フェブラリーステークスの予想 2017。出走予定馬、有力馬情報

第34回 フェブラリーステークス(GI)の登録馬、出馬表、オッズ公開。レース展開、傾向などを予想します。


テーマ:
2/19(日)に東京11R・ダ1600mにて
《フェブラリーS》が開催されます。
 
 



今年初のG1レースであり、
スターホースが歴代優勝馬に名を連ねる
ダート界の頂上決戦。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


まずは出走馬を見ていきましょう。
 
 
=============
フェブラリーSの出走馬
=============


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 サウンドトゥルー 57.0 追 柴田善臣
1 2 ホワイトフーガ 55.0 差 蛯名正義
2 3 ゴールドドリーム 57.0 差 デムーロ
2 4 コパノリッキー 57.0 先 武豊
3 5 アスカノロマン 57.0 先 和田竜二
3 6 モーニン 57.0 先 ムーア
4 7 ブライトライン 57.0 先 石橋脩
4 8 デニムアンドルビー 55.0 差 内田博幸
5 9 ベストウォーリア 57.0 差 戸崎圭太
5 10 カフジテイク 57.0 追 津村明秀
6 11 ノンコノユメ 57.0 追 ルメール
6 12 ニシケンモノノフ 57.0 先 横山典弘
7 13 エイシンバッケン 57.0 追 岩田康誠
7 14 キングズガード 57.0 差 藤岡佑介
8 15 ケイティブレイブ 57.0 逃 幸英明
8 16 インカンテーション 57.0 先 藤岡康太


以上、出走馬16頭になります。
 
 
⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


カフジテイク

前哨戦の根岸Sを差し切りV。

実績面ではまだ見劣るものの、
マイル以下なら上がり3F34秒前半の
決め手を持っているし、

2走前のチャンピオンズCでも
0.2秒差の4着まで肉薄している。

また、直線の長い東京コースは
[3-0-1-0]と好相性の舞台。

狙うはダート王の座。

自慢の末脚で世代交代を目論む。


ゴールドドリーム

レコード決着だった武蔵野Sで2着。

さらに、昨年6月のユニコーンSも
勝っている東京ダート1600m巧者。

前走のチャンピオンズCは出遅れ癖が
モロに出てしまったので度外視。

再び出遅れさえなければ、
このメンバー相手でも好勝負必至。

鞍上が絶好調のデムーロなのも期待。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


ベストウォーリア

根岸Sでは2着と勝ちきれなかったが
地力の高さを改めて証明した。

このレースは4年連続の参戦で、
今年はステップレースを叩いており
デキは過去最高潮の仕上がり。

悲願の中央G1タイトル奪取を狙う。


モーニン

昨年の同レースの勝ち馬。

しかし、その後は勝ち星が無く、
本来の走りが出来てない。

ただ、この馬にとって東京ダートの
マイル戦はベストと言える舞台。

しかも鞍上はあのR・ムーア騎手。

一変する条件は整った。


ノンコノユメ

去勢してからというもの、
それまでの末脚の破壊力を
削いでしまう結果に...

交流G1でもセン馬となって以降3戦、
本来の末脚は影を潜めたままだ。

ただし、去勢から半年近く経つので
本来の走りを取り戻す頃合い。

今一度あの鬼脚の復活に期待したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-1-2-3】
2番人気【1-2-2-5】
3番人気【2-2-2-4】
4番人気【0-1-1-8】
5番人気【0-2-0-8】
6番人気【1-0-0-9】
7~9番人気【1-2-3-24】
10番人気以下【1-0-0-68】


人気上位が堅実なレースで
1~3番人気のいずれかは馬券になっている。

ただし、近年は波乱傾向が高く
重賞勝ち実績のある穴馬が好走している。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-1-18】
2枠【2-2-1-15】
3枠【0-1-2-17】
4枠【0-2-0-18】
5枠【0-1-3-15】
6枠【2-0-1-17】
7枠【2-3-0-15】
8枠【3-1-2-14】


芝を長く走れる“外枠”の方が
比較的良い結果を残す傾向。

内枠はダッシュが利かないと
位置取りが悪くなり、
苦戦を強いられることが多い。

3~5枠からは1度も勝ち馬が出ていない。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-0-0-9】
先行【6-4-2-27】
差し【2-2-7-48】
追込【1-4-1-44】


基本的にダートは逃げ・先行が
有利なのでスタート奪取を上手く
決められるかが重要。

当レースは直線が長い事もあり
差し・追込の台頭も目立つ。

特に1600mより長い距離適性の
ある馬の好走傾向が高い。
 
 
 
 
==========
予想情報局の総括
==========


フェブラリーSは東京ダ1600mで行われる。


過去10年の3着以内馬30頭中26頭は
前走の着順が3着以内だった。


一方で、前走の着順が「4着以下」だった
馬の中で3着以内に入った4頭中3頭は、
いずれも前年のマイルCS南部杯を優勝していた。


前走の距離としては「1800m以上」が優秀で
過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、
前走の距離が「1800m以上」だった。


逆に「1800m」未満だと苦戦しているが、
この条件で3着以内に入った5頭のうち4頭は
前走で根岸Sを優勝していた。


脚質でみると先行が[6-4-2-27]と
ほかの脚質に比べて優秀である。


今回は以上のデータを元に
~~~~~~~~~~~~
予想を構築していきたい。
~~~~~~~~~~~~


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


本命は【カフジテイク


後ろからの競馬が主だが、
確実な末脚で根岸Sを勝利。

東京での相性も良く、
ここは本命とする。


対抗は【ピオネロ


ダートに転向後、
安定した成績を残しており
距離短縮も好材料。


以上を加味した馬券戦略は

◎:カフジテイク
◯:ピオネロ
▲:ベストウォーリア
△:エイシンバッケン
△:ノンコノユメ



◎を軸に手広く勝負したい。
 
 
 
 
 
 
その他の競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら、ブログを更新させて頂きます。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。