宮崎県で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いの強い牛の確認が広がっている問題で、九州市長会の釘宮磐(ばん)会長(大分市長)らが17日、総務省を訪れ、原口一博総務相に、患畜の殺処分・埋却経費は全額国が負担▽収入が途絶える農家への一時金給付--などを求める市長会の緊急決議を手渡した。

 同市長会は13日に開いた総会で10項目の対策を求める緊急決議を採択した。原口総務相と面談した釘宮会長は「全国市長会を通さず、直接お会いして要望するということで急きょ参った」と説明。総務相は「(感染が)種牛まで広がり、私たちも深刻に事態を受け止めている」と応じ、できる限り対応する考えを示した。【笈田直樹】

【関連ニュース】
口蹄疫:対応強化を指示 首相
口蹄疫:対策を関係閣僚に要請 平野官房長官
口蹄疫:種牛も感染疑い 初の殺処分へ
口蹄疫被害:横峯さくら選手、賞金寄付継続へ
口蹄疫:殺処分埋設に16ヘクタール必要…農水省

パロマ元社長らに判決へ=CO中毒死、無罪主張-湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)
<口蹄疫>高級ブランド「宮崎牛」希望の6頭 獣医師ら6人で守る(毎日新聞)
防衛省キャリア技官採用試験、出題ミス3問(読売新聞)
<淀川女性遺体>「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)
殺処分20万頭超 政府が口蹄疫対策を決定(産経新聞)
AD