推定有罪

テーマ:
社会  実刑かよ


 
ライブドア事件で、決算を粉飾した有価証券報告書を提出したなどとして証券取引法違反罪に問われた前社長、堀江貴 文被告(34)の判決公判が16日、東京地裁であった。小坂敏幸裁判長は同被告に懲役2年6月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。同被告は控訴する とみられる。

 起訴状によると、堀江被告は同社幹部らと共謀し、2004年9月期連結決算の連結利益を水増しするため、投資事業組合を介した自社株の売却益など計約53億円を売上高に不正計上。同年10―11月には、関連会社の株価をつり上げるため、うその企業買収情報を公表した。


 堀江被告は捜査段階から一貫して犯行への関与を否認。元取締役、宮内亮治被告(39)ら元側近らは堀江被告の指示を認める供述をしているが、「口からでまかせばかりで信用性は低い」などと反論していた。

 検察側は「堀江被告がグループの最高責任者として犯行を主導したのは明らか」と指摘し、過去の証券取引法違反事件に比べても重い懲役4年を求刑した(日経)

堀江受刑者

 大方の予想通り有罪判決となりました。
 判決理由は「堀江被告は各犯行で中心的な役割を担った。粉飾は高額ではないが、結果は重大で、反省も全くない」、「見せかけの成長を装い、一般投資者の判断を誤らせた責任は重く、実刑をもって臨むのが相当」との事ですが、個人的には非常に腑に落ちないです。
 相変わらず地裁の人材がゴミなので仕方ありませんが、判決事由からも分かるとおり非常に偏った判決で、且つ刑罰も重すぎます・・・堀江氏を肯定する訳ではありませんが、このような事例で執行猶予でなく実刑なら、金額や悪質さを考慮するとコクドの堤氏や日興の前役員は「極刑をもって望むしかない」となるしかないですから(笑)
  とりあえずこの判決を受けて堀江氏は当然ながら上告でしょうが、それがどのように受理されて進展されるのかに注目です。 


・・・・どう考えても執行猶予でおしまいレベルだろ・・・・

AD

コメント(27)