フェブラリーステークスの予想 2016。出走予定馬、有力馬情報

第33回 フェブラリーステークス(GI)の登録馬、出馬表、オッズ公開。レース展開、傾向などを予想します。


テーマ:
2/21(日)に東京11R・ダ1600mにて
《フェブラリーS》が開催されます。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!





今年初のG1レースであり、
2月の東京競馬場で火花を散らす
ダート界の頂上決戦。


果たして2016年の覇者に輝くのは


まずは出走馬を見ていきましょう。


============
フェブラリーSの出走馬
============


枠 馬番 馬名 脚質 騎手
1 1 パッションダンス 先 三浦皇成
1 2 ホワイトフーガ 先 大野拓弥
2 3 コパノリッキー 逃 武豊
2 4 アスカノロマン 先 太宰啓介
3 5 ベストウォーリア 先 戸崎圭太
3 6 ロワジャルダン 差 横山典弘
4 7 ノンコノユメ 追 ルメール
4 8 コーリンベリー 逃 松山弘平
5 9 モンドクラッセ 逃 田辺裕信
5 10 グレープブランデー 先 ヴェロン
6 11 スーサンジョイ 逃 和田竜二
6 12 マルカフリート 差 石橋脩
7 13 タガノトネール 先 柴田大知
7 14 モーニン 先 デムーロ
8 15 サノイチ 差 勝浦正樹
8 16 ローマンレジェンド 差 内田博幸


以上、出走馬16頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ノンコノユメ

チャンピオンズCでは2着の惜敗。

鋭い決め手が長所の馬で、
前走を除けば全てメンバー最速の
上がり3Fをマークしている。

この強烈な末脚を武器に、
再び府中のマイルで全てを切り裂けるか。


モーニン

根岸Sを快勝した新勢力が同馬。

スケールの大きなレースぶりから、
初挑戦でのビッグタイトル取りも夢ではない。

鞍上は重賞男のデムーロ。

本来は1400mのダートがベストだが
今回の1600mにどこまで対応できるか注目。

やや危険な人気馬の香り。




ベストウォーリア

昨年の同レースで3着。

その後は地方ダートを中心に使われ
南部杯では2連覇を達成。

武器は先行してしぶとく脚を伸ばすところ。

東京のマイルは得意だし、
3年連続の挑戦で3度目の正直といきたい。


コパノリッキー

現在同レースを2連覇中で、
3連覇という史上初の快挙がかかる。

近2走はチャンピオンズC7着、
東京大賞典4着と結果が出てないだけに
今回は人気も落ち目だが、

得意の形に持ち込むことができれば
ここでも地力は最上位の1頭。


ホワイトフーガ

交流重賞を連勝中と好調キープ。

2走前のJBCレディスクラシックでは、
チャンピオンズCを制したサンビスタに
5馬身差と力を見せつけた。

ダート界の女王が強い牡馬相手に
どこまでやれるのか楽しみな一戦。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
・人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【5-0-2-3】
2番人気【0-3-2-5】
3番人気【2-2-2-4】
4番人気【0-1-1-8】
5番人気【0-2-0-8】
6番人気【1-0-0-9】
7~9番人気【1-2-2-25】
10番人気以下【1-0-1-67】


人気上位が堅実なレースで
1~3番人気のいずれかは馬券になっている。

ただし、近年は波乱傾向が高く
重賞勝ち実績のある穴馬が好走している。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-1-18】
2枠【2-2-1-15】
3枠【0-1-2-17】
4枠【0-1-0-19】
5枠【0-2-3-14】
6枠【2-0-1-17】
7枠【2-3-0-15】
8枠【3-1-2-14】


芝を長く走れる“外枠”の方が
比較的良い結果を残す傾向。

内枠はダッシュが利かないと
位置取りが悪くなり、
苦戦を強いられることが多い。

3~5枠からは1度も勝ち馬が出ていない。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-0-0-9】
先行【5-5-3-25】
差し【3-2-6-48】
追込【1-3-1-46】


基本的にダートは逃げ・先行が
有利なのでスタート奪取を上手く
決められるかが重要。

当レースは直線が長い事もあり
差し・追込の台頭も目立つ。

特に1600mより長い距離適性の
ある馬の好走傾向が高い。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


==========
予想情報局の総括
==========


フェブラリーSは東京ダート1600mで
行われる今年最初のG1レース。


1番人気の勝率はまずまずで
過去10年で勝率50%・複勝率70.0%と
それなりに信頼できる数値。


また、上がり最速を使った馬の
成績が良く【4-3-1-2】と
勝率40%・複勝率80%であり
軸としての期待値が高い。


また、ダートのため、
基本的には先行馬に有利な傾向があり

過去10年で馬券になった
30頭中23頭が4コーナーを
一桁着順で通過している。


そこで、人気・末脚・戦法を
総合的に判断して予想を構築していきたい。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


本命は【ノンコノユメ


先行馬では無いが、
1番人気が濃厚な上がり最速の筆頭候補。

休み明けだが軸として期待。


対抗は【モーニン


G1は初挑戦になるが、
前走の根岸Sを快勝した実績もあるし
先行しても鋭い末脚を使える。


また、上位人気確実で3連覇がかかる
コパノリッキー】は近走の結果、

逃げなければ脆い上に
今回は逃げ馬が数頭出走するので軽視。


以上を加味した具体的な馬券戦略は

◎:ノンコノユメ
◯:モーニン
▲:ロワジャルダン
△:アスカノロマン
△:ベストウォーリア


ここは◎を1頭軸にして、
点数を絞りながら勝負したいところ。



その他の最新ニュースはコチラから


【Facebook】


今号も最後までご愛読いただきまして
誠にありがとうございます。


新たな情報が入り次第、ご連絡致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。