福岡若手弁護士のblog

福岡県弁護士会HP委員会所属の弁護士4名によるBLOG
(ただしうち1名が圧倒的に多いですが、だんだん若手じゃなくなってるし)


テーマ:

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ 愚かな大人に合掌 合掌

2週間ほど前に愛知県の小学

3年生の教師が「子供が18人います。

1日に3人ずつ殺すと、何日で全員を

殺せるでしょう?」という阿呆な

問題を出したことがニュースに

なったばかり

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100915-OYT8T00600.htm

今日は私立幼稚園のスクール

バス内でドレミの歌の替え歌を

歌った運転手のことが取り上げ

られている。こちらも愛知県愛知県

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100928-00000157-jij-soci

オトナコドモは確実に増えているの

だなあと感じます。子供相手の

仕事なのに困ったものですバス

ろぼっと軽ジK

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ 会社経営は計画的に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100927-00000002-jijc-biz

最終調整中とのことですが、

上場企業で株価にもろ影響

しますので、報道する側も

誤報ではないと思います汗

 現在、武富士相手の

不当利得返還訴訟を何件か

抱えているので、判決を

取得しても回収見込が非常に

低くなってしまうのが残念で

なりません歯4

 アイフルと同じくADR申請を

選択するのではないかと予測

していたのですが、民事再生でも

ないということはM&Aを正面

から考えているんでしょうかね

ろぼっと軽ジK

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  堕ち続ける弁護士たち

2010/9/4NHKの追跡!AtoZの

内容が記事になりました。私の

時間ができたので、ようやく

取り上げることができますTV

http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/file/list/100904.html

>なぜ弁護士が正義よりもカネに

>執着するのか。背景に、仕事に

>あぶれた“貧困弁護士”たちの

>存在が浮かび上がってきた。

 過当競争を国が招来したことで

サービスが向上したことはたしかに

事実だと思います。同時に、競争に

敗れつつある弁護士が、大人しく

退場するのではなく、無知な

依頼者を食い物にしてしまう

事態も如実に明るみになって

いるようです。

http://diamond.jp/articles/-/9334


番組まるごとの解説記事ですが、

ここまで来たか涙と悲しくなったのは

暴力団関係者に100万円で利用

される弁護士が複数に及んでいる

ことです。

>弁護士の業界も競争社会だ。

>団塊世代の、昔ふんぞり返ってた

>先生たちは営業努力しないから

>淘汰されていってしょぼくなってくる。

>そういう弁護士だったら目の前に

>積まれた金を取るよ

弁護士はこの先も増加の一途を

辿りますから、悪に利用されやすい

弁護士が毎年必然的に生まれて

くるということですね涙利用する

 市民は「弁護士だから正義の

味方」などともはや思わぬことです。

所詮しがない自営業者になって

しまったのです(しかも智恵が働く

だけに始末に終えない存在)タロット:正義

 懲戒処分についてはネットでは

著名な「弁護士と闘う」氏が登場

いていました。私はこの方の市民

感覚は腑に落ちるところが多く、

現在のスピードはやはり遅きに

失する印象が否めません。

 それにしても最後に登場した

会長の対応策に説得力がまるで

ないことが残念でした。悪いことは

悪いくらい重々わかった上で、

悪い人は手を染めているのです。

研修を充実させることでは十分な

対策にならないことは、実際に

非行弁護士に接したことがある

会長ならば性根からわかっている

はずですが、弁護士自治を弱体化

させかねない発言はやはり立場上

できないんでしょうクラウン。

ろぼっと軽ジK



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ でかした、週刊新潮

フリージャーナリスト丸尾健太郎氏に

よって2010/9/30週刊新潮に

記事が掲載されました本

皆藤隆さん(34歳・実名)は

5年前に証券会社を辞めて

既習コースで私立ロースクールに

入学したものの、貯金600

万円は底を尽き、しかも

三振となり、今は無職です。

「自分は国に騙された国家

ぐるみの詐欺の被害者だと

ハッキリ思っています。」

「当初言われていた7割の

合格ラインの枠には自分は

入っています。騙されたと

声を上げる権利があると

思います。レベルの低下を

今の合格者が3000人よりも

大幅に少ない理由として

あげていますが、何をか

いわんやです。合格者を

大幅に増やすのですから

平均のレベルが下がるのは

当たり前じゃないですか」

 片岡誠也さん(30代後半、

仮名)は、旧試験で8回連続

不合格になった後、400万円を

捻出し、都内の私立ロースクールに

入学。前職は法律事務所職員。

 しかし、法科大学院の授業は

文科省の方針で受験指導が禁止

されているため、司法試験には

役立たなかった。その代わり

あえてアカデミックな法学指導が

行われているため、結局、

予備校だけが頼りだった学校

「法科大学院は強いて言うなら

金持と貧乏人を選別するために

あるのかも。旧試験では中卒でも

受験できたのに、新試験では

大学院を卒業していなければ

受験資格が得られません。

そのために数百万円の学費が

必要です。私は旧試験のまま

だったら、仕事を辞めずとも

借金を背負わずとも済んだ

貧乏人は人生を棒に振る

覚悟がなければ大学院に

入るなということでしょうか。」

片岡氏は三振で貯金も将来の

展望も全て失い、残ったのは

奨学金として借りた230万円の

借金だけである。

30歳を過ぎてサラリーマンを

辞め今年三振した山浦武昌

さん(仮名)は3年の未修

コースの学費など400万円と

生活費600万円を全て借金で

賄っている。授業料は法科

大学院から支払猶予を受け、

生活費は奨学金の貸与で

賄ったものの、足りずに最後の

1年間は親族からの援助で

暮らしていた。より悲惨である。

「いたずらに齢を重ね、莫大な

借金だけが残りました。政府が

鳴り物入りで始めた法科

大学院の趣旨に賛同して、

異分野から飛び込んだ私には

この上ない失望。同じ時間と

金を他のことに使えばもっと

有意義な人生を送れたのでは

ないかと、後悔に苛まれる

日日です」お金

法科大学院を終了して法務博士の

称号を携えて、企業の法務部に

雇用を申し入れても、履歴書に

そう記載することは新試験に合格

できなかったことを自ら露呈する

ことになる。企業の法務担当が

わざわざ不合格者を雇う可能性は

少ないはずである。

 現在、文科省は法科大学院の

入学試験を厳しくし人数の削減を

進めているため、合格率は幾分

なりとも改善される見通しだ。

 しかし、新試験ができて数年間、

実態が固まらぬ時期に仕事を辞め、

三振の憂き目に遭った元社会人に

ついては蚊帳の外に置かれたままだ。

 その多くは30歳を超え再就職先も

なかなか見つからず、借金の返済も

ままならないのである。


 まだ大新聞では報道されていないが

ロースクール制度を開始したことにより

過剰債務者が生み出されていること、

しかも、自己責任に撞着すべきもの

ではなく、制度発足時点での欠陥に

国が目をつぶったことが明らかな

原因であること(現に韓国は隣に反面

教師の日本がいたとはいえ、制度

自体に破綻を招いていないのだから)、

日弁連は早急に急増する三振博士の

救済を図るために、バイパスの設置を

文科省などに働きかけるべきだと

思うし、その礎をわざわざジャーナリストが

記事にしてくれたと思うぞ本

ろぼっと軽ジK


いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ 証拠変造はダメだじょ

特捜案件では与党政治家の

圧力がかからないとシロの

捜査はしないのだろうかmonokuroboo

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100921-00000031-jij-soci

よりによって身内の恥の

実名報道であるから、かなり

裏トリの信憑性は高いように

思う。捜査の根幹を揺るがす

一大スキャンダルである

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201009/2010092100314&rel=j&g=soc

検察官はえん罪であることを

うかがわせる証拠があることを

知りつつ訴追活動に従事して

いたわけだ。しかも、報道に

よれば、上司はそのことを

知りつつかん口令を敷いて

対応していたとのことMIX

「法と証拠に基づいて巨悪と

闘う」がとても白々しく聞こえるぜケケケ

検察庁全体ですぐに取り組んで

ほしいのは、実行した検事の

処分でもなく、真相解明よりも

むろん再発防止措置だ。彼らが

行使しているのは紛れもなく

被疑者や被告人の人生を

台無しにできる国家権力

なのだから、それが不当に

行使された場合の不利益は

弁護士によるものとは到底

比べ物にならないからだ魔王

 今現在も日本中で多くの

捜査案件が進行しているわけ

だから、やすやすと当該検事の

免職で済まさないでほしい

ろぼっと軽ジK


PS:この件は追跡報道で

どんどん真相が明らかになって

いるようなので、報道当日に

掲載したこの記事は不十分な

情報に接したままであることを

付記しておきます


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  久しぶりの判例紹介

20年以上昔、小田急沿線に

住んだことがあります電車

殺人的な混み具合だった

記憶があります。今年は

猛暑でしたからなおさら

大変だったでしょうヨット

2010/8/31東京地裁

判タ1333号49頁です
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100901ddm012040060000c.html

飛行機については古くから

裁判沙汰になってましたが

(在日米軍との関係で)、

在来線についてはどうも

京成電鉄以来の案件の

ようです電車

どの程度の音の大きさか

わかりやすい一覧表を

みつけました↓

http://www3.ocn.ne.jp/~oshimas/035.html

私の感覚では、在来線の

場合には地域住民の

利便という公共の利益を

UPさせていることには

相違なく(地価上昇にも

一役買っていますし)、

しかも駅と駅の間隔は

数kmと狭いことから

住民の受忍限度の

ハードルは工場や

飛行場に比べて、

上がらざるをえないように

思います京阪電車新塗装2そして

この数値基準が一人歩き

すると、全国の在来線

沿線で訴訟が頻発する

ことが予測されることから

本来は行政が立ち入って

調整すべき領域だと

思います。ちなみに双方

控訴となりました↓

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100915ddm012040059000c.html

ろぼっと軽ジK


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ 頃です テレビ

第1に、発言行為そして、懲戒

申立から、大弁で懲戒処分を

出すのに3年もかかっている。

彼の発言内容はTVで何度も

再生されているのになぜそんなに

時間がかかるのか、不思議で

ならない。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201009170006.html

第2に、発言行為に対して

業務停止2ヶ月もくらったら

普通の弁護士ならば、言論の

自由に対する過度の萎縮を

もたらすものとして強烈に

反発するはずだ。つまり、

弁護士会を敵に回すような

発言はするなという、イジメに

見えてならない。たしかに

言論の自由にも刑事民事の

制裁は伴う。実際、橋下

弁護士は損害賠償請求を

受けているわけだし。しかし

そうはいっても「2ヶ月も

仕事をするな!」というのは

もし彼が普通に弁護士業務を

今もしているならばきつ過ぎる

制裁ではないのか。

http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010091701000377.html

会長の発言も茶番に聞こえる。

だったら除名にすればいいのに。

できもしなかった癖に。懲戒

申立が乱発したりして会が

迷惑を被ったのならば、会も

業務妨害を理由に賠償請求

すればいいのに。法律家の

集団なのにできもしない癖に。

>橋下綜合法律事務所の関係者に

>よると、橋下氏は実質的に業務を

>しておらず、顧問契約は橋下氏

>名義ではなく、弁護士法人名義で

>結んでいるという。業務停止処分を

>受ければ事務所に出入りできなく

>なるが、弁護士個人としての影響は

>ないとみられる。

こんなこと言われるとタダの茶番だね。

第3に、懲戒処分の意味づけですよね。

弁護士会のストレス解消でしかない。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100917/trl1009171208007-n1.htm

別に橋下府知事の変な負け惜しみ

コメントを皆が聞きたいわけではないし。

こんな懲戒処分を繰り返すようでは

弁護士会が懲戒処分専権をもって

いる意味が益々薄らぐ気がする

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ 朝日新聞、グッジョブ

 皆が忘れそうな今頃、ようやく

朝日新聞2010/7/19記事を

読むことができました新聞紙


>仕事が軌道に載らない。

>「東京なら何か仕事は

>あるだろう。」そう考えて

>昨年秋、上京したが甘かった。

 これ、捏造記事じゃないのか?

もしそうでないならば、取材に

応じたLS1期生弁護士の情報

入手能力に呆れる。まさか、

この程度の情報把握能力で

合格するのか、今の司法

試験ちゅーのはネコ

>軒弁で最初の数ヶ月は収入ゼロ。

>事務所でネットサーフィンをして

>過ごすことも多かった。

 そんな生活で弁護士会費は

毎月かかるんだから、いっそ、

委員会活動に没頭したほうが

正解でないか、知り合いの

弁護士も増えるだろうし弁護士

ほかに、営業巡りで名刺を

1ヶ月500枚配るのもアリかも名刺

>刑事の国選弁護について

>割当分に手が廻らない弁護士

>から譲り受ける。引き受けたい

>弁護士の携帯電話に一斉に

>メールが届く仕組。5分ほどで

>決まってしまうのですぐに

>返信する。

取りはぐれのない仕事に対する

弁護士の群がりよう、凄いねえゴイス~

>昨年は新たにスーツを買うのも

>我慢した。仕事に必要な

>法律書の購入も月数千円以内に

>とどめている。

 私のスーツも○山で買ったものも

あるけれども青商売道具である

法律書の購入まで節約するような

事態はかつてなかったのでは

ないか。

>「もうお金ないよ。来年は働いて

>くれないと」1回目の司法試験で

>失敗した後、50歳の元病院事務の

>男性は妻から夕食後に告げられた。

>学費や書籍代をあわせ、入学から

>修了までの3年余りで500~600

>万円は費やしただろうか。

 日弁連はこの可哀想な、国策に

騙された男性を、再生産しない

方向に手を差し伸べろよ。貧困

問題に夢中の会長さん、こっちの

方が1年間だけ貸与か給与かの

論点に比べてよほど深刻だろ緑
>三振した男性が生まれて初めての

>就職活動を始めた。LSで学んだ

>ことを活かせると企業法務部に

>応募したが実務経験がないからと

>40社に振られた。「LS修了なんて

>就職には何の役にも立たない」

>今は司法書士を目指している。

 この三振男性の言葉をLSは次の

ように「だから合格者を増加しないと

悲惨な不合格者を増やす」と歪めて

引用するんじゃないか。合格しても

合格しなくても法曹を目指す道に

足を突っ込んだ時点で悲惨な人生に

なってしまう(少なくとも経済的には)

確率の高い制度設計を国は改悪で

つくってしまったのだから。オチが

司法書士というのもリアルですね。

あちらの試験は国によってまだ

破壊されてないので。

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ 9回2死で逆転する感覚 ボール

私は以前から日弁連の今回の

動きには生理的違和感を

示していたのだが、この時期の

このニュースにはびっくりしたきゅー♪

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100913-00000105-jij-pol

日弁連が全国の単位会を

動員して、国会議員のコネを

使いまくれば、こういう逆転劇も

できるんだねみっきーはろうぃん民主党も

票に結びつかず、予算措置を

必要とする議員立法提案に

よく賛意を示せたものだV

 ホントウは法科大学院に

多額の学費を投入しなければ

法曹になれないシステムにこそ

メスを入れてほしかった。

給費制維持を勝ち取れた場合、

結局、日弁連がそこに強烈な

メスを入れることは、慢心して

なくなってしまうように思う。

バイパスの方向が全くこの間

日弁連の中で正面から提案

されてこなかったからだボーダー●

 話は変わるが、私自身に

ついて副次的発見があった。

私はこの運動は失敗する

はずだと予測していた。

そして予測が当たったら

「それみたことか」と高飛車に

批判するはずであった。

 しかし今は予測が外れる

可能性が高くなった。そんな

私が手のひらをかえて

「さすが日弁連でした。私の

見識がアホでした」と自分の

見立ての過ちを正面から

認めることができるだろうか

やっぱりそう簡単に見立ての

過ちを認めることはプライドが

遮るように感じた。

 何が言いたいかといえば、

司法改革の中で日弁連の

増員を見直す発言に対して

メディアはこぞって「司法改革の

後退を許すな」と袋叩きしてきた。

 ところが、ここ最近の

メディアの論調は法曹増員に

賛成なのか反対なのか、

まるで鵺のような不思議な

形になっている。これは

法曹増員の酷い副作用に

気づかなかったメディアが

ようやくその事実に触れざるを

えなくなったものの、さりとて

率直に「メディアの見識が

アホでした」と見立ての過ちを

認めることができない

プライドに起因することに

改めて気づいたのである。

 つまり、メディアが間違いに

気づいていても間違いだと

認めることのできない、

そういう人間心理に私は

今日気づかされたのだよ。

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ 早く法曹人口問題に着手せよ、日弁連は

いよいよ今週木曜日に日比谷公園で

給費制存続を求める2000人パレードが

実施されます。福岡からも何十名も

動員されています散策2ロースクールから

引き継ぐ借金を抱える若手弁護士には

パレードに1日参加させるよりも、返済

原資を稼ぐ労働をさせてあげるのが

よいと思うのですが。パレードに参加

しても彼(彼女)の借金減らないしトボトボ

しかし自発的に参加したいという人が

いるのなら、高みで傍観している私が

止めるわけにはいきませんけどね歩く

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100911-00000966-yom-soci

最高裁の本意がわかりにくいですねハート

ロースクールを導入した今、まさに

社会人経験者の入学者数が激減して

いることは「富裕層しか法律家に

なれなくなる」ことを明らかに示して

いるのですが、ひょっとして、

そもそもロースクールを導入して

いる以上はたとえ給費制を維持しても

富裕層しか法律家になれなくなる

ことは変わらないわけで、給費制の

廃止が輪をかけることはあるにしても

給費制を存続しても富裕層以外の

人で法律家になろうとする割合が

増加する関係にはない、だから

給費制を維持しても廃止しても結局

富裕層以外が法律家になれなくなるのは

同じだというロジックを導こうと

しているのかいなトコトコ日弁連も別に

極秘文書じゃなかろうに、最高裁の

文書をそのまんまホームページで

公開すればよいのに、やっぱり

大人の都合とかあるのですかね

古い話ですが2010/6/29日弁連の

給費制維持緊急対策本部の事務局

会議で「給費制Q&A」なる文書を作成

していたことがわかりました。

その中の一部のやり取りが果たして

国民(少なくとも予算をつけたり

法律を制定する国会議員)の理解を

得られると本気で日弁連が思って

提起したものなのか、すごく疑問を

もったのでここにあげてみます。


「Q7:修習専念義務を廃止しアルバイト

自由とすればどうか?

A7:修習の成果が不十分あるいは

非効率となるおそれが大きい(虻蜂

とらず)。修習中の生活費だけでなく

奨学金債務を抱える者も多い。

アルバイト自由となれば、多くの者に

とって修習に身が入らない状況を

つくってしまう。また、検察官志望者が

検察修習以外の時間をアルバイトに

振り向けるなど、統一修習を損なう

ような事態も起こりかねない。」

・・・就職難の今、十分修習生は

司法修習に身が入りにくくなって

いると思うのだが。机上の想定。


「Q9:公益活動をしていない弁護士も

多いではないか?

A9:弁護士の仕事の公共性は、いわゆる

公益活動をすることに限られない。

通常の報酬を得て行う通常の業務に

おいても、権利の具体的実現・権力の

チェック・司法制度に対する国民の信頼の

維持など、公共的価値を実現する職務で

ある。刑事弁護のみならず、民事や家事に

おいても、弁護士が紛争当事者の代理人と

なることで社会の安定を維持している

面がある。また、弁護士会が自前で

費用を負担して、公益活動をしている例が

いくつもある。日弁連の年間収入は約45億円

なので、約3割を公益活動に回している

計算になり、公益活動に直接従事して

いない弁護士も会費負担を通じて公益

活動に貢献している。」

・・・だから弁護士になって以降何十年も

直接公益活動に従事していない弁護士の

修習時代の生活費もあわせて、税金で

まるっと面倒見てあげることについて、

上記程度の理由で国民の理解が

えられると思っているのか、本気で。

弁護活動って国民から見るとかなり

反発を食らう筋のものも多いのだし。

昨今の弁護士非行バッシングもあるし。

まして、会費は好むと好まざるとに

かかわらず義務的に徴収されるもの。

「義務的に弁護士からは公益活動の

ためのお金を徴収しているのだから、

修習時代の生活費は面倒をみて

あげるべきだ」ロジックがラフすぎる。


「Q10:公益活動をすれば償還免除する、

という制度なら一石二鳥ではないか?

A10:経済的特典をもって国が認定する

公益活動に弁護士を誘導するというのは

発展性に乏しい。それよりも給費制に

よって醸成される公共心や使命感によって

弁護士が自覚的に新たな公益活動を

開拓することを求めるほうが良い。

さらに、個々の弁護士の努力だけでなく

弁護士会が新しい公益活動の分野を

事業として開拓し発展させる仕組も

重要である(法テラスの日弁連委託援助

事業)。公益活動を促進するなら、

当事者にとってのアクセス障害と弁護士に

とっての非採算性という両面をにらんで

総合的な政策を組み立てるべきである。

手弁当の仕事を褒めるだけでは広がらない。

そもそも何が公益活動であるかを法律や

規則で決めること自体、恣意的な判断と

なりかねない。弁護士の公権力に対する

監視機能に弊害が生じるおそれもある。」

・・・公益活動への従事を経済的特典を

もって誘発することと、給費制によって

自発的な公益活動を求めることの方が

よいというのは、性善説というか弁護士

激増の今に明らかにマッチしていない。

この人たちは競争に巻き込まれず、

何年後もの生活も保障されている特殊な

仕事だと弁護士を捉えているのか。

だとしたらドアホウじゃないかむっ


「Q13:据置期間や償還期限の延長、

免除事由の柔軟化など、規則や運用の

レベルで解決できないか?

A13:返済困難な状態にある一部の

弁護士を救済すれば足りるという

問題ではない。法曹全体の変質を

もたらすのではないかという根本的な

問題が問われている。」

・・・事実認識能力にあきれ返る。

本当に弁護士が書いた文章なのか。

お金に困っていない弁護士にまで

お金を支給する制度を盲目的に

維持することにどれだけ正当性が

あるのか(しかもロースクールを

卒業しないと受験できないという

根本的欠陥にメスを入れぬまま)。

法曹の変質なんて、ロースクールや

大量増員でとっくにはじまっていて、

貸与制か給費制かを選択するかで

塞き止められるはずないだろう。


「Q21:日弁連は合格者数を減らせと

いう主張をするのかしないのか?

A21:合格者の増減問題は1500人への

減員を公約にした宇都宮執行部が

本部をつくって日弁連全体で議論

していく問題であり、どうなるかをいま

断言することはできない。が、減員

すべしという結論になることは

ありうる。」

・・・ロースクール卒業生が多額の

奨学金を返せる見込のないまま

弁護士にならざるをえないのは、

明らかに激増と関係あるでしょ。

逆に言えば激増をやめれば、

貸与制に仮に移行しても経済的

困窮に彼らが置かれることには

ならないんじゃないの。やっぱり

事実認識能力が低いというより

イソップのコウモリなんだなこうもり


「Q18:財政難の折、貸与制への協力を

通じて、国民負担の軽減に貢献しても

いいのではないか?

A18:弁護士の収入の中から修習資金を

返還させるという制度設計は、修習

資金の負担をエンドユーザーに転嫁する

ことを前提としている。その場合、個々の

困っている依頼者が、弁護士報酬の

支払時に負担することになる。」

・・・これ、脅しか眼「俺に返還義務の

ない金を渡さないと、あとで仕事を

するときに割高になるぜ」

 そんなはしたないことをいえるはずが

ない。なぜなら、給費制で育てられた

者と相見積すればその価格転嫁を

簡単にユーザーは回避できるから。

今は無料相談も非常に増えたので

簡単に相見積できる時代だし。

この言い分はさすがに新しい

合格者たちにすごく失礼だと思う失礼

主張の前提として、給費制だった

人が貸与制の人たちよりも常に

安い値段でサービスを提供して

いなければならない。が、おそらく

そのような前提事実はなくて、

給費制の人でも高い人は高いし

安い人は安いはず。例えば

久保利弁護士より高い時給で

仕事するロースクール卒業組は

いないでしょ。


お会いしたことありませんが、

小林正啓弁護士へ。

日弁連は間違いなくまた

負けると思います。こんな調子で

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。