Highest "R" PartⅡ

ホンダ大好きのブログです。現在の相棒はCIVIC TYPE-R(FD2) まさに最高のRとの日常を綴っています。


テーマ:
先日、SOFT99のFacebookページにこんな事が書かれていました。

以下にその内容を転記します。

この季節、車内外の気温差によって、愛車のガラスはくもりがち。
運転前に「くもり」を解消しようと、タオルを取り出しガラスを拭くものの、拭き筋が残ったり毛羽がついてしまい、なかなかスッキリ拭き切れず、ちょっとイライラ・モヤモヤしてしまう・・・思い当たる節はありませんか?

そして、その際に使うグッズが紹介されていました。

これを見て自分がやっている事があながち間違いではなかったという事が分かったのでありました。

このガラスのくもりは誰でも経験がありますよねぇ。
でも、相棒では殆どありません。(雨天時等よっぽどの気温差がない限り)
その理由は・・・
綺麗にしているからです。

確かに車内外の気温差によって曇りが発生するのは事実です。
しかし、この原因はガラスの曇りは、ガラス面に付着した小さな水滴です。
湿度が大きく空気中に存在しにくくなった水分が、汚れたガラスに取り付いたときに汚れによって弾かれた状況なわけです。
ですから、会社の車等(車内で煙草を吸っている場合は、さらに酷い)汚れが酷い車は直ぐに曇るんですね。

では、どうすれば良いのか・・・
それは、綺麗にすれば良いのです。

が、しかし
一度汚れてしまったガラスは綺麗にならないんですよぉ~。
いきなりクリーナー等を使って拭いても跡が残るだけ・・・例え、お酢であっても・・・濡れた新聞紙を使って掃除しても・・・です。
クリーナー等は、常に綺麗にしているガラスに使うには効果的であり便利なんですが、それだけ使っても綺麗にはなりません。
逆光になった瞬間にガラスを見て「えっ」と思う事がありますが、まさにそれで、単に汚れを伸ばしているだけなのです。(外側の汚れという場合もありますけど)
現在は(相棒)禁煙車になっていますが、それ以前は、車内で煙草スパスパ・・・煙もくもくだった私は、色々試して悟りました。(ヾ(゚Д゚ )ォィォィ 悟りをひらいたんかい)
とにかく拭いて拭いて拭きまくる事です。

あっ、そうそう新車の納車時は物凄い油膜と汚れがこびりついていますので同様ですよ。

方法は様々ですが、私の場合は・・・

①クリーナー(スプレー式等)を使い、綺麗な専用の雑巾やウエスで拭く。
②窓枠などの隅々は、ウエットシートタイプのクリーニングシートで拭きあげる。
③濡らした綺麗な雑巾やウエスで拭きあげる。
この時、なるべく水分が残る様にしておきます。
④乾いた綺麗な雑巾やウエスで乾拭きする。
尚、拭き取りや乾拭きは、ただ拭くだけではなく、汚れを掻き取るように力を入れて拭く必要があります。

私は、これが一番綺麗になると悟りました。
とにかく、これをマメに行うことです。
私の様にマメに洗車をしている方は、洗車の度に毎回これをやることにより殆ど曇らなくなります。しかし、実際にやると、かなり大変な作業なんですけどね。(;´∀`)

そして、マメに綺麗にしている禁煙車等(相棒)の場合は・・・

①窓フクピカで拭きあげる。(窓フクピカ・ハンディーワイパー必須)
②濡らした綺麗な雑巾やウエスで拭きあげる。
この時、なるべく水分が残る様にしておきます。
ここで冒頭に書いたグッズが登場します。
③『激吸水スーパークロス』で乾拭きします。


この『激吸水スーパークロス』は、洗車時のすすぎ後に使用する拭き上げ専用のクロスなのですが、吸水力があり、拭き筋を残さず、超極細繊維で、汚れを落とすこともできるのです。
そして、拭いた後に毛羽もつきません。
SOFT99のブログには、結露したお家の窓ガラスで使用している様子も出ていますが、実際にくもってしまったガラスを拭いてもOKです。
吸水力で濡れたガラスがスッキリ拭き取れますし、拭き筋も残りません。
そして、汚れも拭きとることができるので、くもりが解消できます。

私は、洗車に使用するクロスとダッシュボードに入れておくクロスと2つ使ってまぁ~す。


AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

TAKAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。