政府税制調査会は28日の会合で、学識経験者らによる専門家委員会のメンバー11人を承認した。委員長に神野直彦関西学院大教授、委員長代理に大沢真理東大教授が就き、下部組織として二つの小委員会も設置する。来週中にも専門家委の初会合を開き、今後2年間かけて専門的な見地から税制抜本改革に向けた検討作業を行う。
 また、税調内に(1)納税環境整備(2)市民公益税制(3)控除廃止の影響-に関する三つのプロジェクトチームを設置することも決定。ただ、社会保障と税共通の番号制度に関しては、近く政府内に設置される省庁横断の「検討会」に議論を委ねる方向だ。これに関連し、原口一博総務相は会合で「さまざまな社会保障番号や住基ネットを統合した上で、全く違った発想でやりたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~石川議員、小沢氏に収支概要報告~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

首都圏の雪、170人が骨折などのけが(読売新聞)
<派遣労働者>携帯で条件チェック 連合が2月サイト開設(毎日新聞)
普天間継続使用を否定=鳩山首相(時事通信)
代表質問参院でもスタート 首相、小沢氏の国会招致「小沢氏が判断」(産経新聞)
<参院選>公明党、埼玉選挙区に公認候補擁立へ(毎日新聞)
AD