福岡若手弁護士のblog

福岡県弁護士会HP委員会所属の弁護士4名によるBLOG
(ただしうち1名が圧倒的に多いですが、だんだん若手じゃなくなってるし)


テーマ:

清きワンクリックを

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090423153236.pdf

私の取扱領域外ですので

取り上げが遅くなりました。

2009/4/23に最高裁判例が

出ています。

事案の顛末は、京都府

宇治市での土木談合で、

宇治市が被った損害に

ついて、住民グループが

住民訴訟を被害回復のため

弁護士を用いて宇治市の

代わりに提訴し9000万円を

回収したというもの。

交通事故でも損害額の10%を

弁護士費用として相当な額と

ほとんどの裁判所で認定している。

 しかし、なんと大阪高裁は、

回収額をベースにではなく、

「宇治市にとっては、経済的

利益を算定しがたい」ケースに

適用する800万円を回収したのと

同じ割合で弁護士費用を算定

するのが原則であり、回収額は

従たる要素としてそのベースの

金額に加味する程度に留まると

認定してしまった。

 大阪高裁の結論のままでは、

たとえ、数十億円の損害を回復

した場合であろうと、数百億円の

損害を回復した場合であろうと、

自治体が支払う弁護士費用は

800万円を回収したのと同じ割合で

済むことになる。これでは、自治体が

自ら弁護士を雇用して、回収額に

沿った弁護士費用を支払うよりも、

自治体は何もせず、被害高額な

場合ほど被害回復を全部住民

訴訟に任せておけば、弁護士

費用をぐっと抑えられることに

なってしまう。

 財政難の自治体にとっては

ありがたい話だろうが、難しい

住民訴訟であればあるほど、

複数の弁護士が長時間事件に

かかわらなければならない

(相手もむろん徹底抗戦してくる。

例えば、本件では33回も口頭

弁論が行なわれている)。

 大阪高裁のような算定基準では

懸命に時間を費やせば費やすほど

時間単位の対価が低くなってしまう。

弁護士だって従業員を雇用し

家賃やリース料を支払い、そして

自分の生計を立てなければならない。

自治体の不当な不作為に対して

納税者である住民が自ら決起

しようにも、弁護士費用の不足分は

カンパしなければならないという

解釈は、とうてい市民国家における

正当な解釈とは思えない。

 ということで、大阪高裁はかなり

コテンパンに批判されていたようだ。

最高裁は、回収額を重要な要素に

位置づけ、従たる要素に留まらないと

判断し、京都地裁の判断を是認して

くれた(回収額の10%、交通事故と

同じ水準ですね)。

 宮川光治判事の「住民訴訟に

おける弁護士へのアクセスを前進させ、

法の実現を促進する」という補足

意見がキラリ光ります。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200904220308.html

最高裁判決の前日、京都府宇治市の

ゴミ談合で、大阪高裁はまたも、

宇治市の経済的事情に配慮し、

16億円を回収したケースでの

弁護士費用を5000万円(回収額の

3%)と認定しました。ちなみに、

京都地裁の認定は3000万円

(回収額の2%)でした。これまた、

とうてい回収額を従たる要素に

とどめていることは明らかですが、

自治体の経済的事情を、回収額と

匹敵する事情として斟酌すべきかに

ついては多分最高裁で決着がつくと

思います。

 私見では貧しい自治体と豊かな

自治体と、住民訴訟における

手間に相違があるはずがなく、

回収できた金額の持つ意味が

貧しい自治体ほど軽くなるよりも

むしろ重くなるのであって、感謝や

財政難を救ってくれたという意味に

捉えれば、むしろ沢山支払うべきと

いう解釈に至ってもおかしくないと

考えます。まあ、最高裁がむしろ

豊かな自治体よりも沢山支払えと

言うことはないでしょうが

 住民訴訟と弁護士費用を巡る

最高裁判決として2005/4/26も

けっこう驚きです。住民訴訟の

過程で被告の1人が請求に応じて

お金を自治体に返還したので

目的を果たしたということで、その者に

対する訴えを取り下げたところ、

なんと最高裁は「訴えの取り下げには

遡及効があるため(民事訴訟法

262条1項)、勝訴に該当しないので

自治体が被害回復したことについて

弁護士費用を支払うべきケースには

該当しない」と判断したのです。

しかも裁判体が全員一致でした。

 被告が徹底抗戦して、それに勝利

しての回収でないと、住民訴訟の

弁護士費用を自治体が持つ必要は

ない、明らかな立法過誤ですし、

正義を体現していない解釈では

ないでしょうか↓コレですよ、これ。

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/F52E86280F7D3AD449256FEF00268801.pdf

ろぼっと軽ジK


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねマゲヅラ

誰が民事再生を申し立てるケースかと

いうと、利息制限法を超過した貸付を

行なっている金融業者の場合である

例えばアエルとか、クレディアとか財布

全青司が「義務付けすべき」という

要望書を東京地裁に2009/4/30提出

している↓

http://www.zssk.org/archives/index.php?mode=view&id=101

私もその目的とするところには全く

異論がない。ただ、民事再生をしようと

した業者には概ねお金が残っていない

ことが多い(SFCGのようなケースは

例外としか言いようがない)。

引き直し計算機が社内にあるならば

別であるが、それが利息の枠一枠に

入力するだけで計算できるシステムが

社内にない場合、引き直し計算を

減らしに減らした従業員を使って

やるほかなく(多分、外注するだけの

お金もない可能性が高い)、義務付け

することは手段において無理を強いる

結果になるのではないかと思う無理

現在、動いている企業でも取引履歴が

引き直しされないで数ヶ月もかかって

ようやく開示されるような有様である

ことも珍しくないのに、であるturtle*

 あえて言わせてもらうが「そういう

引き直し(つまり潜在的債権者を

顕在化できない)すら費用的に

できない金融業者には、再生申立を

認めるべきではなく、破産手続の

選択を求めるべきだ(民事再生法

25条2号もしくは4号の不誠実)」、

正論を維持するにはこの程度の

暴論???もセットにしてでなければ

確信を伴ったものとはいえないのでは

ないか。

 今後も消費者金融業者での倒産を

伴う事業再編は続くであろうから、東京

地裁はよくよく今回の提言を可能な

限り意識した運用を講じてもらいたいと

思う。それにしても、簡単に答えの

出ない提言だよねカピバラ

ろぼっと軽ジK

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねすみません

弁護士会として全国7番目の規模の

福岡県弁護士会でも、平成20年度、

過去最多の68名が新規登録し、

この10年間で1・5倍の822人に

なった(2009/5/1現在)。

「試験合格と同時に、弁護士志望者の

実質的な就職活動はスタートするんです」

新試験に合格し、平成20年12月に福岡に

登録した吉沢愛弁護士が明かす。

弁護士は事務所に所属して腕を磨き、

数年後に独立するのが一般的。司法

修習生は、弁護士事務所の求人情報を

修習生同士で交換したり、事務所の

HPを検索したりして探している。

また、修習生は裁判所や検察庁、弁護士

事務所で実務修習を行なうが「平日の

夜や土日は、就職活動のために弁護士

事務所廻りに充てることが多い」「登録

半年前の6月がリミット。それまでに決定

しなければ、その後は就職先を見つける

のはかなり厳しいんです」と吉沢弁護士。

就職先が決まらないため、自宅を事務所と

してとりあえず弁護士登録する、就職浪人も

珍しくない。(中略)福岡県弁でも平成20年、

「新規登録者の受け入れ対策を考えるべきだ」

との声があがったという。弁護士事務所が

弁護士を1人受け入れるには、秘書を雇ったり

執務室を設けたりするなど負担が大きく、

福岡県弁がHPに掲載する求人情報は

2009/2/25時点で9事務所最大17名に

とどまっている。福岡県弁会長経験のある

ベテラン弁護士は「今後、就職活動は厳しく

なっていく」と予想する。

被疑者国選弁護制度の大幅拡大で、

平成20年に全国で7411件だった利用件数は

今後約10倍の規模に膨らむと予測されている。

福岡県内でも約4000件の利用が見込まれる。

福岡県弁の池永満現会長は「被疑者国選

以外にも、手がける弁護士が少ない行政

訴訟など、弁護士を必要とする需要はまだある。

若手弁護士が独り立ちできるよう、研修制度の

充実を図っていきたい」と話している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

2009/5/23読売新聞夕刊より

ろぼっと軽ジK 感想はコメント欄で。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねナイアガラ

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090522ddm012040088000c.html

株価下落のうち、違法行為(ホリエモンは

刑事でも民事でも争っていますが、

とりあえず裁判所が違法と認定した

ことを前提として書きます)と因果関係の

ある金額を幾らと評価するか、発明者の

発明に対する貢献度の金銭評価と同じく、

当事者以外にはピンと来にくい主張

立証の応戦であろうむぅ…

 このニュースを書いた人も、たぶん

なぜ強制捜査や旧経営陣の退陣など

虚偽記載以外の事情での下落を

385円と割り当てるのか、説明できる

ものではないだろうね。私みたく部外者

からすれば、強制捜査も旧経営陣の

退陣も有価証券報告書の虚偽記載と

いう認定事実が契機になっているから

全部因果関係があるような気がするん

ですけどね。米川弁護団長と同じく。

 ちなみに同じ論点を扱った先行する

裁判例として、西武鉄道における有価

証券虚偽記載により被った損害を

請求している弁護団のブログが出てます↓

http://www.ne.jp/asahi/seibu-tetudou/kabunushi-bengodan/

現在、上告中のようで、少なくとも算定

方法に関する一般的規範はそこで鼎立

されるのではないかと予想します。

ところで、普通の被告は新聞に「不当

判決だ。納得できない。控訴する」と

貼り付けたかのごときコメントに終始

してしまうのですが、自らブログを開設し

こだわりのないホリエモン、ちゃっかり

自分のブログにコメントを載せてます

(2009/5/21時点)。以下引用します。

 はい。 LD旧株主訴訟、いくらか払え

命令がLDH,LDM,旧経営陣に連帯して

出ました。

 まだ判決要旨も読んでいませんし、

判決文も届いていませんから、コメント

しようがありませんが、たぶん、控訴

すると思います。

 我々も主張も判決要旨の概要を

弁護士に聞く限りは、全く触れられて

いないらしく、おそらく先日出た西武

鉄道証券取引法違反事件の控訴審

判決を踏まえた判決なんではないかと。

 損害額の算定割合が同じだから。
 ま、そんなもんなんですかね。

双方和解に応じないから、和解勧告を

したみたいな判決でした。
粛々とやります。負け犬の遠吠え的に

言わせて貰うと、ま、それくらいの

損害額しか出ないんだったら、我々に

経営任せてくれたら、すぐに取り返せるん

だけどなーって思いますが。

コンプラ野郎が許してくれませんので、

無理です。

 相変わらず強気だな~実際に私財から

判決が確定したら払ってくれるなら

ちゃんと評価してあげますけどね、はいスマイリー

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねおしらす

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/21929301bf51872669470a5abd17bbeb

法科大学院と新司法試験については

河井克行代議士の「あらいぐまの

つぶやき」ブログが著名であるが、

裁判員制度については保坂展人

代議士が所属する上記連盟が、

「12の論点」を発表している↓

彼は社民党所属であるくま

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/21929301bf51872669470a5abd17bbeb

1、思想信条による辞退や、面接時の

陳述拒否が認められない。

2、守秘義務違反や虚偽陳述の

罰則が重すぎる。

3、無罪判断でも強制的に量刑評議に

参加させられる。

4、死刑判決を全員一致ではなく

多数決で行なう。ため反対した者が

死刑宣告を下したことによる自責の

念にひどく囚われるおそれが高い。

5、裁判員裁判を受けるか否かの

選択権が被告人にない。

6、取り調べの可視化が実現して

いず、世界的に批判の強い代用

監獄が存置されている。

7、公平な裁判のための条件が

整っていない(ディスカバリー、

公判前に沢山の情報に整理手続で

接した裁判官と、初めて接する

裁判員との情報格差による誘導の

危険性)。

8、放火殺人など重大事件が対象と

なっており、裁判員は短期間で

死刑か無期懲役かといった重大な

選択を迫られることになる。

9、裁判員への刑事裁判の原則

(例:無罪推定や予断排除など)の

説示を公開の法廷で行なうことが

義務付けられていない。

10、部分判決制度は裁判員

制度に馴染まない(全ての手続に

参加している裁判官の判断を

追認するだけになる危険大)

11、拙速審理への懸念が払拭

されていない。

12、国民への最高裁や法務省

からの一方通行の広報宣伝

活動ばかりであり、国民からの

批判を受け止め改善する場が

設けられていないに等しい。

 さて上記12の論点は、亀井

久興国民新党・野田毅自民党・

原口一博民主党など、超党派で

組織された連盟によって発表

されたものだが、ものの見事に

全てのメディアで無視ないし

軽視されている。国民の義務に

直結する制度に対する国民の

選挙で選ばれた国会議員

からの提案なのに、であるONE PETACE

 私があえてブログで論点を

個別に列挙して取り上げたのは

少しでも国民の間でこれらの

議論を真剣にしてほしいと

思ったからである。国民が

1~12の懸念があってもなお

裁判員制度を採用する方が

採用しない方よりもマシだと

いうならばそれはそれでよい。

 一番問題なのは、肝心の国民の

間で、これらの議論がなされる

べきであるにもかかわらず、

あえてそれをさせまいという

意図だろう、正面からメディアが

取り上げない姿勢にあるパーーーンチ!

ろぼっと軽ジK



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねOld Mini

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090516k0000m040172000c.html

金曜日の裁判所駐車場は、

TV中継車でごったがえして

いました。そのため、私の

依頼者は裁判所の外に

有料で駐車せざるをえません

でしたスバルR-2

福岡高裁の陶山博生裁判長、

福岡地裁の川口宰護裁判長、

被告人の春山九州男弁護士、

被害者の羽田野節夫弁護士、

私が知る限り、みな良質の

仕事をしている人達ばかりです。

検事は知りませんが木村拓哉

それでも結論が大きく逆転

することに、この裁判の難しさを

感じます。こんな裁判を

素人の裁判員に入ってもらって

裁くことを常態とする法律、

絶対にいいはずがないKO

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090515-OYT1T00623.htm

被告人にとっても裁判員に

とっても、職業裁判官による

裁判に比べて、本当に納得

できる結論が出せるだろうか。

条文解釈が確定していない

本件で、必ずしも上告することで

被告人の反省欠如と考える

べきケースだとは思わないが、

ネットの反応では市民の反応は

かなり激烈であったシブ顔

それにしても、被害者の遺族は

「調子に乗るな。何様のつもりか」

「金をもらっているんだろう」などと

ネットや街頭で注目を浴びる存在に

ならざるをえず、平成20年末、

世間を避け、事故の影響による

パニック障害療養のため、海外

転居を余儀なくされたとのこと。

普通の人なら(無論私でも)そう

なるだろうと考えると、本村洋さんの

心の強さには感嘆するし、私も

利用しているがネットの暴力には

自戒が必要とつくづく感じるやさしい

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね車

大阪地裁平成20年6月10日

判タ1290号176頁です。私も

こういう案件を取り扱った

ことがあるのですが、その際、

こういう裁判例はまだ存在

していなかったので、

取り上げました。ちなみに、

控訴後に和解が成立してます。

また業者側は本人訴訟です。

 事案は、インターネット

オークションで中古のアメ車を

180万円で購入したところ、

故障を繰り返し、よくよく調査

してみたところ、走行距離が

表示の2万3400kmの8倍

以上もあったことが判明した

ため、民法570条に基づいて

売買契約を解除し、同条

もしくは民法709条に基づいて、

車両価格のほか、修理点検

費用や購入諸費用などを請求

したというものトヨタ

裁判所は、まず、中古車販売

業者が、このアメ車を販売するに

あたって、メーター巻き戻しの

可能性を疑って調査した上で

販売するべき義務まではないと

して、民法709条の適用を否定

しましたドライブおやじ。

 次に、メーター巻き戻しと瑕疵に

関する認定は次のとおりです。

「取引市場においては、走行距離が

その価格に密接に関連するところ、

こうした関連性は走行距離が長く

なればなるだけ車両に対する負担

消耗が増大し、かつ、使用期間が

長期にわたることを意味するため、

車両に生じる不具合も多くなるという

考え方に基づくものであると推認

され、その考え方に一定の合理性が

あることは否定できず、実際、

このアメ車についても長距離長期間

走行に起因するさまざまな不具合が

生じていたと認められることから、

メーターの巻き戻しがあったことは、

それ自体が隠れた瑕疵にあたる」

「業者は、現状引き渡し、走行キロ数

空欄、業者向け販売を前提としており、

走行距離につきメーター表示と

実際のそれとの間にある程度の

食い違いがあったとしても、そのこと

自体直ちに隠れた瑕疵にあたるとは

いえないと主張する。しかし、走行

距離として8倍以上(金額評価に

反映させれば約20倍もの差になる)

食い違いが生じる場合には、上記の

現状引き渡し等の条件であっても、

買主がそのような食い違いの存在を

知っていれば180万円もの高額で

購入することはないであろうから、

そうした程度に至るまでの食い違いが

ないことについては通常期待すべき

性状の範囲に含まれる。」

平たく言えば、メーター巻き戻しの

存在がイコール瑕疵にはならず、

その程度が通常期待すべき

性状の範囲を超えるようなもので

あれば、瑕疵に該当するという

基準を示したことになります紅葉マーク

ありがちなトラブルでしょうから、

実務家は知っておくべき判決です。

ろぼっと軽ジK



 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね酒

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090511-00000301-president-bus_all

有料の法律相談ではまず

お目にかかれない相談

でしょうが、若手弁護士

同士が居酒屋に行くと

何かこういう話を実際に

しそうですねSkype

 木村弁護士は商法1条の

定めから検討を開始して

いますが、居酒屋の営業は

商事に該当するんですね。

手元にいま注釈本がないので

確証はないです酔っぱらいおやじ。

 有料お通しシステムが商慣習と

して成立しているかといえば、

私は有料お通しシステムのない

居酒屋に行ったことがないので

私だったらつい「商慣習アリ」と

言ってしまいそうです。弁護士は

いろんな世界を知っておかないと

誤ったアドバイスをしてしまう

おそれがありますね怒る

 消費者契約法に言及したのは

今っぽい切り口ですが、たぶん

裁判所で問題になれば、そのような

認定になりそうです。

 居酒屋経営者もこの記事を読んで

いたら、お客さんに話して、無料

お通しを通例にすると、親切な

お店と今なら思ってもらえるかも袋

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねはてなビリー

2009/4/24週刊法律新聞に

掲載されていた記事です。

法科大学院サイドと、隣接

士業サイドの間でも綱引きが

あったなんて初めて知りました。

弁護士会からはそういう

広報は何にも届かないから。

毎月沢山の会費を徴収

されているのにねえはぁ・・・

法曹養成と法曹人口を

考える国会議員の会の

勉強会で、法科大学院を卒業

したが司法試験に合格できない

三振法務博士を救済する

目的で、隣接資格の無条件

付与という優遇措置を講じる

ことの是非について、税理士・

司法書士・弁理士にそれぞれ

意見照会したというもの。

 三者とも「法科大学院では

隣接資格において必要な

専門科目(登記法・税法・

特許法など)の履修がほとんど

ない」「司法書士国家試験の

合格率は3%弱であり、司法

試験に合格できない三振法務

博士の能力は司法書士試験

合格者の水準には満たない」

と、優遇措置に断固反対の

意見を表明したそうだ。

 私も同意見。だって、隣接

資格の取得にあたって、法科

大学院卒業というバイパスを

設けることは、極端に言えば、

隣接資格は大学院の授業料さえ

収めてどうにか甘い卒業認定を

もらえば買えるってことでしょ。

それ、資格試験には到底

相応しくないバイパスでしょ怒る#

こんなバイパスをつくってでも

生徒減少を防ごうとする

場当たり的な発想しかない

法科大学院の連中に腹が立つバイ

ろぼっと軽ジK



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねラバーソール3

http://www.asahi.com/national/update/0417/TKY200904170310.html

もとはといえば、74校も設立を認可した

文科省の予見のなさが原因では

あるのですが、そのことは一向に

自己批判しないんです、お役所は残業。

独立行政法人とは経済面のみを

指す言葉に過ぎず、政治的には

全く行政から独立していない元

国立の2トップ大学は、早速必要も

ないのに文科省の仰せのとおり

削減措置を講じることを宣言しました

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090417/trl0904171109001-n1.htm

銀行の公的資金と一緒で、本当に

危ないところのみに限定して実施

したら、危機にあることを露呈する

ことに等しいので、誤魔化しの目的で

何の問題もないところから導入して

もらうってのが、やっぱりお役所的笑顔の先輩

いま法科大学院に在学している

人に対しては、法曹増員制度は

コロコロ変わるので、今よりさらに

酷くならないうちにサッサと合格

しなさい、とハッパをかけます。

が、これから法科大学院に進学

して法曹になろうと考えている人に

対しては・・・裁判官や検察官に

なりたいなら抜群の成績を収める

こと(=とりあえず司法試験に合格

すればいいなんて取り組みでは

今ではまず無理でしょうから)がっちゅ

・・・弁護士になろうと思うなら、

「いっぱいこんなはずじゃなかったと

後悔することが待ってますよ。

それでも弁護士になりたいという

奇特な気持を維持できるなら

どうぞ」という、救いようのない

言葉かけになってしまいそうです。

 仕事のやりがいはあります、ただ

恒産なくして恒心なし、食うや食わずの

事態になる覚悟が今や要るのです卵かけご飯

 この記事のコメントを参照すれば

私の救いようのない言葉の意味が

わかります。

ろぼっと軽ジK



いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。