バーチャルコンソールクエスト

ゆるゆるゲームブログ


テーマ:
現在声が変わっているマダオです。
体調がイマイチなときは、布団に入ってゲームです。
あ、リンゴはうさぎさん仕様でお願いします。


世のゲーマーの多くは来週発売タイトルの中に本命があるのではと予想されますが
僕はといいますと今週注目作ラッシュですよ。
ガジェットロボは明日密林より届く予定。
チョコボと魔法の絵本最新作は当初買う予定でしたが店頭でパッケージを見た瞬間
今回もなんとなく年明け早々、いやまた年明け待たずに
値崩れそうなオーラを感じたので華麗にスルー。
チョコボと魔法の絵本ファンとしては失格。
今週期待の新作で手元にあるのはDS版エレビッツのみ。
そうそう、正式タイトルは『エレビッツ~カイとゼロの不思議な旅~』であります。
ということでDSエレビッツファーストインプレッションであります。

まず、前作にちょこっと触れましょうか。
前作のエレビッツはWii本体と同時発売された作品で
ジャンルはFPSであります。
僕はパッケージの可愛さに惚れて手を出したのですが
その多くが殺伐とした殺し合いではないかと思われるFPSというジャンルで
こんなに可愛らしく、しかもこんなにしっかりと手ごたえの得られるゲームが作れるんだ。
そしてFPSとリモコン&ヌンチャクの組み合わせはここまで相性がいいのか!!
とWiiスポーツ以上にWiiの可能性を感じた本当に素晴らしい作品であります。
知人などにWii買おうと思うんだけどオススメは?と訊かれたら
多くの人はWiiスポーツ・スマブラX・マリカと答えるのではと思いますが
僕は迷わずエレビッツ・宝島Z・ノーモアヒーローズと答えるなあwwwww
いやいや、相手が一般の人ならノーモアヒーローズは外すかもしれませんが
エレビッツと宝島Zは、ゲーム機としてのWiiリモコンの可能性を引き出している
数少ない作品なので是非遊んでもらいたいところであります。

あれっ、なんの話だっけ???
そろそろ本題に入ります。


もともとFPSであったエレビッツをDSで出す。
しかも1人称画面ではなくトップビュー!!!
これはほんとにエレビッツなのだろうか?
メトロイドプライムハンターズのようなシステムなら納得できるが
聖剣伝説やゼルダのような画面でエレビッツができるのだろうか?
正直期待よりも不安が先に立ちます。

とはいえ、ゲームは触れてなんぼ、遊んでなんぼです。
Wiiエレビッツに心底ほれ込んでる以上、エレビッツの名を冠するタイトルに
挑まないわけにはまいりません、いざ…



おお、驚くほどエレビッツだ。
システムは大きく違えど、あの隠れてるエレビッツを見つけ出し
一気にキャプションして回収していく感覚はちゃんとエレビッツだ。
ちょっと感動する。

さてさて、大きく変わったシステム解説いきましょうか。
本作も前作同様、エレビッツは色んなところに隠れています。
なのでプレイヤーは今回もキャプチャーガンを用います。
リモコンからタッチペンに変わってしまいましたが
感覚的には同様で、まず気になるところをタッチ。
でそのままスライドさせれば木を揺すったり岩を持ち上げたりできます。
そこにエレビッツが隠れてれば前作同様ワラワラワラーッと飛び出してくるので
すかさずエレビッツをペンでタッチタッチタッチ。
ここで前作ならジャンジャンキャプションしていくところでしょうが
本作はタッチペンでタッチしただけでは回収できません。
タッチしても彼らは痺れるだけ。
しかも最初の1匹目をタッチするとメーターが出現。
これはキャプチャーできる時間を表していて残り時間が減っていき
これが尽きると麻痺効果無効、エレビッツは逃走していきます。
じゃあどうやって回収すんだよっ( ̄∩ ̄#
ということでここで本作のタイトルを思い出してみてください。

エレビッツ~カイとゼロの不思議な旅~

若干チョコボやレイトン教授と被ってるような気がしますねwww

じゃなくて。
失礼しました、真面目にやります。
カイというのは主人公であります。
で、ゼロというのは前作のラスボス。
しかし本作ではカイのお供として登場し、つねに主人公の傍らにいます。
そしてこのゼロがエレビッツ回収の鍵を握ります。
エレビッツを麻痺させて、メーターが尽きる前にゼロをタッチすると
ゼロが麻痺したエレビッツを一気に回収してくれます。
そうさなあ、カイとゼロの関係は、ハンターと猟犬の関係のようなものでしょうか。
じゃあエレビッツはうさぎやカモか。
プレイヤーがまず銃で獲物を捕らえまして
猟犬が獲物を回収してくるイメージかな。

キャプチャーにはコンボボーナスが設定されており
いっぺんに5匹以上回収すると
エレビッツ自身が持ってるスコア+コンボボーナスになりますので
メーターが尽きるまでになるだけ多くのエレビッツ麻痺させ一気に回収するか。
ここがひとつポイントになりそうですね。


とまあここまでは、RPGでいうなら戦闘システム解説といったところでしょうか。
前作の場合、エレビッツを沢山みつけてスコア(ゲーム中ではワット数で表示)を
一定数稼ぐとステージクリアとなりましたが
本作でのワット稼ぎは経験値&お金稼ぎのようなもんです。
お供のゼロはオメガエレビッツと呼ばれ、ゼロ以外にも複数存在します。
オメガエレビッツはそれぞれに特徴を持っていて
炎を司るオメガエレビッツは火を吐けたり
氷を司るオメガエレビッツは水を凍らすことが出来たりと様々。
そしてかれらにエレビッツから回収した電力を与えることでレベルアップも可能で
より強力な業を覚えていくようです。
残念ながらまだ最初のボス撃破しただけなのでレベルアップしたら
どうなるかまでは分かりませんが、いろいろレベルアップしなければ
先に進めないような仕掛けがありそうなのでエレビッツの回収は大事ですね。
また、門を開いたり移動床を起動させるにも電力を消費しますので
エレビッツをみかけたらガンガン回収、できることならコンボボーナスも頂きたいところ。


さてさてさて、本作はRPG仕立てだったりします。
もちょっと分かりやすく例えると、DSゼルダ(夢幻の砂時計)にそっくりです。
前作でレアな存在として登場したピンクエレビッツ。
本作でも登場しまして、今回は3匹そろえると主人公の耐久力がアップ。
ハートのかけら3個で、ハートの器1個、みたいな感じかな。
エレビッツを回収することによって充電できる電力には上限がありまして
これも電池アイテムを見つけることで容量アップが可能。
これはそうさなあ、ゼルダでいうならお財布かなあ。

謎解き部分もゼルダに似てます。
オメガエレビッツを入替て蔦を炎で焼いて道を切り開いたり
水を凍らせて足場を作り先に進んだりするところは
ゼルダで言うところのアイテムの使い分けみたいだし
タッチペンを使ったギミックも満載。
そしてそして最初のボスも炎でボスの動きを止め、
タッチペンで敵の武器をキャプションしダメージを与えるところなんか
敵の弱点を探して突く楽しさやドキドキ感満載で
これまた非常にゼルダっぽい感覚であります。
つうか、上画面にマップがあったりとまんまDSゼルダ?
ゼルダのダンジョン部分のみをゲームにしちゃった感じ?

とんがりぼうしに続き、またもやらかしちゃったかコナミ!!!
とつい口走ってしまいそうな出来であります


エレビッツとゼルダの楽しさが一度で味わえる
一粒で二度美味しい夢のような作品であります。



wwwwwwwwwww


しかしほんとに、これはこれで楽しい。
なかなか先が楽しみな出来であります。
エレビッツ好きの方はもちろんのこと
ゼルダの伝説夢幻の砂時計大好きだー
という方には是非是非コイツで遊んでもらいたいところであります。
良く出来たアクションRPGとして仕上がっておりますので。


以上、DSエレビッツファーストインプレッションでした。
面白さは保証します。
僕に保証されても困るような気がしますがw
あと、Wiiのエレビッツ未プレイならこちらも是非是非。
ちょっときつめのバランスだったりしますが
おもちゃ箱ひっくり返す感じが最高に愉快な良作なので
本作とあわせてエレビッツの世界観を楽しんで頂きたいところ。
ポリゴンのエレビッツもドット絵のエレビッツも相当カワイイよ。
ではでは(・ω・)/
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

なかじマダオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。