずです。

 

女性も男性も全員が自分の持ち味を活かし、

活躍できる企業が増える一助になれば幸いです。

 

すべては、この国に「人が育つ現場」を取り戻すために。

 

■今年渾身の新刊、書店で売行き1位続々♪

「働きがいあふれる」チームのつくり方 (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥950

Amazon.co.jp


 

■ありそうでなかった実務入門書、好評発売中♪■

この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書/総合法令出版

¥1,620

Amazon.co.jp
 

■約2年ぶりの最新刊、おかげさまで売れています♪■
上司の9割は部下の成長に無関心 「人が育つ現場」を取り戻す処方箋 (PHPビジネス新書)/PHP研究所

¥918

Amazon.co.jp

 

 
苦手な人ほど上手にできる 女性の部下の活かし方 (メディアファクトリー新書)/メディアファクトリー
 
¥777
Amazon.co.jp
 

あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)/明日香出版社
 

¥1,365

Amazon.co.jp

()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね
◆FeelWorksのホームページ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週発行の金融業界老舗誌『週刊金融財政事情』11.28号の

特注『「やる気」を育てる人事制度改革』にて、コメントしました。

 

 

 

働き方改革議論真っ盛りの昨今。

みずほフィナンシャルグループやりそなグループなどの

人事制度改革が取り上げられていて、とても興味深い内容です。

 

先進事例としては、

北都銀行の取組みは一見に値するものでした。

 

その特集の締めとして、どこまで制度化しても

限界のある現場での人材育成のあり方について

メッセージを寄せさせて頂いています。

 

題して、

「部下を育成する"上司力"のポイント」。

 

現場で人が育つ3つのステップ解説しています。

 

制度改革以上に風土改革は難しいものです。

少しでもFeelWorksの論が、金融業界の育成風土醸成の

お役に立てれば幸いです。

 

すべては、この国に「人が育つ現場」を取り戻すために。

 

■今年渾身の新刊、書店で売行き1位続々♪

「働きがいあふれる」チームのつくり方 (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥950

Amazon.co.jp


 

■ありそうでなかった実務入門書、好評発売中♪■

この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書/総合法令出版

¥1,620

Amazon.co.jp
 

■約2年ぶりの最新刊、おかげさまで売れています♪■
上司の9割は部下の成長に無関心 「人が育つ現場」を取り戻す処方箋 (PHPビジネス新書)/PHP研究所

¥918

Amazon.co.jp

 

 
苦手な人ほど上手にできる 女性の部下の活かし方 (メディアファクトリー新書)/メディアファクトリー
 
¥777
Amazon.co.jp
 

あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)/明日香出版社
 

¥1,365

Amazon.co.jp

()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね
◆FeelWorksのホームページ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

時代に翻弄される、市井の人たちの物語を
徹頭徹尾描き切った『この世界の片隅に』

 

保守主義が広がる世界。


ひたひたと迫る愚かな未来をどうすれば食い止められるのか。
まずは、身近な子供たちに伝えていくことから。

 

■今年渾身の新刊、書店で売行き1位続々♪

「働きがいあふれる」チームのつくり方 (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥950

Amazon.co.jp


 

■ありそうでなかった実務入門書、好評発売中♪■

この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書/総合法令出版

¥1,620

Amazon.co.jp
 

■約2年ぶりの最新刊、おかげさまで売れています♪■
上司の9割は部下の成長に無関心 「人が育つ現場」を取り戻す処方箋 (PHPビジネス新書)/PHP研究所

¥918

Amazon.co.jp

 

 
苦手な人ほど上手にできる 女性の部下の活かし方 (メディアファクトリー新書)/メディアファクトリー
 
¥777
Amazon.co.jp
 

あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)/明日香出版社
 

¥1,365

Amazon.co.jp

()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね
◆FeelWorksのホームページ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、みずほ総研さんで今年4回シリーズで

開講させて頂いている「上司力」セミナーの最終講。

全国から集わられた20数名の課長・部長層の皆さんに

「人が育つ現場」づくりを考えて頂きました。

 

その後、青山に移動して、

もう15年来のおつき合いの、

マナー界のカリスマ、西出ころ子先生の

WEB番組に生出演してきました。

 

 

愛が溢れる西出先生の隠れ家サロンでの対談。

 

さすが西出先生の引き出しで、

とても楽しく、ご縁あったころのお話から、

僕がFeelWorks起業に至った経緯、

「上司力」になぜこだわるのか、

「人が育つ現場」づくりへの強い思い

なとなどを語らせて頂きました。

 

最後には、番組視聴者に

僕の著書をサイン入りでプレゼントさせて頂きました。

 

西出先生が信頼をおかれるスタッフの方々も

とても気持ちのいい方ばかりで、

ウイズ株式会社社長兼関西代表の

金森たかこ先生ともお会いできました。

 

 

西出先生は、NHK大河ドラマ

「龍馬伝」「花燃ゆ」などのマナー指導・監修も手がけられ、

「ソロモン流」でも特集された、

超一流かつ多忙なマナーコンサルタントです。

 

マナー本で...累計100万部突破の

ミリオンセラー作家でもいらっしゃいます

 

 

なかなかじっくり西出先生とお話する機会が

持てずにもいたので、とても有意義な一夜でした。

 

ご縁に感謝。

■食後にナフキンをたたむのは非常識!?

 知らないと恥をかく大人の『すごいマナー』

 

■今年渾身の新刊、書店で売行き1位続々♪

「働きがいあふれる」チームのつくり方 (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥950

Amazon.co.jp


 

■ありそうでなかった実務入門書、好評発売中♪■

この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書/総合法令出版

¥1,620

Amazon.co.jp
 

■約2年ぶりの最新刊、おかげさまで売れています♪■
上司の9割は部下の成長に無関心 「人が育つ現場」を取り戻す処方箋 (PHPビジネス新書)/PHP研究所

¥918

Amazon.co.jp

 

 
苦手な人ほど上手にできる 女性の部下の活かし方 (メディアファクトリー新書)/メディアファクトリー
 
¥777
Amazon.co.jp
 

あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)/明日香出版社
 

¥1,365

Amazon.co.jp

()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね
◆FeelWorksのホームページ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


を読みました。

****************************************

・日本

 100歳以上の人(英語で「センテナリアン」と呼ぶ)は、

 すでに6万1000人以上

 

 2050年までに、日本の100歳以上人口は100万人を突破する見込み

 

 2007年に日本で生まれた子どもの半分は、

 107年以上生きることが予想されている

 

 

・いま先進国で生まれる子どもは、50%を上回る確率で

 105歳以上生きる。

 1世紀以上前に生れた子どもが105歳まで

 生きる確率は、1%に満たなかった。

 

 ・・・

 

 過去200年間、平均寿命は10年に2年以上のペースで

 延びてきたのだ。いま20歳の人は100歳以上、

 40歳の人は95歳以上、60歳の人は990歳以上生きる確率が

 半分以上ある

 

 

・3ステージの人生(教育→仕事→引退)の縛りから自由になり、

 もっと柔軟に、もっと自分らしい生き方を選ぶ道もある。

 ・・・

 -マルチステージの人生を実践すればいい

 

・人生70年なら一生涯は61万3000時間だが、

 人生100年なら一生涯は87万6000時間になる

 

 

・70代、80代まで働くようになれば、手持ちの知識に

 磨きをかけるだけでは最後まで生産性を保てない。

 時間を取って、学び直しとスキルの再習得に投資する必要がある

 

 

・100年ライフへの備えは、資金計画の強化だけで

 事足りるものではない。スキル、健康、人間関係といった

 資源が枯渇すれば、長いキャリアで

 金銭面の成功を得ることは不可能だ

 

 

・レクリエーションから、リ・クリエーションへ

 

 

・「エイジ(=年齢)」と「ステージ」が

 イコールで結びつかなくなるのだ

 

 

・四世代同居が当たり前になる

 

 

・平均寿命が延びるほどには

 女性の出産年齢が延びない

 

 

・フルタイムやパートタイムで雇われて働くのではなく、

 次々と多くの顧客の依頼を受けて働くことで生計を立てる

 -そういう働き方をする人が増えるのがギグ・エコノミーだ

 

 

・シェアリング・エコノミー

 

・新しいビジネスのエコシステムの中で働く機会が広がって、

 その境界線が崩れ、「ワーク」と「ライフ」が再統合されるだろう

 

 

・「遠さ」の弊害は問題でなくなったかもしれないが、

 「近さ」の価値はむしろ高まっている

 

・スマート・シティ

 

 

・「同類婚」が際立って増えている。

 自分と教育・所得レベルが近い人を結婚相手に選ぶ傾向が

 強まっているのだ

 

 

・「オフィス」という概念がばかばかしいくらい古臭く、

 あまりに無駄だと考えらるようになる可能性もある

 

 

・雇用なき未来がやってくる?

 

 

・オックスフォード大学のカール・フレイとマイケル・オズボーンの研究

 テクノロジーの進化にともない、向こう10~20年程度の間に

 アメリカの雇用の47%が消失する恐れがある

 ・・・6000万人が職を失う計算だ

 

 

・アップルのiPhone

 製造コストが販売価格に占める割合は5~7%程度

 

 深圳の工場の鴻海の従業員が生みだしている

 経済的価値は一人当たり2000ドル相当

 

 アップルの従業員は一人当たり64万ドル以上

 

 経済的価値を生むのは、、製造ではなく、イノベーションなのである

 

・「ポランニーのパラドックス」 マイケル・ポランニー

 「人は言葉で表現できること以上のことを知っている」

 

 

・「モラヴェックのパラドックス」

 「コンピュータに、知能テストや(ボードゲームの)チェッカーで

 成人レベルのパフォーマンスを発揮させることは比較的容易だが、

 知覚と運動のスキルで1歳児並みのパフォーマンスを

 発揮させるのは困難、もしくは不可能である」

 

 ロボットは複雑な分析なら簡単にできるが、

 コーヒーカップを持ち上げだり、

 階段を上ったりすることには苦労するのだ

 

 

・友情や知識は一夜で消滅はしないが、

 十分な投資を怠り、友だちと連絡を取らず、

 知識をリフレッシュしなければ、いずれは価値が下がり、

 ついには消滅してしまう

 

 

・友情とは、何歳であっても金で買えるものではないのだ

 

 

・ハーバード大学の「グラント研究」

 1938〜40年にハーバード大学の学部生だった268人の男性を

 75年間追跡調査した研究

 ・・・

 金銭的資産が乏しかったり、ほかの人より少なかったりすれば、

 不満が生まれる。しかし、人生に満足している人に共通する

 際立った要素の一つは、生涯を通して深くて強力な

 人間関係を築いていることだった。

 

 この研究を初期に主導した研究者のジョージ・ヴァイラントによれば、

 幸福を支える柱は二つある。

 一つは愛、もう一つは、アイワなしがしろにせずに済む生き方だ

 

 

・「イースタリンのパラドックス」

 豊かな人ほど幸福な傾向はあるものの、

 国の平均所得と国民の平均的な幸福度の間に

 直接の関係は見られない

 

 

・さまざまな無形の資産

 1 生産性資産

 2 活力資産

 3 変身資産

 

 

・アメリカの22歳の大卒者は平均で年に3万ドルの所得を得ているが、

 非大卒者は平均1万8000ドルにすぎない

 

 

 40代半ば。大卒者の年間所得が平均8万ドル近くなのに対し、

 高卒者は3万ドル程度だ

 

 

・どのような知識が価値をもつのか?

 高度な直感的判断、対人関係、チームのモチベーションの向上、

 そして意思決定に関わるスキル

 

 

 

・デジタルテクノロジーを用いた教育が紙の教科書と教室の授業に

 取って代わったとき、教師に強く求められるのは、

 共感、モチベーション、励ましなどの繊細なタジン関係のスキルだ

 

 

・学校教育は次第に、あらゆることの土台になる

 分析能力や思考の原則を築く場になっていく

 

 

・経験学習

 

 

・知識の量ではライバルと差がつかず、

 その知識を使ってどういう体験をしたかで差がつく時代になるのだ

 

 

・投資銀行のアナリストの成績が同僚ネットワークに大きく後押しされている

 

 

 アナリストが移籍しても成績が落ちなかったり、むしろ上昇したり

 しているケースはほぼ例外なく、チームメンバーと一緒に移籍していた。

 

 「職業上の社会関係資本」

 

 

・「ポッセ」

 同じ志をもつ仲間

 

 

・「自己再生のコミュニティ」

 

 

・ストロングタイズ

 ウィークタイズ

 

 

・「ルーチン・バスティング」

 (=型にはまった行動の打破)

 ダグラス・ホールとフィリップ・マーヴィス

 

 

・エクスプローラー

 インディペント・プロデューサー

 ポートフォリオ・ワーカー

 

 

・企業の「階段」を上るだけでなく、

 下る決断をくだす人がどんどん増えていくだろう

 

 

・長寿化時代には、男女両方が職をもつことに

 魅力を感じる夫婦が増える。

 そのほうが、老後の生活資金や人生の途中での

 移行と再創造のために資金を蓄えやすいからだ

 

 

・バイオリニストのスティーブン・ナハノヴィッチ

 「時間がたっぷりあると思えば、立派な大聖堂を

 建てられるが、四半期単位でものを考えれば、

 醜悪なショッピングモールができあがる」

 

 

・スフィンクスのなそなぞ

 「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足」

 はいはいをする子ども、大人、杖を使う高齢者

 

 

・「現在バイアス」

 人は概して、遠い将来のことには比較的辛抱強いが、

 近い将来のことにはせっかちだ

 

 

・1979年、アメリカの男性の高所得層上位20%のうち、

 週50時間以上働いている人は15%にすぎなかったが、

 2006年には27%に上昇した。ほぼ2倍増である。

 ・・・

 1979年には、低所得層下位20%の男性のなかに、

 週50時間以上働いている人が22%いた。

 2006年、この割合は13%にまで下落している。こちらはほぼ半減だ。

 

 

・高賃金の職についている人ほど、

 仕事に満足している

 

 

・「すべての結婚の半分は離婚で終わる」

 

 リュー・チャーリンは1981年、

 「結婚して、離婚して、再婚する」のが典型的な人生の道のり

 になったと喝破した

 

 しかしその後、離婚はそれ以上増えず、むしろ減少に転じた

 

 

 結婚生活の土台が「生産の補完性」から

 「消費の補完性に」変わったために、結婚相手を

 選ぶ基準が変わり、結婚が長続きするようになった可能性がある

 

 

・長寿化時代には、別離や離婚をして

 生涯に複数のパートナーとの生活を経験する確率が高まりそうだ

 

 

・健康格差

 

 

・企業の課題

 無形の資産に目を向ける 

  キャリアのあらゆるステージで、

  お金が最大の問題になるわけではないのだ。

  その仕事を通して、生産性や活力などの無形の資産を

  はぐくめるのか?

  働き手が職場外での無形の資産を築く後押しができているか?

 

 移行を支援する

  必要な変身資産を構築・維持するのが容易ではないことを

  理解して、必要な支援を提供することだ

 

 マルチステージの人生を前提にする

  人生のさまざまな段階でキャリアのペースを上げたり下げたり

  できるようにすること

 

 仕事と家庭の関係の変化を理解する

  柔軟な働き方は、性別に関係なく、多くの人が望むものになるのだ

 

 年齢を基準にするのをやめる

  年齢と経験は比例しない

  

 実験を容認・評価する

  履歴書の空白期間に寛容に

 

 人事に一大改革が必要

 

 

****************************************

 

 

現代のこの国では、少子高齢化、

特に長寿化で高齢者が増えることを深刻な課題として

国も企業も個人も大騒ぎしています。

 

しかし、リンダ・グラットン教授は

むしろ、長寿化はチャンスであると考えているようです。

 

長生きするわけですから、

教育→仕事→引退

という画一的な人生ではなく、

マルチステージな人生が可能になる、

そのぶん楽しめるではないか、という主張。

 

僕も、概ねこの楽観論に同意します。

 

ただし、その明るい未来をモノにするには、

働く一人ひとりが従来の固定観念を捨て去り、

新しい人生の歩み方を選択しなければならない。

そこに求められるのは、やはり受け身のキャリアではなく、

自律的なキャリア観です。

 

なんといっても、大卒で30年第一線で働いて、役職定年し、

あとは余生というのは今は昔。

60年第一線で働くことが当たり前に変わるわけですから。

しかも、その間の変化のスピードは猛烈に上がるなかで。

 

企業もその前提に立って、組織モデルを

作り直さなくてはならない。

特に年功序列が未だ大勢を占め、

法律で60歳から65歳まで雇用延長を求められただけで

思考停止状態に陥っている場合ではありません。

 

明るい未来に向けて、過去の常識を疑い、

日々学習、変化していきましよう。

 

■今年渾身の新刊、書店で売行き1位続々♪

「働きがいあふれる」チームのつくり方 (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥950

Amazon.co.jp


 

■ありそうでなかった実務入門書、好評発売中♪■

この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書/総合法令出版

¥1,620

Amazon.co.jp
 

■約2年ぶりの最新刊、おかげさまで売れています♪■
上司の9割は部下の成長に無関心 「人が育つ現場」を取り戻す処方箋 (PHPビジネス新書)/PHP研究所

¥918

Amazon.co.jp

 

 
苦手な人ほど上手にできる 女性の部下の活かし方 (メディアファクトリー新書)/メディアファクトリー
 
¥777
Amazon.co.jp
 

あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)/明日香出版社
 

¥1,365

Amazon.co.jp

()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね
◆FeelWorksのホームページ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。