福岡若手弁護士のblog

福岡県弁護士会HP委員会所属の弁護士4名によるBLOG
(ただしうち1名が圧倒的に多いですが、だんだん若手じゃなくなってるし)


テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  旧態依然の取調を打破せよ

2010/10/21参議院法務委員会で

今野東民主党議員が、政府参考人

金高雅仁警察庁刑事局長に出した

質問であるが、弁護士会にとって

非常に有益なやり取りであったので

ここにピックアップしておきます。

本来は多額の会費を徴収している

日弁連がやるべき広報なんだが

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kaigirok/daily/select0103/main.html

○今野東君 

 さて、この取調べを受けた人は、

たまたまICレコーダーを持っていて

録音をしたわけなんですが、

このように任意の取調べを受ける

被疑者が録音をするということは

違法なことでしょうか。

 警察庁にお尋ねします。
○政府参考人(金高雅仁君) 

 任意の取調べを受ける人が録音

するということは、必ずしも法をもって

禁じられているということではないと

いうふうに承知しております。
○今野東君 確認をしますが、

被疑者が録音をしたいと、で、

その現場で駄目だと言われたときに、

それがかなわないのならば、

それでは私は帰りますと言っても

いいということでしょうか。
○政府参考人(金高雅仁君) 

任意の取調べでありますので、

あくまでもそれは任意ということで

あろうかと思いますが、一般的に

言うと、取調べの中では被害者

あるいは第三者のプライバシーに

ついて触れられるということも

ございますので、録音をされて

それが外に出るということになりますと、

幾つかの問題が生じるということに

なろうかというふうに思います。
○今野東君 ですから、これを

録音していいかどうかと聞いたときに

駄目だと言われたら帰っていいか

どうかということをお尋ねしております。
○政府参考人(金高雅仁君) 

これは、あくまでも任意捜査の原則に

従って判断されるものというふうに

考えております。
○今野東君 だから、それが

かなわないなら帰っていいんですね。
○政府参考人(金高雅仁君) 

どうしてもそれは取調べに応じられないと

いうことであれば、そういうことになる

場合もあるというふうに思います。
○今野東君 ありがとうございました。

http://blog.livedoor.jp/azumakonno/archives/2010-10.html

ただし今野議員自身のブログに

「これを2度3度繰り返すと場合に

よっては、警察は逮捕という手に

出るかもしれません。ここは

要注意です。」という使用上の

注意が併記されていますが。

大阪府警の過激な取調の内容が

ICレコーダー再生という方法で

メディアによって取り上げられた

この時期に、不当な取調を防ぐ

意味でもグッドな質疑だと思います
ろぼっと軽ジK

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ 2箇所押してください 押

http://dtk2.blog24.fc2.com/blog-entry-1105.html

企業法務部(非法曹)の方が、興味深い

ブログ記事をUPしてくれているblog

法曹激増を嘆くに終始せず、いま

生きている弁護士にとって幾許かの

ヒントになればと掲載することにした表示を確認する

私は田舎弁護士なのでリーガル

ど●た(たしか放送禁止用語に

なってましたよね、ヨイトマケの

唄とかで)系ではないことは明らか。

論文も書いていないので権威系

ではないし、年齢的にも業界内での

地位でも老子系ではない。

取り扱い事件の半分はある領域の

ものなので、その領域については

専門系なのかもしれないペディキュア また

残り半分はフットワークで差別化を

図っているので便利使い系なのかも

しれない。ただ自分のキャラがどういう

タイプなのか自分では分析できないPringles

改めてみてみると、ビジネスローヤーの

領域で田舎弁護士が動けるのは2と3

しかなく、仮に東京から安価で進出

してきたらいずれも多分勝てない

ように感じる。東京の弁護士の仕事は

速いのはたしかだから(ただし、レベルは

正直、玉石混合な感じが否めない)ジュエル・purple

結論:専門系になるのは膨大な勉強

時間を要する、便利使い系になるのは

日々のプライベートが多く犠牲になる、

要するに、田舎でビジネスローヤーと

して一定程度成功したいと思うならば

時間食いにならざるをえず、タイム

マネジメントを相当意識しなければ

ならないということか。

 無論、専門系になるためには先に

その領域の依頼者が殺到してくれる

ことが大前提なのだが、依頼者が

殺到するには先に能力が伴って

いなければならず、鶏が先かにわとり2

卵が先か誕生であるが、若手弁護士に

とっては徹底的にタイムマネジメントに

こだわり、時間の余裕を作って専門

領域について絶対的な技術水準を

確保するのが王道だと思う高速道路

ろぼっと軽ジK

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねサラリーマン

http://www.toben.or.jp/news/libra/pdf/2006_04/libra0604_p2_p6.pdf

スタッフ弁護士というのは上記記事に

紹介されているが、日本司法支援

センター(通称法テラス)に雇用された

弁護士であり、都市型と過疎地型に

分類される。都市型は民事法律扶助と

国選弁護を取り扱い、過疎地型は

当該地域の法律事務全般を取り扱うと

されている。対象概念として、一般の

法律事務所で開業していて法テラスと

契約して個別の扶助事件や国選弁護を

取り扱うジュディケア弁護士がいる。

私もジュディケア弁護士の1人であるハート

http://hatokani.blog77.fc2.com/blog-entry-62.html

函館のスタッフ弁護士のブログでは

2010年1月時点で全国で100名を超えて

いるとのことだが、その複数のスタッフ

弁護士で書かれているブログなるものは

週1の頻度未満で更新されるに過ぎず、

2009年12月から全く誰も記事を書いて

いないのはどういうこっちゃはてな

松本三加弁護士が、スタッフ弁護士に

向かって「あなたたちは税金で給料を

もらっている。そのことをもっと前向きに

とらえて、あなたたちが仕事で得た

価値は社会に全部吐き出しなさい。

スタッフ弁護士が発信しないことは

許されない。一生懸命ただ事件を

やりたいんだったら、引きこもって

ジュディケアでやりなさい」とかハッパ

かけたとのことですから、行動をぜひ

伴ってもわらないと筋肉

http://ameblo.jp/staff-lawyers/theme-10006898357.html

自由と正義2010年2月号にタイトルの

座談会が掲載されていた。司会は

櫻井光政弁護士でして、この方は

ちなみに、法曹増員賛成派です↓

http://taoka.cocolog-nifty.com/sakuragaoka/2009/10/post-1909.html

『法テラスでも、中央と現場でお互いの

論理が違う。最初は対立ばかり

していた』

『弁護士が1人しかいないので事件を

断れない。キャパシティーを超えて

パンクしそうなところに毎日誰かが

駆け込んでくる。依頼者の顔と

名前が一致しなくなったことで

フラストレーションが溜まった』

なかなか事務員を増やして

もらえない。最初は、備品を買うにも

いちいちお伺いを中央に

たてなければならなかった』

『刑事の否認事件を幾つも抱え、

頑張っても頑張っても有罪判決を

もらい続けると、自分は何のために

この仕事をしているんだろうという

気になってくる。ひたすら刑事で

控訴棄却の判決をもらい続けて

報われない仕事を続けている感じ。

被告人に言い分をいう機会だけ

与えて納得して刑務所に見送る

ための手伝いをしている姿は

果たして成果と呼べるものなのか』

『旅費請求書1つ取っても大変。

経路一覧表を作って、タクシー

利用報告書をつくって、右往左往』

『最初のパソコンにはCD-RОMも

ないしUSBもつなげなかった。

アマゾンで本を買うにもアマゾンの

サイトにつなげない閲覧制限が

設定されていた時期もあった』

『国選を頑張ってやっていた時期、

売上が自分の給料に達して

いなかった』


 むろん、生活保護受給者の成年

後見や、国家賠償を複数同時に

抱えたり、法教育に力を入れるなど

ジュディケア弁護士ではおよそ

ペイしない仕事をコストを気にせずに

着手できるメリットや、東京しか

それまで知らなかった弁護士が

過疎地に赴いて初めて地方の

甚だしい疲弊や貧困を実感する

ことができたとか、いいことも紹介

されていましたが、私が記事を

読んだ限りではメンタルヘルスと

フィジカルヘルスを保つのはかなり

大変な業態ではないかと感じたぞ聴診器

ろぼっと軽ジK

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね自由の女神

坂野真一弁護士の2009/6/5ブログに

この記事が載っていました。愛媛県の

山口直樹弁護士は48期(ろぼの1年

後ろ)にあたります↓ロビー

http://www.idea-law.jp/sakano/blog/archives/2009/06/05.html

日弁連サイドにも編集権はある

わけで、要は著者のスタンスが

NGだったのか、表現方法がNG

だったのか、そこんところは

ブラックボックスではありますキラキラ猫

 が、09年4月号143頁で指宿

昭一弁護士の発言を議事録で

あるとはいえ正確に掲載して

いると思われることからすれば、

著者のスタンスをもって直ちに

NGとするほどの狭量でも

ないのではないかと。つまり、

日弁連の公刊物に掲載する

ことで、会内合意不統一の

証左として面白おかしくメディアに

取り上げられるリスクを回避

したのかな?と思いました。

気持は分かりますが、表現が

結構過激な印象を受けますレインボー

弁護士職務基本規程6条に照らし

 坂野真一弁護士のブログには

コメント欄がないので、読後の

感想をこのブログに掲載して

もらうと、いろんな意見に接する

ことができそうで嬉しいです

ろぼっと軽ジK




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね電波

http://knuckles.cocolog-nifty.com/

右端の「獄中日記」をクリックするも

IDとPWがないと中身は読めない

ようで残念むー実話ナックルズが

死刑執行後に書籍化を目論んで

いるからでしょうか!?*

小田島鉄男死刑囚が起こした

事件の中身は「マブチモーター

社長宅殺人放火事件」で検索

すると見つかります。犯行直後は、

犯人のメドがつかず情報を懸賞金で

募集していたことを覚えてます

 残念ながらブログの中身は

ここ最近の記事しか読めずに

この記事を書いていますが、

彼の手紙にウナギを拘置所で

食べたことが記されてあった

ことに対して格差社会というか、

贖罪を強く求める世情というか、

こういうコメントも入ったようですうなぎ

 たしかに税金を費やして

死刑囚を長期間国家が養って

あげることについて、こういう

意見が出てくるのは自然な

感じもします。記事はこちら↓

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090503/trl0905030807001-n1.htm

「うなぎを食った? ふざけるな!

刑の執行を待たずに、絶食して

苦しんで逝け、それが償いと

いうもんやろ」

「俺よりもいいもの食って、おやつも

食って、俺も人を5人くらい殺して、

死刑囚になりたい」

私が司法試験を勉強していた

頃は、死刑囚と外部との交流を

不可とする監獄法が存在して

いたのですが、受刑者処遇法で

変わっていたのですねビル

このブログの特徴は、連載が

終わるときが死刑執行日であると

いうことです(死刑囚がそれまで

手紙を出し続けていればですが)。

管理人は彼の死刑が執行

された後は、別の死刑囚に

声をかけて、違う形で連載を

続けるつもりなのでしょうかおやじEX

それもまたシンドそうです

ろぼっと軽ジK


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねハッピー

田舎弁護士の訴訟日誌(四国・愛媛)と

いう大変勉強熱心な方のブログが

あって、わたくしもよく目を通して

いますが2008/10/29・2007/9/26・

2008/4/26のブログでこの問題が

とりあげられていました。

件の大阪高判平成20年4月25日は

次のとおりです↓

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081107132508.pdf

この結論が正しいか正しくないかと

いうのは、学者の評論、および、

最高裁の英断ガッツポーズに委ねるとして

仮にこの判決が確定した場合の

問題点について、日弁連委員会

ニュース2008年11月号6頁に

コラムらしきものが掲載されて

いました(著者は永島正春弁)。

 いますぐは意味がわからないので

とりあえず記事そのものをUPします

「所得発生時期で、これは原則と

して収入すべき権利の確定時で

ある(所得税法36条1項)。

 退職金債権は退職金規定の

存在と一定期間勤続後の退職に

よって生じ、勤務先破産による

解雇の場合もその時に退職金

所得が生じる(所基通36-10)。

 もし配当時期に所得が生じると

大阪高裁のように解釈するならば

例えば破産手続開始の翌年に

給与債権配当を実施する場合、

源泉徴収税額は同表乙欄に

よることになり、同表甲欄の

3倍弱以上の税額となる(中略)

最大の問題は年末調整義務である。

弁済配当時期に関係なく、手続

開始年の所得として税額計算

する場合、元従業員の申告書

提出と経理担当者の確保によって

対処することが出来る」

 一言で言えば、税務補助者を

雇用しない限り、源泉徴収計算に

誤りがあれば弁護過誤になるし、

しちめんどくさいことになると

いうわけだうるうるもっと正確な解説を

してくれる投稿を望みますお願い

 ろぼっと軽ジK


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねテスト

簡裁代理権が付与されたことから、

ネットや電車広告を見る限り、

過払い返還業務に関わっている

司法書士も少なくない。

ところで、司法書士の業務範囲は

司法書士法に定められている。

過払い返還業務の中で、請求

できる金額が140万円を超過

しているケースもたまにある。

http://blog.livedoor.jp/legalpartner/archives/374022.html

司法書士は、司法書士法3条6号に

より簡裁代理権は140万円まで

しか付与されていない。そこで、

司法書士法3条5号4号により、

そういう場合は書類作成業務+

相談業務にとどめざるをえない。

それがコンプライアンスである。

>お客様の和解希望額について

>綿密な連絡をとり相手業者に

>お伝えするなど話し合いの

>仲介をしますし、訴訟に

>おいては、お客様ご自身で

>裁判所に行っていただくことには

>なりますが、司法書士が

>ご本人様と同行し、法廷内に

>おける対応への助言や書類

>作成等の最大限の

>バックアップをさせていただく

>ことが可能です

http://www.law-kato.com/price/index.html

上記ブログの作成者かどうか

不明だが、ブログのリンク先に

司法書士の報酬規程があった。

ひょっとして司法書士が簡裁代理人を

務めた場合とあくまで相談+法廷

立会いに徹する場合も、両者の

報酬規程に差はないのだろうか?
 弁護士の場合、仮に相談+法廷

立会にとどまるならば標準は30分

5000円程度に収まることになろう。

現在は報酬規程はないのだが。

 すると、司法書士が前者と後者を

意識して区分していない場合、報酬の

面では弁護士との均衡を失して

いるようにも感じた。

 ま、相談+法廷立会であっても

過払い金返還の場合に限り報酬を

簡裁代理のケースと等しくすると

すれば、クリアできる問題なのだが

その点を意識している司法書士は

どれだけいるのだろうか

ろぼっと軽ジK

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね国会議事堂(荒れ)

http://www.election.ne.jp/10868/

著者の河井克行衆議院議員は、

自民党の副幹事長を務めると

同時に、鳩山邦夫前法務大臣の

下で法務副大臣に就任していた

ようです。

2008/8/18記事から「王様の耳は

ロバの耳」の床屋状態で、職責を

解放されたうれしさか、司法改革に

関する記事が立て続けに掲載

されるようになりましたユニコーン

法務のトップ(しかも非公務員)が

司法改革で右往左往している

法曹をどのように眺めているのか、

参考になります。字も大きいです。

2008/8/30法科大学院に対する

辛らつな記事は、法科大学院に

関係しない者にとっては「うん、

そのとおり!」とつい拍手喝采に

なってしまいそうです。

しかし、とすると日弁連に対する

2008/8/31記事にも拍手喝采

する人も多いんだろうな、とふと

気づきました冷

ろぼっと軽ジK



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね本

http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20080708/1215471123

ボツネタの「三振後の身の

振り方について」という記事が

ひそかに注目を浴びている。

「法科大学院雑記帳」という

タイトルで過去の記事が

単行本にもなってます。

昔から変わらず米倉明

教授はぶっ飛んでいる。

私は大学時代民法講義を

受けたが、大変オモローな

かたでした。あの口調だから

この記述も活きるんだよね。

高学歴ワーキングプアを

地でいくような、法科大学院

在学生の未来が書かれて

いましたよ。ひでえ話だけど。

ろぼっと軽ジK


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチッとね競馬

http://www.mbs.jp/voice/special/200803/14_12444.shtml

2008/3/15のPINE'S PAGEには

ようつべのリンクが貼られて

いたのですが、流石にようつべに

リンクすることは自主規制^^

しまして、VOICEのホーム

ページで紹介されるまで

記事掲載を待っていました拍手

PINE弁護士は学生にも

手厳しいご意見でしたが、

社会的弱者に鞭打つのは

ろぼの趣味ではないので

繰り返しはやめときます。

とはいえ、「国のやることは

信用できねえ、というのが

常識」とは筆滑りでは笑

でも、この程度の生活や

明日の見えない日々なら

旧司法試験組でも決して

珍しくなかったぞ、正直くつした

ところで、3代目弁護士が

同志社ロースクールに起こした

調停が、まったくメディアに

取り上げられていないのは

なぜなんでしょう??

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。