エステの施術中、お客様から質問を受けることがありますが、

 

その中でもよく聞かれる一つが、「リンパって結局何?」

 

という質問。

 

確かに、「リンパの流れがわるくて~」 「リンパが詰まってて~」

 

など、普通に会話に出てきたりしますが、いざ、じゃあリンパって何なの?

 

と聞かれると、よく分からなかったりしますよね。

 

少し長くなってしまいそうなので、何回かに分けて書いてみたいと思います。

 

 

 

りンパとは?

 

毛細血管から組織に浸みだした血漿(血液の液体部分)を、リンパ液と呼びます。

 

人体には、血管の他にリンパ液が流れているリンパ管があります。

 

血管と同じように全身にくまなく分布しています。

 

 

リンパ液は人体を養う体液!

 

食べたものが腸から吸収され、乳汁のような状態で乳糜管という細いリンパ管

 

から吸い上げられます。

 

これが血管に入り全身に運ばれ、毛細血管から浸み出て、全身の神経や

 

筋肉、内臓の組織細胞を養っています。

 

リンパは細胞に栄養を与え、代謝を行った細胞から排出された老廃物を

 

取り去る働きをします。

 

全身を巡って末梢の細胞に栄養を与え、老廃物を回収するという働きを

 

血管の血液と一緒に行っているというわけですね。

 

血液は、栄養を運ぶ輸送機関で、リンパは栄養そのものなのです!

 

 

風邪をひいたりすると腫れるリンパ腺

 

リンパ管のところどころには、リンパ節と呼ばれる小さな丸いふくらみがあります。

 

リンパ節の中にはリンパ球と細網細胞がぎっしりつまっていて、

 

体外から入った有害物質を取り除いています。

 

風邪をひいたりするとリンパ節には処理が間に合わない程の細菌や異物

 

が入ってくるため腫れてしまいます。

 

病院に行くと、お医者様が首や耳の下などさわるのは、これを調べているんですね。

 

…と、今回はこの辺にしておいて、

 

次回はリンパの流れとお肌について書いてみますね。

 

エステティシャンの藤村美里でした!

 

 

FEEL Esthetic & Hair kunitachi

 

FEEL Facebook

 

Esthetic instagram

 

Hair instagram

 

AD