さらなる洗練へ。

テーマ:

問い続けるから、前進できる。

その先へ行けるか。
まだ見ぬ答えにたどりつけるか。

さらなる洗練を手にできるか。

それは、問い続けることができるかどうかにかかっている。

問い続けること。

それは、好奇心から生まれる。現状への不満から生まれる。
つねに変化が起きるこの世の中だからこそ、
問い続ける必要がある。

どうすればできるのか。どうすれば良くなるのか。

良いものをさらに良くしようとする情熱に駆り立てられている

Audiのエンジニアは、つねに、
さらに良い答えを求めているのだ。

たとえば、人類発の400km/hを
達成するために必要な造形とは何か。

ルマン24時間耐久レース3連覇を達成した後も、
さらに完璧なクルマづくりへと
私たちを突き動かしてきたものは何か。


環境への調和と走る歓びを両立するために必要なものは何か。

4WDはオフロード車専用だと言う
常識に囚われているのはなぜか。

どうすれば人を魅了できる

洗練されたクルマをつくれるだろうか。
このような問いかけが、AudiをAudiにするのだ。

なぜなら、私たちは伝統に対して問い続けるだけでなく、

問い続けることを伝統にしているのだから。

問い続けるから、前進できる。

さらなる洗練へ。


────────────────────────────────


今朝の朝刊で広告を見て、

この広告うまいなあと思いました。


「問い続ける」事をテーマにしたaudiのブログパーツを僕も張ってますが、

うまく活用しながら展開されていますね。


スペシャルコンテンツ


上記の文面の中にも、ところどころに

例え話を交えながら自然にAudiのPRを展開し、

また、Audi社員への誇りやモチベーションをあげることにも

影響が出るような狙いとなっており、顧客と社員療法に訴えかける内容

になるように考えられているのでしょう。


よく考えられてますね。

AD

キットカット

テーマ:


キットカットって、受験生のお守りになってるらしいですね。

「きっと、勝つ!」で。


聞くと前かららしいですが、

これって、有名な話なんでしょうか!?


ドラマは欠かさないを公言している僕は、

この前、「鹿男あをによし」のドラマ見ました。


受験シーズンなんですよね。


受験って、雰囲気独特ですよね。

なんか、こー、歯痒いって言うか、

プレッシャーって言うか、、、。


受験生は、今まさに真っ最中だと思いますので

頑張って欲しいですね。


子を持つ親の立場になり、我が子も数年後には

あるんだよなーとか思うとちょっとドキドキしてきました。


そのとき、僕は何ができるのだろうか?って。


きっと、親御さんは今、そんな心境でしょう。

ついついそっちの立場で考えちゃいます。


息子、娘が頑張ってるの見て何も出来ない自分に

無力さをかんじるんだろうなあ。


今の僕には、


キットカット、

大人買いしてやろうか!


ぐらいしか、浮かびません(笑)


全国の受験生!頑張って!


きっと、サクラサクよ!

AD