環境系行政書士への道~「あきらめたらそこで試合終了ですよ」 東京銀座

産業廃棄物 収集運搬業 許可申請、古物商、建設業などの許認可、一般社団法人、NPO法人株式会社、合同会社の設立、起業支援中心の銀座の行政書士です。フットサル、サッカー、ビール好きな行政書士です。環境ビジネス支援 行政書士の学校


テーマ:
許認可ではよく見かけるのが
ローカルルール。


地方行政に裁量権を与えるものです。


国が統一的に管理するよりも、
実際に事務処理など管理できる都道府県のほうがより適正処理などのためにはいいということでしょう。


実際、
僕の専門である産業廃棄物行政でも、
強烈にローカルルールは存在します。


他の県では不要な書類が必要なのはもちろん、
そもそも予約が入らないとか、
車の写真の撮り方が違うとか、
事前にメールで資料を送るとか…


でもまあこの辺りはまた
先の理由があるのでわかるところはあります。


理不尽なこともありますけどね。


{11BD8F49-0EB7-46D8-985E-5184C4BA08F4}


でも、
これにローカルルールいらないでしょ
というのが設立関係。


具体的に言えば定款認証。


細かな文言、
いや、それもうどっちでも意味通るでしょうって
小さな変更がポロポロ出てくる…


各県共通ならいいんですけどね。


おかげさまで全国のお仕事が増えて来て、
いろんな業務でローカルルールに鍛えられてます。


さて明日は大阪!
苦手意識あるのを上書きすべくやって来ます!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

環境系行政書士 石下貴大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント