前方Look Up!(F.C.Milleの千年構想)

「F.C.Mille」では幹事をやりつつ、DF四銃士のひとりとしてplayしてました。ここでは所属する地元のシニアチームの活動やFootballに関することを中心に、徒然なるままに書き綴ります。


テーマ:
 Footballというスポーツは、ルールもシンプルだし、目的や勝敗のつけ方さえシンプルだと思う。

 しかしながら、プレイヤーのポジションが明確な、野球が先に根付いてしまったからか、どうも日本では、フォーメーションがあたかも大切なモノのように語られることが多い。

 でも考えてみてほしい。一旦試合が始まれば、監督の指示の声はなかなかプレイヤーまで届かないし、ましてや戦術の変更などは不可能に近い。いきおいプレイヤー一人一人の、瞬間瞬間の判断が大切になるワケだ。

 現代社会、特に昨今の社会生活に於いては、この一瞬の判断力が求められている。例えば会社という組織の中で、今自分は何をすべきなのか、上司、部下、取引先やクライアントとの関係を常に頭に入れ、考え得る最善の行動をとる。時には部下はもちろん、上手に同僚や上司をも動かさなければならないときもあるだろう。

 当然、我がF.C.Milleのようなクラブチームも例外ではなく、メンバーとして何をすべきなのかを常に考えておかなければ、組織としてのまとまりなんて、望めなくなるんじゃないだろうか?

 それぞれ事情があることは承知しつつ、二日連続で行なわれたリーグ戦が、どちらも11人以下でしか戦えなかったことを、悔しく思う。

 仕事の合間を縫って参加したメンバーだけでなく、試合を成立させるという、登録チームとしての最低限の責任を果たすために参加してくれたメンバーには、心から感謝したい。

 もちろん、幹事として判断を誤ったことには、深く反省をしています。でもやっぱり、「何とかならなかったのかなァ」という気持ちは、正直言って心の片隅に残ったままだ…。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 待ちに待った開幕戦。しかし集まったのはたったの10人。おまけにGKも急造とあっては、はじめから苦戦は覚悟の上だった。

 開始直後は、天然芝のピッチのおかげもあってか、それなりにパスは繋がっていた。

 ところが、10分頃にスルーパスを通され、キーパーとの1対1からのファーストシュートでネットを揺らされると、ディフェンスラインの裏を、徹底的に狙われだす。
 前半だけで4失点、後半も3失点で、終わってみれば一方的な内容。新加入Nの高さを活かしたセットプレーも不発で、結果はともかく、中身にもガッカリだった。

 後半の半ばで脚が止まったのは、明らかに調整不足。これは致し方ないにせよ、気になったのは何シーズンも続いている、認識のギャップ。

 ディフェンスラインを高めにして、中盤をコンパクトにしようとしているのに、中盤が前と後ろにパックリと分かれてしまい、深みというか厚みがなくなり、ルーズボールがほとんど拾えなかった。

 また、もう少し前線でボールを持つプレイヤーにプレッシャーを与えないと、生きたパスを厭なスペースに出されてしまう。

 今日も午後から第2節の試合があるけれど、予定では8人しか集まらない。結果はどうであれ、いかに楽しめるのかがポイントになるだろう。

 健闘を祈る…。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 いよいよ、F.C.Milleの2005年シーズンが、明日開幕する。新たに3名の新加入メンバーを加えたチームは、どんなシーズンを送るのか。最初からメンバーはギリギリの人数しか集まれないようだが、例年よりは準備も少しはした…。
 いくつになっても、試合前日の気持ちの昂ぶりはあまり変わらない。ひとつの楽しみでもあるんやけどネ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。