福岡若手弁護士のblog

福岡県弁護士会HP委員会所属の弁護士4名によるBLOG
(ただしうち1名が圧倒的に多いですが、だんだん若手じゃなくなってるし)


テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね失恋

法律相談で「別居が何年

続いたら離婚を裁判所は

認めてくれますか?」と

聞かれることが少なく

ありませんラクガキ

また「別居を5年したら

離婚を裁判所が認めて

くれるんですよね?」と

尋ねられることもあります。

この5年という期間は

単に民法改正案で議論

され立ち消えになった数値

のみが亡霊のように

生き残ったものと理解して

いました。経緯はこちら↓

http://tantei.web.infoseek.co.jp/immorality/divorce/5years.html

民法はおろか、裁判例でも

かくたる基準はかつて示されず

あくまでケースバイケースと

考えられていました。が

このたび判タ1282号11頁に

稲田龍樹東京高裁総括判事の

所見が示され、高裁判事2人の

意見が公式に示されたことや、

これら以外に特に意見が示された

ようなことはないため、今後の

運用はこの所見が基準化する

可能性があるので、その部分を

加工して引用することにします。

「有責配偶者を当事者としない

離婚請求の事案では、民法

770条1項5号にいう婚姻関係を

継続しがたい重大な事由への

該当性判断の目安として、

①通常別居3~4年間の経過

基本原則とし②事情に応じて

別居3年+-1年程度とする

所説がある。家事調停をきちんと

経ているならば実情に即した

合理的なガイドラインであると

考える。」父・一成

この所説は安倍嘉人氏の家月

60巻5号17頁「控訴審からみた

人事訴訟事件」論文を指します。

この所見の取り扱い上の注意

事項を明言しておきます。

この類の質問は、不倫を先行

させてしまい不倫が原因で

夫婦仲を不仲に至らしめた

側から投げかけられることが

珍しくありません。そのような

有責配偶者からの離婚請求は

原則として許容されておらず、

上記の別居期間の基準は

まったくあてはまりませんユイ

有責配偶者からの離婚請求に

おける別居期間の基準は

いまだ定まっておらず、10年

以上の別居期間であっても、

離婚請求を拒絶されたケースを

ろぼも実際に知っています

ろぼっと軽ジK


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね買い物

http://www.nhk.or.jp/special/onair/090209.html

2009/2/9に放映されたものだが、

あまりに暗澹たる思いになり、

いつか取り上げたいと思っていた。

ほんとにごく普通の若者たちが

グループを担っていたことに大変

驚きました目

番組を見て私が感じた内容は大都留

公彦さんの下の記事と同様である。

番組を見ていない人は、振り込め

詐欺グループがどういう人物に

よって運営されているか、彼らが

どういう気持や環境に置かれて

手を染めることになったのか、

驚くだろうから是非読んでほしい↓

http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-58d9.html

勝ち組負け組という分け方が今や

珍しくもなくなったが、これほど

若者の人心を荒廃させてしまう

事態を招来したことを、規制緩和を

推進した人は道義的責任、そして

未来に向けて贖罪すべきことを

ぜひぜひ感じ取ってほしいかお

 犯罪グループを支える人材が

この不況下で次から次へと生み

出されつづけていることもまた

目を背けてはならないようだそうだ!

ろぼっと軽ジK


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねトイプー

司法書士会は、受益説に立脚している↓

http://tukasanet.jp/modules/info/rewrite/tc_22.html

受益説に立脚し、こう明言している↓

「債務整理事件における司法書士の代理権の

有無は、単に、債務総額が140万円超か否かに

よって判断することはできません」

ところが、裁判実務では債権額説に

立脚しており、神戸地裁平成20年11月

10日も債権額説に立脚することに

触れていた↓

http://stuvwxyz.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-8a35.html

なお、神戸地裁平成20年11月10日の

事案は、公益通報に絡んで違法行為を

告発し司法書士事務所を辞めさせられた

元事務員が、雇用主の司法書士を

訴えた裁判であった。そのなかでは

「司法書士法は、簡裁での訴訟代理の

限度で司法書士の裁判外での代理権を

容認するものであるが…金銭紛争の

場合、原則として相手方である債権者が

主張する債権額を指す」というものとの

情報である(2009/2/20週刊法律新聞)。

 同新聞で、このたびさいたま地裁

平成21年1月30日判決で、また司法

書士の代理権の範囲に関する判決が

下されたようだ。ただ、その立論は

コメントのとおり、債権説というより

受益説に立脚した感じである。

正確には原文によられたい。

さいたま地裁では、140万円を超えた

司法書士による和解契約を無権代理と

構成し、和解のやり直しを許容した。

無効な契約を交わすことに料金を

取られたというのなら、依頼者に

当然その料金は返金されるべきで

あり、司法書士会にとってこの判決の

持つ意味は絶大なはずである。が

これらの判決に対し、日弁連は何の

コメントも出していない。

 他方、この記事のコメントのとおり、

日司連は2009/3/19あくまで受益説

堅持を意見表明した様子です天国

ろぼっと軽ジK


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねいぶし銀レスラー

http://mainichi.jp/area/iwate/news/20090221ddlk03040015000c.html

「俺にも肖像権がある」、たしかに

彼は著名人であり、パブリシティ権も

有しているはずだから、彼の言い分は

正しい。

ただ、権利を侵害された場合の権利

実現手段として、暴行が正当化されるか

否かは別問題なので、逮捕にまで

至ったのだ。例えば、無断で撮影された

ことに怒った被撮影者が、撮影者から

カメラを取り上げて叩き壊すことまで

正当化されるわけではないといえば

わかりやすいだろうか。

ただし、暴行の経緯を踏まえると、

罰金まで至らず起訴猶予で終わる

可能性もかなり高いように思う。

それにしてもザグレートサスケ、懐かしい。

スーパージュニアや8冠を取った頃の

まさに命を削った名勝負を思い出す。

西の大仁田、東のサスケ、いずれも

ぶっとんでるプロレスラーとして、知る

人ぞ知る存在である。例えば、

サスケはマスクを風呂でもどこでも

外さないと公言していた。例えば

サスケはUFOをマジ信じている。

・・・やっぱぶっ飛んでるよね

ろぼっと軽ジK



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねナース

http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=33925

国民にとっても、何ら長期的

視野のない国策である。

また、インドネシアの看護師を

何だと思っているのだムカっ

ひさびさに頭にきたぜい

特に怒ったのが、介護福祉士の

資格試験に合格しないと強制

帰還されるという運用イライラ

憲法14条でも、国籍による

差別は合理的理由があれば

許容される。が、果たして

この取り扱いの格差に

合理的な理由があるのか

既に「話が違う」みたいなことも

話題になっているようだ↓

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080916/trd0809162217004-n1.htm

私のブログにもそれなりに

読者がいるようだが、ぜひ

この取り扱いが続くことに

よる混乱が現実化する前に、

問題意識を持つべきことを

もっと広めてもらいたい。

ろぼっと軽ジK



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねお金

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090122-00000536-san-soci

遺産分割事件で、面倒を看ていた

遺族から開示された遺産目録を

みると、預金額が極端に減って

いるケースが少なくない。

被相続人が寝たきりで年金や

テナントからの家賃収入よりも

少ない費用で暮らせた場合など、

明らかに面倒を看ていた遺族が

無断で着服しているな、と推測

される場面などだ。

そういう場合、面倒を看ていた

遺族に預金口座履歴の開示を

求めても「やましいことは何も

していない!最初からお金は

全く口座に入ってなかった!」と

逆切れされ、任意に預金履歴の

開示に協力してもらうことは

なかった。銀行も銀行で、無用心に

開示してしまうと、その面倒を

看ていた遺族側からのクレームが

ありうるので、遺族全員の開示

依頼書が提出されないことを

楯に開示を拒否していた。

 これまでは遺産分割調停を

申し立て、その手続の中で

事実調査嘱託などを活用して

ようやく預金の動きを把握

できたのだが、逆に言えば、

遺産分割調停を使わなければ

面倒を看ていた遺族の不審な

お金の使い方の有無すら指摘

できなかったのだ。最高裁の

判決により、今後は、わざわざ

遺産分割調停に入る前に

遺産の動きを調査して、場合に

よっては調停を経ずとも解決

できる場面も出てくるし、銀行も

開示に応じても最高裁を楯に

反対する遺族のクレームを

押さえられるということで、

非常によい判断と思う。

 最高裁平成21年1月22日

判タ1290号132頁に載りました。

残された問題は、そもそも

どの銀行に遺産があるのか、

心当たりのない遺族には

調査する方法が乏しいことや、

同じ理屈を被相続人受取の

簡易保険などに及ぼさないと、

相変わらず郵便局などは

遺族全員の同意がなければ

開示しない運用を固持するで

あろうことだ。つまり、今回の

最高裁判例はあくまで遺族の

証拠収集方法を拡張する

始まりの1つだと位置づける

べきなのである。

ろぼっと軽ジK



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねおしらす

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000554-san-soci

この制度を利用して裁判手続に

登場する人物には、社会の共通

基盤があることを前提として

いるはず。端的には「人(相手方)の

言うことに耳を傾ける」くらいの

ことがお互いにできないと、朝ナマの

ようなまるで言葉の捌け口を設ける

だけの場になってしまう。

たしかに、これまで被害者が直接

法廷で被告人に話しかける機会

すらなかったわけで、これを行使

するかしないかの選択権が被害者に

与えられたこと自体は、評価すべき

制度である。しかし、社会の共通

基盤を欠く人に対してこれを行使

しようとすると、かえって二次被害を

生み出すことになることが、図らずも

早速露呈された。台詞ゆーざーでーた

幾ら証人威迫罪で再逮捕しても、

追起訴しても、社会の共通基盤を

欠く人にどのくらいその感銘力が

あるかといえば、ゼロに近かろう。

そういう人が世の中にいるのも

まごうかたなき事実なのだ。

裁判員制度で、法廷にいる

裁判員に対し、怖ろしい暴言が

投げつけられる事態が危惧

される。ただ国民の義務になったと

いう一言で、その精神的負担を

裁判員は甘受するしかないのか。

刑事裁判に登場する人物がどういう

人なのか、あまり知らない人たちで

よってたかって作り上げた制度の

綻びが実施前から見えてきた

ろぼっと軽ジK


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねあたし

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090209-00000004-yom-soci

この裁判官、福岡地裁でも

会ったことがあるような

ないような!?現職判事の

逮捕はロリコンと法廷で

断罪された村木保裕氏

以来ではなかろうか。

令状逮捕ではないので、

逮捕した警察署も職質を

やってさぞビックリのはず

京都に続いて、宮崎の

裁判所内での混乱もさぞ

ひどかろうと思われるパトカー

被疑事実の有無はともかく、

私がいま関心があるのは

通常の被疑者と同様な

取り扱いをされるかである。

具体的には、通常のわいせつ

事件の被疑者は、逮捕され

勾留され、否認のまま告訴の

取り下げがなければ起訴

される(こういうベルトコンベアの

ようなやり方の良し悪しは

別の次元の話)。また、

たとえ否認が自白に転じても

取調べを進めるため勾留が

なされるのが通常である。

 しかし、狭い宮崎で勾留

質問や勾留決定をするのは

明らかに顔見知りの裁判官で

あるし、そういう気まずい

雰囲気を察して、捜査機関が

そもそも勾留申請をあえて

せずに、否認事件であるにも

かかわらず在宅で済ませようと

するかもしれない。また、

自白に転じた場合、それを

理由に勾留申請をあえて

しない措置もあるかもしれない

(弾劾的捜査観からはそちらの

方が正しい運用なのだが)。

言いたいことは、被疑者の

職業によって、普通の人とは

明らかに異なる運用をする

可能性がありうるということだ。

 報道機関は、今後、起訴

されたか否かだけに捉われず、

勾留がなされたか、もし勾留が

なされなかったならばそれは

いかなる理由によるのか。

なお、急展開で、自白に転じ、

かつ、弁護人による示談が

成立し、告訴が取り下げられて

刑事的には終了することも

ありうる。

 が、もしそういう急転直下が

なかった場合には、シッカリ

取材して国家権力の偏頗な

行使がないよう国民が監視

するための情報提供をやって

もらうことをメディアに要望する

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね誕生

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090114/crm0901142236036-n1.htm

銀座のマチ弁(tamago)さんです。

私もHNでブログを書いてますが

「本名をせっかく隠していたのに」と

tamagoさんは憤られていました。

http://d.hatena.ne.jp/tamago2/

↑2009/1/22に一斉削除されましたが、

業務停止の懲戒処分が下された

場合に、どういうことをしなければ

ならないのか(顧問契約の停止や

予定講演の中止など)、筆まめに

記録されていたのは、大変貴重な

ブログでしたので、どこからどういう

圧力がかかったのか、それとも

専ら自粛だったのか不明ですが、

過去ブログが一斉削除されたのは

大変残念に思っています五月女風14

現在は、業務停止の懲戒処分に

ついて不服申立中の執行停止を

取得しているということですが、

それでも、ブログを以前と変わらず

改めて書きはじめられている精神力は

まあご立派だと思います。

業務停止1ヶ月というのは、少なくとも

「1ヶ月間は弁護士を飯の種にする

ことはまかりならん」という懲戒処分

ですから、例えば私がもしこれを

食らってしまったら、あっという間に

蓄えがなく、経営者廃業になります。

そう考えれば、肝心のブログ記事

自体は見ていませんが、一種の

死刑宣告に直結しますから、ウッカリ

掲載に対する制裁としては重きに

失する印象を受けます。ただし、

この見方はあくまで自分も経営

弁護士だからであって、別の観点

からは罪刑均衡しているという意見も

あるやもしれませんブログ

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを

弁護士間で 賛否が交錯している。

「時代の変化とサービスの充実」を

重視する推進派に対し、「消費者

問題に 取り組む弁護士の信頼に

かかわる」と反論する慎重派。

 日弁連は各弁護士会から1月

20日までに寄せられる意見を

踏まえ、導入に踏み切りたい

考えだが対立の根は深いようだ。

<「日弁連対応遅い」>
「法的サービスも『商品』。

カードでの商品売買がこれだけ

定着しているのに、 それができない

『弁護士村』は時代遅れ。

日弁連も対応が遅い」
 2002年にカード決済を始めた

大阪市の弁護士法人事務所の

男性所長は、身内である日弁連への

批判を まくし立てた。
「依頼者のために支払い方法の

選択肢を増やした」という男性所長の

説明は、 カード決済導入方針の基と

なった日弁連弁護士業務改革

委員会の容認意見の理由と重なる。
 同委員会の伊藤茂昭委員長

(東弁)は「かつて弁護士の業務は

訴訟受任が 専らだったが、現在は

法律相談業務が激増している」と

指摘。「相談の大半は一回きりで、
5000円や1万円の相談料で

終わる。支払い方の選択肢を

狭めることは、弁護士への相談を
妨げる要因にもなりかねない」と

強調する。

<「利用に適さない」>
 一方、カード決済の慎重・反対論は、

消費者問題に熱心な弁護士らの間で

根強い。皮肉にも 「消費者破産の

要因だったグレーゾーン金利(利息

制限法と出資法の上限差)の撤廃に
成功した」「割賦販売法の改正も

勝ち得た」など、こうした弁護士たちの

活動成果も導入理由に されている。
 日弁連消費者問題対策委員会の

吉岡和弘委員長(仙台弁護士会)は

「弁護士と依頼者の関係は 将来に

わたることもある。多重債務問題は

続いており、弁護士が安易に信販

会社と提携 することに問題がないのか、

慎重に検討すべきだ」と訴える。
 東北の弁護士会は仙台を中心に

慎重・反対論が目立つ。山形県

弁護士会の五十嵐幸弘会長は
「クレジット契約のトラブルは今も

多く、弁護士の利用には適さない。

カード決済の必要性を 感じている

会員もいないと思う」と話す。
 弁護士がインターネットで依頼や

法律相談を受ける例が増えている

現状から、導入に否定的な 見方も

ある。宮城県の男性弁護士は

「ネットで受け付け、カード決済

すれば、弁護士と依頼者が一度も

顔を合わせずに終わるケースも出る。

 それが本当に依頼者のために

なるのだろうか」 と疑問を呈した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2009/1/12河北新報記事より引用。

(既にネットから消えていたので)。

私の感想などはコメント欄に記載

しています。

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。