福岡若手弁護士のblog

福岡県弁護士会HP委員会所属の弁護士4名によるBLOG
(ただしうち1名が圧倒的に多いですが、だんだん若手じゃなくなってるし)


テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね工事

昨日は金銭消費貸借に関する座談会を

紹介しましたが、同じ号で請負契約に

ついても触れられていました。

建築業界で予防法学に携わる人には

知っておいて損のない知恵も入って

いましたので、ここで紹介します。

1、工事請負では複数の見積書や

図面が並存し、どれが本物であるか

わからない場面に遭遇することも

ある。

 銀行に差し出す融資用の分は

実際よりも金額を高めに設定して

作成されるのが通常。理由は、

途中で追加工事などがあって、

最終的な工事代金が大体20

くらいUPすることが多い。

そうならざるを得ない背景と

して、今の請負契約はとかく

見せ掛けのコストを下げるために

本体工事部分を狭くグレードも

低いランクにとどめているのが

普通だから、追加工事が増えるのも

ごく普通に起きる事象である。

2、工事請負契約では、契約書が

ないかあっても記載が不十分なため

施工された工事が、当初の契約の

範囲内なのか、サービス工事なのか、

追加工事なのか、受注の範囲が

問題になることが多いダンプカー

 建築業界の体質なのか、契約書

軽視は一向に改善される気配がない。

施主は全部パッケージで依頼して

いる感覚でもあるし、追加工事契約に

ついて、書面のないことによる不利益は

注文主ではなく原則として請負業者に

負担させてもよいのではないか。

3、建築設計はできたが工事実施に

至らなかったケースでは設計料をめぐる

トラブルが発生しがちである。

どこまでが基本設計でどこからが実施

設計かハッキリ区切られていないまま

設計契約をしていることや、設計者の

視点からは建築に役に立ったかどうか

よりむしろ手間隙をかけて設計図を作成

したという作業により、いわば手間請負と

一応仕事が完成していると考えるのに対し、

依頼者の視点からは設計図だけで独立して

意味があるわけではなく、その設計図を

使った建物が建たないと請負の究極の目的を

達成していないため支払うべきといわれても

容易に首肯しかねることが、トラブルに

繋がりやすい工事中

そういうトラブルになる根本には本来は

連続的に捉えるべき設計と建築のつながりを

専門性の名の下に分断してきたところに

原因があるとあげられていました。

ろぼっと軽ジK

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねポリス

 2008/4/12に売買に関する判タ1255号の

座談会を紹介しましたが、今日は判タ1258

9頁以下の金銭消費貸借に関する座談会を

紹介します。

 消費貸借の成否を巡っては、金銭の移動の

事実のほかに、書面を欠くケースでは、返還

合意の有無(贈与・出資との相違)を

争われることが多いです。

 むろん、私もこれまで仕事で受任して

対処したこともあります。

 返還合意の有無を認定する際の間接事実として

次のような事情が挙げられています。

貸主や借主となるべき人の職業や地位

両者の間の人間関係(返金を求めないでお金を

授受するに値する人間関係があったか)

授受されるに至った経緯(授受されたお金は

何に使われたのか)

何も書類もメモもないか。立会人はいないか。

もし何もないならば、それがないことが

自然と受け止められる人間関係だったか

授受された金額の多寡

貸主が借主に返金を求めたことがあるか

借主が金銭返還を前提とする言動をとって

いたか

 このように、契約前の事情・契約時の

状況・契約後の事情をきめ細かく認定して

いく作業が有益とのことですが、実際に

依頼者から事情聴取する際も、この視点を

欠かないで遂行していけば、弁護士が事件を

処理している中で、予期せぬ結論に

ぶち当たることはないでしょう。

有益な記述と思ったので記事にしました。

 ついでに、共同開業資金の提供が貸金か

出資金かについては、明確な返還合意を

定めた書面がない場合、利益分配の有無や、

事業中止や脱退の場合の清算に関する

取り決めの有無で決定し、出資契約と認定

するに足りる特段の事情がない限り、

原則として金銭消費貸借契約と認定する

ことを相当と考える裁判官の意見が

紹介されていました。

ろぼっと軽ジK

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねテレビ

私のブログでは2007/9/21、

2007/9/10に続いて3度めの

登場である。ひょっとして

ろぼのオキニなのか!?この人

昨日、サンデージャポン、

たかじんのそこまで言って

委員会と立て続けの出演で

あり、2つとも泣いてしまった。

いま心境を開示することに

ついて、守秘義務に違反して

いるか否かは別次元として、

上告審を頑張ろうとしている

弁護団がいるのに、内情を

知っている人がメディアで

批判を展開することの影響を

軽く考えるようでは、それこそ

「想像力の欠如」があるかも

しれませんよ。

彼も本村洋さんと立場は

異なれど、光市母子殺害

事件で人生軌道が大きく

変わった1人なのでしょう。

が、「好んで苦境に足を

踏み入れた」点があるため

そうそう同情もしにくいです。

被告人が死刑判決を受けた

ことの感想を聞かれて

「愛する者(=被告人)が

(国家に)殺されることの

辛さは想像以上だった」と

いう言葉を使ってしまい

ました。その表現に対して

言論のサンドバッグ状態。

真意は別のところにあって

その弁明もきちんと取り上げ

られていましたが、編集

次第ではさらに火種が大きく

なるところでした。だから

メディアに取り扱われる

ことには注意なんですよね

ろぼっと軽ジK


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねオレンジレンジ

http://www2.ipdl.inpit.go.jp/beginner_tm/TM_LIST_FRAME.cgi

特許庁のホームページであるが、

今日現在、48の法律事務所名が

商標登録されている。 

西村あさひ法律事務所やTMI

総合法律事務所、森濱田松本法律

事務所といった、ローファームで

登録しているところも少なくない。

久保利弁護士はあれだけ知財

知財といっているだけけあって

日比谷パーク法律事務所で

しっかり登録していた。

他方、東京永和(升永英俊

弁護士)法律事務所とか、

意外な所が登録していなかった。

積極的意味なしと判断して

いるんだろう。

なお、アンダーソン毛利法律

事務所はすでにその名前では

なくなっているのに、新たな商標

登録は行っていないようだ。

弁護士事務所名で商標登録

なんてお金が勿体無い、と一瞬

思ったが、全国に出張所開設を

展開する計画があるなら、

全国で同一名を使用されてしまうと

思わぬ開設の障害になるので

予防するにはもっとも効果的。

商標登録の効果はこちら↓

http://www1.plala.or.jp/patent/business/syohyo01.html

いったん商標が登録されてしまうと

登録商標自体を無効とする審判が

でるか、先使用権(商標法32条)

の抗弁で対抗しない限り、他の者は

その商標を使用できなくなってしまう。

 先日、法律事務所の名称を商標

登録したある弁護士が、同一の法律

事務所名称を称している全国の会員に

対して,商標権に基づいて法律事務所

名称使用を控えるよう求めた事例

発生したとの情報が入った。

 日弁連の規程では,同一所属

弁護士会の地域内にある事務所の名称と

同一の名称を付することができないと定めて

いるが,逆に,同一地域内でなければ,

「不正の目的」が認められない限り,

同一の名称を付することは禁止されて

いない。つまり、商標法に規定する権利を

狭める規程を日弁連は設けているのだ。

 日弁連に部分社会の法理が成り立つ

とは思えず、物権的効力を有する商標権の

効果を縮小するだけの立法権もあるわけで

なく、かつては想定していなかった存在では

あるが、名称使用を控えるよう求めた人物の

方に司法の世界では軍配があがるはず。

 もっとも、電話帳や名刺や看板から全て

差し替えなければならなくなる事態も想定

され(先使用権を証明できなければ)、

思わぬ出費や手間につながりかねない。

法律事務所の名称を考えるのは意外と

面倒な作業だったりする。

 気になるのはその通知を出した弁護士。

「第一」かな、「さくら」かな、「森綜合」かな、

「なのはな」かな?複数ありえる名前を

ただ並べただけですので、個別に抽出

したことには全く他意はないです。

 全国展開しようという意図を持たない

弁護士には商標登録する積極的意味は

ないけれども、反面、他所の弁護士からの

予期せぬ牽制を回避する消極的目的で

商標登録を予防的にしておかなければ

ならぬ時代なのかもしれない。

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねテレビ

http://news.livedoo r.com/article/detail/3611552/

自由と自由がゴッチンコ、

といった話である。

光市母子殺害事件弁護団が

日テレ系列に猛烈な反感を

いだいているのは間違いない。

「たかじんのそこまで言って

委員会」で橋下徹府知事の

発言を法的に検証せずに

そのまま流したことで、

かつてない懲戒申立数が

弁護士に殺到したわけで

マスメディアが弁護活動を

封殺しようとしたのだから。

報道の自由といっても

国家権力の行使を規制に

向かってそれが発信されて

いなければ、BPO指摘の

とおり不公平報道の謗りを

免れないだろう↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080415-00000971-san-soci

ただ「被告人への取材内容を

放送前に教えなければ記者

会見への出席を拒否する」と

いうやり口は正直子供っぽい。

 記者会見はほかのTVでは

みれたのだから「国民の知る

権利を侵害した」という日テレ

系列の言い分にも綺麗ごとを

抜かしやがって、という印象を

いだいてしまう。むしろ

「取材するメディアを恣意的に

選定する行為は取材の自由に

対する冒涜である」という点に

絞ったほうがよほど説得的。

だってTBS系列については

何らそういう要求をしていない

だから。

 弁護団は日テレ系列を

記者会見から巧みに排除

する口実をつくっただけの

ようにみえ、被告人に直接取材

した行為自体へのアクションで

あればともかく、そうでもないので

あれば、取材内容の事前開示を

求める根拠も不明なのだから、

弁護団の価値観は訳わからぬ

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねぽすたー

2008/4/21朝日新聞朝刊に

「法曹の人数適正規模は」と

いう対談がありました。

久保利氏の言い分は①~④。

①新しい職域を開拓すれば

ニーズはある

②法曹資格を活かして別の

職業でも活躍できる

③収入が少なくなるから悪い

弁護士が増えるとはいえない
④弁護士が多くなれば大規模な

訴訟活動の原動力となる

小川氏の言い分は⑤~⑧。

⑤人数が増えれば質は当然に

落ちる

⑥法科大学院制度は受験生に

大きな経済的負担をかける

⑦自治体や企業は増員を期待

していない

⑧人数が多くなれば食べて

いけなくなる法曹が増え、それに

より悪質な活動をする弁護士が

増える

小川修弁護士は昨年の埼玉

弁護士会会長で、全国の弁護士に

法曹人口増加へのアンケートを

実施した人である。

 こういう対談は、2月の選挙で

日弁連内ではさんざん議論する

機会が設定され、その結果が

あの得票数だったのだから、

法曹にとってはわざわざ新聞で

内部対立を暴露してもあんまり

中身には新鮮味がない。

 むしろ、大企業の法務部の

人や、中小企業の経営者や、

地方自治体の市長といった、

実際に法曹人口増大を決定

する際のユーザーと想定されて

いた人と、小川弁護士との

対談を聞いてみたいですね。

>弁護士が大勢になればなるほど

>パワーが出る

>座っていたって、ニーズなんか

>生まれたためしはない。

 既に実務を担っている1人と

して言わせてもらえれば、久保利

弁護士の発言は執行部の

腰巾着にしか見えない。まさか

次の会長でもまた狙っている

のでしょうか顔文字正直、周辺の

業界は弁護士に対してろくに

ペイする費用を支払う準備が

できていないのが大半だから。

あ、久保利弁護士の周りだけ

別の磁場が働いているのか

 逆に小川弁護士の発言は

現実主義に立脚しているが

なかなか外部の人の理解は

得にくいだろう。ろぼだって

「食えない弁護士」の実情には

2008/1/24記事に掲載した

サイトで初めて実名で接する

ことができたくらいですから

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとね電車

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080419-00000051-mai-soci

日弁連から全弁護士に毎月

発行される自由と正義に

掲載される懲戒欄には、

かつて上訴期限の徒過を

理由とする戒告がちょい×2

掲載されていた。

司法研修所では弁護教官から

「上訴期限の徒過は、フォロー

しようのない凡ミスであり、

にもかかわらず、ちょい×2

そのミスを弁護士が犯して

しまっている。実務に入ったら

十分留意するように」といわれて

いたし、そういうことを言われて

いたのは私だけではないはず。

JR西日本の顧問弁護士で

あれば、どの地方でも企業

法務に精通した事務所に

受託しているはずで、まさか

そういう事務所でこういう

凡ミスが起こるとは正直

驚きである顔 え゛ー!?

JR西日本でも社内対応に

大わらわだろう。控訴するか

しないかは社内会議で決定

している行為のはず。それを

弁護士の凡ミスでおしゃかに

されたんだからねえ。

こんなんじゃ「今時の新人

弁護士は基礎的知識が不足

している」とか言い放てないね。

今時の企業法務弁護士にも

基礎的知識が不足している

人がいるってことだよ

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねパソコン

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/bn/080414.html

2008/4/14カンブリア宮殿に

松井利夫氏が登場して

いました。私は不勉強にも

この会社の存在自体

知りませんでした。

労働者派遣の規制緩和に

よって低賃金の非正規雇用が

たくさん生み出されたのですが、

常用雇用型のタイプもあって、

この場合は普通の技術系社員

よりも高給を稼ぐ道があることも

初耳でした。

まるで大前春子のようだサラリーマン

そもそも労働者派遣法が

専門職派遣を中心に創設

されたのは、アルプス技研の

ような形態を想定していたから

なんですよね。それをメチャ

希釈化したのが竹中大臣

なんですよ。

ただしサイクルの早くなった

技術革新に追いついていくのは

若いうちならともかく、年を重ねて

からは結構大変と思います。

けっこういいこと言ってました。

「組織はサンマ。頭から腐る」

「不景気のときは3K(研修費

開発費交際費)を削るのが

普通だが、研修費を削ると

人材育成ができず、会社は

ジリ貧になってしまう」

「中国でも人材を採用して

いるが、日本の理系離れの

ためか、平均点は中国の

人のほうがずっと高い」

  同社の姿勢を新人研修で

見せていたのですが、大声で

「あいうえおー」「あいうえおー」と

向かい合って言い続ける様は

やっぱりどう考えても異様。

むかし、新興宗教で洗脳する際

「(我が)おちる」「(我を)おとす」と

称して、ああいう合理性のない

ことをさせていたなあ。たしかに

ありゃ地獄だわ地獄私にとって。

私、礼儀正しい方ぢゃないし

あんな長時間、内観させられるのも

しんどいなあ。それを他人に検証

されるというのも嫌だねえしょぼん

 もっとも理系の履修過程では

対人訓練はあまりなされて

きていないので、こういう

企業人として模範的な振る舞いを

コンバートしておかないと、

トンデモ事件を起こしたりする

人がいるんだろうね、実際の所。


ろぼっと軽ジK


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねアフィリエイト

2008/3/24西日本新聞朝刊より抜粋

ーーーーーーーーーーーーーーー

肩書は「経営企画部 調査役」。胸にヒマワリの弁護士バッジはない。竹山智穂さん(33)は福岡銀行などを傘下に置く「ふくおかファイナンシャルグループ」(FG、福岡市)に勤務する弁護士だ。

 ほかの行員と同じように午前8時ごろ出社し、同僚と机を並べる。会社では「先生」と呼ばれることは、ほとんどない。

 FGに入社したのは2007年4月。東京と福岡の法律事務所で働いた後、「産業再生機構」(昨年3月に解散)で約3年間働いた。法律事務所時代から倒産事件を扱うことが多く、「貸す側の金融機関の考え方や対応を深く知りたい」と、FGへの入社を決意した。

 担当は企画部門。2007年10月、親和銀行を完全子会社化した際には同僚たちと経営統合のスキーム(仕組み)をつくりあげた。同僚が法律の「壁」に突き当たるたびに「竹山さん」と、声がかかる。顧問弁護士との窓口にもなる。

 FGが弁護士を雇用するのは竹山さんが初めて。まだ試行錯誤の段階だが、竹山さんは「チームで仕事をして達成感を共感できる。法律事務所時代との大きな違いです」。上司の副部長横田浩二さん(49)は「組織再編などは法律抜きには語れない。今では竹山さんなしで仕事を進めるのは厳しいですね」と評価する。

(中略)

日本弁護士連合会の06年の調査では企業約1500社のうち社内に弁護士がいるのは、わずか57社。4分の3の企業は「現在の法務部門や顧問弁護士で十分」と答えた。福岡市の地場企業の法務担当者も「いい人を採用するパイプもなく、待遇をどうすればいいのかも分からない。弁護士を雇うには課題が多い」と話す。

 「過払い請求がなくなった後は危機的かもしれない」。福岡市で半年前に独立した男性弁護士(33)は、こう話す。弁護士業界はいま「過払いバブル」とも言われる。男性の収入も約3分の1が過払い請求によるものだ。

(中略)

 だが民事訴訟全体の件数は伸び悩んでいる。各地裁の民事訴訟の総数は2001年に約157千件だったのが、2006年には約143千件に減った。弁護士の仕事の幅を広げる作業は思うようには進んでいない。

金融機関側は既に金利を引き下げており、数年で過払い請求は激減するというのが一般的な見方だ。「その時は本当に厳しい競争が待っているかもしれない」。若手弁護士を中心に、こんな不安が広がっている。

ーーーーーーーーーーーー

  インハウスローヤーは福岡にも

何人かいるらしいが、ほんとどんな

人なのかすら接する機会がない。

大学病院の医師と勤務医も

こんなかんじなんでしょうか病院

 福岡銀行は顧問弁護士も複数

抱えていますが、結構活動領域が

広い勝ち組っぽい銀行なので、

そりゃ顧問弁護士だけではとても

フォローしきれないでしょうね。

チームで仕事をして達成感を

>共感できる。法律事務所

>時代との大きな違いです

この台詞、新聞記者のミス

ヒアリングと信じたいの

ですがね。なんか法律事務所の

仕事には達成感がないかの

ようにも読めましたので。

法律事務所だって集団事件で

チームを組むこともなんら

珍しくないですし。

曽場尾弁護士の「伊万里

なんか」は彼自身の著述で

見たことがあるので、無礼

弁護士がいることの裏は

とれていますけど。

 企業は腕のよい弁護士を

これまでよりも安価で雇用

したいでしょうが、腕の

よい弁護士はそう簡単に

外部から企業に入ってくれる

わけではないので、インハウス

ローヤーを雇用する以上は

外部にいる弁護士とはやや

異なる業務なり能力を付与

させることを意識しないと、

あえて採用する意味が小さく

なるように思います。

 それにしても過払い

バブルが必ず弾けることを

知りながら、債務整理系の

大方の弁護士が対策となる

新たな業務を構築できて

いないのが現状。ゆで蛙の

山ができるかもしれない。

もちろんそうなりたくは

ないが、有効な対応策が

ほとんど打てていないのが

実情ですし。記事に

出ている若手のように。

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

清きワンクリックを ←ポチっとねラジオ。

http://apple.excite.co.jp/News/society/20080416001200/20080416M40.157.html

2007/7/20ブログでもとりあげましたが

文化放送は「放送禁止歌」を放送

したり、かなりタブーに意欲的に

チャレンジしています。大々的に

その行為がメディアに取り上げ

られないことが残念ですが。

 2008/5/6AM10のこの放送に

より死刑存廃論議がまた1歩

深まっていくとよいのですがツチノコ2

裁判員制度導入によってまた

1つ最高機密のベールを剥がす

意欲が報道機関に出てきたと

理解しましょう。金儲け目当ての

報道ではスポンサーもつきにくい

ことからたぶんないでしょう。

ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。