前方Look Up!(F.C.Milleの千年構想)

「F.C.Mille」では幹事をやりつつ、DF四銃士のひとりとしてplayしてました。ここでは所属する地元のシニアチームの活動やFootballに関することを中心に、徒然なるままに書き綴ります。


テーマ:
 いやぁ、もう参りましたって感じ。

 選手権は全試合を観たワケではないけれど、初戦が京都府代表の久御山高校との対戦だったので、2日に何の予備知識もなくたまたま観ていた。

 2007年度は、すでに「高校総体」と「全日本ユース選手権」の2大会を制していたそうで、当然のことながらその日も圧倒的なボール・ポゼッションを誇った。

 しかし、例え試合を支配していても、必ず勝つとは限らないのがFootballの、いやスポーツの面白いところ。劣勢だった久御山高校が数少ないチャンスをものにして、前半の早い時間にこぼれ球から先制点を挙げてしまった。

 こうなると、有力チームとはいえまだまだ精神的には未熟な高校生のことだから、時間の経過とともに焦りが出てきてチグハグな内容の試合をしてしまうことが多くなる。ところがそうなる前に、監督が早めの手を打った。スーパーサブ的な選手を前半の途中から早くも投入し、見事に試合の流れを変えて見せたのだ。

 その一手が功を奏して、前半終了間際という良い時間帯に同点に追いついた流経大柏は、後半になると再び自分たちのリズムを取り戻して完勝。その後も各校のキツいマークをモノともせずに決勝まで駒を進め、その決勝戦では藤枝東を内容でも、結果でも圧倒して優勝した。

 特に今日素晴らしかったのは、エースストライカー・大前選手の2点目となる左足ボレーのシュート。右サイドからのクロスをダイレクトで左ポスト際に決めたそれは、しっかりと抑えが効いてタイミングも絶妙だったために、藤枝東のゴールキーパーは為す術もなかった。

 ともすれば、日本ではシュートの確実性ばかりが取り上げられ、“タイミング”はそれほど重要視されていないように思う。しかし、ディフェンダーにとってもゴールキーパーにとっても、予期せぬタイミングで打たれたシュートは対処するのが難しいどころか、全く対処できなかったりするものだ。

 そういう“ひらめき”、つまり『止めるよりもダイレクトで打った方が良い』という感覚は、実践の中かかなり実践的なトレーニングでしか身につかないハズだ。

 よくストライカーを形容するのに「泥臭い」という言葉が用いられるけれど、それは何も“体ごと突っ込んでいく”ことを意味しているのではない。例えば、ディフェンスを抜ききらないうちに放たれたシュートとか、ゴールキーパーをあざ笑うかのようなループシュートなども“泥臭さ”の素質だろう。

 マークがキツいポジション故に、ストライカーはいつもいつもキレイなかたちでシュートを打てるワケではない。ネットに突き刺さるシュートは確かに見た目にはハデだけれど、ゆっくりと転がりながら決まるゴールも同じ1点に違いない。その基本的な事実を忘れないイメージが、ストライカーに最も必要な能力ではないだろうか?

 日本のFootballで最も不足しているのは、この「どんなゴールも1点は1点」という、単純明快な事実の認識不足ではないか?と昔から考えていた。そういう意味でこの大前選手のシュートは、ボクの印象に強く残った。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 今日は2008年の初蹴りで、宝ヶ池に向かう狐坂の麓にある、宝ヶ池球技場に行ってきました。

 ここは、学生時代に完成した比較的新しい施設で、当初は天然芝のピッチ状態も素晴らしく、小ぢんまりとしたスタンドもついていて好きなグラウンドのひとつだった。

200801131003000.jpg

 ただラグビーでも使用されるために年々芝生の傷みもひどくなり、数年前に人工芝に張り替えられたらしい。しかしそれからも年月が過ぎ、ショックもやや堅いような印象を受けた。

 「都道府県対抗女子駅伝」が開催されていたのでご存じの方もいらっしゃるように、日中はチラチラと雪が降ったり止んだりの天気。十分着込んでアップも入念に行い、カラダの各部を解して試合に臨んだ。

 3チームが、30分ずつの巴戦で当たる試合方式だったけど、やはり待っている間にカラダが冷えてしまい、その都度アップし直さなければならなかった。

 前回からちょっと機会が開いてしまっていたから、どうもボールが足につかない。特に速いドリブルからクロスを上げようとした時には、軸足の踏み込みが浅くなって上手く蹴れなかった。

 気候のせいもあり、4本目にはさすがにふくらはぎにハリが出て攣りそうだったけど、何とかケガもなく無事終了! 中2週でリーグ戦が組まれているので、いいトレーニングになったと思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨年は後半失速してしまいなかなか更新できませんでしたが、今年はマメにアップしていきたいと思ってます。





 というワケで、早速今日行われた天皇杯決勝戦の感想などを…。

 大逆転で2007年のJ1を征した鹿島アントラーズと、入れ替え戦でJ2・3位の京都サンガに破れ、今年はJ2で過ごすことになってしまったサンフレッチェ広島。対照的な両チームが勝ち上がってきた決勝戦は、U-22代表でもある広島の若きエース、柏木が出場停止ということもあり、戦前から鹿島有利の印象だった。

 立ち上がりは両チーム共にゆっくりと入ったように思われたが、前半8分、マルキーニョスとのワンツーでペナルティエリア右に侵入した内田が、3人に囲まれながらも角度のない位置から、GKの頭上を抜くシュートで先制する。

 その後はやはり、ボールポゼッションで鹿島が広島を上回り、安定した試合運びで前半を折り返す。

 後半も、鹿島は高い位置から早めのチェックで広島の攻撃の芽を摘み、またサイドから効果的なクロスを上げさせない。柏木を欠く広島の攻撃も単調で、相手守備を崩すことができないまま、時間だけが刻々と過ぎて行く。

 残り15分を切ったあたりからは、広島もリスクをかけてディフェンダーも前線に。また鹿島の選手にも疲れが目に見えはじめたこともあり、左エンドから右エンドと目まぐるしくボールが展開するようになった。

 しかし、広島・下田、鹿島・曽ヶ端の両GKがファインセーブで決定機を食い止める。

 そして1-0の緊迫した点差のままロスタイムに。鹿島は右サイドを上がった本山が起点を作ると、85分に交替出場した柳澤が広島ディフェンス陣を引き付け、空いた左サイドにフワッとしたクロスを送ると、こちらも交替出場のダニーロがダメ押しのゴール。そのままタイムアップを迎え、鹿島は11冠目のタイトルを手にした。

 何度も繰り返すけれど、やはり広島は柏木を欠いてたことが悔やまれる。彼がいれば攻撃に変化がつけられ、鹿島を手こずらせたのではないだろうか?

 ただそれにしても、鹿島のディフェンスは安定感がある。前線の選手もプレッシャーをかけてパスコースを限定してくれるから、後ろの選手は積極的にインターセプトを狙いに行けていた。

 広島は、今後の有力選手の動向が気になるところだが、迷いの吹っ切れた天皇杯でのプレイが続けられれば、1年でJ1に復帰することも可能だろう。

 そして動向と言えば、鹿島の柳澤はどうするのか? 新しいシーズンが始まるまでの2ヵ月間も、ホットな話題には事欠かないようだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。