知人の女と覚醒(かくせい)剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた千葉県警佐倉署の元警部補、佐藤祐介被告(49)=懲戒免職=の判決公判が23日、東京地裁で開かれた。吉村典晃裁判官は「警察に対する国民の信頼はかなり損なわれた」として、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

 吉村裁判官は「覚醒剤事犯を取り締まる立場にありながら、女との不倫関係を維持することに心を奪われ、繰り返し覚醒剤を使った。刑事責任は重い」と指摘。一方で、「警察官の身分を失い、妻とも離婚せざるを得なくなった」と執行猶予の理由を述べた。

 検察側によると、佐藤被告は覚醒剤事件の捜査を通じて女=同罪で公判中=と知り合い、交際を開始。昨年3月から覚醒剤を使い始めたという。

 判決によると、佐藤被告は昨年12月、同県佐倉市の駐車場に止めた乗用車内で、女に覚醒剤を自分の腕に注射させた。

【関連記事】
千葉県警元警部補 覚醒剤使用「間違いありません」 地裁初公判
覚醒剤所持の警部補、使用で再逮捕へ 警視庁、本人は否認
薬物捜査員の「キメ友」は元容疑者…クスリと女にハマった刑事の“修羅”
警部補が使用主導か 覚醒剤所持、女が出頭し発覚
「深くおわび」覚醒剤所持の警部補逮捕で千葉県警が陳謝
20年後、日本はありますか?

民主・生方副幹事長解任、閣僚からも批判(読売新聞)
社民、参院選で保坂元衆院議員らの擁立を決定(産経新聞)
来年度診療報酬改定で説明会―全日病(医療介護CBニュース)
数珠つなぎスキー184人、世界初でギネス登録(読売新聞)
DPC新係数に5.6倍の開き-厚労省が告示(医療介護CBニュース)
AD